人気ブログランキング |

タグ:絵本 ( 441 ) タグの人気記事

見つけたアングランドさんの絵本

神戸。

神戸の中山手通りのカフェのtoiroさんでゆっくりとお茶をしたことは日記に書いていますが、そのあとに鯉川筋のファビュラスオールドブックさんへ。

久しぶりだったのですが、話してみると今年になってはじめてだったことがわかりました。

いい絵本を紹介してもらったのですが、少し値段が高くて手にいれるのを保留にしました。新しい版が出版されている絵本なので、ぜひ比べてみたいものです。


お店では、アングランドさんの本を手にいれました。




e0152493_22060421.jpg
e0152493_22063377.jpg


ファビュラスさんは、奥まったところに絵本作家さんで分けられた本棚があるのですが、アングランドさんやロザリンド・ウェルチャーさんは、レジ近くの別場所にあります。店長さんが特に好きな作家さんだからかなと思います。


持っているアングランドさんの絵本
2019年8月24日の日記



by momokororos | 2019-10-03 22:41 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

『あつい あつい』〜垂石眞子さんの絵本

垂石眞子さんの『あつい あつい』。

e0152493_10591808.jpg


かわいい絵本です。

姫路のおひさまゆうびん舎さんで見つけました。


あついあつい、ペンギン。

e0152493_11010134.jpg


日かげを見つけてホッと一息。

e0152493_10592478.jpg


ところが。。

e0152493_10592713.jpg


また日かげを探します。

e0152493_10593093.jpg


さあ、どうなることでしょう。

シンプルな絵本でとても素敵です。

垂石眞子さんの何冊か持っていますが、かわいいらしくて好きです。



by momokororos | 2019-09-03 22:35 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

色鮮やかな杉田豊さんの絵本

この前、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに行ったときに、奥から杉田豊さんの絵本を2冊だしてきてくれました。

1冊目は、『よりみちしたてんし』。

e0152493_18432291.jpg

e0152493_18432429.jpg


杉田豊さんの色遣いが大好きです。

e0152493_18432507.jpg


『よりみちしたてんし』は、別版の絵本を持っています。

e0152493_18503379.jpg



2冊目は、『きょうもうれしいひ』。

e0152493_18432712.jpg


こちらは杉田豊さんにしては、淡いやさしい色遣いです。

e0152493_18450501.jpg



持っている杉田豊さんの絵本です。

『ぼくもいってみよう』。

e0152493_18471053.jpg


この色遣い、なかなか見かけません。

e0152493_18453674.jpg

e0152493_18453749.jpg

e0152493_18453979.jpg



『みんなうたってる』。

e0152493_18454124.jpg



『おかあさんはどこ』。

e0152493_18473341.jpg

e0152493_18491165.jpg



『みんなのおねがい』。

e0152493_18473663.jpg



『しあわせのいす』。

e0152493_18473728.jpg



『Runaway James and the Night Owl』。

e0152493_18473978.jpg



『おやすみなさい1,2,3』。

e0152493_18510434.jpg



『ほしはみたの』。

e0152493_18510584.jpg



『赤ずきんちゃん』。

e0152493_18493096.jpg



『アパートのまど』。

e0152493_18512438.jpg



『いねむりろばくん』。

e0152493_18493270.jpg


この『いねむりろばくん』が、杉田豊さんの絵本で一番に買った絵本で、一番好きです。こちらもるすばんばんするかいしゃさんで手にいれています。

e0152493_18585334.jpg

e0152493_18571886.jpg

e0152493_18585798.jpg

e0152493_18572285.jpg

e0152493_18572430.jpg



by momokororos | 2019-08-29 22:30 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

楽しくて、そしてやさしい〜山田美津子さんの『カーたろうとこけしっぺ』の絵本

さきおととい、神保町のブックハウスカフェさんでおすすめてもらった絵本を紹介しましたが、もう1冊楽しい絵本をおすすめしてもらっています。
先日の絵本はしみじみと味わえる絵本でしたが、こちらはお腹をかかえて笑える絵本でした。


山田美津子さんの『カーたろうとこけしっぺ』。

e0152493_12144182.jpg

すすめられて店内で読んでいたのですが、奇想天外なカーたろうに笑いぱなしでした。久しぶりにめいっぱい笑ったよう気がします。

e0152493_12183364.jpg


カーたろうは、ありさんに自分のごはんあげたので、雲が食べものに見えてます。

e0152493_12165978.jpg

e0152493_12170195.jpg

おむすび見つけた、と思ったら、こけしの柄でした。


そして、この気持ち。。

e0152493_12170261.jpg


カーたろうはやさしいんです。
かわいいこけしを巣に持ってかえります。

抱腹絶倒な物語はここからですが、手にとってみることをおすすめします。


出口かずみさんの『マァヘイくんとちいさいおじいさん』の絵本以来の笑える絵本です。



マァヘイくんシリーズの絵本の魅力〜出口かずみさんの傑作絵本
2019年3月16日の日記



by momokororos | 2019-08-28 22:35 | 絵本 | Trackback(578) | Comments(0)

めぐる季節への想い〜『はるとあき』

最近はどこへ行くのも久びさになっているのですが、久しぶりに神保町のブックハウスカフェさんへ。


買いたい絵本におすすめの絵本にたくさんの絵本を手にいれました。
そのなかでも、スタッフさんからおすすめしてもらった絵本は特に素敵でした。


斉藤倫さんと、うきまるさんの作、吉田尚令さんの絵の『はるとあき』。

e0152493_23161729.jpg


やさしいやさしい感じの絵です。


「はる」がお目覚めです。

わたしは はる
わたしが めを さますと
さむさは だんだん やわらいできます


e0152493_13511640.jpg

「そろそろ こうたいね」と、「はる」は「ふゆ」に伝えます。

e0152493_13511914.jpg

そして、「はる」が「なつ」と交代のときに、「なつ」が「あき」が来るまで頑張る、という言葉を聞きました。「はる」は「あき」に会ったことがありません。「はる」は、想いを寄せる「あき」への気持ちとみんながまちまちに言う「あき」のことを考えます。

e0152493_13512728.jpg

「はる」は「あき」にお手紙を書くことを思いつきます。

「はる」から「あき」へのお手紙から始まるやりとりの想いがとても素敵で、「はる」から「なつ」、「なつ」から「あき」、「あき」から「ふゆ」、そして「ふゆ」から再びめぐってくる「はる」へのお手紙は、会うことのできない季節への想いのせつなさと、その想いを託し伝えることの素晴らしさを感じます。

読めば読むほどに深くせつなく、とてもいい絵本でした。




by momokororos | 2019-08-25 23:21 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

持っているアングランドさんの絵本

東京中目黒の dessinさんでアングランドさんの絵本を見かけました。

アングランドさんの絵本は何を持っているかがわからなくなっているので、いったんお取り置きをしてもらい、持っている絵本を確かめてから、持っていない2冊を手にいれました。


e0152493_11530546.jpg


持っているアングランドさんの絵本を、自分の記録の意味もかねて紹介します。

e0152493_11530929.jpg

e0152493_11531458.jpg
e0152493_11531950.jpg
e0152493_11532485.jpg
e0152493_11540486.jpg
e0152493_11540976.jpg



先日紹介した3冊セットの箱入り絵本と、4冊セットの箱入り絵本です。

e0152493_11554473.jpg


左の絵本は先日紹介しましたが、右の絵本の箱には5冊のソフトカバーの絵本が入っています。
e0152493_22434357.jpg


こちらの絵本は、アングランドさんにしては大きな絵本です。

e0152493_18150545.jpg

最初はそんなに興味ありませんでしたが、ここ2、3年間かわいいなと感じているアングランドさんの絵本です。


アングランドさんの可愛い絵本
2019年8月19日の日記


by momokororos | 2019-08-24 22:50 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

『しずくとりんご』〜ボフダン・ブテンコさんの絵本

ポーランドのボフダン・ブテンコさんの絵本は、『しずくのぼうけん』が有名ですが、先日、姫路のおひさまゆくびん舎さんを訪れたときに、『しずくとりんご』という絵本を見つけました。

e0152493_12523599.jpg


『しずくのぼうけん』のしずくの絵です。絵本のサイズはCDジャケット大です。
e0152493_12524718.jpg
e0152493_12524011.jpg


お話しもいいです。

e0152493_12525248.jpg

どうするのでしょう。
空にもしずくがいるのが可愛いです。

e0152493_12525832.jpg

今日、この絵本を一緒に見ていた人がいるのですが、やはり可愛いと言っていました。

e0152493_12550657.jpg

e0152493_12551206.jpg

e0152493_12551834.jpg

このあとも物語が続きます。

『しずくのぼうけん』は大好きな絵本ですが、しずくを主人公にした他の絵本があるのは知りませんでした。シリーズでもう2冊あるみたいですね。出会えるとうれしいです。


ポーランドの絵本(其の一)〜ボフダン・ブテンコさんとヨゼフ・ウィルコンさん
2015年3月25日の日記

「しずくのぼうけん」〜ちひろ美術館
2010年4月25日の日記




by momokororos | 2019-08-23 22:46 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

アングランドさんの可愛い絵本。

アングランドさんの可愛い絵本。

いつも、アングランドさん、とだけ言っているのですが、ジョーン・ウォルシュ・アングランド(Joan Walsh Anglund)さんです。英名の綴りもわたしは間違えていました。

学芸大学の流浪堂さんで手にいれた、箱入りの3冊セットの絵本です。

e0152493_19190614.jpg

箱の表紙と裏表紙はこんな絵です。



e0152493_20054149.jpg

e0152493_20054275.jpg


中身の3冊は、箱の表紙と同じ絵本と、箱の裏表紙と同じ絵本と、もう1冊はこんな絵本です。

e0152493_20054624.jpg


アングランドさんの絵本はたくさん持って、何を持っているのかわからなくて、本屋で見かけて買うかどうかを躊躇することが多いです。
幸い2重に買った絵本はないのですが、持っているアングランドさんの絵本の写真を撮っておいたほうがいいかもしれません。



by momokororos | 2019-08-19 22:19 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

ロバート・クラウスさんの可愛い絵本〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

大阪から姫路へ。
姫路のおひさまゆうびん舎さんへ。

ロバート・クラウスさんの可愛い絵本を見つけました。
『THE BUNNY'S NUTSHELL LIBRARY』。

e0152493_23282860.jpg

箱入りの4冊セットの1965年の絵本です。
どれも可愛い表紙です。

e0152493_23280820.jpg

文庫本の半分以下の小さな絵本です。


その中の1冊は持っている絵本です。
家に帰ってみてみると、大きさが全然違いました。

e0152493_11214914.jpg


他の表紙もどこかで見たことがあるような気がしますが、どこで見たのか思いたませません。

他にも珍しい絵本を見つけているので、また紹介したいと思います。

おひさまゆうびん舎さんにはかなり長居をして、絵本や本のこと、ご飯のお店のことはなどいろいろ話しましたが、初めてお店に来たのはいつだっただろうという話しになって、姫路市立美術館のディック・ブルーナの展示のときだったと言われて、調べてみると、確かにブルーナ展のときの2013年8月が最初でした。もともとブログでつながりがありましたが、神戸元町のハニカムブックスさんに教えてもらっています。もっと長く通っているかと思いましたが、数多く訪れているせいでしょうか。。


この日、姫路はうだるような暑さで、姫路城へ向かう大通りは、歩いている人も少なかったです。

e0152493_11334714.jpg




by momokororos | 2019-08-01 22:29 | 絵本 | Trackback(8) | Comments(2)

『スイミー』を読むシーン〜「万引き家族」の映画に出てくる絵本

「万引き家族」の映画を見ていたら、スイミーの話しを声に出して読むシーンがあり、ハッとしました。
目で読むのと耳で聞くの大きな違いがあることに気づきました。

e0152493_20004423.jpg


スイミーはおしえた。 けっして はなればなれに ならない こと。みんな もちばを まもる こと。
[レオ・レオニ、『スイミー』より]

e0152493_20010293.jpg


スイミーは、小学2年生のこくごの教科書に載っています。

e0152493_19581540.jpg

e0152493_19582296.jpg


絵本のページが忠実にそのまま載っているのではないこと、いま気づきました。それもそうで、海外の絵本は横書き、国語の教科書は縦書きですものね。




by momokororos | 2019-07-16 22:26 | 絵本 | Trackback | Comments(0)