人気ブログランキング |

タグ:テリー・ワイフェンバック ( 3 ) タグの人気記事

『IN YOUR DREAMS』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集

TERRI WEIFENBACH(テリー・ワイフェンバック)さん。大好きな写真家さんです。

4月のなかばに、中目黒のdessinさんに寄ったのですが、テリー・ワイフェンバックさんの写真集が2冊あるのを見つけました。ちょっと高めだったのと手持ちがなかったので、写真集1冊をおとりおきにしてもらいました。
おとりおきの期間をかなり過ぎてしまっていたのですが、おとといdessinさんに寄ってみると、まだおとりおきしてもらえていました。


テリー・ワイフェンバックさんの『IN YOUR DREAMS』の写真集。

e0152493_12045284.jpg

ぼけた感じの写真で、ピントがあっているところがあったりもします。どこか懐かしい感じがします。

e0152493_10425206.jpg

遠いものはぼけてみえるのは当たり前なのですが、その先のまだ見ぬ世界への憧れをも感じさせるような写真です。

e0152493_12050173.jpg

時間がたてば見た光景もあいまいになっていきます。そんな記憶の光景が写真に表現されているようにも見えます。

e0152493_12042286.jpg

テリー・ワイフェンバックさんの写真はやはり素敵です。

もう1つの写真集は売れてしまっていましたが、また出逢えたらうれしいです。


『Between Maple and Chestnut』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集
2018年3月2日の日記

クレマチスの丘〜IZU PHOTO MUSEUM
2017年6月25日の日記

『LANA』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集
2016年6月27日の日記
https://momokoros.exblog.jp/24685183/

by momokororos | 2018-05-05 22:10 | 写真 | Trackback | Comments(0)

『Between Maple and Chestnut』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集

テリー・ワイフェンバックさんの写真集、『Between Maple and Chestnut』を中目黒の dessinさんで見つけました。


e0152493_12303195.jpg

懐かしいような、憧れていたかのような風景。

e0152493_12315281.jpg

独特な写真のぼけ具合が素敵です。

e0152493_12322136.jpg
e0152493_12325028.jpg

その先にあるものを見たいという気持ちを喚起させられるような写真です。

e0152493_12335097.jpg


テリー・ワイフェンバックさんのことを書いた日記です。

クレマチスの丘〜IZU PHOTO MUSEUM
<2017年6月25日の日記

『SNAKE EYES』〜Terri Weifenbachさんの写真集
2017年1月25日の日記


『LANA』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集

by momokororos | 2018-03-02 22:17 | 写真 | Trackback | Comments(0)

『LANA』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集

TERRI WEIFENBACH(テリー・ワイフェンバック)さんの写真集『LANA』。

e0152493_22352924.jpg


渋谷の東塔堂さんで手にいれた写真集です。
テリー・ワイフェンバックさんの写真を見るのは初めてなのですが素敵です。

e0152493_22353010.jpg


e0152493_22353262.jpg


ピントの合っていない写真の中に一部分だけピントがあったところがあるなど、普通の写真のボケ味を楽しむのとは異なる感じがします。


e0152493_22353288.jpg


e0152493_22353484.jpg


e0152493_22353892.jpg


奥行き感をすごく感じます。
その向こうの朧げな世界に行ってみたい気持ちになります。


e0152493_22353839.jpg


ハッと醒めるような色の散った花びらにその場にとどまりたい気持ちと、その向こうの抜けた先への誘惑にもかられます。


e0152493_22354094.jpg


光のきらめきもきれいで、昔の記憶を呼び起こされるようです。


少し前に読んだ二階堂奥歯さんの『八本脚の蝶』の中に、Terri Weifenbachさんの『Lana』のことが書かれていて、写真集をみてみたいと思っていました。

2002年11月3日(日)

Terri Weifenbachの写真集”Lana”を買った。
ものごころのつきはじめた頃。
いろとりどりの光の揺らめきでしかなかった世界を分節しはじめた頃。
その頃見ていた景色はこんな感じではなかったか。
ちくちくする芝生の上をブランコに向かって歩く(まだ上手く歩けなかった)。
手をさしのべる母を見上げれば、その後ろには真っ青な空間が広がっていた。
はじめて空を見た頃。
はじめて水面に映る秋桜の影を見た頃。
その頃の景色はこんな感じではなかったか。
私は小さく、世界は広く広く、そしてそれはひたすら輝かしかった。

[二階堂奥歯、『八本脚の蝶』より]


人間の視覚はすべてが鮮明ではなくこの写真のような風景の見え方なのだと思う一方、朧げな未知のものへの憧れかのように、もしくはむかしの記憶を思いおこすかのようにも見えているのでしょうか、テリー・ワイフェンバックさんの写真は、ずっとみていても見飽きないです。

by momokororos | 2016-09-27 22:39 | 写真 | Trackback(1) | Comments(0)