タグ:気持ち ( 92 ) タグの人気記事

部屋で探している本(其の一)〜備忘録2018年9月

部屋で探している本。
たくさんあると思うのですが、いま思いつく本です。

上橋菜穂子さん、『狐笛のかなた』
関口尚さん、『パコと魔法の絵本』
椎名誠さん、『さらば国分寺書店のオババ』
椎名誠さん、『岳物語』
エリサ・クレヴェンさん、『あかいことりとライオン』
降矢ななさん、『おれたち、ともだち!』のシリーズ
金子みすゞさん、『わたしと小鳥とすずと』
まつむらまいこさん、『あかるいところ』



by momokororos | 2018-09-25 22:26 | | Comments(0)

素敵なひととき再び

今日も、好きな街で素敵なひとときを過ごせたことと、素敵な人と話しができたことに感謝です。
by momokororos | 2018-08-03 23:27 | 気持ち | Comments(0)

誘惑とのたたかい〜夢の都心勤務

今日から東京の汐留勤務。
汐留は新橋の海側になります。
職場が変わり、残念に思うこともありますが、夢の都心勤務です。
前にも1度、芝公園(東京タワーのはすぐ隣り)に勤めていましたが、もう10年くらい前で、また都心勤務に憧れていました。

東京都下はずっと好きで、横浜に住んでいるのですがそのむかしは横浜都民と言われていた地域に住んでいます。
ずっと都内で遊んできているものの、毎日都心に行くとなると、毎日どこを通って帰ろうかなと楽しみがあります。

早速、今日の帰りは、新橋から銀座、日本橋を通る銀座線で三越前にでて、百貨店の三越さんの地下でデメルにピエール・エルメ、ラデュレと夢のようなスイーツを眺めていました。
神保町に移動して、絵本屋さんで夢のような絵本をみていました。

三越前では、今日は百貨店の三越さんしか寄りませんでしたが、好きな日本橋室町の街があり老舗や新しいお店の新旧の入りまじる街で、美味しいものがたくさんの街でもあります。日記にはあまり書いていないのですがおととし美味しいものをいろいろ食べにいっています。神保町も本屋さんだけではなく美味しいお店がいろいろあって魅惑の街です。
さらに神保町を通る路線は表参道も渋谷も通って寄り道したくなります。

夢の都心勤務、毎日が誘惑とのたたかいかもしれません。

by momokororos | 2018-07-23 22:55 | | Comments(0)

見えていないモノ

今日は雨。
お友達から、道に植えてあった紫陽花がとっても綺麗、って言われて、きれいだね、と返したのですが、家の庭に咲いている紫陽花しか見ていないことに気づきました。外に咲いている紫陽花は一切目に入っていなかったです。
気持ちが違うところにいっています。

明日は、外に咲いている紫陽花をみてみようと思います。


by momokororos | 2018-06-20 22:07 | 気持ち | Comments(0)

美味しいお食事

今日は仲良しさんと、久しぶりに美味しいお昼をいただきました。
そんなにはゆっくりできなかったのですが、とっても楽しかったです。


by momokororos | 2018-06-19 22:35 | 気持ち | Comments(0)

癒されました〜人のチカラ

今日は朝からずっと忙しかったけど、仲のいいお友達とおやつの時間にアイスを買いにいきました。ものの5分くらいでしたが、すごく癒されました。人のチカラってすごいなって思います。

by momokororos | 2018-06-05 22:50 | 気持ち | Comments(0)

子どもごころを忘れているかもしれない自分へ〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本

ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本。

アレマーニャさんの『ガラスのジゼル』の絵本を、大阪東梅田にあったブックファーストさんで見つけて素敵だなと思ったあとに、大阪長堀橋のフィネサブックスさんで、アレマーニャさんの絵本をいろいろ見せてもらい、さらにいいなって思った作家さんです。

少し前に、神保町のブックハウスカフェさんで、翻訳されていたアレマーニャさんの新刊絵本を見つけました。

e0152493_22490791.jpg

e0152493_22490893.jpg

e0152493_22491167.jpg

e0152493_22491263.jpg

最近、子どもごころを忘れてしまっているかもしれない私への絵本かなと思います。


『ガラスのジゼル』〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本
2016年8月3日の日記

『Un lion a Paris』〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本(其の二)
2015年4月7日の日記



by momokororos | 2018-05-22 22:52 | 絵本 | Comments(0)

『こんなしっぽでなにするの?』〜新刊絵本の魅力

ここしばらく新刊絵本の魅力にはまっています。

たまに、絵本専門店や本屋さんの新刊絵本コーナーは見にいくのですが、いいなって感じる新刊絵本はそんなにありませんでした。
それが、ここしばらく神保町のブックハウスカフェさんのスタッフさんに新刊絵本をいろいろ教えてもらって、素敵な新刊絵本がたくさんあるなって感じてきました。

そんな目で自分も新刊絵本を見てみると、素敵な絵本が見つかります。

そんな1冊です。

e0152493_21581769.jpg

しっぽがたくさんでてきます。

e0152493_21595879.jpg

このあとにどんな動物なのかのページが続きます。

別のページは、お鼻です。

e0152493_22004768.jpg

わからないのもあり、とっても楽しいです。

目や耳のページもあります。
そんなしっぽやお鼻、そして目や耳がどんな動物なのかは、実際に絵本をみて楽しんでくださいね。



by momokororos | 2018-05-21 22:17 | 絵本 | Comments(0)

いまそばに置いておきたい本

いま読みたい本やそばに置きたい本を机に並べました。

e0152493_20343232.jpg


内容のわかる本に、想いが深い本、忘れてしまっている本に、安心できる本に、共感する本に、期待する本。

いまの気持ちが本のセレクトに現れています。



by momokororos | 2018-05-02 22:54 | | Comments(0)

わたしの好きな本〜ベスト31位から35位

わたしの好きな本、ベスト31位から35位です。

31位は、茨木のり子さんの『寸志』。

e0152493_20220153.jpg

こちらの中にある「花ゲリラ」の詩が好きです。

『花ゲリラ』 茨木のり子

あの時 あなたは こうおっしゃった
なつかしく友人の昔の言葉を取り出してみる
私を調整してくれた大切な一言でした
そんなこと言ったかしら ひゃ忘れた

あなたが或る日或る時 そう言ったの
知人の一人が好きな指輪でも摘み上げるように
ひらりと取り出すが 今度はこちらが覚えていない
そんな気障(きざ)なこと 言ったかしら

それぞれが捉えた餌を枝にひっかけ
ポカンと忘れた百舌(もず)である
思うに 言葉の保管所は
お互いがお互いに 他人のこころのなか

だからこそ
生きられる
千年前の恋唄も 七百年前の物語も
遠い国の 遠い日の 罪人の呟きさえも

どこかに花ゲリラでもいるのか
ポケットに種子をしのばせて 何喰わぬ顔
あちらでパラリ こちらでリラパ!
へんなところに異種の花 咲かせる


花ゲリラというのは、茨木のり子さんの創作かなと思っていましたが、薄田泣菫さんの『獨樂園』にもでてきます。そのくだりのことは、以下の日記に書いています。

珠玉の随筆〜薄田泣菫さんの『獨樂園』
2015年3月19日の日記



32位は、前田昌良さんの『星を運ぶ舟』。

e0152493_20223526.jpg

夢みるような作品と言葉が魅力の本です。

e0152493_14571529.jpg

e0152493_14571748.jpg

前田昌良さんの文章を見ると、吉田篤弘さんのことを思いおこします。どこか似たような感じがします。


2015年1月3日
前田昌良さんの『星を運ぶ舟』。大阪の長谷川書店さんで見つけた本。素敵な動く彫刻の作品と珠玉の言葉。「あなたはまだ魔法が解けていないのだ。」と言われたことが文中にでてきます。素敵な本です。
e0152493_14335820.jpg



33位は、
中里恒子さんの『時雨の記』。

e0152493_20230886.jpg

中里恒子さん。
むかし大好きで、最近また読みかえしている作家さんです。
この『時雨の記』と、宇野千代さんとの書簡を収めた『往復書簡』が特に好きです。本棚のいろんなところに散らばっていた中里さんの他の本も集めたので、別な本もまた読んでみようと思います。

情感あふれる恋〜中里恒子さん
2017年7月11日の日記


29位は、高橋治さんの『風の盆恋歌』。

e0152493_20235031.jpg

富山の越中八尾で開かれる、おわら風の盆の祭りを舞台とした情感あふれる小説です。
おわら風の盆は、全国のお祭りの中で特に好きなお祭りの1つです。
混みすぎて踊りが見れないかもと思いながらも、情緒あふれる踊りに惹かれて通っています。昔に訪れたときより混んでいて、富山駅から八尾駅に行くために乗車整理券をもらうようになりました。見にきている人が高齢の方がかなり多いのが印象的です。


2015年12月16日
金沢への想いつのります。「驚いたわいね、奥さんの手際には。あっという間に蓮根蒸しを作ってしもうがやさかい」(中略)「そんなことくらい、金沢の女やもの」高橋治さんの『風の盆恋歌』より。

2015年11月23日
部屋の本を探していたら、高橋治さんの『風の盆恋歌』がでてきました。また読んでみようと思います。ここしばらく行けていませんが、富山の越中八尾の「おわら風の盆」のお祭りは、特に惚れた祭りの1つ。来年あたり訪れたいです。


越中八尾おわら風の盆〜未投稿の日記から
2017年9月6日の日記

おわら風の盆〜富山越中八尾
2017年9月1日の日記



30位は、須藤真澄さんの『長い長いさんぽ』。

e0152493_20241518.jpg

コミックは、わたしの好きな本では初登場でしょうか。
こちらは猫好きでなくても、涙あふれる1冊になります。なんど読んでも涙しています。


by momokororos | 2018-04-28 20:43 | | Comments(0)