タグ:ロシア ( 26 ) タグの人気記事

色彩豊かな素敵な絵本〜ロシアのガリーナ・スコーチナさんの絵本

久しぶりに、ロシアのガリーナ・スコーチナさんの絵本を手にいれました。


e0152493_12334966.jpg


持っているスコーチナさんの絵本と同じイラストのページもあるかなと思ったのですが、すべて違うイラストでした。


e0152493_12345970.jpg


素敵な色遣いです。

e0152493_12360176.jpg
e0152493_12360328.jpg


明るく生き生きとした感じの絵です。
閉ざされた冬には色の華に憧れるような光景を想い描き、短い夏には花や動物たちが躍動する華やかな光景になるのでしょうか。


e0152493_12360508.jpg


スコーチナさんの絵本を久しぶりみて、ふたたびその絵に惚れました。


素晴らしいロシア絵本(其の一、ガリーナ・スコーチナさん)
2014年7月12日の日記



by momokororos | 2018-07-30 22:30 | 絵本 | Comments(0)

輪郭線のないイラストの魅力〜ロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本

先日、きくちちきさんの最近の絵本の輪郭線のない絵の話しをしていたのですが、同じ輪郭線のない描きかたをする、なかがわそうやさんの絵やロシアのマイ・ミトゥーリチさんの話しになりました。

ミトゥーリチさんの話しをしたら、ミトゥーリチさんの絵本を見たくなり、久しぶりに家にあるミトゥーリチさんの絵本を引っ張りだしてきました。

e0152493_20473738.jpg

貸している絵本3冊を合わせると41冊。ロジャー・デュボアザンさん、クヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本についで多いです。

この前話していたのは、ミトゥーリチさんの『THE RAINBOW BOOK 』。

e0152493_20502214.jpg

マイ・ミトゥーリチさんの絵本〜『THE RAINBOW BOOK』
2016年8月4日の日記
『THE RAINBOW BOOK』の話しは何度か日記で話しているので、日本語版のミトゥーリチさんの絵本を紹介します。

『ゆきがやんだあとで』

e0152493_20505441.jpg
輪郭線の描かない絵が主で、淡くやさしい感じの絵です。
e0152493_20513081.jpg
e0152493_20513401.jpg


『お日さまみつけたよ』

e0152493_20520465.jpg
e0152493_20520737.jpg


『ゆきむすめ』

e0152493_20523446.jpg
e0152493_20523893.jpg

ミトゥーリチさんの絵本の中で一番好きなのは、前は『THE RAINBOW BOOK』だったのですが、ここしばらく、大男がでてくる絵本やはりねずみがでてくる絵本が好きです。

e0152493_20532616.jpg
e0152493_20532958.jpg

この2つの絵本は、前に日記で紹介しています。

可愛いロシアの絵本〜マイ・ミトゥーリチさん
2015年1月14日の日記

ミトゥーリチさんは、日本好きだったそうで、日本にいろいろ原画を残されているそうですが、展示会とか開催されたことあるのでしょうか。ぜひ見たいものです。

絵画にそんなに詳しいわけではありませんが、横山大観さんの朦朧体の描きかたにミトゥーリチさんも影響を受けたのかなとふと思いました。大観さんの図録がすぐには出てこないので大観さんの絵をじっくり見ることはできないのですが、東京国立近代美術館でいま開催されている「横山大観」を見にいきたいなって思います。

輪郭線のない絵を描く、きくちちきさんや、なかがわそうやさんの絵本も紹介したいです。


『ぬすまれたおひさま』〜ロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本
2017年3月9日の日記





by momokororos | 2018-05-19 21:19 | 絵本 | Comments(0)

「ロシアの装丁と装画の世界」展〜素敵な本の表紙

高円寺のるずばんばんするかいしゃさん。「ロシアの装丁と装画の世界」展が開催されています。

e0152493_18394145.jpg


壁一面に素敵な本が並んでいて圧巻です。

反対側の壁にも魅惑的な本が飾られています。

e0152493_22282026.jpg


ジャケ買いしたい本がたくさんだったのですが、可愛い小鳥の表紙の絵本を手にいれました。

e0152493_18394213.jpg


これは飾りたくなります。

可愛すぎるのでアップで写真を載せてしまいます。

e0152493_22282127.jpg


裏表紙は微妙に絵が異なります。

e0152493_22282185.jpg


e0152493_22282298.jpg

e0152493_22282224.jpg


e0152493_22282325.jpg

e0152493_22282350.jpg


なんども言いますが、かわいいです。

中身はいたって地味で、本の目録のリストです。

e0152493_22282466.jpg


完全にジャケ買いです。
そんなロシアの本がたくさんです。

展示では、抽選で当たれば手に入れることができる本も陳列されています。
応募しませんでしたが、もう1度行って応募しようかな。追加の本もあ流とのことで、再度訪れるのも魅力を感じます。

展示は、6/11(日)までです。

e0152493_22305640.jpg




by momokororos | 2017-05-29 22:28 | 絵本 | Comments(0)

『ぬすまれたおひさま』〜ロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本

先日、ロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本の紹介をしましたが、同じミトゥーリチさんの絵本の話しをもう1つ。文章もこの前の作家さんと同じ人です。

コルネイ・チェコフスキーさん作、マイ・ミトゥーリチさん絵の『ぬすまれたおひさま』の絵本。

e0152493_13390682.jpg


表紙タイトルの文字とおひさまの絵が廻るようになっています。

表紙をめくった見返しの下の回転盤の裏にこんな絵が隠れていました。

e0152493_13390708.jpg


おひさまが食べられてしまって悲しむ動物
たち。

e0152493_13390799.jpg


くまがおひさまを取りもどします。

e0152493_13390839.jpg



前に手にいれた『ぬすまれたおひさま』はこんな表紙です。

e0152493_13390926.jpg


こちらは内容は同じですが、表紙の絵が廻らない絵本です。
どちらの絵本も高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで手にいれています。


『ぬすまれたおひさま』や、おひさまが出なくなってしまった世界の絵本は、何人かの作家さんが描いているので、また紹介したいと思います。

by momokororos | 2017-03-29 22:45 | 絵本 | Comments(0)

『おおわるものの バルマレイ』〜ロシアのマイ・ミトゥーリチさんの絵本

久しぶりにロシアの絵本の話題です。

コルネイ・チェコフスキーさん作、マイ・ミトゥーリチさん絵の『おおわるものの バルマレイ』の絵本。

e0152493_15264837.jpg


高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで手にいれたのですが、こちらの絵本が翻訳されているとは知りませんでした。
「おおわるもの」とはあまり聞かない言葉だけど、逆にいい感じの言葉に聞こえます。

全体の雰囲気とは違う静かな感じの素敵なページです。ミトゥーリチさん改めていいなあって思います。

e0152493_15264991.jpg


似たようなイラストが、ミトゥーリチさんの『RAINBOW BOOK』にもあったような気がしますが、貸しているので返ってきたら確かめてみようと思います。


お父さんさんとお母さんの寝ている隙に子どもたちは冒険へ。

e0152493_15265015.jpg

e0152493_15265024.jpg


バルマレイの登場です。

e0152493_19131379.jpg


大変です。子どもたちがバルマレイに食べられてしまいます。

e0152493_15265173.jpg



助けにきた博士もの焚火の中に放りこまれてしまいます。

e0152493_15265175.jpg


どうなるのでしょう?

バルマレイの絵本は、同じミトゥーリチさんの絵の別の絵本を手にいれていて、お部屋のミトゥーリチさんの本棚から久しぶりに出してきました。

e0152493_15265239.jpg

e0152493_15265231.jpg

e0152493_15265304.jpg

e0152493_15265465.jpg


e0152493_19131326.jpg



この絵本は、以前日記で紹介しているのですが、ふたたび見返してみても素敵です。


「可愛いロシアの絵本~マイ・ミトゥーリチさん」〜2015年 1月 14日の日記
http://momokoros.exblog.jp/22728356/



by momokororos | 2017-03-26 22:34 | 絵本 | Comments(0)

シャガールさんの絵〜図集と青森県立美術館

マルク・シャガールさん。
素敵な色遣いと斬新な構図で見るたびに惹かれます。

しばらく前に、中目黒のdessinさんで、シャガールの大きな図集をスタッフさんと素敵だねって見ていました。その図集を手にいれたと思っていたのですが、いくらお部屋を探しても出てきません。お店で見るだけみて結局手にいれなかったみたいです。
聞いてみると、またお店にはいってきているとのことで手にいれました。

e0152493_21424790.jpg


e0152493_21424894.jpg


e0152493_21424916.jpg


青森県立美術館に飾られているマルク・シャガールさんの《アレコ》が、家庭画報の11月号に載っています。1942年に制作された、縦9メートル、横15メートルの大きな絵で、初めて青森県立美術館を訪れたときにみてびっくりしました。
また見にいきたくなりますが、今の季節は青森は寒いだろうなあ、凍てつくだろうなって思うと二の足を踏んでしまいます。

家庭画報には、十和田市現代美術館、秋田県立美術館も載っています。
十和田市現代美術館は奈良美智さん、秋田県立美術館は藤田正嗣さんの作品があります。

シャガールさんの図録は、東京藝術大学で開催されたシャガールの展示会の図録を持っていて2冊になりました。

e0152493_21425006.jpg


e0152493_21425163.jpg


1923年にロシアからフランスにでてきたシャガールさん。ロシアアバンギャルド時代のシャガールさんなど、もう少しシャガールさんのことを勉強してみようかなと思っています。

by momokororos | 2016-12-07 21:52 | 芸術 | Comments(0)

ロシア・アヴァンギャルドのデザイン

ロシアのアヴァンギャルド。
しばらく前から興味を惹かれています。

西荻窪のウレシカさんで手にいれた、『ロシア・アヴァンギャルドのデザイン』。

e0152493_09550288.jpg


e0152493_09550342.jpg


e0152493_09550331.jpg


この女性が並んでいるイラストは、少し前に買ったアヴァンギャルドの本にも載っていましたが、大好きなイラストの1つです。


e0152493_09550308.jpg



こちらのシンプルなイラストの本はかなり魅力的です。

e0152493_09550432.jpg

e0152493_09550447.jpg



この灯台や船や海のイラストは、どこかで見たことがあります。岩手水沢の、ふぉりくろーる。さんだったかもしれません。

e0152493_09550583.jpg

e0152493_09550562.jpg



着ている人がいるとびっくりするだろうけど惹かれてしまいます。

e0152493_09550505.jpg


この本は、やさしい解説がついているので、アヴァンギャルド初心者のわたしでも楽しみながら、勉強にもなります。

by momokororos | 2016-08-27 22:28 | | Comments(0)

マイ・ミトゥーリチさんの絵本〜『THE RAINBOW BOOK』

ロシアの絵本作家さんで一番好きなマイ・ミトゥーリチさん。

初めて見かけたのは、三鷹台にあった絵本さんのB/RABBITSさん。

ロシアの英訳版の『THE RAINBOW BOOK』です。

e0152493_10554604.jpg


こちらは、おそらく1966年のロシア語版を底本としていると思います。
ただしページ数が大幅に少ないです。

見開きから可愛いです。

e0152493_10554692.jpg


e0152493_10554711.jpg

e0152493_10554863.jpg

e0152493_10554800.jpg

e0152493_10554833.jpg

e0152493_10554992.jpg


サーカスのイラスト。
特に好きな章です。

e0152493_10554966.jpg

e0152493_10555046.jpg

e0152493_10583069.jpg


そして見つけたのが、1977年のロシア語版。

e0152493_10555074.jpg


この絵本、どこで手にいれたか忘れてしまいました。大阪長堀橋のフィネサブックスさんか、東京高円寺のるすばんばんするかいしゃさんか、と思います。

ページ数も多く、
『THE RAINBOW BOOK』には載っていない絵もあります。

e0152493_10583090.jpg


e0152493_10583166.jpg

e0152493_10583133.jpg

e0152493_10583295.jpg

e0152493_10583233.jpg


そして1966年のロシア語版。

e0152493_10583260.jpg


今は閉店されていますが、岩手水沢のロシア絵本の、ふぉりくろーる。さんを訪れていたときに見つけました。

e0152493_10583353.jpg


1977年のロシア語版との違いは絵の大きさの違いや順番の違いなどだと思います。

1966年版には載っていなくて、1977年版には載っている絵があって、1977年版がお得な感じです。

マイ・ミトゥーリチさんの絵本、好きが高じて20冊以上。
紹介した絵本もそうですが、翻訳されていない素敵な絵本がたくさんなので、いろいろ翻訳されるとうれしいです。




by momokororos | 2016-08-04 12:08 | 絵本 | Comments(0)

ボリス・カラウシンさんの絵本~ロシアの絵本

代々木公園のリズム&ブックスさんに久しぶりに寄りました。

リズム&ブックスさんは、東欧の絵本、特にチェコの絵本が充実していますが、
岩手水沢にあったロシア絵本の「ふぉりくろーる。」さんの絵本を引き継いで
ロシア絵本も充実しています。

大好きなボリス・カラウシンさんの絵本を見つけました。

e0152493_23571830.jpg


カラウシンさんに出会ったのは最近なのですが、何冊かの絵本を手にいれています。

クマのイラストがでてくるカラウシンさんの絵本の表紙を見たことがあって、
ほしいなって思っていました。
手にいれた絵本に、クマのイラストが何ページか出ていてぞっこんです。

e0152493_2359326.jpg


e0152493_23595291.jpg


e0152493_00306.jpg



太陽の写真も可愛いです。

e0152493_02990.jpg


e0152493_024551.jpg



女の子が怒られている?ような感じのイラストもあります。

e0152493_034564.jpg


カラウシンさんの絵本たくさんあるみたいで、色々な絵本を見てみたいです。
by momokororos | 2015-12-23 00:15 | 絵本 | Comments(0)

ロシア絵本巡り~京都、神戸

金沢から京都に出ていました。
金沢と京都間は、サンダーバードという特急で2時間強。かなり近いです。

滞在時間は少しだけでしたが、京都と神戸で絵本巡りしていました。

阪急の桂にある雑貨の「おやつ」さん。
e0152493_12261926.jpg

「おとなとこども、本と紙」のイベントが開催されています。神戸元町のハニカムブックスさん、京都西陣のマヤルカ古書店さん、岩手水沢のふぉりくろーる。さんの本が並んでいます。

ふぉりくろーる。さんの絵本の棚。
e0152493_1226244.jpg

マカヴェーエワさん絵の絵本。
e0152493_12262769.jpg

最近、マカヴェーエワさんの人の表情がお気に入りです。

シンデレラの絵本。
e0152493_12263791.jpg

キツネのイラストにひかれて手にいれたドゥヴィドフさんの絵本。
e0152493_12264076.jpg

こんなずるがしこい感じのキツネはいろんな絵本に出てきます。
e0152493_12264261.jpg

神戸の Fabulous OLD BOOKさん。
e0152493_12262913.jpg

岩手のロシア絵本の、ふぉりくろーる。さんとのコラボ企画の「アメリカとロシアの素晴らしい絵本展」が開催されています。
かなりの数のロシア絵本があり驚きました。
e0152493_12263245.jpg

e0152493_1226348.jpg

また、マカヴェーエワさん絵の絵本を見つけました。
e0152493_12265565.jpg

e0152493_12265795.jpg


そして大好きなマイ・ミトゥーリチさんの絵本。
e0152493_12264585.jpg

このタッチ、イラストにうっとりです。
e0152493_12264713.jpg

この子どもたちとサメの絵と飛行機の絵は、ミトゥーリチさんの別の絵本で見たような気がします。今度比べてみよう。
e0152493_12265013.jpg

e0152493_12265242.jpg

そしてもう1冊。作家さんの名前忘れましたが、かなり有名な絵本です。
e0152493_1227013.jpg

e0152493_1227510.jpg

まだまだほしい本がたくさんでしたがキリないですね。
「アメリカとロシアの素晴らしい絵本展」は、5/26(火)までです。
by momokororos | 2015-05-10 12:26 | 絵本 | Comments(0)