タグ:鎌倉 ( 33 ) タグの人気記事

お花をめでる余裕〜春のお花

この前、鎌倉の海棠のお花の日記をかきましたが、ずっとお花の日記を書いていませんでした。

先日、家から5分くらい歩いただけで、桜、レンギョウ、アセビ、スイセン、ボケ、シジミバナ、雪柳、白木蓮、オオイヌノフグリ、カラスノエンドウ、パンジー、ハナニラのお花を見かけました。

そのあと鎌倉へ出たのですが、
鎌倉長谷の光則寺では、ミツバツツジ、ミツマタを見かけました。

e0152493_22182256.jpg
e0152493_22192051.jpg

他にも、スミレ、バイモ、ショカッサイ、レンギョウ、クリスマスローズ、梅、イワヤツデ、ミモザ、桜、山吹、ハナニラ、ツルニチソウ、などのお花が咲いていました。
光則寺は、長谷寺の近くにあるお寺で、長谷寺の喧騒がうそのように静かなお寺です。いつも長谷寺には寄らずに、光則寺に寄っています。

鎌倉長谷の収玄寺では、アカバナミツマタが咲いていました。

e0152493_22200804.jpg

ボケ、馬酔木、海棠、桜、椿、ペチコートスイセン、マンサクも咲いていました。
収玄寺は、長谷寺にいく道すがらにありほとんどの人が素通りしていきますが、お花がたくさん咲いているお寺です。


鎌倉若宮大路の大巧寺では、椿が咲いてました。

e0152493_22215827.jpg

大巧寺はいろいろな種類の椿が咲いています。
スイセン、ペチコートスイセン、トサミズキ、ヒューガミズキ、イワヤツデ、シロバナタンポポ、スノーフレークも咲いていました。

こんなにたくさんのお花が咲いているのに、めでる時間もなかったとは、気持ちに余裕がなかったときが続いていたのだと思います。


by momokororos | 2018-03-26 22:30 | お花 | Comments(0)

「BOSQUE~メザメノテマエ~」の展示〜鎌倉御成通り

鎌倉日記。
今日は、鎌倉の光則寺と大巧寺のお花を見てから、御成通りの葉っぱ小屋さんを訪れました。

e0152493_22540433.jpg

お店では、MAJOさんとhappa doさんの展示「BOSQUE~メザメノテマエ~」が開催されています。

e0152493_22542456.jpg

happa doさんは、葉っぱ小屋さんの店長さんなんですが、happa doさんの動物のモビールやMAJOさんの陶器の作品を見ながらお話ししてました。

MAJOさんの陶器の作品は、かなりたくさんあってびっくりしました。
これまでのMAJOさんの繊細さと可愛くてロマンチックな作風に、大胆さと神秘さが加わり、いっそう魅力的な作品になっていました。

今日は、MAJOさんもいらして、うつわという枠にこだわらず自由に作れるようになったということや、MAJOさんの絵に登場する月や星や水などのこと、既成概念のこと、スペインと日本のことなどを話していていました。

MAJOさん、店長さん、お客さんを交えての話しは、楽しかったです。

展示は、あさっての26日月曜までです。


by momokororos | 2018-03-24 23:01 | 芸術 | Comments(0)

海棠のお花〜鎌倉長谷の光則寺

今日は久しぶりに鎌倉へ。

今年は桜もはやいけど、鎌倉の長谷の光則寺の海棠のお花も少しほころんでいました。
桜からおくれること1週間あとくらいに咲く海棠のお花も今年は早いです。

e0152493_18432760.jpg
e0152493_18432925.jpg

樹木のお花の中で、海棠のお花が一番好きです。




by momokororos | 2018-03-24 19:06 | お花 | Comments(0)

happa doさんの可愛い動物のモビール〜鎌倉御成通り

今日は鎌倉の御成通りにある雑貨の葉っぱ小屋さんへ。
店長さんのhappa doさんの作品の「葉っぱ市」がきのうから始まっています。

動物たちの可愛いモビールが飾られています。

e0152493_18492203.jpg

e0152493_18492460.jpg

可愛いです。

鳥のモビールが大好きで。いつもは鳥のモビールを買うのですが、今日は動物たちのモビールの1つを手にいれました。

e0152493_18492844.jpg

お店には、雑貨の卸しをしている方がいらしていて、店長さんと3人で雑貨談義でしながら長居していました。

by momokororos | 2017-10-13 22:17 | 雑貨 | Comments(0)

鎌倉の雑貨屋さん

向島百花園のことを書いていますが、向島百花園に行くか鎌倉に行くか迷いました。

日記には書いていないのですが、鎌倉にはこないだ訪れていたので向島百花園にしたのですが、鎌倉はお寺や家々はお花でいっぱいです。

この前鎌倉を訪れてたときは、鎌倉の御成通り側にある本屋さんに行こうと思っていたのですが、いつも寄る葉っぱ小屋さんに寄ってからにしようと思いました。

e0152493_18575006.jpg

e0152493_18575724.jpg

お店では、10/1日曜まで「紙もの展」が開催されています。

e0152493_18580416.jpg

作家の、てるてるさんこと、ふじわらてるえさんのレターセットがとっても可愛かったです。

葉っぱ小屋さんの入口の前にはお花がいっぱいです。

e0152493_22301498.jpg

お店にも、花や花をあしらった作品がたくさんあります。

結局、葉っぱ小屋さんで長居して、本屋さんにもお寺にも行けませんでしたが、また訪れたいと思います。


by momokororos | 2017-09-28 22:31 | 雑貨 | Comments(0)

「恋ひ恋ふ君と我」~与謝野晶子さんの『みだれ髪』より

『春泥集』の詩集を手にいれてから、与謝野晶子さんのことが再び気にかかり、昔読んで大好きだった『みだれ髪』を久しぶりに読みかえしてみました。

e0152493_20532607.jpg

与謝野晶子さんの想いを感じられる詩集だと思いました。

『みだれ髪』の中の与謝野晶子さんの一句。

道は云はず後を思はず名を問はず
ここに恋ひ恋ふ君と我と見る

世の中のしきたりにとらわれません。これからのことはわかりません。後ろ指をさされてもかまいません。ここに私を恋してくれるあなたと、あなたを恋している私がいるだけです。

という意味なのですが、なんて素敵な歌なのでしょうか。

ここまで言いきれる女性の熱い想いと決意を感じます。女性的な情感溢れる歌の中に力強さがあり、そんな与謝野晶子さんに惹かれてやみません。

かなり前ですが、鎌倉文学館で開催されていた与謝野晶子さんと与謝野鉄幹さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示会を思いだします。

昔書いた日記を引用します。

--------------------------------
「恋ひ恋ふ君と」~鎌倉
2006年7月8日の日記

今日は雨降る前にと思い、見たかった展示会へ出かけました。
最近、雨降らないうちにと行動すること多いのだけど、雨降られてないです。

鎌倉文学館「恋ひ恋ふ君と」展。

「与謝野晶子・与謝野寛」の展示会で、かねてから見たいと思ってました。またギリギリになってしまったけど行ってよかったなって思う展示会でした。展示会の名前は「みだれ髪」の詩の一節からとっています。

「道は云はず後を思はず名を問はずここに恋ひ恋ふ君と我と見る」

与謝野晶子「みだれ髪」

蛇足ながら道は「道徳」の意です。
その思いの深さが素敵です。

与謝野晶子さんの詩は大好きなんだけど、今回鎌倉の地を歌った詩に触れることができました。鎌倉を訪れたときに詠んだ歌だそうです。鎌倉はとっても海が近いんです。

「鎌倉は朝も恋しき思ひ出も海の方より寄り来るかな」 与謝野晶子

「行く春の鎌倉に来て君と見ぬ半日は書を半日は波」 与謝野寛

鎌倉文学館は、鎌倉に行ったらおすすめの美術館です。
最寄り駅は江の電「由比ガ浜」。鎌倉から2つ目。
エントランスの木立からして素敵。途中の門のところで入館料を払い深い緑の中を歩き、昔のトンネルをくぐると素敵な洋館。バラの季節はお庭からの建物も素敵です。加賀藩(石川県)の別荘だったところだそうです。2階やお庭からは遠くに海が見えます。

e0152493_22261306.jpg

e0152493_22261412.jpg


東京谷中の朝倉朝塑館(彫刻)、東京御殿山(五反田)の原美術館(現代美術)と並ぶ好きな美術館かな。

写真は、
恋ひ恋ふ君と展
鎌倉文学館洋館とバラ
鎌倉の海(鎌倉材木座)

e0152493_22261455.jpg

e0152493_22261486.jpg


--------------------------------

この「恋ひ恋ふ君と」の展示会の図録を大事にとっておいたはずなのですがどこにあるかわからなくなりました。探してまた読んでみたいと思っています。

この前、久しぶりに鎌倉文学館を訪れていますが、やはり素敵だなって思いました。

与謝野晶子さんの歌は、じっくりと読みながら、与謝野晶子さんの想いに気持ち重ねたいと思います。


「素敵な洋館と薔薇の庭園〜鎌倉文学館」〜2017年 6月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25828739/

「自己賛美と自己解放〜与謝野晶子さん」〜2017年 5月 31日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25814121/

「『春泥集』〜與謝野晶子さんの詩集」〜
2017年 5月 25日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25799952/


by momokororos | 2017-06-29 22:47 | | Comments(0)

「ボタンとブローチ」の展示会〜鎌倉御成通りの雑貨屋さん

鎌倉御成通りの雑貨屋さん。

e0152493_16255077.jpg


雑貨の葉っぱ小屋さんで、「ボタンとブローチ~ものがたりのあるものたち」の展示がされています。

e0152493_16255104.jpg


店内の展示の様子です。

KiNNOiさんのブローチ。

e0152493_16255180.jpg


かなり手がこんだ作品です。
ツリーハウスのブローチはたくさん作れたにもかかわらず、すぐに完売だったそうです。

作家さんのKiNNOiさんに高円寺のお店でお会いしていて、作品の写真の掲載の了解をもらおうと思いお店に寄りましたが、今日第3火曜はお休みでした。残念。


katachi-gurumiさんのブローチ。

e0152493_16255260.jpg


初めてみた作家さんでしたが、すごく可愛くて素敵でした。

niinaさんとninonさんのブローチもありました。

e0152493_16255268.jpg


カンガルーポーという珍しい植物もありました。

e0152493_16255397.jpg


カンガルーポーは、カンガルーの手だそうです。よく見ると葉っぱの先?が手の形をしています。

展示は6/25日曜までです。


by momokororos | 2017-06-20 16:25 | 雑貨 | Comments(0)

鎌倉お花のお寺〜若宮大路の大巧寺

鎌倉。駅のバスロータリーを横切りまっすぐ行くと若宮大路。そのスクランブル交差点を渡ったところにある大巧寺。
鎌倉のお花のお寺で駅からもっとも近いところにあります。北鎌倉の円覚寺も近いけど、お花に出会うまでは大巧寺の方が近いかなと思います。

細長い境内は1、2分も歩くとお寺の境内を抜けてしまいますが、お花がたくさんです。

ストケシアのお花。

e0152493_20423961.jpg

何年か前に大巧寺で見たことがあるお花でしたが、やっとお花の名前わかりました。


赤花夕化粧。
可愛いお花です。

e0152493_10503249.jpg

こちらのお花の名前もわからなかったのですが、お花のサイトで質問して教えてもらいました。赤花夕化粧(あかばなゆうげしょう)のお花です。


美容柳。

e0152493_20423964.jpg


白丁花(ハクチョウゲ)。

e0152493_20424005.jpg


金糸梅(キンシバイ)。

e0152493_20424026.jpg


こちらもキンシバイだと思いますが、違うかもしれません。

e0152493_20424165.jpg



金宝樹(キンポウジュ) 。

e0152493_20424241.jpg

いままでもたまに見かけていたお花で、ネムノキと思っていました。


こちらも見たことがあるお花。名前を思いだせません。ヒナゲシ、カルミア、ちょっと違いますね。

e0152493_20575779.jpg


ホタルブクロ。

e0152493_20575886.jpg


山野草にはまっていたときはよく見にいっていましたが、久しぶりに見ました。


紫陽花も何種類か咲いています。

e0152493_20424396.jpg


こちらは「隅田の花火」と名前がついていた紫陽花。

e0152493_20424378.jpg


大巧寺は小さな境内で、境内散策というより通り抜けという感じですが、それでも訪れるのが楽しみなお寺です。

by momokororos | 2017-06-19 22:32 | お花 | Comments(0)

鎌倉お花のお寺〜北鎌倉円覚寺の松嶺院

花の都の鎌倉。
行けば行くほど魅了させられます。

北鎌倉駅の横須賀方面のホームの改札を抜けるとすぐのところの円覚寺。円覚寺の境内の松嶺院は花がたくさんで大好きなお寺です。

松嶺院には、イワタバコやクレマチスのお花が咲く季節に訪れることが多いです。お花が多くすべては載せられないので一部を紹介します。

ツボサンゴのお花は初めて見ます。

e0152493_13594207.jpg


リョウブ。

e0152493_13594324.jpg


フウロウソウ。

e0152493_13594317.jpg


シャクヤク。

e0152493_19521320.jpg


シャクヤクにもいろんな種類がありますね。

e0152493_13594586.jpg


ヤマボウシのお花。
こちらは鉢植えですが、木のお花で一斉に咲いているのが素敵です。

e0152493_13594520.jpg


この白いお花の名前はわかりません。
丁子草(ちょうじそう)に似ていますが。

e0152493_13594663.jpg


クレマチス。
一度だけ育てたことあります。
この何年もクレマチスは育てたいなって思っています。

e0152493_14243563.jpg


クロロウバイ。

e0152493_13594645.jpg



松嶺院の入口はこんな感じです。

e0152493_14243611.jpg


円覚寺境内は少ししかいませんでしたが、
こんなお花を見かけました。

e0152493_13594781.jpg

e0152493_13594773.jpg


円覚寺境内の一番奥にある黄梅院も好きなのですが、この日は寄りませんでしたが、また今度ゆっくり寄りたいと思います。

by momokororos | 2017-06-08 22:30 | お花 | Comments(0)

素敵な洋館と薔薇の庭園〜鎌倉文学館

鎌倉由比ヶ浜にある鎌倉文学館。

文学館の建物と薔薇園が素敵です。

e0152493_12433806.jpg

e0152493_12433967.jpg

e0152493_12433980.jpg

e0152493_12434051.jpg


文学館は薔薇園の庭園の上にあります。

e0152493_12434153.jpg


文学館では、「漱石からの手紙 漱石への手紙」の展示が開催されていました。

e0152493_12434232.jpg


鎌倉文学館、前にいつ行ったか調べてみると、2006年7月8日に与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示会を見に行っていました。もう11年前でした。
そのときも薔薇が咲いていました。

e0152493_12562819.jpg

与謝野晶子さんの詩集を最近手にいれたので、あわせて鎌倉での与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示も振りかえりたいなって思っています。


新緑の時期、鎌倉文学館に至る道は、緑に囲まれて素敵です。

e0152493_12434291.jpg


e0152493_12434318.jpg


この鎌倉文学館のトンネル、神戸元町の1003さんから、京都山崎にある大山崎山荘美術館みたいと言われて、記憶がよみがえりました。わたしも大山崎山荘美術館に行ったときにそんな感想を書いていました。


前に大山崎山荘美術館を訪れたときに書いた文章を引用します。

午前10:12 · 2015年2月15日
京都。今日は大山崎の「大山崎山荘美術館」で開催している「志村ふくみ ー 源泉をたどる」の展示会を見にいきます。少し前に姫路のおひさまゆうびん舎さんに教えてもらいました。大好きな志村ふくみさんの展示会知らずにやりすごすところでした。

e0152493_12434457.jpg


午前10:45 · 2015年2月15日
京都。大山崎の「大山崎山荘美術館」への登り道、わたしもう息があがってしまいました。体力不足と飲み過ぎに夜更かしのせいかも。駅を一緒に出た人はもう先に行ってしまいました。この隧道は鎌倉文学館を思いおこします。
e0152493_12454131.jpg



by momokororos | 2017-06-06 22:43 | お花 | Comments(0)