タグ:神戸 ( 72 ) タグの人気記事

神戸と姫路の本屋と雑貨巡り

神戸元町。
ベトナム料理を食べたあとに、南京町の西門からほど近いところにある、1003さんへ。
1003さんは、食と酒の本が多い本屋で、店内でハートランドのビールも飲めます。

e0152493_22342247.jpg

開店した当初はほとんど古本でしたが、だんだんと新刊やZINEが多くなってきて別の魅力も醸しだしてきました。私は参加できていないのですが、イベントも多くなってきてます。

夏葉舎さんから出版された、石亀泰郎さんの『ふたりっ子 バンザイ』。

e0152493_22353268.jpg

石亀泰郎さんは『イエペは ぼうしが だいすき』の写真家です。1003さんにはこのイエペの写真絵本ありました。
写真は、わたしが持っているイエペの本です。

e0152493_22371777.jpg

山川直人さんの『ハモニカ文庫』。

e0152493_22383767.jpg

はじめてみる作家さんなのですが、ほのぼのとした感じで惹かれるものがあります。

そして世界の偉大な女性を紹介する『CULOTTEES』。

e0152493_22401197.jpg

私はトーベ・ヤンソンさんしか知らないのですが、取りあげられている女性がどんな人なのか興味あります。

神戸駅の方へしばらく歩くと、ハニカムブックスさん。
ハニカムさんは乙女な本と雑貨がある本屋さんです。

e0152493_22423242.jpg

神戸は憧れで、神戸のお嬢さまも憧れなのですが、こんな本をみつけました『お嬢さまことば速修講座』。

e0152493_22425862.jpg

お嬢さまに逢えるかな、お嬢さまになれるかな、と淡い期待をいだきながら、ハニカムさんの店長さんと話していました。

鈴木いづみさんの本。
珍しい本がハニカムさんにありました。

e0152493_22430242.jpg

一度、学芸大学の流浪堂さんで、鈴木いづみさんの小説を手にいれたのですが、挫折していますが、傑作集ということで読んでみようと思いました。


栄町の北欧雑貨のlottaさんにも寄っています。
関野ゆうこさんの「sorte glass jewelry exhibition 」というガラスのジュエリーの展示会が開催されていました。
作家さんとお店のご夫婦と、アクセサリーの制作工程や大阪の話しで盛りあがり、長居しました。

結局、今回も神戸の山側には行けず、神戸をあとにしました。最近ずっと神戸の山側に行けていないので、また来年寄りたいなと思います。

神戸から姫路へ夜のうちに移動して、あくる朝、姫路のおひさまゆうびん舎さんにキティカフェに連れていってもらいました。

e0152493_22462690.jpg

可愛いキティちゃんが描かれています。

e0152493_22463076.jpg

アーモンドトースト。
姫路名物だそうです、アーモンドバターが塗られて焼かれており、とっても美味しいんです。

e0152493_22463477.jpg

ポテトもお上品な揚げかたに見えるのは気のせいでしょうか。

カフェから、姫路城近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
おひさまさんは、絵本と文芸書、そして可愛い雑貨もおいてある本屋さんです。

e0152493_22473048.jpg

高橋和枝さんの『くまのこのとしこし』を手にいれました。

e0152493_22442526.jpg

くまのこのとしこしのキャラメルも販売されていました。可愛いです。

e0152493_22442973.jpg

杉浦さやかさんの『すくすくスケッチ』。

e0152493_22153073.jpg

杉浦さんの子育てがイラスト入りで綴られているのですが、つらい大変なこともあると思うのですが、とっても明るくポジティブに語られていて、杉浦さんすごいなと思います。

姫路からどこにいくかは決めてなかったのですが、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、そのまま東京に戻りました。

まだまだ夜は時間があったので、どこかのお店で遊んでいこうと思っていたのですが、東京駅をでたらライトアップを見かけて、東京駅周辺で遊んでいました。
先日書いた日記です。

東京クリスマスイルミネーション
2017年12月24日の日記/div>




by momokororos | 2017-12-26 22:37 | | Comments(0)

神戸美味しいもの〜ベトナム料理 oishii

先日、金沢にでていたのですが、金沢をあとにしていつものように京都へ。

京都の木屋町団栗橋下ルの高瀬川。

e0152493_08555117.jpg

高瀬川は、川面が近くていつ見ても素敵だなと思います。

京都の街中をそぞろ歩いたあとに、神戸へ向かいました。

京都では、美味しいものを食べにでることが少なくなってしまっているのですが、神戸ではおなじみのお店で美味しいものをいただくことが多いです。
三宮で降りて、ベトナム料理のタンカフェさんへ。久しぶりですが、やっぱりタンカフェさんは美味しいです。
ベトナム料理は大好きで、その昔は、タンカフェさんと、京都姉小路東洞院西入ルのベトナム料理屋さんが好きでしたが、いまはタンカフェさんが一番美味しいと思ってます。店長さんも明るく気さくな方で雰囲気もとってもよいです。

タンカフェさんでは、フォーに、生春巻、揚春巻を含んだセットを食べました。

e0152493_08561515.jpg

フォーのスープが特に美味しい。

e0152493_08564245.jpg

この甘く酸っぱくフルーティな複雑な味のスープを飲んでいて、ふと日本酒の大吟醸の味わいな似ているかもって思いました。

フォーのスープが大吟醸の味に似ていることと、東京神保町にある、中国の蘭州の馬子禄牛肉面さんというラーメンのお店の麺の味がフォーと似た味した、ことを店長さんに話していました。

少し前に、神保町で食べた馬子禄牛肉面さんのお店とラーメンです。

e0152493_08571612.jpg
e0152493_08571969.jpg

神保町は行列しているお店が多いグルメな街なのですが、少し前から馬子禄牛肉面さんが行列しているのが気になっていたのです、この前は列が短かったので少し並んで入ってみました。


神戸では、タンカフェさんをあとにして、元町にでて、本屋と雑貨のお店を巡っています。


by momokororos | 2017-12-25 22:06 | グルメ | Comments(0)

行ったりきたり〜姫路から神戸京都、そして姫路

昨日の建物の写真は姫路駅前のファッションビルのpioleでした。
姫路の駅前はほんとによくできています。駅前から見た姫路駅城。

e0152493_10280034.jpg

昨晩は、姫路の本町商店街の提灯の焼き鳥さんで夜をいただきました。
このあいだに続き、播州名物のひねぽんをいただきました。

e0152493_10145118.jpg

ひねぽんは美味しいです。

鳥刺しや焼き鳥もいただきます。

e0152493_10163761.jpg
e0152493_10150392.jpg
e0152493_10150556.jpg

久しぶりの焼き鳥も美味しかったです。

若鶏の唐揚げはあまりに大きくて驚きました。

e0152493_10151704.jpg


そしてあくる日は、姫路城近くの大手前公園で開催されていた姫路全国陶器市へ。

e0152493_10153249.jpg

そういえば、去年も陶器市を見ていました。

ほど近い、おひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_10154478.jpg

絵本の話しをしながらゆっくりと本を見ていました。
「こどものとも」と「かがくのとも」の絵本を2冊買いました。

e0152493_10160367.jpg

この「もりはみている」の絵本は、この前に読んだ大竹英洋さんの絵本でした。大竹英洋さんの『』は、先日中目黒のCOWBOOKSさんですすめられた本で、久しぶりに読んで素敵だなと思った本です。

e0152493_10160529.jpg


姫路をあとにして神戸へ。
元町の1003さん。

e0152493_10235943.jpg

いい本見つけました。

e0152493_10162374.jpg

食とエロスの映画や写真集の話しで盛りあがりました。

e0152493_10162448.jpg

石田千さんの『山のぼりおり』も、からだとココロが響きあうような文章でいいなと思いました。

大竹英洋さんの『そして、僕は旅に出た。』の本も置いてありました。大竹さんは神戸に住んでいるかたで、トークショーの前に1003さんに寄ってくれたそうです。『そして、僕は旅に出た。』の本は読み終えているので、その話しを日記にあげたいと思います。

1003さんからほど近い、栄町の北欧雑貨の lottaさんに寄りました。お店のおふたりはいませんでしたが、お留守番の方がいらっしゃいました。lottaさんは、いま開催されている?東京蚤の市に出展しているそうです。

e0152493_10233901.jpg


京都で約束があったので、神戸をあとに京都へ。
京都では知りあいとスイーツを食べてしばしゆっくり。お昼を食べるタイミングを逃していたのでよかったです。


関西から金沢へ行こうと思っていたのですが、金沢も京都も高いホテルしか空いてません。大阪も神戸も高いホテルかカプセルしか空いてません。東京に帰る最終の新幹線の時間までどこかホテルが空かないか京都でねばっていましたが、結局、京都大阪神戸では空きがでませんでした。

新幹線の最終の1つ前の時間に、姫路でそこそこの値段のホテルが空いたので再び姫路へ戻りました。

駅側のおみぞ筋の入口の方に、ホテルモントレ姫路が建設中なのを発見しました。
モントレホテルは好きなホテルなのでうれしいです。

e0152493_10170273.jpg

e0152493_10170406.jpg

また姫路に戻るとは思っていませんでしたが、今日は神戸に出るか、金沢に出ようかと思います。



by momokororos | 2017-11-04 11:10 | グルメ | Comments(2)

姫路、神戸、京都から金沢へ

姫路。
小雨が残る昨日の朝、
姫路城の近くの、おひさまゆうびん舎さんへ。
夏葉社さんの本がたくさん並べられて、表紙の写真が飾られています。
しばらく店長さんと絵本や本、本屋のお話ししながら、見つけたのがハレクモさんの本の棚にあった、フィリップ・クローデルさんの『リンさんの小さな子』。今回は1冊だけ手にいるました。

姫路からは東へ向かいます。
京都までのあいだ途中下車をしようと思っていたのですが、姫路から京都までの切符だと途中下車ができないことを駅員さんから聞いて、姫路から京都、山科経由湖西線から金沢富山経由東京の切符を購入。

元町で降りて、神戸栄町へ。

北欧雑貨のlottaさんへ。

e0152493_21192727.jpg

最近そうなのですが、展示のあいまに来てしまっています。今日も、もうすぐ始まる播州織の玉木新雌さんの展示会の前でした。北欧に買い付けに行ったあとに開催されていたこの前の展示も見逃しました。

お店では、可愛い猫と鳥のふきんを見つけました。

お店をあとにして、元町から京都へ。
なんのイベントもないのに京都は大混雑でした。
河原町四条で、京都の知り合いに会ってから、木屋町沿いの高瀬川を歩きます。

e0152493_21232190.jpg

先斗町の元立誠小学校での「ありがとう、立誠小学校」の古本市にも行こうかなと思っていたのですが、19時を過ぎていたので諦めました。あとから調べてみると21時までやってました。

身の振りを考えですいましたが、3連休の初日で、宿がものすごく高いか、安いカプセルしかなく、夜になっても京都も大阪、神戸、名古屋も同じだったので、関西で泊まるのは諦めて、サンダーバードに飛びのり、金沢へ向かいました。
金沢行きのサンダーバードは、京都駅の0番線から出ます。0番線というのは特別な感じしますね。

お供は、おひさまゆうびん舎さんで手にいれた本です。

e0152493_11584884.jpg

金沢駅着は22:09。

この時間に金沢に着いたことは何回かあるのですが、夜食べれるところは限られます。


by momokororos | 2017-10-08 12:00 | | Comments(0)

先まわりした気持ち〜久坂葉子さん

久坂葉子さん。
少し前に『幾度目かの最期』の本を読んでから気になっている人です。
このあいだ、神戸元町の1003さんで久坂葉子さんのことを語る2冊を見つけました。

『久坂葉子研究』。

e0152493_11203048.jpg

このなかの、『幾度目かの最期』の原稿のことを書いた文章と、原稿書きあげたあとの久坂さんの思い出の文章など、久坂さんの思い出を語る寄稿がたくさんです。

『幾度目かの最期』の中では架空の名前で出てきた登場人物が実名ででてきたり、久坂さんの世界観のことを語っていたりして、久坂さんのことをより伺い知ることができます。

久坂さんのことを知れば知るほど、久坂さんの他人の前で振る舞う姿と内面の気持ちの葛藤を想います。他人の気持ちを感じて、さらには先まわりして感じて、自分の思い(想いでしょうか)に悩み、気持ちとは裏はらな言動を演じていたこともあったように感じてなりません。
私の好きな二階堂奥歯さんも同じような印象を感じます。

1003さんで手にいれたもう1冊。
富士正晴さんの『贋・久坂葉子伝 小ヴィヨン』。

e0152493_18113488.jpg

こちらは違う版で持っているのですが、小ヴィヨンが入っているので手にいれました。

この現代に書かれているのと遜色がない久坂さんの文体に、久坂さんが50年前以上の人だとは到底思えません。
神戸に住み、三宮で遊んでいた久坂さん。彼女が遊んでいた神戸を思い浮かべます。
いま一度、『幾度目かの最期』を読んでみようかなと思います。


「『幾度目かの最期』〜久坂葉子さん」〜2017年 7月 19日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25924991/


by momokororos | 2017-07-26 22:40 | | Comments(0)

「元町夜市」〜神戸元町

神戸元町の元町商店街で、今日7/25(火)の今宵18時から21時まで「元町夜市」というのがあるそうです。

e0152493_11412856.jpg

写真は、先日神戸を訪れたときに撮った元町通5丁目のアーケードです。

今年は第36回というので、かなり昔から開催されているみたいですが、今年初めて知りました。よく行く元町のハニカムブックスさんや1003さんも参加するそうです。

「市」には、ほとんど行かないのですが、元町夜市には行ってみたいなと思わせる何かがあります。夜市というネーミングが魅力をかもしだしているのでしょうか。

by momokororos | 2017-07-25 17:40 | | Comments(0)

憧れの神戸の乙女な本屋さん

姫路から神戸にでていた話しは先日の日記に書きました。

きのう学芸大学の流浪堂さんを訪れていたのですが、姫路と神戸はセットですねって言われました。確かにここしばらく姫路と神戸の両方行っていること多いです。
その昔は、大阪と神戸がセットでした。

元町通5丁目でお蕎麦を食べたあとは、元町通4丁目のハニカムブックスさんへ。

e0152493_05115837.jpg

お店になにか変化があったということでしたが、なかなかわからないものです。棚が少し高くなって文庫本のコーナーが充実していました。

お店では、平松洋子さんの『ひさしぶりの海苔弁』を手にいれました。

e0152493_19502274.jpg

安西水丸さんの絵でした。

平松洋子さんの本は大好きで、部屋の本棚の一画には平松洋子さんの本のコーナーができています。ハニカムさんで見つけた本は、新刊で見かけていながら手にいれていなかった1冊です。

可愛いノートも見つけました。

e0152493_19502241.jpg


最近、古書組合にはいり楽しそうな店長さん。本の世界が広がっている感じです。
昔はハニカムさんのお店にくるお客さんの比率が、女性9に男性1くらいに感じていました。最近は男性のお客さんも少し見かけるようになって、女性8に男性2くらいでしょうか、と店長さんと話していました。男性2もいないと思いますが、それでも乙女なお店には違いないです。東京にはない本屋さんかなと思います。いや全国でもかもしれません。

ハニカムさんを後にして、元町の1003さんと栄町のlottaさんを廻り、神戸はおしまいにしました。今回は神戸の海側だけ巡りました。神戸で新しいところにはずっと行っていませんが、歩いているだけでも楽しくなる、いつまでも憧れの神戸です。

今日は、久しぶりに自由が丘を歩いていたのですが、こちらも神戸と同じように歩いているだけで楽しくなる街です。


by momokororos | 2017-07-20 22:56 | | Comments(0)

居心地がよい蕎麦屋〜神戸元町通5丁目

おとといは、姫路から神戸へ。
神戸か三宮か元町で降りるか迷いましたが、神戸駅で乗り換えて元町で降りました。

遅いお昼は、元町通5丁目の商店街に面した「つるてん」さんで天ざるをいただきました。

e0152493_00154406.jpg

つるてんさんは、神戸元町のハニカムブックスさんに教えてもらったお店です。
神戸の蕎麦屋さんは、ハニカムブックスさんのはすむかいにある、元町通4丁目の蕎麦屋の「卓」さんに行くことが多いのですが、つるてんさんは行くと居心地がよくてよく寄らせてもらってます。
天ざるを頼むことがほとんどなのですが、蕎麦はまあまあ、天ぷらは蕎麦屋特有の衣ですが美味しいです。

地元の人や、男女問わず1人から、老若男女、親子、グループ、カップルまで、さまざまな人が訪れます。居心地いいのは、おばちゃん達の接客であったり、お店の空間であったり、気取らないお客さんであったりします。
お店に入ったのが14時半くらいだったのにもかかわらず1階は満席で、初めて2階にあがりました。この余裕のキャパシティもいつ行っても安心できます。

今回は、最初は卓さんを覗いて見たのですが、遅かったこともありお昼はすでに終わっていて、つるてんさんを訪れています。

元町通4丁目の蕎麦屋の卓さんは美味しい蕎麦屋。何回も入っているのですが、ちょっと味落ちたかなと思うこと続いたのですが、体調次第で味変わることもあるので、また食したいと思います。
卓さんに初めて訪れたときのことも書いています。

2013年3月30日
神戸元町。前から入ってみたいと思っていた元町通4丁目の蕎麦屋の「卓」さん。12時前なのにカウンター1席しか空いてませんでした。初めからそば湯がでてきてほっこり。天ざるをいただきました。美味しかったです。
e0152493_00154401.jpg



by momokororos | 2017-07-18 22:12 | グルメ | Comments(0)

さわやかな初夏の神戸歩き〜カフェと本屋

京都から神戸へ。

いつまでも憧れてやまない神戸。
神戸に住んで、大阪で働いて、たまに京都に遊びにいくのが憧れです。
さわやかな初夏の頃の神戸歩きはとっても気持ちがよくて、この時期は神戸に来てしまうことが多いです。

中山手通のカフェのtoiroさんを訪れました。桜の時期にもお邪魔しています。

e0152493_21124760.jpg


お食事のメニューはないので、お昼前の午前中だったら混まないだろうと思って行ってみると、すでに2組もお客さんがいました。
神戸の新旧のお店のことを、お店の方とお話ししていました。


海側の栄町のlottaさん。

e0152493_21124812.jpg


お店は大人気でかなり混んでいてしばらく外で待っていました。この前もそうでしたが、ことごとく企画展の時期を逃していて、今回も展示のあいまでした。


ハニカムブックスさん。

e0152493_21124981.jpg


伊藤まさこさんの本をすすめてもらいました。

e0152493_11554582.jpg


京都のたま茶さんで教えてもらった西淑さんの作品が置いてありました。

e0152493_21362303.jpg


たま茶さんでもらったイベントの絵が西淑さんでした。

e0152493_21362395.jpg



南京町の西門に近いところにある1003さん。

e0152493_21124914.jpg


與謝野晶子さんの『春泥集』を見つけました。

e0152493_21125022.jpg


湘南に住んでいるAyumu Aizawaさんの写真冊子『Melancolia Storytelling』を紹介してもらいました。

e0152493_21125086.jpg


この写真冊子が素敵なんです。
また今度紹介したいと思います。

久しぶりに神戸の夜景もパチリ。

e0152493_21125132.jpg

e0152493_21125137.jpg



神戸をあとにして、姫路へ向かいます。


by momokororos | 2017-05-03 21:36 | | Comments(0)

春の神戸散歩(其の二)〜うつわと雑貨

神戸栄町。
北欧や日本のうつわのlottaさん。

e0152493_14402090.jpg


「丹波のうつわと暮らす」の展示が開催されています。

e0152493_14402052.jpg


素敵な看板です。DMのデザインでもあるのですが、人気で1枚も残っていないとのことでした。

3月には、樋山真弓さんの九谷焼の展示が開催されていました。

e0152493_23233498.jpg


残念ながら展示は見逃したのですが、素敵なうつわがあったので、手にいれています。


お店では、これから始まるうつわの展示も紹介してもらいました。

e0152493_14402189.jpg


ジェイアール京都伊勢丹で開催される「九谷青窯展」で可愛いうつわがあります。

九谷焼、惚れてやまないうつわになりました。金沢にも見にいきたいです。

久しぶりに栄町の乙仲通りを歩いてみました。

フランス雑貨のDe La Nature(デュ・ラ・ナチュール)さん。

e0152493_14402273.jpg


ラトビアから帰ってきて再び栄町にお店を構えたSUBARUさんに寄ってみましたが、残念ながらお店はしまっていました。

e0152493_14402313.jpg


EINSHOPさん。

e0152493_14402383.jpg


神戸のEINSHOPさんは5/21で閉店だそうです。ハニカムブックスさんで聞いてびっくりしました。いいお店なのに。むかし東京自由が丘にあったお店も閉店しています。

そして栄町に通い始めた11年前から大好きだったカフェのBERETさんは閉店されてました。

by momokororos | 2017-04-12 12:40 | 雑貨 | Comments(0)