人気ブログランキング |

タグ:映画 ( 22 ) タグの人気記事

女性の社会的役割への意識〜「エクス・マキナ」

映画「エクス・マキナ」。

近未来を予感させる興味深い映画で、空恐ろしいとも感じていながら、何度も見てしまうAIのアンドロイドの映画です。

『エクス・マキナ』のことを、松田青子さんは『じゃじゃ馬にさせといて』の中で、

『エクス・マキナ』は観客の批判を含めて現代社会の縮図になっているという、死ぬほどクレバーな作品で、最新型フェミニズム映画として称えたい。
[松田青子、『じゃじゃ馬にさせといて』より]

と書いています。

松田青子さんは、なぜフェミニズム映画なのかを著書の中で解説しているのですが、これまでこの映画をそういう視点で捉えたことがなかった私。そしてピンとこなかったので、いま一度『エクス・マキナ』を見てみました。

e0152493_10015201.jpg


なお、以下はかなり内容やストーリーに踏みこんでいます。


映画の舞台は、閉ざされた山のなかの研究施設。
その施設には、会社の社長とその社長が開発したAIのアンドロイドのプロトタイプのエヴァがいます。そしてそのエヴァのチューリングテストを頼まれたエンジニアの男性が施設に参加します。
チューリングテストとは、人間がコンピュータと会話をして、コンピュータと話していることが気がつかないなら合格とみなすテストです。

エンジニアの男性は、技術的に、人間的に(といっていいのかわかりませんが)、彼女に興味を惹れます。彼女も男性に興味をいだきます。
開発した社長に、なぜ性別を与えたのですか?とエンジニアが問いかけるシーンがあります。

男性技術者が女性アンドロイドを作ることは違和感はありませんが、男性側の、これまでの社会のステレオタイプ(従来の価値観)でプロトタイプのアンドロイドを作ったと感じます。アンドロイドにまで、従来の女性としての役割もしくは男の理想としての役割を作りこんでいる、さらにもっとその想いを強くして作りこんでいる感じもします。

少し前に、NHK Eテレで「世界の知性が語るパラダイム転換」の番組を放映していたのですが、その中でダニエル・デネットさんが、「AIは人間をあざむくようになるかもしれない」と言っていて、AIが知性を持つことに懐疑的な意見も呈していました。

社長の、すなわち男が期待する女性としてのアンドロイドのエヴァが作られており、エヴァも、その役割を自ら意識して、逆にそれを使い、女性的な装いや振る舞いでエンジニアの男性を魅了します。
それは、その男性をあざむき閉ざされた研究室の外にでるため。さらに女性らしい皮膚に服をまとった姿でエヴァは研究施設の外に出ていきます。

ヒビの入った研究室の窓ガラス、言葉が理解できない別の女性アンドロイド、そのアンドロイドが男性の前で服を脱ごうとするシーン、歴代の裸の女性のアンドロイドがおさめられたロッカーがあるなど、かなり示唆的です。

あらためてみると、技術者の想いの中に、男性の独善的思考が見え隠れし、それだけにとどまらず、社会的な役割に対して暗喩する映画でした。


この日記を書いていて思いだしたのが、『ニキータ』の映画。ニキータは、かつて同じ道を辿った教育担当の女性から言われます。

「限界のないものが二つあるわ。女の美しさとそれを乱用することよ」
[リュック・ベッソン監督、「ニキータ」より]

こちらもかなり示唆的です。



映画の中の女性たち〜松田青子さんの『じゃじゃ馬にさせといて』
2019年7月30日の日記




by momokororos | 2019-08-14 22:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)

雨のスクラッチノイズ〜リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」

先日読んだ、清水アリカさんの『昆虫の記憶による網膜貯蔵シェルター、及びアンテナ』は、考えさせるくだりがたくさんです。

この中に映画の「ブレードランナー」について書いてあります。

リドリー・スコットの「ブレードランナー」がロサンゼルスと東京というふたつの都市を、止むことのない雨滴のスクラッチノイズのなかに重ね合わせ、廃墟としての未来都市を描き出したように、「見えない都市」とは視線の崩壊する地点のことであり、それは廃墟のイメージと分かち難く結びついている。
[清水アリカ、『昆虫の記憶による網膜貯蔵シェルター、及びアンテナ』より]


このくだりを読んで、『ブレードランナー』が見たくなりました。4年前に見て以来です。

e0152493_21085619.jpg


公開は2007年で、残虐なシーンもありますが、SF映画の中でも特に好きな映画です。


スクラッチノイズとは、アナログレコードの再生するときのノイズのことです。傷や静電気や埃などが原因で起きる、チリチリ、ブツブツとした音です。

「ブレードランナー」の映画では、未来の廃墟のロサンゼルスに降る雨の音のスクラッチノイズが効果的に使われています。音だけではなく、映像上の雨は引っ掻き傷みたいで、これもスクラッチノイズかなと思います。

先日訪れていた長谷川書店さんでは、アナログレコードのスクラッチノイズのことを話していました。ノイズが入らないように細心の注意をはらっていたあの頃でしたが、いまはそのスクラッチノイズがいとおしく感じます。清水アリカさんもそんなことを書いています。



「ブレードランナー」の映画の時代設定は2019年。

煙突から炎が吹きあがる始めの映像は、川崎の臨海部の工場地帯をモチーフに作られたそうです。最近は川崎の臨海工場地帯は観光にもなっているそうですね。

映画は、ロサンゼルスが舞台で、混沌と猥雑な東洋の街をイメージさせ、日本のイメージも重なっています。街の巨大な広告塔に映しだされる映像は「強力ワカモト」の映像です。

人間と見まごうばかりに設計されたレプリカント。あらためて見ましたが、アンドロイドの正体を見極めるブレードランナー、生き延びたいと思うアンドロイド、アンドロイドかどうかを疑うアンドロイド。アンドロイドと人間の垣根、ココロのひだが描かれています。

陰翳のある映像に切ない音楽が効果的で、ただでさえ切ない物語がさらにせつなくなります。人間のいきつく先がこんな世界であるならば、少しさみしすぎます。こんな未来にしないようにしたいものです。

「ブレードランナー」には空を飛ぶ車がでてきますが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー 2」にも出てきます。「バック・トゥ・ザ・フューチャー 2」は2015年10月21日の設定でした。ブレードランナーは2019年11月でちょうど今です。こんな世界になるのはもう少し先のことかなと思います。


自分と街のシンクロ〜清水アリカさんの『昆虫の記憶による網膜貯蔵シェルター、及びアンテナ』
2019年7月14日の日記


by momokororos | 2019-08-11 21:28 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画の中に出てくる本の魅力

映画の中に出てくる本にとても魅力を感じます。

「イコライザー」。
何度も見ているのですが、昨晩も見ていました。
悪に立ち向かうバイオレンスもので、主人公の冷静で沈着なまでの心理行動に興味を惹かれます。

つつましい日常の生活の繰り返しをする主人公。夜中に本を読み、そして深夜にいつものカフェで続きを読みます。テーブルに置く本も手順もいつもと同じ。読んでいる本は、マーク・トゥエインの『老人と海』。いつもお店にくる客から「もう釣り上げた?」と聞かれます。

高校生のときに読んだ 『老人と海』を再読しようと、今朝探してみました。おおがかりな捜索になりましたが、見つかりました。

e0152493_15570167.jpg




「ディープインパクト」。
目を負傷した乗組員に話す『白鯨』の出だしのシーン。このシーンに惹かれ、挫折した『白鯨』をまた読んでみようと思いました。

e0152493_15580269.jpg


メルヴィルの白鯨〜『MOBY-DICK IN PICTURES』
2016年8月13日の日記




「ヒューゴの不思議な発明」。
この映画の中にも詩人の名前が出てきます。
駅の時計守の主人公の男の子ヒューゴが、駅の保安官に問いつめられたときに、知りあいの女の子の機転で助けられるシーンです。

「クリスティーナ・ロセッティ。詩人と同じ名前よ。」

映画の中のセリフなので、訳者はわかりませんが、クリスティーナ・ロセッティさんは好きな詩人で、前の日記で詩を紹介したことがあります。

「ヒューゴの不思議な発明」〜素敵な映画と詩
2017年4月28日の日記

e0152493_16012349.jpg




「ローマの休日」。
オードリー・ヘップバーンさんが演じるアン王女が、コロッセオを抜けだし広場で寝ているところを新聞記者のジョーに起こされ、酔っているかのようなアン王女は、ジョーの部屋に。長椅子で寝るように言われたアン王女がつぶやいた詩です。

“Arethusa arose
From her couch of snows
In the Acroceraunian mountains”

「アレトウサーはアクロシローニアの山々の、雪の長椅子から立ち上がらん…。」

アン王女はキーツの詩と主張し、ジョーはシェリーの詩だと主張します。はたして。。
手にいれた『キーツ詩集』には載っていませんでした。あとで調べてみたら、シェリーが正しいそうです。

e0152493_16003686.jpg





「万引き家族」。
先日紹介しましたが、『スイミー』を朗読するシーンがでてきます。

e0152493_16032396.jpg


『スイミー』を読むシーン〜「万引き家族」の映画
2019年7月16日の日記


すぐには思いだせないのですが、映画の中にいろんな本が出ているはずです。
他にもどんな本が映画の中に出ているのか知りたいです。






by momokororos | 2019-07-20 20:55 | | Trackback | Comments(0)

「タイピスト!」〜可愛らしいフランス映画

フランス映画の『タイピスト!』。
とっても可愛く楽しい映画でした。

e0152493_14462152.jpg

始まりのシーンからすごくよくて、期待感を感じさせます。
可愛くお洒落で、コミカルで切なくもある映画です。

田舎からでてきて就職をめざすどこか自信のない女の子ローズが主人公。タイプライターのタイピングでなんとか秘書に仮採用されます。
女と男を意識しながらも、仮採用された社長と二人三脚で、タイプライターのタイピングの競技会での優勝を目指す物語です。

自信なさげな振る舞いながらもおちゃめなローズがとても可愛らしいのですが、競技会への参加にとまどいながらも成長し強さを発揮します。ローズの魅力に加えて、軽快なロックな音楽にのったタイピングの競技会や、最終競技会の緊張感のある映像なども最後まで飽きさせません。
女の子の憧れやせつない気持ちをあらわすかのような優しい音楽も、パリの雰囲気を感じさせる音楽も魅力です。

競技会のために一緒に住むことになった社長の家の、ローズの部屋に、マリリン・モンローさんやオードリー・ヘップバーンさんの写真が貼られていたり、どの女性がタイプと主人公が尋ねるシーンも笑えます。
マリリン・モンロー風に出てくるシーンがあったり、カトリーヌ・ドヌーヴの「シェルブールの雨傘」を彷彿させるシーンもあり、とても楽しく素敵な映画です。

タイピングの訓練のために?ローズが走りこんでいるシーンがあるのですが、競技会が進むと、「女の子的な走り」から「真剣な走り」に変わっています。
前に日記に書いた「LikeAGirl」的な振る舞いがまさに映像化されていました。

LikeAGirl〜女の子らしさとは
2019年4月13日の日記
https://momokoros.exblog.jp/28194106/

今年見た30本くらい映画のなかで一番のお気に入りになりました。
いい映画はいろいろありますが、大好きな『アパートの鍵貸します』や『麗しのサブリナ』に勝るとも劣らず素敵な映画だと思います。


モノクロ映画の魅力〜オードリー・ヘプバーンさんの「麗しのサブリナ」
2018年11月21日の日記

大好きな映画〜「アパートの鍵貸します」
2018年1月13日の日記

可愛いフランス映画〜カトリーヌ・ドヌーヴさんとブリジット・バルドーさん
2016年3月24日の日記



by momokororos | 2019-05-26 22:32 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)

人間の気持ちと未来のマシン〜マッハ号の超現実化の映画「SPEED RACER」

マッハGO!GO!GO!という昔のアニメを知っているでしょうか。

そのアニメに出てくる車のマッハ号を映像化した「SPEED RACER」という映画をみました。

e0152493_16423309.jpg

映像化した、というより超現実化した映画です。

映画の始まりのシーンは、学校でのテストのシーン。レースのことばかり考えてしまいテストに集中できずに、レーシングドライバーで運転していることを夢想する子どもの頃の主人公。このシーンから続く子ども時代のシーンが一番好きです。

実写と、チープとも思えるおもちゃみたいなCGも織りまぜながら、未来のレースを映像化しています。
車は未来のエンジンでありながら、マッハ号のローテクの車のジャンプやノコギリという未来にはナンセンスとも思える装備を備えています。ただしこれらの装備が役立っていることが笑えます。
さらに高性能なマシンに乗りながら、駆使する人間の感情や欲望が制御不可能であったりと、矛盾するものが両方織りこまれている映画です。

最初見たときは、なんてチープな映画って思いながら見ていたのですが、見いってしまう魅力をもつ映画です。意図的にそういう相反するものを織りこんでいるような気もします。

そこかしこにマッハGOの主題歌が挿入されていたり、車のデザインや機能を変えていないことからも、マッハGOへのリスペクトを感じます。マッハGOのアニメを知っているから惹かれてしまうのかとも思いましたが、それだけではない魅力です。
CGはチープ風に大げさに見せているだけで、よくできているのかもしれません。
家族を買収しようとする巨大企業や悪に立ちむかうのも痛快です。そういえば、本家のマッハGOのアニメもそうだっけなと思いました。

監督は、「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟です。私もレースの娯楽映画として見ていますが、見ればみるほど、人間の気持ちと組織と最先端の技術の葛藤が描かれている映画とも思える映画で惹かれます。


初めて見たときは、24時を過ぎてから見たのだけど、2時間強を通しで見てしまい、その次の日にもまた見て、1週間に3回も見てしまいました。


エンディングロールの、マッハGOの日本語のテーマソングに、続いて流れるロックの音楽に映像も素敵です。マッハGOのアニメも見てみたいです。



by momokororos | 2019-02-16 22:22 | 映画 | Trackback(2) | Comments(0)

モノクロ映画の魅力〜オードリー・ヘプバーンさんの「麗しのサブリナ」

「麗しのサブリナ」。

e0152493_12094452.jpg


オードリー・ヘプバーンさん主演の1954年の映画です。

美しいモノクロームの映像に魅了させられます。夜のシーンでは光と影のコントラストが美しく、その光と影が主人公たちの心をあらわしているかのようです。

ご主人の屋敷のパーティに、オードリーが演ずる女の子が憧れるシーンは、「ローマの休日」の王女さまがローマのコロッセオから見える夜のパーティに憧れるシーンと似ています。
お屋敷の御曹司に恋している主人公のサブリナが、パリに行って洗練された女性にかわります。オードリーは、その野暮ったさを感じる女の子と洗練された女性を2人を見事に演じています。

身分の違う恋に、お父様から「月に手を伸ばすな」と言われるサブリナ。パリから帰ってきたサブリナはお父様から「月に手はとどかん」と言われます。それに対してサブリナは「違うのよ 月が手を差し伸べるのよ」と返します。このサブリナのの意識の変わりようも魅力です。オードリーが歌う「La Vie en rose 」(ラ・ヴィ・アン・ローズ、邦名ばら色の人生)は、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフが、1946年にうたった歌ですが、オードリーもいい味だしています。

オードリーの着ているジバンシィのお洋服も魅力で、パリから帰ってきたサブリナが着ているお洋服、舞踏会でのドレスなどもジバンシィのお洋服でどれも素敵です。
「パリの恋人」の映画の中の本屋さんで働くオードリーが着るジバンシィのお洋服も派手さはないものの素敵です。

いままで気づきませんでしたが、「麗しのサブリナ」は、大好きな映画の「アパートの鍵貸します」のビリー・ワイルダー監督の作品でした。

最後ちょっと展開がはやいかなとも感じましたが、ムーディーであり、描かれている気持ちの揺れは、「アパートの鍵貸します」の映画と共通するものを感じます。


大好きな映画〜「アパートの鍵貸します」
2018年1月13日の日記
https://momokoros.exblog.jp/26599952/

巴里への憧れ〜1950年代のパリ
2016年2月28日の日記

by momokororos | 2018-11-21 22:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)

素敵な映画〜「やかまし村の子どもたち」

リンドグレーンさんの『やかまし村の子どもたち』のDVDがとってもいいと勧められて見てみました。

e0152493_22443601.jpg


美しい自然と素直な子どもたち。
きらきらしてるってのが一番当てはまる感想かなと思います。

全編に流れる美しい風景と音楽の調べ。そして純粋無垢な子どもたちに、見いってしまいました。

いい映画でした。
もう1度見たくなります。




by momokororos | 2018-04-09 22:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

再びの「ぼくの伯父さん」〜ジャック・タチ監督の映画

ジャック・タチ監督の「ぼくの伯父さん」の映画を前にすすめられていたのですが、今日再び、別の方からすすめられたので、見てみることにします。

e0152493_22371965.jpg

見ていないと思っていたのですが、始まりをみて、見ていたことに気づきました。感想を書いていないのですっかり忘れていました。
ぼくのおうち、伯父さんのおうち、いいですね。

「ぼくの伯父さん」〜ジャック・タチ監督の映画
2017年1月11日の日記

by momokororos | 2018-03-23 22:40 | 映画 | Trackback | Comments(0)

大好きな映画〜「アパートの鍵貸します」

大晦日から元旦にかけて見ていた映画、ビリーワイルダー監督の「アパートの鍵を貸します」。

e0152493_13130529.jpg

おととしだったとおもいますが、NHKのBSで放映されているのをたまたま見て惚れてしまった映画です。

これまで何度見たかわからないほど好きな映画で、年末はこの映画をみて締めくくろうとを思っていました。それほど惹かれています。

いつの時代も変わることのない恋愛。想い焦がれる気持ち、とどかない想い。滑稽におもえる主人公の2人の気持ちに共感と悲哀を感じずにはいられません。

なぜか週末になるとまた見たくなります。今宵もまた見ようかなと思っています。


おととし見たときに気持ち綴った文章です。

2016年2月26日
BSプレミアムで放映されていた「アパートの鍵貸します」の映画がすごく素敵でした。エレベーターガールと昇進のために奔走する男との恋物語。こっけいだけどせつない。モノクロの1960年の映画です。また見たいなって思ってDVDを手にいれてから2日。なかなか見れないです。

2016年2月27日
ビリーワイルダー監督の「アパートの鍵貸します」。シャーリー・マクレーンさんとジャック・レモンさんのふたりが演じる女性と男性の恋の行方。自分の執着から自由になっていくふたり。再びすぐに見たくなった素敵な映画です。


by momokororos | 2018-01-13 20:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「ヒューゴの不思議な発明」〜素敵な映画と詩

映画の「ヒューゴの不思議な発明」。
最近見た映画の中でいいなっとと思った映画です。

高円寺のあづま通り商店街のアンティークのお店のことを先日日記に書きましたが、雰囲気と世界観が似ているような感じだったのでお店の人にこの映画を紹介しました。アンティークのお店を紹介してくれたToo-Tickiさんの店長さんにその話しをしたら、ヒューゴは大好きな映画とのこと。もう1度、ヒューゴを見てみましたが、やはりよかったです。

この映画の中に、ヒューゴが友達の友達一緒に駅を歩いているときに公安官に呼びとめられるシーンがあります。そのときに女の子が復唱するのがクリスティーナ・ロセッティの詩です。

私の心は歌う小鳥のよう
巣はみずみずしい若枝
私の心はリンゴの木のよう
枝にはたわわに実る…

クリスティーナ・ロセッティさんの本は2冊持っているのですが、1冊だけ見つかりました。

e0152493_17553681.jpg


ヒューゴの中に出てきた詩は載っていませんでしたが、ロセッティさんの詩をまた楽しんでみようと思いました。たしかロセッティさんの詩集は岩波文庫でも見かけたことがあるので探してみようと思います。

by momokororos | 2017-04-28 22:46 | 映画 | Trackback | Comments(0)