人気ブログランキング |

タグ:姫路 ( 41 ) タグの人気記事

関西寄り道小道~姫路の図書室と本屋さん

先日、姫路城のことを書きましたが、写真はイーグレ姫路というビルから見える姫路城でした。

姫路の姫路城と神戸の花隈城址
2019年9月18日の日記
https://momokoros.exblog.jp/28578414/


かなり前ですが、そのイーグレ姫路では屋上で雑貨のフェスティバルを開催していたことがあり、好きな作家さんの「Bruno」さんも出展していたこともあって、年に1度訪れていたことありました。

イーグレ姫路の1階と屋上以外は訪れたことがなかったのですが、先日あがってみると、3階に姫路市男女共同参画推進センサーがあって、その図書室にはジェンダーや労働、健康、心理、政治などの本がものすごく充実していました。
受付で県外の人でも利用できますか?と聞いてみると、貸し出しはできないけど閲覧は可能とのことで、しばし本を見ていました。ジェンダーの本だけでも目を瞠る本があって1000冊くらいあったかもしれません。育児や健康、社会。児童書、絵本、コミック、雑誌などもあっ1日いても飽きないかもしれません。たまに住んでいるところ以外の図書館に行きますが、本のラインアップや並べ方が違っていてワクワクします。

『皿洗いするの、どっち?』山内マリコ著
『北欧に学ぶフェミニストの本』
『こんな生き方がしたい レイチェル・カーソン』小手毬るい著

などの本がいいなと思いましたが、これらの本はこちらに戻ってきてから出会えていません。
図書室の人に聞いてみたら、神戸にはもっとすごい図書室があるということを聞きました。行ってみたいです。
東京田町の女性就業支援センター(昔は「女性と仕事の未来館」とのいう名前)の図書室に昔通っていたことがあって、障碍などの本を読んだり借りていたりしていたのですが、ここ何年かご無沙汰しています。

イーグレ姫路からほど近い、おひさまゆうびん舎さんへ。
おひさまさんでは、夏葉社さんの本の展示をしていて、『さよならのあとで』の詩集の本のラフも展示していて、高橋和枝さんのカラーやモノクロの絵も載っていて興味深かったです。その『さよならのあとで』に載っている高橋かずえさんの原画も展示をしていました。展示は9月末までとのことです。


おひさまさんでは、面白い本を見つけました。

『ずぼらとこまめ』。

e0152493_22211631.jpg

姫路をあとに寄った本屋さんや雑貨屋さんの店長さんに聞いてみたのですが、わたしは「ずぼら」と答える人ばかりでした。
私は自身のことを「こまめ」と思っていたのですが、話しを聞くうちに「ずぼら」かもと思えてきました。こまめでもずぼらなところもあるし、他人から見るとそうじゃないって思われたり。この本にも書いてあることですが、人間は両側面を持っていますよね。

作家の書斎や絵描きのアトリエなど、モノが多くて雑然とした感じなのに素敵と思うことがよくあります。自分のお部屋もそうありたいのですが、そうはなりません。見せようという意図が理想を高めてよくないのかもしれません。



by momokororos | 2019-09-27 22:52 | | Trackback | Comments(2)

煮穴子と焼穴子〜姫路美味しいもの

姫路。
駅から姫路城の方にのびるおみぞ筋のアーケードを歩きます。二階町のアーケードへぶつかりますが、二階町のアーケードの東側のお食事処を探索してみました。この前に姫路を訪れたときには、西側の西二階町のアーケードを探索しています。

ランチのお店をいくつか見つけましたが、姫路城に近いところのお店は1500円くらいの値段のお店が多かったです。観光客を見込んだ価格でしょうか。少し高いなあと思って入らずさらにお店を探していましたが、かなり暑い日で疲れてきました。どこでもいいやと飛びこみで入るか、前に入ったことのあるお店に入るか迷いましたが、疲れたうえにおいしくないお店には入りたくなかったので、姫路で美味しいと思っている、おみぞ筋の一楽さんでお昼をいただくことにしました。

煮穴子と焼穴子が入っているメニューがあったので頼みました。

e0152493_22382673.jpg

煮穴子が美味しいです。
どのお店で食べても、わたしは煮穴子のほうが好きです。

お刺身も天ぷらもついていてゴージャスで、1500円よりも高くなってしまいました。

e0152493_21023232.jpg

この前に姫路に来たときも、高いなあと見送ったお店が何軒もあったのですが、それより高いお昼を食べてしまってます。



by momokororos | 2019-09-17 22:50 | グルメ | Trackback | Comments(0)

可愛いモノたくさん〜姫路の雑貨屋さん

姫路では、お昼を食べたあとに雑貨のmacaroniさんへ。

e0152493_10534982.jpg


昔は神戸栄町にあったお店ですが、いまは姫路の姫路城に行く道沿いにあります。作家さんの可愛い雑貨がたくさんです。
最近、かわいい雑貨を扱うお店がだんだん減ってきているなって感じますが、雑貨屋さんになりたいと思う女の子も少なくなっているそうです。

店長さんは、子育てをしながらお店をされているので、ときどきお子さんがお店にいて、アンパンマンのビデオとかがあったりします。子育てしながら仕事をしている人が仲良しさんにもいますが、本当に大変です。それでも店長さんは、何年前か忘れましたが、ヨーロッパに買い付けに行って買い付けをしたり頑張っています。すごいなあって思います。


お店の前は、駅から姫路城にのびる大手前通りという大通り。ずいぶん前から歩道の整備の工事をやっていたのですが、だんだん落ちついてきて歩きやすくなりました。歩道はとても広く街路樹もかなり大きな木です。もう少し木の間隔が密ならずっと日影を歩けるのになと思いましたが、前はもっと木があったとのことでした。

姫路の駅前付近から姫路城へいたる空間設計が好きで、うまくデザインされているなと思います。駅から大手前通りの先に見える姫路城も素敵です。

前に撮った写真ですが、姫路駅前からの姫路城です。

e0152493_10565237.jpg
e0152493_21490491.jpg

お店をあとにして、大通りのはす向かいにある、おひさまゆうびん舎さんを訪れています。

by momokororos | 2019-08-03 22:28 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)

天平さんのハンバーグ〜姫路美味しいもの

この前、姫路を訪れていたときの美味しいものの話しです。

姫路にはアーケードが何本かあるのですが、姫路城に向かうみゆき通り商店街のアーケードを行くと、姫路城手前で交差するのが二階商店街のアーケードで、それを西にいき大通りを渡った先のアーケードが西二階町商店街のアーケードです。
この西二階町商店街のアーケードの西の果てまで歩いたことがなかったので、お昼のお店を探しがてらに歩いてみました。
お蕎麦のお店や、穴子料理を出すいい感じのお店があったのですが、2500円くらいだったので、ちょっと高いなと思い入りませんでした。

再び、駅から姫路城への大手前通りの大通りに戻り、久しぶりに洋食の天平さんに入りました。ときどき寄ってみるのですが、いつも行列ができているのであきらめていました。その日はすんなり入れました。

お店のメニューを見ていて、前に何回か食べていたビーフシチューがなかったので、ハンバーグの定食を頼みました。
天平さんはハンバーグが美味しいらしいのですが、初めていただきます。

e0152493_15255532.jpg


開口一番、おいしいと思いました。
こちらのハンバーグは、ねっとりした食感で、ソースのクセもなく甘い感じの味で飽きることなく最後まで美味しくいただけました。
ハンバーグで有名なお店を東京でも食べていますが、これまで食べた中では一番おいしいかもしれません。大人だけでなく子どもでも美味しいと思う味だと思います。
ただちょっと値段が高くて、西二階町で高いかなと思った穴子料理と同じくらいのお値段になっています。

天平さんは、以前は2人で調理していたのだけど、今年の2月に1人でやることになってお店をどうしようかと考えて、1人でお店をまわせるメニューにしたことがメニューの中に書いてありました。 お昼のビーフシチューがなくなった理由もわかりました。

メニューは減っても料理は美味しいし、接客も誠実だし、説明も真摯だし、席もスペースに余裕があり、とてもいいお店だと思います。いつもシェフがお会計のときやお店を出るときに、顔が見えるところまで出てきてくれ、それだけでもいいお店ということがわかります。今度は夜にも食べてみたいなと思うお店です。



by momokororos | 2019-08-02 22:43 | グルメ | Trackback | Comments(0)

ロバート・クラウスさんの可愛い絵本〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

大阪から姫路へ。
姫路のおひさまゆうびん舎さんへ。

ロバート・クラウスさんの可愛い絵本を見つけました。
『THE BUNNY'S NUTSHELL LIBRARY』。

e0152493_23282860.jpg

箱入りの4冊セットの1965年の絵本です。
どれも可愛い表紙です。

e0152493_23280820.jpg

文庫本の半分以下の小さな絵本です。


その中の1冊は持っている絵本です。
家に帰ってみてみると、大きさが全然違いました。

e0152493_11214914.jpg


他の表紙もどこかで見たことがあるような気がしますが、どこで見たのか思いたませません。

他にも珍しい絵本を見つけているので、また紹介したいと思います。

おひさまゆうびん舎さんにはかなり長居をして、絵本や本のこと、ご飯のお店のことはなどいろいろ話しましたが、初めてお店に来たのはいつだっただろうという話しになって、姫路市立美術館のディック・ブルーナの展示のときだったと言われて、調べてみると、確かにブルーナ展のときの2013年8月が最初でした。もともとブログでつながりがありましたが、神戸元町のハニカムブックスさんに教えてもらっています。もっと長く通っているかと思いましたが、数多く訪れているせいでしょうか。。


この日、姫路はうだるような暑さで、姫路城へ向かう大通りは、歩いている人も少なかったです。

e0152493_11334714.jpg




by momokororos | 2019-08-01 22:29 | 絵本 | Trackback(8) | Comments(2)

穴子寿司〜姫路美味しいもの

姫路。
みゆき通りにある穴子の一張羅さんでお昼をいただきました。お店があるのを前からみていたのですが、やっと入ることがらできました。

穴子寿司御膳。

e0152493_12062774.jpg


穴子寿司は、焼き穴子、蒸し穴子、湯引き穴子の3種類。圧倒的に蒸し穴子が美味しいです。蒸し穴子だけでいいなって思ってしまいます。

そして、天ぷらは、海老を伝助穴子に変えてもらいました。

e0152493_12594497.jpg


味は美味しいのかどうかわからず。やはり、わたしは煮穴子がいいなって思います。

姫路は、朝は雨でしたが、昼前には日差しが、見えてきました。傘を買いましたが、雨の合間に歩いていたので、1分くらいしか傘をささず、いらなかったかもです。



by momokororos | 2019-06-07 14:45 | グルメ | Trackback | Comments(0)

路地奥の美味しいお店〜姫路美味しいもの

姫路。
今日は夜に姫路にはいり、美味しいお店があるということを仲良しから聞いて、怪しげな路地の奥のお店に連れていってもらいました。

まずは、姫路名物のひねぽん。
そして、えいひれの炙り、揚げ出し豆腐。

e0152493_22282377.jpg

これがみんな美味しい。


ネギいりのだし巻き卵。

e0152493_22282511.jpg


穴子の天ぷら。

e0152493_22282806.jpg


天つゆも優しい控え目で穴子の味を楽しめます。

そして、鯛のあら煮。
写真は撮り忘れましたが、すごいボリュームでびっくり。甘さを控えた味でとでも美味しく大満足でした。


合わせた地酒は、兵庫の奥播磨の2つの銘柄を頼みました。
まずは、雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)という七十二候からとられた名前の地酒と、夏の純米吟醸。奥播磨は、昔から好きな地酒なのですが、あたり柔らかく、中は甘みを楽しめ、あと味は苦味をひいて美味しかったです。

食べた料理はすべて美味しくて、値段が思っていた金額の半分でびっくりしました。通いたいお店です。





by momokororos | 2019-06-06 23:21 | グルメ | Trackback | Comments(0)

ひねぽん〜姫路美味しいもの

姫路のおひさまゆうびん舎さんに寄っていました。
お店が終わったあとに、姫路で夜ごはん。福岡に続き姫路でも焼き鳥を食べました。鶏肉は大好きなんです。

姫路で有名な、ひねぽん。

e0152493_11371648.jpg


あぶったひね鳥のポン酢あえです。雛鳥ではなく、年老いた雌鶏だそうです。ちょっと硬めですが美味しく酒のアテにはいいです。ひねぽんは姫路にくるとよく食べている一品です。
焼き鳥に、よだれ鶏。鶏三昧でした。

e0152493_11372793.jpg


絵本に本の話しをずっとしながら、楽しく過ごしました。


おひさまゆうびん舎さんのお店では、いりやまさとしさんのパンダたいそうの展示をやっていました。

e0152493_22095731.jpg


いりやまさんの絵本を改めてみると可愛いです。
パンダのしぐさをマネしたくなります。








by momokororos | 2019-04-05 22:43 | グルメ | Trackback | Comments(0)

神戸と姫路で遊ぶ〜今年の遊び納め

おとといからきのうにかけて、京都や神戸にいておなじみのお店を巡っていたのですが、金沢に向かおうかなと迷っていました。
12月の頭に金沢を訪れてから、ますます金沢熱が高まっていたのですが、先週末から金沢は雪。
雪の中を歩きたくなかったのと、着ている洋服も寒すぎかなと思って、行くかどうか迷ってしまい、京都や神戸で遊んでいたら、金沢で遊べる時間は過ぎてしまい、金沢にいくのを諦めました。



神戸では、元町のハニカムブックスさんと、1003さんに寄っていました。

ハニカムブックスさんでは、ヤン・クドゥラーチェクさんの翻訳絵本を見つけました。

e0152493_10005029.jpg


初めてみた絵本です。

e0152493_10012850.jpg

e0152493_10013295.jpg

e0152493_10013600.jpg


ヤン・クドゥラーチェクさんは、タッチが激しい絵本もあるのですが、この絵本は比較的穏やかなタッチで描かれています。クドゥラーチェクさんの『おんなのことあめ』と似たようなタッチかなと思います。


1003さんでは、小津夜景さんの『カモメの日の読書』を手にいれました。

e0152493_10015375.jpg


店長さんと、引用されているような、つれづれない生活ができたらね、と話していました。

神戸はいつものように南京町は混んでいました。西の西安門です。

e0152493_20294303.jpg



神戸から姫路へ。

おひさまゆうびん舎さんでは、店長さんおすすめの吉田篤弘さんの『それからはスープのことばかり考えて暮らした』を手にいれました。

e0152493_10051598.jpg


吉田さんは、わたしも好きな作家さんなので楽しみです。


高階杞一さんの『キリンの洗濯』は、一風変わった詩集で、なんだろうって気持ちで読んでいました。

e0152493_10032594.jpg


帯に、「高階杞一には”なぜ”がない」と書いてありました。ときどきつまみよみしたくなる詩集かもしれません。

高階杞一さんの本は、夏葉社の『早く家に帰りたい』の本で初めて読みました。おひさまさんの店長さんと夏葉社の本で何が一番好きって話していたのですが、わたしはこの『早く家に帰りたい』が一番好きです。いつも涙がでてきてしまいます。店長さんは、『神様のいる街』か『山の上の家』かなと言っていました。


王様の絵本を解説した本も見つけました。『王さまとあそぼう』。

e0152493_10023130.jpg


お店に長く置いていたのに面陳してたことあったのに誰も注目してくれなかったと、店長さんが言っていましたが、これは楽しいです。

e0152493_10025177.jpg

e0152493_10025441.jpg

e0152493_10025711.jpg


久しぶりに姫路城前の大手前の交差点まで行って姫路城をみていました。

e0152493_20303837.jpg


姫路駅からも姫路城は見えていい風景ですが、少し近づいてみる姫路城もいいです。天守閣まではまだまだ歩きます。さらに天守閣に登るのは一苦労で、ずっと前に一度登りましたが、梯子段に近い階段でふたたびは登りたくはありません。

結局、神戸と姫路で遊んでおわりになりましたが、神戸や姫路に行くのは12月は2回目でした。

姫路から金沢に行くことも考えたのですが、12/30でしかも日曜なので、料理屋さんで新鮮な食材は無理かなと思い、後ろ髪をひかれつつ諦めました。憧れの香箱蟹はまた来年の冬です。

姫路からは、新大阪まで新快速、新大阪からは新幹線で東京に戻りましたが、東京のいつも寄るお店に行くには少し遅すぎたので、今年は姫路が遊びおさめとなりました。



by momokororos | 2018-12-31 13:48 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

姫路かわいいもの〜絵本屋さんと雑貨屋さん

神戸のあくる日は姫路にでていました。

姫路駅からみゆき通りのアーケードを姫路城に向かって歩きます。楽しみにしていたヒメナリエのでぜライトアップは電気が消えていました。夕方からみたいです。残念。

おひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_17155160.jpg


シャーロット・ゾロトウ作で杉浦さやかさん訳の『そらはあおくて』の出版にあわせて展示が開催されていました。

お店では、久しぶりにクルムモさんのブックカバーを手にいれました。
大好きで、6、7枚持っています。

e0152493_21305948.jpg


オードリー・ヘプバーンさんの易しく書かれている本も見つけました。これなら完読できます。

e0152493_21311775.jpg



e0152493_17161795.jpg


お子さんがいるのでアンパンマンや子育ての話しや、前にお店があった神戸や、前に働いていた大阪南船場や堀江の雑貨屋さんの話しなどをしていました。
西淑さんの一筆箋を買いました。

姫路では、おひさまゆうびん舎さん近くの洋食のグリル天平さんに寄ったのですが、開店直後と13時過ぎも並んでいて諦めました。

遅いお昼は、Macaroniさんの近くの、うどんのめんめさんで肉うどんをいただきましたが、美味しかったです。家族でお店を営まれているようにみえてなんかほのぼのとした感じてした。

e0152493_17240240.jpg


姫路駅から姫城城まではかなり広い歩道で気持ちがいいです。いまの時期イチョウの木が色づいてお散歩が楽しいです。

e0152493_17365729.jpg



by momokororos | 2018-12-04 22:24 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)