人気ブログランキング |

タグ:尾道 ( 2 ) タグの人気記事

林芙美子さんの過ごした尾道

林芙美子さんが住んでいた尾道。ずっと憧れていました。

林芙美子さんにまつわるところを2つ巡っていて、まず尾道駅から近い尾道本通りのアーケードにある芙美子記念館に寄りました。


記念館の裏にある、旧林芙美子居宅。

e0152493_16321907.jpg

大正6年頃にこの2階に住み、女学校に通っていたそうです。

外のアーケードはたくさんの人が歩いているのですが、記念館に入る人はほとんどいません。わたしが入ったときの2人の夫婦だけでした。

e0152493_19195854.jpg


この記念館にも展示されているですが、林芙美子さんの『放浪記』にこんなくだりがあります。


海が見えた。海が見える。五年振りに見る、尾道の海はなつかしい。汽車が尾道の海へさしかかると、煤けた小さい町の屋根が提灯のように拡がって来る。赤い千光寺の塔が見える、山は爽やかな若葉だ。緑色の海向うにドックの赤い船が、帆柱を突きさしている。私は涙があふれていた。(中略) 私はうらぶれた体で、再び旅の古里である尾道へ逆もどりしているのだ。気の弱い両親をかかえた私は、当てもなく、あの雑音のはげしい東京を放浪していたのだけれど、ああ今は旅の古里である尾道の海辺だ。海添いの遊女屋の行燈が、椿のように白く点々と見えている。見覚えのある屋根、見覚えのある倉庫、かつて自分の住居だった海辺の朽ちた昔の家が、五年前の平和な姿のままだ。何もかも懐しい姿である。少女の頃に吸った空気、泳いだ海、恋をした山の寺、何もかも、逆もどりしているような気がしてならない。
[林芙美子、『放浪記』より]



「海が見えた。海が見える。」といううれしさは、海のそばに住んだことあるかないかは別にして万人に共通する思いではないでしょうか。

『放浪記』は小説ですが、林芙美子さんの私小説といっていい作品。尾道のくだりは数ページしかでてきませんが、林芙美子さんの尾道への想い、尾道の風景に想いを寄せます。


林芙美子記念館を出たあと、本屋の紙片さんとカフェのアルトさんに寄っていたのですが、千光寺へ登る坂の中腹にある、おのみち文学の館に行きたいと思っていて、アルトさんでお昼を食べたあとに向かいました。

坂道や階段を下まで降りてまた登るのは嫌なので、行けるかどうかわかりませんでしたが、坂を降りずに横に向かうことにしました。少し降りたり登ったり、坂の途中からは海が見えたりします。

e0152493_15394874.jpg

光明寺を通ります。

e0152493_15395854.jpg


ネコノテパン工場。名前がいいです。

e0152493_15400669.jpg


千光寺登山道。。
こちらに行くか迷いましたが登ります。

e0152493_15403036.jpg


きびしい坂道です。
前の日に宇和島城に登り、腰や足など全身が痛い身にはこたえます。

e0152493_15413068.jpg


整備された辻に出ました。この先が文学の館です。

e0152493_15413712.jpg


放浪記の石碑がたっています。

e0152493_15414691.jpg

時間は3時過ぎ。
入館料を払うと、志賀直哉記念館も入れると聞きました。

林芙美子さんが好きで尾道に来たかったらことを館長さん?に話すと、ついてまわってくれて、林芙美子さんの展示を丁寧に解説してくれました。

林芙美子さんの書斎を再現した部屋、いい先生に出会い文学に目覚めた尾道、川端康成さんと親交があった芙美子さん、尾道の人への芙美子さんの感謝の思い、などを、熱く熱く説明してもらいました。

林芙美子さんの詩です。

巷に来れば憩ひあり
人間みな吾を慰めて
煩悩滅除を歌ふなり


今回訪れませんでしたが、尾道東高校には、川端康成さんが揮毫した、この詩歌の句碑があるそうです。その詩歌がおのみち文学の館に展示されていました。
「人間みな吾を慰めて」というのは、尾道の人の助けてくれたことだそうです。貧乏だった林芙美子さん。尾道の地でいい先生に出会い、文学に目覚めたそうです。


林芙美子さんの著書も展示してあり、『放浪記』は3冊持っているのですが、わたしの持っていない版がありました。手にいれたいです。

e0152493_19433558.jpg
e0152493_19435096.jpg
e0152493_19440689.jpg



志賀直哉旧居の拝観時間がすでに終わっていましたが、文学の館の方が電話をかけてくれました。


志賀直哉旧居の館長?も熱く語る方で、志賀直哉さんにも興味を惹かれました。
尾道にいた林芙美子さんとは2年違いで尾道にいたそうですが、その後東京で暮らすようになった両者に親交はなかったこと。志賀直哉さんと林芙美子さんの展示を同じ長屋の下で再現しようとしたらある人の猛反対されたこと、志賀直哉さんの書く写実の文章は、川端康成さん、芥川龍之介さんなどに絶賛されたことなどをお聞きしました。
志賀直哉さんの短編集を集めた『清兵衛と瓢箪・網走まで』の本も詳しく説明してくれて興味深く、購入しました。



林芙美子さんの尾道、林芙美子さんにまつわるところもまだ見ていないところたくさんですが、また訪れたいと思います。








by momokororos | 2019-06-14 21:44 | | Trackback | Comments(0)

本屋さんとカフェ探訪〜尾道そぞろ歩き

愛媛松山から岡山に出て、あくる日に尾道へ。

尾道は、林芙美子さんが住んでいたところで記念館もあり、大林通監督の映画の舞台にもなったところで、何十年も憧れていました。
岡山や倉敷、広島にはたまに寄ることもあったのですが、尾道にはなかなか寄れませんてました。

岡山から尾道へは、思っていたよりも近いかもと思いました。

尾道の駅舎はとても素敵でした。

e0152493_19163219.jpg


3ヶ月くらい前に新しくなったみたいです。

駅から左手に歩き、信号を渡りしばらく歩くとアーケードの商店街です。

e0152493_19175799.jpg

林芙美子記念館に寄りましたが、また別途書きたいと思います。

尾道のアーケードはどこまでも続くかのように長いです。

e0152493_19280610.jpg


ずっとずっと歩いたところに、あなごのねどこ、という宿泊施設があります。
人が集まっているのは1階のカフェです。

e0152493_19280780.jpg

このカフェの左横の入口から細い路地に入ります。

e0152493_19282199.jpg

e0152493_19281195.jpg

その先に、紙片さんという本屋さんがあります。

e0152493_19282592.jpg


紙片さんは、去年、東京高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさんでイベントをされたお店です。
そのときに1度お店会いしたきりですが、覚えてくれていました。

店内は心地よい音楽が流れていて、お店は奥に広いです。

わたしの好きな、くどうれいんさんの『わたしを空腹にしないほうがいい』、前田昌良さんの『星を運ぶ舟』、斎藤陽動さんの『それでも それでも それでも』この前に手にいれたら山尾三省さんの『火を炊きなさい』、笹井宏之さんの『えーえんとくちから』、相沢さんの『melancoliastorytelling』などが置かれていてうれしく思いました。吉田篤弘さんの本はたくさんありました

マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの『銀河で一番静かな革命』と、三角みず紀さんの『とりとめもなく庭が』の2冊を手にいれました。

e0152493_23594456.jpg
e0152493_00000807.jpg



紙片さんに入る前に見たのですが、少し先の辻を曲がったところにある尾道ラーメンのお店に200人以上もの行列がついていました。こんなに長い行列は見たことがないのでびっくりです。
お昼のおすすめのお店を紙片さんに聞いたら、アルトさんをすすめられました。
アルトさんは、紙片さんがるすばんばんするかいしゃさんでイベントをされたときに、コーヒーなどの飲みものを提供していたお店です。

尾道の千光寺に行く坂道の途中にあるということで、紙片さんをあとにして行ってみることにしました。



海側からJRの線路の跨線橋を越えて、細い路地と階段が入り組んだ道を登ります。この路地入っていいだろうかと思いながら進みます。目印はお店の近くにある持光寺というお寺だったのですが、持光寺への案内の石碑を見つけました。

e0152493_19425938.jpg





目印を頼りに階段を登ります。

e0152493_19445154.jpg



まっすぐの階段を登りましたが、先は行き止まりな感じに見えるので、左に巻いていく道をいきます。

e0152493_19444150.jpg
e0152493_19454079.jpg
e0152493_19461468.jpg


目の前に緑、小道をはさんだ向こう側は竹林。笹が風に揺れる音、鳥の声、遠く電車の音が聞こえます。竹林の向こうにはちょっとだけ海がみえます。店内の音楽は、外の音なのか音楽のメロディかわからないくらい一体化しているようで素敵です。緑のそよぐ風景と音楽、その先の想いを確かめたくなります。

いただいた料理はこちらです。

e0152493_19470362.jpg

鶏肉に、セロリのサラダ。春雨とニンジン、キュウリ、春巻の皮を揚げたものの甘酢和え、カブのお味噌汁です。

一番感銘を受けたのがセロリ。
シャキシャキと美味しんです。
実はわたしはセロリが苦手。にもかかわらずおいしくてよく噛んで味わっていました。
聞いてみると、尾道のセロリでそんなに匂いのキツくないもので、ニンニクで炒めているので匂いが抑えられているとのことでした。美味しいのでまた食べたいくらいです。
鶏肉のソースもおいしいです。

甘夏ミントの飲みものもいただきました。

e0152493_19540708.jpg


こちらも甘みが絶妙で美味しかったです。

開けられた窓からの風、笹が風に揺れてサワサワする音、小鳥のさえずり、年代もの扇風機のゆるい回転、料理をゆっくりかみしめる音、室内の暗さと外の明るさのコントラスト。時間の歩みが遅くなっているような感じがしました。

帰りがけ、高円寺でお会いしたことあると伝えたら、覚えてくれていました。うれしいかぎりです。



by momokororos | 2019-06-12 22:20 | グルメ | Trackback | Comments(0)