タグ:姫路 ( 26 ) タグの人気記事

姫路の本屋さんと姫路の夜

このあいだ、京都の宵々山を見ていたのですが、次の日は京都から神戸へ出ていて、元町の1003さんと栄町の lottaさんのお店に寄っていました。

神戸本屋と雑貨散歩(其の一)〜元町・栄町
~2018年7月16日の日記

夕方になってから金沢にでることも考えていたのですが、その日は日曜で市場も開いておらず新鮮な海の幸を食べることができないかもと思い、金沢には行かずに姫路へでました。

姫路城手前の大手前公園にいたるみゆき通りのアーケードが切れる少し前の路地を左に入ると、おひさまゆうびん舎さんがあります。

e0152493_19533678.jpg


2階への階段はかなり急で、高所恐怖症のわたしにはこわいのですが、絵本や文学のこぢんまりした空間が広がっています。

お店には閉店の30分くらい前に訪れたのですが、店長さんとお話し、途中でおひさまさんの知り合いの方と一緒にいろいろ話しをしながら1時間くらい見ていました。

こんな本を手にいれました。
吉田篤弘さんの『神様のいる街』。

e0152493_12011439.jpg


街と本とお金と運命が綴られています。
神戸と神保町の「神」。わたしも神保町も神戸が好きです。

ざらざらした紙に触れることは、そのまま時間に触れることで、古本を買うということ-手に入れるというのは、こういうことなのだと、ようやく理解しつつあった。
[吉田篤弘、『神様のいる街』より]

読んでいると、なぜかわかりませんが、涙があふれてきました。
吉田篤弘さんは、かなり前ですが『つむじ風食堂』で好きになった作家さんです。

最近は読んだ吉田さんの本です。

夜更けに読みたい〜吉田篤弘さんの『ブランケット・ブルームの星型乗車券』
2017年3月13日の日記


もう1つ手にいれた本は、長新太さんの『みんなくいしんぼう』。

e0152493_12011638.jpg


やっぱり長新太さんはいいです。


お店をあとにして、姫路のおみぞ筋のお店で夜をいただきました。

e0152493_12014850.jpg

e0152493_12015199.jpg

e0152493_12015330.jpg

e0152493_12015705.jpg

e0152493_12020061.jpg

ちょっと高めのお店かと思いましたが、安くて美味しかったです。

姫路駅前のファッションビルのpiole。

e0152493_19444108.jpg

姫路駅前は、姫路城が望めたり素敵な空間になっていて、好きな駅前の1つです。
路駅のすぐそばにモントレ姫路ができていたので泊まろうかと思ったのですが、値段が高く諦めました。




by momokororos | 2018-07-21 22:43 | 絵本 | Comments(2)

可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本

先日、京都の桜を見たあとに姫路に出ていました。

姫路のおひさまゆうびん舎さんでは、たけうちひろさんの「ぼくのさがしもの」の素敵な展示が開催されています。

e0152493_11251168.jpg

『ぼくのさがしもの』の絵本は、ロボットの話しで、可愛くてちょっぴりせつないです。

e0152493_11263087.jpg

片腕をなくしたロボットの物語。

e0152493_12553218.jpg

可愛いです。

e0152493_12551867.jpg

わたしはお魚のページが好きなのですが、おひさまさんの店長さんは本棚のページが好きとのこと。本好きには本棚のページはたまらないかなと思います。

e0152493_12552028.jpg

どのページもいいのですけどね。


たけうちひろさんのもう1つの絵本の『ぼくのつくりかた』もおひさまさんに置かれていて、すごく可愛いです。

e0152493_11264871.jpg

珍しく、縦に開きます。

e0152493_15101557.jpg

e0152493_15101757.jpg

たけうちさんの素敵な絵本にぞっこんになりました。この『ぼくのつくりかた』の絵本は、わたしの持っている絵本のベスト10に入るのでは?と思うくらい素敵です。


おひさまゆうびん舎さんには、たけうちさんの海外で出版された絵本3冊もあって、すべて手にいれました。


イタリア語版。

e0152493_13005171.jpg


英語版。
e0152493_13005534.jpg

タイトルが、『The fantastic recipe machine』。ファンタスティック レシピ マシン なんて夢があります。

英語版だけに載っている、お魚のページです。

e0152493_15063135.jpg


フランス語版。

e0152493_14453050.jpg

日本語版には載っていない女の子がでてきます。女の子のページはフランス語版だけでなく、イタリア語版や英語版にも載っています。

e0152493_14445826.jpg

e0152493_13031803.jpg

この女の子の絵も好きなんですが、日本語版にないのは残念です。
逆に、日本語版には、フラミンゴとワニのページが載っていますが、英語版、フランス語版、イタリア語版には載っていません。


おひさまゆうびん舎さんの店内の壁には、原画とおひさまさんの手作りの切り絵が飾られています。

e0152493_11273923.jpg
e0152493_11274242.jpg


展示は結構長くて5/7月曜までですが、展示の初日から2日間で『ぼくのつくりかた』の絵本は完売したそうです。その後、再入荷しているそうです。

たけうちさんのこの2つの絵本のことを神保町の絵本屋さんで聞いてみたら、『ぼくのつくりかた』はお店で扱ったことがあるそうです。わたしは今回初めてたけうちさんの絵本を知りましたが、かなり人気なのではと思います。

e0152493_11295364.jpg

今回、おひさまさんでは買いたい本がたくさんでした。諦めて買わなかった本もあるのですが、いい本に巡りあえたかなと思います。

姫路は姫路城の桜を見にきている人で、かなりの人出でした。


by momokororos | 2018-04-07 20:52 | 絵本 | Comments(2)

神戸と姫路の本屋と雑貨巡り

神戸元町。
ベトナム料理を食べたあとに、南京町の西門からほど近いところにある、1003さんへ。
1003さんは、食と酒の本が多い本屋で、店内でハートランドのビールも飲めます。

e0152493_22342247.jpg

開店した当初はほとんど古本でしたが、だんだんと新刊やZINEが多くなってきて別の魅力も醸しだしてきました。私は参加できていないのですが、イベントも多くなってきてます。

夏葉舎さんから出版された、石亀泰郎さんの『ふたりっ子 バンザイ』。

e0152493_22353268.jpg

石亀泰郎さんは『イエペは ぼうしが だいすき』の写真家です。1003さんにはこのイエペの写真絵本ありました。
写真は、わたしが持っているイエペの本です。

e0152493_22371777.jpg

山川直人さんの『ハモニカ文庫』。

e0152493_22383767.jpg

はじめてみる作家さんなのですが、ほのぼのとした感じで惹かれるものがあります。

そして世界の偉大な女性を紹介する『CULOTTEES』。

e0152493_22401197.jpg

私はトーベ・ヤンソンさんしか知らないのですが、取りあげられている女性がどんな人なのか興味あります。

神戸駅の方へしばらく歩くと、ハニカムブックスさん。
ハニカムさんは乙女な本と雑貨がある本屋さんです。

e0152493_22423242.jpg

神戸は憧れで、神戸のお嬢さまも憧れなのですが、こんな本をみつけました『お嬢さまことば速修講座』。

e0152493_22425862.jpg

お嬢さまに逢えるかな、お嬢さまになれるかな、と淡い期待をいだきながら、ハニカムさんの店長さんと話していました。

鈴木いづみさんの本。
珍しい本がハニカムさんにありました。

e0152493_22430242.jpg

一度、学芸大学の流浪堂さんで、鈴木いづみさんの小説を手にいれたのですが、挫折していますが、傑作集ということで読んでみようと思いました。


栄町の北欧雑貨のlottaさんにも寄っています。
関野ゆうこさんの「sorte glass jewelry exhibition 」というガラスのジュエリーの展示会が開催されていました。
作家さんとお店のご夫婦と、アクセサリーの制作工程や大阪の話しで盛りあがり、長居しました。

結局、今回も神戸の山側には行けず、神戸をあとにしました。最近ずっと神戸の山側に行けていないので、また来年寄りたいなと思います。

神戸から姫路へ夜のうちに移動して、あくる朝、姫路のおひさまゆうびん舎さんにキティカフェに連れていってもらいました。

e0152493_22462690.jpg

可愛いキティちゃんが描かれています。

e0152493_22463076.jpg

アーモンドトースト。
姫路名物だそうです、アーモンドバターが塗られて焼かれており、とっても美味しいんです。

e0152493_22463477.jpg

ポテトもお上品な揚げかたに見えるのは気のせいでしょうか。

カフェから、姫路城近くにある、おひさまゆうびん舎さんへ。
おひさまさんは、絵本と文芸書、そして可愛い雑貨もおいてある本屋さんです。

e0152493_22473048.jpg

高橋和枝さんの『くまのこのとしこし』を手にいれました。

e0152493_22442526.jpg

くまのこのとしこしのキャラメルも販売されていました。可愛いです。

e0152493_22442973.jpg

杉浦さやかさんの『すくすくスケッチ』。

e0152493_22153073.jpg

杉浦さんの子育てがイラスト入りで綴られているのですが、つらい大変なこともあると思うのですが、とっても明るくポジティブに語られていて、杉浦さんすごいなと思います。

姫路からどこにいくかは決めてなかったのですが、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、そのまま東京に戻りました。

まだまだ夜は時間があったので、どこかのお店で遊んでいこうと思っていたのですが、東京駅をでたらライトアップを見かけて、東京駅周辺で遊んでいました。
先日書いた日記です。

東京クリスマスイルミネーション
2017年12月24日の日記/div>




by momokororos | 2017-12-26 22:37 | | Comments(0)

行ったりきたり〜姫路から神戸京都、そして姫路

昨日の建物の写真は姫路駅前のファッションビルのpioleでした。
姫路の駅前はほんとによくできています。駅前から見た姫路駅城。

e0152493_10280034.jpg

昨晩は、姫路の本町商店街の提灯の焼き鳥さんで夜をいただきました。
このあいだに続き、播州名物のひねぽんをいただきました。

e0152493_10145118.jpg

ひねぽんは美味しいです。

鳥刺しや焼き鳥もいただきます。

e0152493_10163761.jpg
e0152493_10150392.jpg
e0152493_10150556.jpg

久しぶりの焼き鳥も美味しかったです。

若鶏の唐揚げはあまりに大きくて驚きました。

e0152493_10151704.jpg


そしてあくる日は、姫路城近くの大手前公園で開催されていた姫路全国陶器市へ。

e0152493_10153249.jpg

そういえば、去年も陶器市を見ていました。

ほど近い、おひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_10154478.jpg

絵本の話しをしながらゆっくりと本を見ていました。
「こどものとも」と「かがくのとも」の絵本を2冊買いました。

e0152493_10160367.jpg

この「もりはみている」の絵本は、この前に読んだ大竹英洋さんの絵本でした。大竹英洋さんの『』は、先日中目黒のCOWBOOKSさんですすめられた本で、久しぶりに読んで素敵だなと思った本です。

e0152493_10160529.jpg


姫路をあとにして神戸へ。
元町の1003さん。

e0152493_10235943.jpg

いい本見つけました。

e0152493_10162374.jpg

食とエロスの映画や写真集の話しで盛りあがりました。

e0152493_10162448.jpg

石田千さんの『山のぼりおり』も、からだとココロが響きあうような文章でいいなと思いました。

大竹英洋さんの『そして、僕は旅に出た。』の本も置いてありました。大竹さんは神戸に住んでいるかたで、トークショーの前に1003さんに寄ってくれたそうです。『そして、僕は旅に出た。』の本は読み終えているので、その話しを日記にあげたいと思います。

1003さんからほど近い、栄町の北欧雑貨の lottaさんに寄りました。お店のおふたりはいませんでしたが、お留守番の方がいらっしゃいました。lottaさんは、いま開催されている?東京蚤の市に出展しているそうです。

e0152493_10233901.jpg


京都で約束があったので、神戸をあとに京都へ。
京都では知りあいとスイーツを食べてしばしゆっくり。お昼を食べるタイミングを逃していたのでよかったです。


関西から金沢へ行こうと思っていたのですが、金沢も京都も高いホテルしか空いてません。大阪も神戸も高いホテルかカプセルしか空いてません。東京に帰る最終の新幹線の時間までどこかホテルが空かないか京都でねばっていましたが、結局、京都大阪神戸では空きがでませんでした。

新幹線の最終の1つ前の時間に、姫路でそこそこの値段のホテルが空いたので再び姫路へ戻りました。

駅側のおみぞ筋の入口の方に、ホテルモントレ姫路が建設中なのを発見しました。
モントレホテルは好きなホテルなのでうれしいです。

e0152493_10170273.jpg

e0152493_10170406.jpg

また姫路に戻るとは思っていませんでしたが、今日は神戸に出るか、金沢に出ようかと思います。



by momokororos | 2017-11-04 11:10 | グルメ | Comments(2)

姫路、神戸、京都から金沢へ

姫路。
小雨が残る昨日の朝、
姫路城の近くの、おひさまゆうびん舎さんへ。
夏葉社さんの本がたくさん並べられて、表紙の写真が飾られています。
しばらく店長さんと絵本や本、本屋のお話ししながら、見つけたのがハレクモさんの本の棚にあった、フィリップ・クローデルさんの『リンさんの小さな子』。今回は1冊だけ手にいるました。

姫路からは東へ向かいます。
京都までのあいだ途中下車をしようと思っていたのですが、姫路から京都までの切符だと途中下車ができないことを駅員さんから聞いて、姫路から京都、山科経由湖西線から金沢富山経由東京の切符を購入。

元町で降りて、神戸栄町へ。

北欧雑貨のlottaさんへ。

e0152493_21192727.jpg

最近そうなのですが、展示のあいまに来てしまっています。今日も、もうすぐ始まる播州織の玉木新雌さんの展示会の前でした。北欧に買い付けに行ったあとに開催されていたこの前の展示も見逃しました。

お店では、可愛い猫と鳥のふきんを見つけました。

お店をあとにして、元町から京都へ。
なんのイベントもないのに京都は大混雑でした。
河原町四条で、京都の知り合いに会ってから、木屋町沿いの高瀬川を歩きます。

e0152493_21232190.jpg

先斗町の元立誠小学校での「ありがとう、立誠小学校」の古本市にも行こうかなと思っていたのですが、19時を過ぎていたので諦めました。あとから調べてみると21時までやってました。

身の振りを考えですいましたが、3連休の初日で、宿がものすごく高いか、安いカプセルしかなく、夜になっても京都も大阪、神戸、名古屋も同じだったので、関西で泊まるのは諦めて、サンダーバードに飛びのり、金沢へ向かいました。
金沢行きのサンダーバードは、京都駅の0番線から出ます。0番線というのは特別な感じしますね。

お供は、おひさまゆうびん舎さんで手にいれた本です。

e0152493_11584884.jpg

金沢駅着は22:09。

この時間に金沢に着いたことは何回かあるのですが、夜食べれるところは限られます。


by momokororos | 2017-10-08 12:00 | | Comments(0)

姫路美味しいもの〜ひねぽんにごぼう

姫路。
いったん京都へ降りたったものの、雨の京都。1人で遊ぶにはさみしい。
一緒に夜ごはんを食べれるよという知り合いが見つかったので姫路へ出ました。

姫路駅から、おみぞ筋を歩き、二階町商店街を西に、みゆき通りで夜を一緒する人と合流しました。
昔のよく訪れていたという人気の小さなお店が、西二階町商店街に移転してまだ行ったことがないということで、行ってみることにしました。
大手町通りを横切り、西二階町商店街へ。西二階町商店街は初めて足を踏みいれます。

馳走ぜんさん。
素敵なダイニングな感じのお店です。

ひねぽん。

e0152493_10121270.jpg


ひね鶏とポン酢を合わせた播州名物。
こちらのひねぽんは、わさびの葉や茎がだと思いますが、辛みが聞いていて美味しい。彩りもきれいです。

タコのやわらか煮。

e0152493_10121451.jpg


タコの食感が美味しいです。

ローストビーフ。

e0152493_10121762.jpg


ごぼうの唐揚げ。

e0152493_10121986.jpg


このごぼう、直径が5cmくらいあるんです。ほくほくにも近いサクっとした食感と甘みがあり美味しい。
これだけでお酒がすすみます。

合わせた地酒は、姫路の奥播磨の山廃純米と、名刀正宗 脇。
奥播磨は好きな日本酒。兵庫ということは知っていたのですが、姫路とは知りませんでした。山廃だったからか、冷たくなかったからか思っていたより甘かったです。
そして高知の地酒の酔鯨。
酔鯨を飲むのも久しぶりです。
こちらはすっきりした美味しさでした。

久しぶりに、おしゃべりをしながら美味しい夜をいただきました。また寄りたいと思うお店です。


by momokororos | 2017-10-07 20:33 | グルメ | Comments(0)

姫路PM22:40

姫路。
姫路駅ビルのpiole。

e0152493_22542270.jpg

駅前の魅力のファッションビルです。
金沢の駅前のFORUSとともに好きです。

姫路駅前の広場は姫路城にいたる通りは、2年くらい前にグッドデザイン賞を受賞しています。
若い女の子たちに人気なpioleに、振り向けば姫路城が望める広場は素敵だなと思います。


by momokororos | 2017-10-06 23:02 | | Comments(0)

一番西のよく行く本屋さん〜姫路

神戸から姫路へ。

姫路のおひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_15372963.jpg


よく行く本屋さんの中で、一番西にある本屋さんです。

おひさまさんの店長さんは調子が少しよくなってきたみたいでよかったです。
お店には、前にお会いした、古本の一箱市にも参加されている本好きのハレクモさんもいらしていて、本や仏像の話しに熱くなりました。
ハレクモさんが書いた『おみぞ筋』の冊子も読ませていただきました。「おみぞ筋」は姫路にある1つのアーケードの名前です。

お店では、山高登さんの『東京の編集者』を手にいれました。

e0152493_00041071.jpg


「木版画家・山高登の世界「東京の昭和を歩く」という展示が、新宿のハイジア1Fで5月21日まで開催されています。


姫路では、むかし神戸栄町にあった雑貨のMacaroni (マカロニ)さんのお店が、同じ名前で姫路でやっているということを聞いていたのですが寄れずじまい。また今度寄ってみたいと思います。


おひさまさんのお店が閉店してから、姫路の夜を堪能。少し前に初めて食べて好きになったヒネポンや、タコが美味しかったです。

by momokororos | 2017-05-04 12:24 | | Comments(0)

姫路の本屋さん

尼崎から姫路へ。
姫路城近くのおひさまゆうびん舎さんへ。
椅子から落ちたという話しを聞いていたのですが大丈夫みたいでした。

おひさまさんに行ったら買おうと思っていた、高橋和枝さんのくまくまちゃんの絵本は、先日まで開催されていた高橋和枝さんねかフェアで完売したそうで、100冊くらいあった3冊の絵本がすべて売り切れとは驚きました。

店長さんが読んで面白かったという阿川弘之さんの『カレーライスの唄』を読んでみることにしました。

e0152493_11044351.jpg


この本を手にいれたからというわけではないのですが、夜は姫路城近くのカレー屋さんでカレーを食べにいきました。

e0152493_11044340.jpg


豆カレー、キーマカレー、チキンカレーの3種が盛りつけられており、ひねポンという播州名物の鶏もついています。かなりボリュームがあってお腹いっぱいになりました。


姫路駅そばのファッションビルのpiole。

e0152493_11044474.jpg


お洒落なビルで、姫路周辺の女の子はとてもうれしいんだろうなって思います。

姫路駅から姫路城を望みます。

e0152493_11044438.jpg


姫路は、おひさまゆうびん舎さんに寄ったり、たまに昼ごはん夜ごはんを食べたりするだけなのですが、姫路城にはたくさんの観光客がきています。お城の集客力では全国一みたいです。

by momokororos | 2017-04-10 18:43 | | Comments(0)

緑の本の棚と赤の本の棚〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

姫路のおひさまゆうびん舎さん。

e0152493_19532718.jpg


「私の本棚フェア」が開催されています。
いろんなお店や人からの本の棚と、いろいろな人の本棚の写真が展示されています。

「私の本棚フェア」の期間中、2度おひさまゆうびん舎さんを訪れているのですが、今回、緑の本の本棚と赤の本の本棚がお目見えしていました。

e0152493_19532826.jpg


緑の本は、おひさまゆうびん舎さんの本で、赤の本は、ワールドエンズガーデンさんの本です。

緑と赤の本をこうやって並べられるとかなりインパクトあります。
そのお隣りに青の本、黄の本を並べてみたくなります。

私の本棚フェアは、年内は続いていると思いますが、それぞれ個性あふれる品揃えです。

by momokororos | 2016-12-12 21:07 | | Comments(2)