人気ブログランキング |

タグ:酒田 ( 3 ) タグの人気記事

室生寺のたたずまいと十一面観音さま~土門拳記念館

少しまえに、山形酒田の土門拳記念館を訪れていました。
e0152493_20213530.jpg

e0152493_20213780.jpg

土門拳さんの古寺巡礼の写真展が開催されていたのですが、圧倒的な写真のクオリティにびっくりしました。
奈良室生寺の写真も展示されていたのですが、室生寺の写真はどれも素敵なのでした。

その中でも、室生寺金堂の十一面観音立像の横顔の写真が忘れられません。
ミュージアムショップで、展示されている十一面観音さまの横顔写真が載っている本があるか聞いたのですが、わかりませんでした。

帰ってから、持っている土門拳さんの『古寺を訪ねて 奈良西ノ京から室生へ』の本を開いてみました。
e0152493_20213053.jpg

こちらに載っている十一面観音さまの写真です。
e0152493_20213265.jpg

ふっくらとした優しいお顔立ちで、色っぽさも感じられます。わたしの中では、かわいい菩薩さまの1人です。
土門拳記念館で見た写真なのか、あまりにも質が違うせいかわかりません。

この十一面観音さまがいらっしゃる室生寺は大好きで、2、3年に一度訪れています。シャクナゲの咲く室生寺と、ボタンの花咲く長谷寺が同じ時期に見れるのでいつも両方に行っています。

今年は訪れることができませんでしたが、
去年、おととし?に訪れたときの新緑とシャクナゲの季節の室生寺の写真です。

シャクナゲ咲く鐙坂。
e0152493_20473896.jpg

こちらの階段の上に見えるのが金堂で、十一面観音さまが安置されています。

国宝の五重の塔。
e0152493_20474198.jpg

屋外にある五重の塔で一番小さい塔で、東大寺の大仏の座高とほぼ同じ高さです。
以前、台風で境内の木がこの五重の塔に倒れかかり、悲惨な状況になってしまったことがありましたが、この五重の塔の再生物語には感動させられます。

土門拳さんが待ち焦がれたという雪の室生寺もみてみたいものです。
by momokororos | 2015-05-22 20:47 | 芸術 | Trackback | Comments(0)

土門拳記念館~山形酒田

山形酒田にある土門拳記念館。

奈良や京都の写真などから土門拳さんの写真に興味をいだいたのですが、記念館は10年くらい前から来たいと憧れていました。

酒田駅から車で10分くらいで土門拳記念館です。
e0152493_18222493.jpg

「古寺巡礼 -第3集より-」「風貌 -昭和の文士 -」「手」の3つの写真展示が開催されていました。

中でも古寺巡礼の展示が素晴らしかったです。
e0152493_1822262.jpg

写真集でみるのとは比べものにならないほど大きくて素敵で、京都の平等院、浄瑠璃寺、奈良の室生寺などの写真が飾られていました。

室生寺は大好きなお寺なので写真にさらに思いいれが重なります。
金堂の十一面観音立像のふっくらとしたやさしい横顔の写真、土門拳さんが東洋一の美男子という弥勒堂の釈迦如来坐像の横顔の写真、鐙坂、五重塔の写真など素敵な写真ばかりです。

奥に足をすすめると、水辺が見える風景。
e0152493_18222859.jpg

窓辺に面した椅子に座ると、こんな素敵な風景が広がります。
e0152493_18223194.jpg

こちらは建物が池に面しています。外から見るとこんな感じです。
e0152493_18223282.jpg

池には白鷺がおり、子どもたちのすぐそばまで近寄ってきていました。
e0152493_1822354.jpg

展示もさることながら、本当に気持ちのよい美術館でした。
e0152493_18223783.jpg

写真では見えないですが、池のはるか向こうには鳥海山が見えます。
また来たいなって思いました。
by momokororos | 2015-04-25 18:22 | 展示会 | Trackback | Comments(0)

秋田から山形酒田へ

今朝は秋田でお昼ごはんを食べてから、弘前・青森方面にいくか、山形の酒田方面にいくか、盛岡・花巻方面に戻るか悩みましたが、羽越本線で2時間弱、普通列車に揺られて酒田に向かいました。

羽越本線の西目駅を過ぎてからしばらくしたら、日本海の大海原が眼下に広がり、うれしくなりました。
小砂川駅から吹浦駅間もすごいです。写真は吹浦駅手前の車窓からみる日本海。
e0152493_1710933.jpg

左手には雪がまだ残る鳥海山。
e0152493_17101112.jpg

2時間弱の列車はまったく飽きませんでした。

酒田は、京都文化がかなり根づいているところで、米などを北前船で運び、かわりに京都文化がはいっています。
酒田に降りたったのは、何十年かぶりです。
e0152493_1710133.jpg

駅から、土門拳記念館へ向かいました。
by momokororos | 2015-04-25 17:09 | | Trackback | Comments(0)