タグ:ベアトリーチェ・アレマーニャ ( 5 ) タグの人気記事

子どもごころを忘れているかもしれない自分へ〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本

ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本。

アレマーニャさんの『ガラスのジゼル』の絵本を、大阪東梅田にあったブックファーストさんで見つけて素敵だなと思ったあとに、大阪長堀橋のフィネサブックスさんで、アレマーニャさんの絵本をいろいろ見せてもらい、さらにいいなって思った作家さんです。

少し前に、神保町のブックハウスカフェさんで、翻訳されていたアレマーニャさんの新刊絵本を見つけました。

e0152493_22490791.jpg

e0152493_22490893.jpg

e0152493_22491167.jpg

e0152493_22491263.jpg

最近、子どもごころを忘れてしまっているかもしれない私への絵本かなと思います。


『ガラスのジゼル』〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本
2016年8月3日の日記

『Un lion a Paris』〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本(其の二)
2015年4月7日の日記



by momokororos | 2018-05-22 22:52 | 絵本 | Comments(0)

「子どもってなあに?」〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本

高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで手にいれたベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本です。

e0152493_16254689.jpg


「子どもってなあに?」というタイトルです。

アレマーニャさんの独特なタッチで、子供の様子をよくとらえています。

e0152493_16254746.jpg

e0152493_16254898.jpg

e0152493_16254856.jpg


この絵本をきっかけに、またアレマーニャさんの絵本を読みかえしています。


by momokororos | 2016-08-06 09:20 | 絵本 | Comments(0)

『ガラスのジゼル』〜ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本

最近、手にいれた絵本をきっかけに、前に手にいれた同じ作家さんの絵本を見ることが多いです。

この前に高円寺のるすばんばんするかいしゃさんでフランスのベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本をみて、『ガラスのジゼル』を話しをして、また読んでみたくなりました。

e0152493_20393214.jpg


大好きな絵本で、2回手にいれたのですがあげて、こちらは3冊目。大阪水無瀬の長谷川書店さんで手にいれています。長谷川書店さんでは新刊本として置いてあって驚きでした。この絵本は絶版で、古本として買うとかなり高いです。

e0152493_20393356.jpg


透明であらゆるものと溶けあうことができるジゼル。

e0152493_20393390.jpg


ジゼルは心まで透明。
透きとおった頭の中は、見せたくない考えもある。

e0152493_20393483.jpg


そんな人に見せるべきでない考えを抱くジゼルは人からうとまれます。

ジゼルは旅にでます。

e0152493_20393414.jpg


e0152493_20393529.jpg


読めば読むほど好きになる絵本です。








by momokororos | 2016-08-03 22:34 | 絵本 | Comments(0)

『Un lion a Paris』~ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本(其の二)

大阪長堀橋のフィネサブックスさんで見つけたベアトリーチェ・アレマーニャさんの『Un lion a Paris』。
e0152493_2248882.jpg

かなり大型の絵本で、
ライオンくんがパリを巡る話しです。
コラージュだったり変わったパースだったり、お洒落で大好きな絵本の1つです。

パリのメトロ。
e0152493_22481261.jpg

カフェ。
e0152493_22481831.jpg

e0152493_2248217.jpg

e0152493_22482499.jpg

e0152493_22482834.jpg

エッフェル塔のうえにいるライオンくん。
e0152493_22483475.jpg

さて、パリ観光をしたあとにライオンくんはどうなるでしょうか。

アレマーニャさんの絵本は、日本語には翻訳されているものはほとんどなく、翻訳されているものは絶版なってしまっていますが、素敵な絵本が多いです。
by momokororos | 2015-04-07 22:48 | 絵本 | Comments(3)

『カール・イブー』~ベアトリーチェ・アレマーニャさんの絵本(其の一) hondana

フランスのベアトリーチェ・アレマーニャさん。
素敵な絵本がいくつかあるので紹介します。

アレマーニャさんの絵本をはじめてみたのは、10年くらい前に大阪茶屋町にあった雑貨のprickleさんで、『カール・イプー』の絵本を見つけました。

e0152493_2265545.jpg

見開きが可愛い。
e0152493_2265819.jpg

人づきあいが嫌いなカール・イブー。
それでもさみしくて、女の子に声をかけるけど見向きもされない。
e0152493_227093.jpg

でも、ある男の子に出会ったことから自分を変えます。
そして、
e0152493_227311.jpg

イブーはどんな心境の変化があったのでしょうか。
初めは物語と呼応するようにちょっと暗めなのですが、最後は晴れやかです。

アレマーニャさんは、かなり味のある描きかたをしていて魅力です。
by momokororos | 2015-04-01 22:06 | 絵本 | Comments(0)