タグ:姫路 ( 33 ) タグの人気記事

神戸と姫路で遊ぶ〜今年の遊び納め

おとといからきのうにかけて、京都や神戸にいておなじみのお店を巡っていたのですが、金沢に向かおうかなと迷っていました。
12月の頭に金沢を訪れてから、ますます金沢熱が高まっていたのですが、先週末から金沢は雪。
雪の中を歩きたくなかったのと、着ている洋服も寒すぎかなと思って、行くかどうか迷ってしまい、京都や神戸で遊んでいたら、金沢で遊べる時間は過ぎてしまい、金沢にいくのを諦めました。



神戸では、元町のハニカムブックスさんと、1003さんに寄っていました。

ハニカムブックスさんでは、ヤン・クドゥラーチェクさんの翻訳絵本を見つけました。

e0152493_10005029.jpg


初めてみた絵本です。

e0152493_10012850.jpg

e0152493_10013295.jpg

e0152493_10013600.jpg


ヤン・クドゥラーチェクさんは、タッチが激しい絵本もあるのですが、この絵本は比較的穏やかなタッチで描かれています。クドゥラーチェクさんの『おんなのことあめ』と似たようなタッチかなと思います。


1003さんでは、小津夜景さんの『カモメの日の読書』を手にいれました。

e0152493_10015375.jpg


店長さんと、引用されているような、つれづれない生活ができたらね、と話していました。

神戸はいつものように南京町は混んでいました。西の西安門です。

e0152493_20294303.jpg



神戸から姫路へ。

おひさまゆうびん舎さんでは、店長さんおすすめの吉田篤弘さんの『それからはスープのことばかり考えて暮らした』を手にいれました。

e0152493_10051598.jpg


吉田さんは、わたしも好きな作家さんなので楽しみです。


高階杞一さんの『キリンの洗濯』は、一風変わった詩集で、なんだろうって気持ちで読んでいました。

e0152493_10032594.jpg


帯に、「高階杞一には”なぜ”がない」と書いてありました。ときどきつまみよみしたくなる詩集かもしれません。

高階杞一さんの本は、夏葉社の『早く家に帰りたい』の本で初めて読みました。おひさまさんの店長さんと夏葉社の本で何が一番好きって話していたのですが、わたしはこの『早く家に帰りたい』が一番好きです。いつも涙がでてきてしまいます。店長さんは、『神様のいる街』か『山の上の家』かなと言っていました。


王様の絵本を解説した本も見つけました。『王さまとあそぼう』。

e0152493_10023130.jpg


お店に長く置いていたのに面陳してたことあったのに誰も注目してくれなかったと、店長さんが言っていましたが、これは楽しいです。

e0152493_10025177.jpg

e0152493_10025441.jpg

e0152493_10025711.jpg


久しぶりに姫路城前の大手前の交差点まで行って姫路城をみていました。

e0152493_20303837.jpg


姫路駅からも姫路城は見えていい風景ですが、少し近づいてみる姫路城もいいです。天守閣まではまだまだ歩きます。さらに天守閣に登るのは一苦労で、ずっと前に一度登りましたが、梯子段に近い階段でふたたびは登りたくはありません。

結局、神戸と姫路で遊んでおわりになりましたが、神戸や姫路に行くのは12月は2回目でした。

姫路から金沢に行くことも考えたのですが、12/30でしかも日曜なので、料理屋さんで新鮮な食材は無理かなと思い、後ろ髪をひかれつつ諦めました。憧れの香箱蟹はまた来年の冬です。

姫路からは、新大阪まで新快速、新大阪からは新幹線で東京に戻りましたが、東京のいつも寄るお店に行くには少し遅すぎたので、今年は姫路が遊びおさめとなりました。



by momokororos | 2018-12-31 13:48 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

姫路かわいいもの〜絵本屋さんと雑貨屋さん

神戸のあくる日は姫路にでていました。

姫路駅からみゆき通りのアーケードを姫路城に向かって歩きます。楽しみにしていたヒメナリエのでぜライトアップは電気が消えていました。夕方からみたいです。残念。

おひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_17155160.jpg


シャーロット・ゾロトウ作で杉浦さやかさん訳の『そらはあおくて』の出版にあわせて展示が開催されていました。

お店では、久しぶりにクルムモさんのブックカバーを手にいれました。
大好きで、6、7枚持っています。

e0152493_21305948.jpg


オードリー・ヘプバーンさんの易しく書かれている本も見つけました。これなら完読できます。

e0152493_21311775.jpg



e0152493_17161795.jpg


お子さんがいるのでアンパンマンや子育ての話しや、前にお店があった神戸や、前に働いていた大阪南船場や堀江の雑貨屋さんの話しなどをしていました。
西淑さんの一筆箋を買いました。

姫路では、おひさまゆうびん舎さん近くの洋食のグリル天平さんに寄ったのですが、開店直後と13時過ぎも並んでいて諦めました。

遅いお昼は、Macaroniさんの近くの、うどんのめんめさんで肉うどんをいただきましたが、美味しかったです。家族でお店を営まれているようにみえてなんかほのぼのとした感じてした。

e0152493_17240240.jpg


姫路駅から姫城城まではかなり広い歩道で気持ちがいいです。いまの時期イチョウの木が色づいてお散歩が楽しいです。

e0152493_17365729.jpg



by momokororos | 2018-12-04 22:24 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)

姫路、神戸の雑貨巡り

姫路と神戸の雑貨巡り。

姫路では、雑貨の置いてある2つのお店に寄っていました。

姫路駅から姫路城へ至る大通りを姫路城の方に歩いて、姫路城の敷地の手前にある macaroniさんへ。

e0152493_17013150.jpg


可愛い雑貨が並んでいます。
macaroniさんは、神戸栄町にあった雑貨屋さんで、2年ほど前に姫路で再オープンされたそうです。

お子さんを育てながらお店を開かれています。
神戸時代の懐かしいお話しや姫路の美味しいお店の話しで盛りあがりました。


macaroniさんの前の大通りはさんで、はす向かいには、おひさまゆうびん舎さんがあります。


e0152493_22552679.jpg

おひさまゆうびん舎さんにも、可愛い雑貨が置いてあります。よく買うのは、可愛らしいクルムモさんのブックカバーです。

関西かわいい雑貨巡り(其の一)〜姫路
2015年10月12日の日記



神戸の栄町のchocさん。

e0152493_19494405.jpg

chocさんの場所は、前にmacaroniさんの入っていた場所なんです。

chocさんでは、むかし大好きだった人形のbrunoさんのお人形の展示が開催されていました。
brunoさんの指人形が大好きなのですが手がかかるので最近はあまり作られていないのですが、今回布製の人形の中にお嬢様らしい可愛いお人形がいたので手にいれました。

e0152493_19482407.jpg


先の日記で紹介した元町商店街4丁目のハニカムブックスさんには、かわいい雑貨もたくさんあります。


e0152493_22555105.jpg



栄町にある北欧雑貨のlottaさんは、ちょうどいま播州織の玉雌さんのストールがたくさんです。



神戸は、17年くらい前からカフェから始まり雑貨や本屋を巡ってきています。
チェドックさんにコフクカフェさんやgigiさんが栄町にあり、トアロードにMALLEさんがあった頃です。神戸は狭いエリアにギュっとお店がつまっていて、楽しい街です。

雑貨ではないですが、神戸中山手通のカフェとギャラリーのtoiroさんにも寄っています。

e0152493_21535816.jpg

プリンをいただきながら、店長さんとお客さんと談議していたら閉店時間を大幅に過ぎていました。


今回、姫路や神戸の雑貨屋さんをみて、久しぶりに大阪の雑貨屋さんにも訪れてみようと思いました。
大阪雑貨巡りに続きます。













by momokororos | 2018-11-02 22:40 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)

関西本屋巡り(其の五)〜姫路

姫路のおひさまゆうびん舎さん。
絵本を中心として、純文学の品揃えも豊かな本屋さんです。

近代ナリコさん編の『女性のエッセイ・アンソロジー』を手にいれました。

e0152493_08231180.jpg

大好きな鴨居羊子さんの文章も載っています。

文学の本もいろいろあるおひさまゆうびん舎さん。店長さんは特に小山清さんへの思い入れが強く、小山清さんのフェアーや展示をお店で開催したり、同じ時代の交友ある作家さんの文学について詳しいです。
絵本では、高橋和枝さんやどいかやさんの原画展示など、たくさんの絵本の原画展示を開催してきています。
ここ最近の展示では、たけうちちひろ、さんの切り絵の絵本の展示が素晴らしかったです。

可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本
2018年4月7日の日記


わたしは、姫路まで関西の圏内だと思っているのですが、SAVVYの京都大阪神戸の本屋特集では姫路は圏外だそうで残念です。

e0152493_08241097.jpg


by momokororos | 2018-10-31 21:45 | | Trackback | Comments(0)

アーモンドトースト〜姫路美味しいもの

姫路。
姫路の喫茶店の大陸さんでモーニングしました。
70年の歴史ある喫茶店だそうです。
二階町のアーケードと国道2号線のあいだの細い通り沿いにあります。

アーモンドバターが塗られたアーモンドトーストをいただきました。

e0152493_11180068.jpg

美味しいです。
この前にアーモンドトーストを食べたのは、やはり姫路のキティカフェででした。キティカフェは残念ながらなくなったそうです。

神戸と姫路の本屋と雑貨巡り
2017年12月26日の日記

おひさまゆうびん舎さんの店長さんと絵本の話しをしながら1時間半。あっというまの時間でした。

by momokororos | 2018-10-26 22:42 | グルメ | Trackback | Comments(0)

おいしい手羽先〜姫路美味しいもの

今日は東京で14時くらいまで仕事をしたあとに、どこにいこうかと思案していたのですが、行きつけの本屋さんに連絡してみたところ、オープンしているとのことなのでそちらにお伺いしました。

お店に寄ったあとに、姫路のおみぞ筋にある焼き鳥のふく鳥さんで夜をいただきました。

お店の看板メニューの手羽先を頼みました。

e0152493_22233087.jpg

こおばしい味と甘めのタレとゴマの味が一体となってとっても美味しかったです。ビールがすすみます。

メニューにハタハタも見つけて頼みました。脂がのってきて美味しくなってきています。

e0152493_22233689.jpg


タコの天ぷら。

e0152493_22234245.jpg


焼き鳥。モモと砂ズリと軟骨です。

e0152493_22234833.jpg


頼みすぎておなかいっぱいになりましたが、いろいろ話しをして楽しかったです。

姫路駅前のpioleはいつ見ても素敵です。

e0152493_22380789.jpg


姫路は新しいホテルのオープンラッシュで、前回に引き続き新しくできたホテルに泊まりました。



行きつけの本屋さんは姫路のおひさまゆうびん舎さんです。


e0152493_23055463.jpg




by momokororos | 2018-10-25 22:40 | グルメ | Trackback | Comments(0)

「チリとチリリ うみのおはなし原画展」〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

すこし前に、どいかやさんのチリとチリリの絵本のことを書いた日記の中で、姫路のおひさまゆうびん舎さんで開催されているチリとチリリの展示を紹介していました。


どいかやさんの絵本
~2018年8月14日の日記

今日は自由が丘ランチでゆっくりしてしたのですが、そのあとに東京から姫路へ移動して、姫路のおひさまゆうびん舎さんでの「チリとチリリ うみのおはなし原画展」を見にいきました。

おひさまゆうびん舎さんの店内に飾られていたチリとチリリの原画です。

e0152493_21414429.jpg

色鉛筆で書かれた原画はほんとに細かなところまで描かれていて見いってしまいます。

店内はおひさまさんが作った、チリとチリリの切り絵が飾られています。

e0152493_21423550.jpg

e0152493_21423935.jpg


こんな切り絵を切るのは大変だと思いますが、そんな努力をみる人はわかっているし、作る努力はむくわれるのだなと思います。

e0152493_22284308.jpg


おひさまゆうびん舎さんのチリとチリリの展示は今日8/31までで、明日からの新しい展示のために展示入れ替えの作業を閉店後にするそうです。

おひさまゆうびん舎さんの帰りに、姫路駅前のジュンク堂さんのどいかやさんの原画展を見にいきました。

お店の方にことわって写真を撮らせていただきました。

e0152493_21481926.jpg


可愛いです、チリとチリリ。

こちらの展示も今日8/31までの展示です。

チリとチリリの秘密を神保町のブックハウスカフェさんのスタッフさんから聞いてから、ますます好きになったチリとチリリの絵本。
おひさまゆうびん舎さんでは取り寄せたチリとチリリの絵本は完売、ジュンク堂さんでも、うみのおはなしの絵本は見当たりませんでした。また今度手にいれたいと思います。




by momokororos | 2018-08-31 22:40 | 絵本 | Trackback | Comments(2)

姫路の本屋さんと姫路の夜

このあいだ、京都の宵々山を見ていたのですが、次の日は京都から神戸へ出ていて、元町の1003さんと栄町の lottaさんのお店に寄っていました。

神戸本屋と雑貨散歩(其の一)〜元町・栄町
~2018年7月16日の日記

夕方になってから金沢にでることも考えていたのですが、その日は日曜で市場も開いておらず新鮮な海の幸を食べることができないかもと思い、金沢には行かずに姫路へでました。

姫路城手前の大手前公園にいたるみゆき通りのアーケードが切れる少し前の路地を左に入ると、おひさまゆうびん舎さんがあります。

e0152493_19533678.jpg


2階への階段はかなり急で、高所恐怖症のわたしにはこわいのですが、絵本や文学のこぢんまりした空間が広がっています。

お店には閉店の30分くらい前に訪れたのですが、店長さんとお話し、途中でおひさまさんの知り合いの方と一緒にいろいろ話しをしながら1時間くらい見ていました。

こんな本を手にいれました。
吉田篤弘さんの『神様のいる街』。

e0152493_12011439.jpg


街と本とお金と運命が綴られています。
神戸と神保町の「神」。わたしも神保町も神戸が好きです。

ざらざらした紙に触れることは、そのまま時間に触れることで、古本を買うということ-手に入れるというのは、こういうことなのだと、ようやく理解しつつあった。
[吉田篤弘、『神様のいる街』より]

読んでいると、なぜかわかりませんが、涙があふれてきました。
吉田篤弘さんは、かなり前ですが『つむじ風食堂』で好きになった作家さんです。

最近は読んだ吉田さんの本です。

夜更けに読みたい〜吉田篤弘さんの『ブランケット・ブルームの星型乗車券』
2017年3月13日の日記


もう1つ手にいれた本は、長新太さんの『みんなくいしんぼう』。

e0152493_12011638.jpg


やっぱり長新太さんはいいです。


お店をあとにして、姫路のおみぞ筋のお店で夜をいただきました。

e0152493_12014850.jpg

e0152493_12015199.jpg

e0152493_12015330.jpg

e0152493_12015705.jpg

e0152493_12020061.jpg

ちょっと高めのお店かと思いましたが、安くて美味しかったです。

姫路駅前のファッションビルのpiole。

e0152493_19444108.jpg

姫路駅前は、姫路城が望めたり素敵な空間になっていて、好きな駅前の1つです。
路駅のすぐそばにモントレ姫路ができていたので泊まろうかと思ったのですが、値段が高く諦めました。




by momokororos | 2018-07-21 22:43 | 絵本 | Trackback | Comments(2)

可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本

先日、京都の桜を見たあとに姫路に出ていました。

姫路のおひさまゆうびん舎さんでは、たけうちひろさんの「ぼくのさがしもの」の素敵な展示が開催されています。

e0152493_11251168.jpg

『ぼくのさがしもの』の絵本は、ロボットの話しで、可愛くてちょっぴりせつないです。

e0152493_11263087.jpg

片腕をなくしたロボットの物語。

e0152493_12553218.jpg

可愛いです。

e0152493_12551867.jpg

わたしはお魚のページが好きなのですが、おひさまさんの店長さんは本棚のページが好きとのこと。本好きには本棚のページはたまらないかなと思います。

e0152493_12552028.jpg

どのページもいいのですけどね。


たけうちひろさんのもう1つの絵本の『ぼくのつくりかた』もおひさまさんに置かれていて、すごく可愛いです。

e0152493_11264871.jpg

珍しく、縦に開きます。

e0152493_15101557.jpg

e0152493_15101757.jpg

たけうちさんの素敵な絵本にぞっこんになりました。この『ぼくのつくりかた』の絵本は、わたしの持っている絵本のベスト10に入るのでは?と思うくらい素敵です。


おひさまゆうびん舎さんには、たけうちさんの海外で出版された絵本3冊もあって、すべて手にいれました。


イタリア語版。

e0152493_13005171.jpg


英語版。
e0152493_13005534.jpg

タイトルが、『The fantastic recipe machine』。ファンタスティック レシピ マシン なんて夢があります。

英語版だけに載っている、お魚のページです。

e0152493_15063135.jpg


フランス語版。

e0152493_14453050.jpg

日本語版には載っていない女の子がでてきます。女の子のページはフランス語版だけでなく、イタリア語版や英語版にも載っています。

e0152493_14445826.jpg

e0152493_13031803.jpg

この女の子の絵も好きなんですが、日本語版にないのは残念です。
逆に、日本語版には、フラミンゴとワニのページが載っていますが、英語版、フランス語版、イタリア語版には載っていません。


おひさまゆうびん舎さんの店内の壁には、原画とおひさまさんの手作りの切り絵が飾られています。

e0152493_11273923.jpg
e0152493_11274242.jpg


展示は結構長くて5/7月曜までですが、展示の初日から2日間で『ぼくのつくりかた』の絵本は完売したそうです。その後、再入荷しているそうです。

たけうちさんのこの2つの絵本のことを神保町の絵本屋さんで聞いてみたら、『ぼくのつくりかた』はお店で扱ったことがあるそうです。わたしは今回初めてたけうちさんの絵本を知りましたが、かなり人気なのではと思います。

e0152493_11295364.jpg

今回、おひさまさんでは買いたい本がたくさんでした。諦めて買わなかった本もあるのですが、いい本に巡りあえたかなと思います。

姫路は姫路城の桜を見にきている人で、かなりの人出でした。


by momokororos | 2018-04-07 20:52 | 絵本 | Trackback | Comments(2)

神戸と姫路の本屋と雑貨巡り

神戸元町。
ベトナム料理を食べたあとに、南京町の西門からほど近いところにある、1003さんへ。
1003さんは、食と酒の本が多い本屋で、店内でハートランドのビールも飲めます。

e0152493_22342247.jpg

開店した当初はほとんど古本でしたが、だんだんと新刊やZINEが多くなってきて別の魅力も醸しだしてきました。私は参加できていないのですが、イベントも多くなってきてます。

夏葉舎さんから出版された、石亀泰郎さんの『ふたりっ子 バンザイ』。

e0152493_22353268.jpg

石亀泰郎さんは『イエペは ぼうしが だいすき』の写真家です。1003さんにはこのイエペの写真絵本ありました。
写真は、わたしが持っているイエペの本です。

e0152493_22371777.jpg

山川直人さんの『ハモニカ文庫』。

e0152493_22383767.jpg

はじめてみる作家さんなのですが、ほのぼのとした感じで惹かれるものがあります。

そして世界の偉大な女性を紹介する『CULOTTEES』。

e0152493_22401197.jpg

私はトーベ・ヤンソンさんしか知らないのですが、取りあげられている女性がどんな人なのか興味あります。

神戸駅の方へしばらく歩くと、ハニカムブックスさん。
ハニカムさんは乙女な本と雑貨がある本屋さんです。

e0152493_22423242.jpg

神戸は憧れで、神戸のお嬢さまも憧れなのですが、こんな本をみつけました『お嬢さまことば速修講座』。

e0152493_22425862.jpg

お嬢さまに逢えるかな、お嬢さまになれるかな、と淡い期待をいだきながら、ハニカムさんの店長さんと話していました。

鈴木いづみさんの本。
珍しい本がハニカムさんにありました。

e0152493_22430242.jpg

一度、学芸大学の流浪堂さんで、鈴木いづみさんの小説を手にいれたのですが、挫折していますが、傑作集ということで読んでみようと思いました。


栄町の北欧雑貨のlottaさんにも寄っています。
関野ゆうこさんの「sorte glass jewelry exhibition 」というガラスのジュエリーの展示会が開催されていました。
作家さんとお店のご夫婦と、アクセサリーの制作工程や大阪の話しで盛りあがり、長居しました。

結局、今回も神戸の山側には行けず、神戸をあとにしました。最近ずっと神戸の山側に行けていないので、また来年寄りたいなと思います。

神戸から姫路へ夜のうちに移動して、あくる朝、姫路のおひさまゆうびん舎さんにキティカフェに連れていってもらいました。

e0152493_22462690.jpg

可愛いキティちゃんが描かれています。

e0152493_22463076.jpg

アーモンドトースト。
姫路名物だそうです、アーモンドバターが塗られて焼かれており、とっても美味しいんです。

e0152493_22463477.jpg

ポテトもお上品な揚げかたに見えるのは気のせいでしょうか。

カフェから、姫路城近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
おひさまさんは、絵本と文芸書、そして可愛い雑貨もおいてある本屋さんです。

e0152493_22473048.jpg

高橋和枝さんの『くまのこのとしこし』を手にいれました。

e0152493_22442526.jpg

くまのこのとしこしのキャラメルも販売されていました。可愛いです。

e0152493_22442973.jpg

杉浦さやかさんの『すくすくスケッチ』。

e0152493_22153073.jpg

杉浦さんの子育てがイラスト入りで綴られているのですが、つらい大変なこともあると思うのですが、とっても明るくポジティブに語られていて、杉浦さんすごいなと思います。

姫路からどこにいくかは決めてなかったのですが、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、そのまま東京に戻りました。

まだまだ夜は時間があったので、どこかのお店で遊んでいこうと思っていたのですが、東京駅をでたらライトアップを見かけて、東京駅周辺で遊んでいました。
先日書いた日記です。

東京クリスマスイルミネーション
2017年12月24日の日記/div>




by momokororos | 2017-12-26 22:37 | | Trackback | Comments(0)