人気ブログランキング |

タグ:本屋 ( 37 ) タグの人気記事

エリック・カールさんのじゃばら絵本〜数の絵本

神戸では、鯉川筋のファビュラスオールドブックさんにも寄っていて素敵な絵本を見ていました。

9月にファビュラスさんを訪れたときに見せてもらっていた絵本なのですが、今回も見せてもらい手にいれました。

エリック・カールさんの『the very long train 』。

e0152493_23170186.jpg


機関車から、次に1両目が続きます。

e0152493_23154421.jpg

e0152493_23155006.jpg

ページを繰ると、貨車に載っている動物がだんだん増えていきます。

実は、この絵本はジャバラ絵本になっています。

ファビュラスさんに寄った日の翌日に、神戸栄町の北欧雑貨のlottaさんでこの絵本を見ていて、ジャバラをのばして写真を撮らせていただきました。


e0152493_23191273.jpg
e0152493_11143719.jpg

e0152493_11135899.jpg

e0152493_11152670.jpg

貨車の絵のページの裏側に、動物の種類と数が書かれています。

e0152493_11244876.jpg
e0152493_11253588.jpg


いま手にはいる新刊絵本で、この絵本と似た絵本が出ています。

エリック・カールさん『1,2,3 どうぶつえん』。

e0152493_23352815.jpg

e0152493_23321550.jpg

e0152493_23322017.jpg

e0152493_23322152.jpg


この『1,2,3 どうぶつえん』は、めくるタイプのボードブックで、『the very long train 』をベースにしていると思うのですが、絵はすべて書き換えられています。

エリック・カールさんは、『はらぺこあおむし』の絵本も書き換えていて、比べてみるとわかる楽しみがあります。

エリック・カールさんの絵本〜『はらぺこあおむし』の新旧絵本
2016年9月10日の日記



しばらく前に、ファビュラスオールドブックさんが持っていた、エリック・カールさんのヘビのじゃばら絵本を手にいれています。

e0152493_23414413.jpg

こちらの写真は、ファビュラスさんのこの絵本を委託販売されていた、東京高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで撮らせてもらいました。
この絵本がベースになったと思われる絵本として、めくるタイプの絵本の『ね、ぼくのともだちになって!』が新刊で出版されています。
じゃばら絵本はとても楽しく、じゃばら絵本の形で販売されていないのは残念です。



エリック・カールさんのじゃばら絵本〜長いしっぽの絵本
2016年9月10日の日記




by momokororos | 2019-12-02 21:50 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

魅惑の神戸本屋巡り〜元町と鯉川筋

ここしばらく最近神戸に寄ると、1日ではまわりきれないことが多いことが多いです。
先日は姫路から神戸に出ていたのですが、いったん大阪に行きふたたび神戸に戻り、次の日も神戸でした。

神戸では、元町通4丁目のハニカムブックスさんから始めています。
今度開催される、年末12/25から25まで大阪の阪神百貨店に出店されるとのことで、何をだすのか気になります。古書組合に本を置いてあるとのことで見れなくて残念です。ほど近い元町商店街の神戸古書倶楽部にもハニカムさんのコーナーがあるとのことを聞きました。

高山なおみさんの『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』を手にいれました。

e0152493_16390976.jpg

現実から思い起こされる気持ちや幻想。誰もがかかえているさみしさややりきれない気持ちを高山なおみさんが素直に語っている感じのエッセイです。高山さんの本は何冊か読んでいるけど、また違う魅力を感じられる本です。


少し元町駅の方に戻り、南京町西門にほど近い1003さんへ。
前に、さんの『塩を食う女たち』をすすめてもらい、その本がよかったという話しをしていたら、大阪に行かなくてはならない時間になり、すすめていただい本を手にいれました。


伊藤春奈さんの『「姐御」の文化史』。

e0152493_16411107.jpg


こちらは、近松門左衛門の『曽根崎心中』や『心中天網島』なども載っついて、女性の心意気を感じられる本です。この本に登場する女性は知らない人が多いので読むのが楽しみです。


青山ゆみこさんの『ほんのちょっと当事者』。

e0152493_16411623.jpg



いったん大阪にでたのですが、大阪から戻ってきて、鯉川筋のファビュラスオールドブックさんに寄ってから1003さんに戻ってきました。神戸でよく行くお店はだいたい19時でおしまいなので、20時まで開いている1003さんは貴重なお店です。

店内でビールをいただきながらお話し。1003さんは店内でビールが飲めるのです。わたしの好きなハートランドビールが置いてあります。


1003さんの店長さんが推薦の文章を書いている、多田尋子さんの『体温』。

e0152493_16380136.jpg

そして、こんなフェミニズムの雑誌?を見つけました。
『エトセトラ』。特集が、「We LOVE 田嶋陽子!」です。

e0152493_16475174.jpg


柚木麻子さんは『本屋さんのダイアナ』の本を読んでいて、山内マリコさんはもともと好きだったのですが、『あたしたちよくやってる』を読んでからジェンダー関連の本をよく読むようになりました。

楽に呼吸ができる場所とは〜柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』
2019年9月10日の日記

うなずかされる気持ち〜山内マリコさんの『あたしたちよくやってる』
2019年3月24日の日記
https://momokoros.exblog.jp/28111898/


田嶋陽子さんのことはよく知らないのですが、田嶋陽子さんの8冊の本の8人による書評が載っていました。その中からまず1冊読んでみたい通り思います。



今回、出かけるときにもともと持ち歩いていた本は4冊。金沢で1冊、姫路で1冊、神戸で1冊+4冊+2冊を手にいれていて、13冊。13冊はかなり重かったです。

ちなみに、姫路のおひさまゆうびん舎さんでは、永井宏さんの『サンライト』を手にいれています。

e0152493_11435973.jpg


永井宏さんは知らなかったのですが、本の中にはわたし知っているところもでてきました。始めはマンションの一室で高山なおみさんの料理教室を開催していた、丹治史彦さんのアノニマ・スタジオさん、大阪堀江の雑貨のシャムアさん、キャトルセゾンさんや、アフタヌーン・ティーさん、大阪星ヶ丘の SAWING GALLERYさんなど。こんな知ってるところからつながりをはかれるのが楽しいです。

読んでみるまではわからなかったのですが、姫路のおひさまゆうびん舎さんで手にいれた本に高山なおみさんのことが載っていて、同じ日に神戸元町のハニカムブックスさんで、高山なおみさんの本を手にいれたことがとてもうれしいです。






by momokororos | 2019-12-01 15:31 | | Trackback | Comments(0)

地元にも遠方にも魅力な本屋さん〜大阪水無瀬

今日は、京都と大阪のちょうど真ん中あたりにある水無瀬の長谷川書店さんに寄っていました。
わたしは京都にいたあとに、長谷川書店さんにいくことが圧倒的です。

長谷川書店さんに行くと素敵な本がつぎつぎと見つかるので、お店にいる時間が長くなるのですが、そのあいだ地元のお客さんから、この本ある?、こんなタイトルだったと思うけど?、子どもにおすすめの本は?などとひっきりなしに声をかけられています。
そう、長谷川書店さんは地元の人たちが通い、信頼されている本屋さんなんです。

わたしも横浜在住で、かつては地元の本屋さんに通っていましたが、これほどまでにお客さんとの会話がある本屋さんをみたことがありません。

今日も、長谷川書店さんは地元のお客さんからの矢継ぎばやの質問への応対に休む暇もありません。そんな地元のお客さんに信頼されているお店ながら、わたしみたいに遠くからのお客を魅了させる本がたくさんあって、行くたびに魅力的な本がみつかるすごい本屋さんです。

今日もいろいろ素敵な本があったのですが、出かけたときから荷物が重かったので、2冊だけ手にいれました。

西尾勝彦さんの『歩きながらはじまること』。

e0152493_22463651.jpg


タイトルもいいし、中身をパラパラみただけでいいなって思いました。


もう1冊は、猪熊弦一郎さんの『猪熊弦一郎のおもちゃ箱』。

e0152493_22470185.jpg


猪熊さんの絵をみていると楽しいです。

丸亀の猪熊さんの美術館にも行っています。
この本と同じようなタイトルの絵本があって持っていたと思いますが、旅先なので確かめられません。家に帰ったら確かめたいと思います。


猪熊弦一郎現代美術館〜香川丸亀
2017年7月15日の日記
https://momokoros.exblog.jp/25917181/

by momokororos | 2018-12-29 22:55 | | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の五)〜姫路

姫路のおひさまゆうびん舎さん。
絵本を中心として、純文学の品揃えも豊かな本屋さんです。

近代ナリコさん編の『女性のエッセイ・アンソロジー』を手にいれました。

e0152493_08231180.jpg

大好きな鴨居羊子さんの文章も載っています。

文学の本もいろいろあるおひさまゆうびん舎さん。店長さんは特に小山清さんへの思い入れが強く、小山清さんのフェアーや展示をお店で開催したり、同じ時代の交友ある作家さんの文学について詳しいです。
絵本では、高橋和枝さんやどいかやさんの原画展示など、たくさんの絵本の原画展示を開催してきています。
ここ最近の展示では、たけうちちひろ、さんの切り絵の絵本の展示が素晴らしかったです。

可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本
2018年4月7日の日記


わたしは、姫路まで関西の圏内だと思っているのですが、SAVVYの京都大阪神戸の本屋特集では姫路は圏外だそうで残念です。

e0152493_08241097.jpg


by momokororos | 2018-10-31 21:45 | | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の四)〜神戸鯉川筋

神戸の元町駅のそばの鯉川筋の山側にあるファビュラスオールドブックさん。
アメリカの古い絵本の専門店です。

お店には、ハロウィンにちなむ絵本がたくさん出されていました。おばけや魔女の絵本などなど。

黒猫の絵本では、エスター・アベリルさんの絵本が4冊でていました。
そのうち2冊は見たことのない絵本でした。

e0152493_20520494.jpg
e0152493_20525064.jpg
e0152493_20533665.jpg

e0152493_22104051.jpg
e0152493_22114721.jpg
e0152493_22110378.jpg


エスター・アベリルさんは大好きな作家さんで、東京目白のEHON HOUSEさんで復刊の絵本でみたのが最初でした。また今度紹介できればと思います。

ファビュラスオールドブックさんでは、好きな絵本作家さんの貴重な絵本を見せてもらえました。

ファビュラスオールドブックさんも、SAVVY12月号の京都大阪神戸の本屋の特集に載っています

e0152493_20582165.jpg


by momokororos | 2018-10-30 22:12 | | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の三)〜神戸元町

神戸。
神戸元町商店街のハニカムブックスさん。

ハニカムブックスさんは、これまで可愛い本や生活の本を多く揃えていましたが、しばらく前に古書組合に加入されて、文学などいままでのジャンルを超えた幅広い本がお店に並んでいます。もともと本の他に雑貨も置かれていて、半々くらいのイメージでしたが、ここ最近は本が目立つようになってきています。
むかしは訪れるお客の割合が9対1と圧倒的に女性が多かったのですが、今は8対2くらいになっているような感じがします。

本を入札する駆けひきも楽しいみたいで、わたしも他の本屋さんで入札の話しを聞いてワクワクするような駆け引きを聞いていたので、その楽しみがわかるような気がします。


ハニカムさんで手にいれた本です。

三月書房の2冊。

丸岡明さんの『港の風景』。

e0152493_09131720.jpg


神戸の話しが載っています。


三浦哲郎さんの『おふくろの妙薬』。

e0152493_09131978.jpg


庄野潤三さんや井伏鱒二さんの話しがでてきます。

三月書房の本は文庫本の大きさくらいの箱入りのかわいい本です。並んでいるとさらにかわいいです。本のサイズ感だけでもファンは多いと思います。
わたしも持っている三月書房の本を集めて並べてみたいと思いました。


石井好子さんの『いつも異国の空の下』。

e0152493_09211238.jpg


石井好子さんの本は一時期はまりましたが、久しぶりに新しい本を手にとりました。

特に好きなのが『想い出のサンフランシスコ 想い出のパリ』です。

前に書いた日記です。

巴里への憧れ〜石井好子さんのこと
2015年1月3日の日記

ハニカムブックスさんも、SAVVY12月号の京都大阪神戸の本屋の特集に載っています。

e0152493_09282791.jpg





by momokororos | 2018-10-29 20:26 | | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の二)〜大阪水無瀬

大阪水無瀬の長谷川書店さん。
街の新刊書店の中では一番好きな本屋さんです。ちょうど京都と大阪の中間あたりにあるのですが、久しぶり寄りました。

長谷川書店さんで手にいれた本です。

常玉(さんゆう)さんの写真集。

e0152493_21050056.jpg


独特なテイストです。

e0152493_21050201.jpg


可愛い絵だなと思います。

e0152493_21050358.jpg

e0152493_21050588.jpg

初めて見ましたが、是非展示会をみたいものです。


まどみちおさんの『絵をかいていちんち』。

e0152493_21120115.jpg


まどみちおさんの絵がたくさん載っています。
まどみちおさんの絵と詩が載っている『とおいところ』の本がありますが、それ以来のまどみちおさんの絵です。


お店にいて本をみているとお客さんと会話が絶えまない本屋さんで、街のみんなに愛されている本屋さんなんだなと思います。それでいて本好きの人たちをうならせる品揃えで遠くからのお客さんからも支持されています。
長谷川書店さんもいま発売されているSAVVY12月号に紹介されています。


お店のおじさんから、その日、しまもと秋の古本さんぽが開催されていることをお店で教えてもらい、少しだけまわってみました。

美容院の前の一箱市です。

e0152493_22212543.jpg


雑誌100円、レコード300円など安かったです。こちらにも街の人がつどいゆるくお話しをしていました。お隣りの豆腐屋さんの豆腐が美味しいとのこともその場で教えてもらい豆腐を揚げたおやつも買いました。





by momokororos | 2018-10-28 22:40 | | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の一)〜神戸元町

神戸。
神戸は京都をはさみながら2日をかけて楽しんでいました。
神戸は好きな本屋さんがたくさんあります。現在発売されているSAVVY12月号には、京都大阪神戸の本屋の特集がされていて興味深いです。

元町にある1003さん。
1003は、SAVVY12月号に載っています。

店長さんと話しながら手にいれた本は3冊。

若松英輔さんや他の著者さんたちの文章が載った『本を贈る』。

e0152493_16134688.jpg


少し読んでみていいなって思ったので手にいれました。
お店では平積みされていて、手にいれた本の表紙は赤のデザインですが、隣りには緑の表紙の同じタイトルの本が平積みされていました。上下巻と思いましたが、1刷、2刷とのこと。
さらに1刷の本の大きさよりも2刷の本の大きさが小さいことを教えてもらいました。本にたずさる人の名前が巻末に載っています。映画だったらエンドロールにかかわった人の名前が流れますが、本にもあっていいかもと思いました。


斎藤倫さん作、植田真さん絵の『えのないえほん』。

e0152493_16143376.jpg


こちらは女の子とけものの会話がいいです。女の子とけものが話していきますが、途中でけものは女の子のことを理解します。
さらっと読んだだけですが、深いものを感じます。わたゆっくり読みたいと思っています。


『点線面』は、尾崎翠さんの特集。

e0152493_16151689.jpg


尾崎翠さんの『第七官界彷徨』は2回読んでいるのですが、わかりそうでわからない、もう少しで共感できそうな感じなのですが、人におすすめできるところまでには至っていっていません。
1003さんの店長さんも途中で諦めた、と言っでいました。

わたしがわからないというのは、たぶん理屈で理解しようとしているのが邪魔しているのかと自分では思っています。
時間的にも空間的にも不連続な夢をみているかのように、いろんな人と途切れ途切れに出会い話すことかのように本に接することができれば、素直に入ってくるような感じがします。

今回手にいれた本で、尾崎翠さんへの接し方に触れられたらと思いました。

理解の助けとなった本を以前読んでいます。

2017年2月11日の日記





by momokororos | 2018-10-28 16:41 | | Trackback | Comments(0)

キントト文庫さん〜東京神保町の本屋さん

東京の神保町。
しばらく前から東京に飽きているのですが、それでも通っている5つの街の1つが神保町です。 本屋さんがあることが一番なのですが、美味しいお店も多いのも魅力です。

このあいだ、神保町へ行ったときに、すずらん通りの、キントト文庫さんが他のお店になっているのに気づきました。

人間の記憶はあいまいで、確かここにあったはずだけど、少し離れた違う場所だっけな?と思い、ウロウロしましたが、やっぱりありませんでした。

閉まっていることが多かったので、新しいお店ができて、初めてなくなっていることに気づきました。あやしいけど、惹かれる魅力を兼ねそなえたお店だったので残念です。

神保町交差点から靖国通り沿いに九段下の方にいったところにあった、岩波書店もなくなっています。こちらも個性的な品揃えでたまに寄っていたのですが、移転なのかな、改装なのかしら。

神保町の美味しいお店を探すのも楽しみなのですが、最近、銀シャリを謳ったお店を見つけて入ったのですが、お魚はとっても美味しいのだけど、肝心のご飯がいまいちで残念でした。


キントト文庫〜神保町の魅惑の本屋さん
2017年1月23日の日記

by momokororos | 2018-03-14 22:08 | | Trackback | Comments(0)

捨てられない雑誌〜本や絵本のいい特集

この前からのお部屋の整理で、絵本の雑誌のMOEなどを含むいろいろな雑誌を捨てようかなと思ったのですが、出てきた雑誌を読みこんでしまいました。

そんな中の1冊、FIGARO。

e0152493_05440664.jpg

本屋で見ていいなと思い、買ったはいいものの、そのままま中身を読んでいないという、よくありがちな話しです。

好きなジュンパ・ラヒリさんやエイミー・ベンダーさんのことが載っています。

e0152493_05443399.jpg

e0152493_05443765.jpg

特にラヒリさんの『停電の夜に』はずっと昔に読んだ本ですが、また読みたいなって思いました。

このFIGAROに、むかし東京で一番好きだった新刊本屋さんが載っていました。
神宮前にあったKurkku Library さんです。

e0152493_20440057.jpg

原宿駅が最寄りで、千駄ヶ谷駅とのあいだくらいにありました。キャットストリートの渋谷とは逆側のエンドの近くで原宿の喧騒からも離れ、隠れ家的なエリアでした。

置いてある本がとても魅力的な本屋さんで、初めて買った本も覚えています。

岡部伊都子さんの『花の寺』。
本はしまいこんですぐには出てこないので、あとで見つけたら追記しますが、よく覚えています。

串田孫一さんの本を初めて手にいれたのも Kurkku Library さんです。
『星と歌う夢』。

e0152493_20404300.jpg

いまは20冊くらいもっている串田さんの本の最初の1冊でした。

FIGAROの他にも、penもいい特集してました。

e0152493_05450404.jpg

この2つの雑誌は10年前の雑誌なのですが、魅力あふれる記事が載っていて、捨てようと思っていたMOEも含めて捨てるのを保留にしました。

中を見てしまうと、なかなか捨てられません。中を見たから捨てる、と発想変えないとですね。


by momokororos | 2017-09-13 22:34 | | Trackback | Comments(0)