人気ブログランキング |

タグ:カフェ ( 36 ) タグの人気記事

本屋さんとカフェ探訪〜尾道そぞろ歩き

愛媛松山から岡山に出て、あくる日に尾道へ。

尾道は、林芙美子さんが住んでいたところで記念館もあり、大林通監督の映画の舞台にもなったところで、何十年も憧れていました。
岡山や倉敷、広島にはたまに寄ることもあったのですが、尾道にはなかなか寄れませんてました。

岡山から尾道へは、思っていたよりも近いかもと思いました。

尾道の駅舎はとても素敵でした。

e0152493_19163219.jpg


3ヶ月くらい前に新しくなったみたいです。

駅から左手に歩き、信号を渡りしばらく歩くとアーケードの商店街です。

e0152493_19175799.jpg

林芙美子記念館に寄りましたが、また別途書きたいと思います。

尾道のアーケードはどこまでも続くかのように長いです。

e0152493_19280610.jpg


ずっとずっと歩いたところに、あなごのねどこ、という宿泊施設があります。
人が集まっているのは1階のカフェです。

e0152493_19280780.jpg

このカフェの左横の入口から細い路地に入ります。

e0152493_19282199.jpg

e0152493_19281195.jpg

その先に、紙片さんという本屋さんがあります。

e0152493_19282592.jpg


紙片さんは、去年、東京高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさんでイベントをされたお店です。
そのときに1度お店会いしたきりですが、覚えてくれていました。

店内は心地よい音楽が流れていて、お店は奥に広いです。

わたしの好きな、くどうれいんさんの『わたしを空腹にしないほうがいい』、前田昌良さんの『星を運ぶ舟』、斎藤陽動さんの『それでも それでも それでも』この前に手にいれたら山尾三省さんの『火を炊きなさい』、笹井宏之さんの『えーえんとくちから』、相沢さんの『melancoliastorytelling』などが置かれていてうれしく思いました。吉田篤弘さんの本はたくさんありました

マヒトゥ・ザ・ピーポーさんの『銀河で一番静かな革命』と、三角みず紀さんの『とりとめもなく庭が』の2冊を手にいれました。

e0152493_23594456.jpg
e0152493_00000807.jpg



紙片さんに入る前に見たのですが、少し先の辻を曲がったところにある尾道ラーメンのお店に200人以上もの行列がついていました。こんなに長い行列は見たことがないのでびっくりです。
お昼のおすすめのお店を紙片さんに聞いたら、アルトさんをすすめられました。
アルトさんは、紙片さんがるすばんばんするかいしゃさんでイベントをされたときに、コーヒーなどの飲みものを提供していたお店です。

尾道の千光寺に行く坂道の途中にあるということで、紙片さんをあとにして行ってみることにしました。



海側からJRの線路の跨線橋を越えて、細い路地と階段が入り組んだ道を登ります。この路地入っていいだろうかと思いながら進みます。目印はお店の近くにある持光寺というお寺だったのですが、持光寺への案内の石碑を見つけました。

e0152493_19425938.jpg





目印を頼りに階段を登ります。

e0152493_19445154.jpg



まっすぐの階段を登りましたが、先は行き止まりな感じに見えるので、左に巻いていく道をいきます。

e0152493_19444150.jpg
e0152493_19454079.jpg
e0152493_19461468.jpg


目の前に緑、小道をはさんだ向こう側は竹林。笹が風に揺れる音、鳥の声、遠く電車の音が聞こえます。竹林の向こうにはちょっとだけ海がみえます。店内の音楽は、外の音なのか音楽のメロディかわからないくらい一体化しているようで素敵です。緑のそよぐ風景と音楽、その先の想いを確かめたくなります。

いただいた料理はこちらです。

e0152493_19470362.jpg

鶏肉に、セロリのサラダ。春雨とニンジン、キュウリ、春巻の皮を揚げたものの甘酢和え、カブのお味噌汁です。

一番感銘を受けたのがセロリ。
シャキシャキと美味しんです。
実はわたしはセロリが苦手。にもかかわらずおいしくてよく噛んで味わっていました。
聞いてみると、尾道のセロリでそんなに匂いのキツくないもので、ニンニクで炒めているので匂いが抑えられているとのことでした。美味しいのでまた食べたいくらいです。
鶏肉のソースもおいしいです。

甘夏ミントの飲みものもいただきました。

e0152493_19540708.jpg


こちらも甘みが絶妙で美味しかったです。

開けられた窓からの風、笹が風に揺れてサワサワする音、小鳥のさえずり、年代もの扇風機のゆるい回転、料理をゆっくりかみしめる音、室内の暗さと外の明るさのコントラスト。時間の歩みが遅くなっているような感じがしました。

帰りがけ、高円寺でお会いしたことあると伝えたら、覚えてくれていました。うれしいかぎりです。



by momokororos | 2019-06-12 22:20 | グルメ | Trackback | Comments(0)

お野菜たっぷりの今朝の朝食〜カフェごはん

今朝の朝食。
きょうは時間あるので、野菜たっぷりをゆっくり楽しみます。

e0152493_07244582.jpg


野菜には、イタリアシチリア島の岩塩、スペインアンダルシアのエクストラバージンオリーブオイルをかけていただきます。美味しいです。

キーマカレーも美味しい。

それにしてもカフェの料理の美味しさには目をみはります。




by momokororos | 2018-10-03 07:29 | グルメ | Trackback | Comments(0)

熊野神社横の素敵なカフェ〜自由が丘カフェ

東京自由が丘。
憧れつづけている街の1つです。
東京の街で、長いあいだ憧れ続けているところは、自由が丘、青山、麻布十番、神楽坂とそう多くはありません。

今日は、自由が丘から田園調布に抜ける坂道の途中にあるお店に入ろうと、扉を開けてみたら明日開店とのことで、開店準備中でした。また今度訪れてみたいです。

駅正面口にまわり、自由が丘デパートの道沿いを歩きます。

熊野神社のすぐそば、熊野神社の緑が見えるカフェでお昼をいただきました。

e0152493_13331258.jpg


すぐお隣りは熊野神社で神社の緑が見えます。

鶏肉とサツマイモと茄子のイエローカレーとクスクスのランチをいただきました。

e0152493_13023824.jpg


とっても美味しかったです。
サツマイモのほくほくした感じと、イエローカレーのココナッツミルクのまろやかさ、そしてパクチーが味に変化を与えます。

ここしばらく自由が丘のイタリアンやフレンチをいただいていますが、こちらのカフェの方が美味しいなって感じました。

デザートのチーズケーキ。

e0152493_13034932.jpg


濃いめのチーズの味で、土台のナッツが甘く香ばしいです。こちらもおいしいです。

お上品な静寂な店内で、お洋服のお店併設のカフェです。
かすかに音楽が流れていていて耳を澄ましても、時折音楽の音量大きくなるときにしか聞こえるくらいの小さな音で鳴っています。このくらいの音量いいかなと思いました。

むかしの思い出をおもいだすかのようや、時を忘れてしまうかのような雰囲気に少し長居しました。

帰りは、お店のお洋服を少しだけみてお店をあとにしました。
また来たいと思うお店でした。




by momokororos | 2018-08-31 14:52 | グルメ | Trackback | Comments(0)

尾道の紙片さんとアルトさんのおるすばん〜高円寺るすばんばんするかいしゃさん

昨晩は高円寺のるすばんばんするかいしゃさんへ。このあいだ新高円寺まで行っていながら、ものすごい雨で行くのを断念していましたが、再訪です。

るすばんばんするかいしゃさんでは、きのうの金曜から、今日8/18土曜と明日8/19日曜に、尾道にある2つのお店の、本と音楽の紙片さんと、ごはんと珈琲のアルトさんがお店番をしています。

1階手前が紙片さんの本とCDを展示するスペース、1階奥の普段は本の倉庫として使っているスペースをアルトさんがカフェとして使っています。1階奥は普段は入れないのでチャンスかもしれません。

るすばんばんするかいしゃさんの絵本は2階にあり、お店のおふたりもお店にいらっしゃいます。

昨日、るすばんばんするかいしゃのお店を訪れてみると、絵本作家の出口かずみさんが来店していました。出口かずみさんファンの私はこのうえもなくうれしいです。

お店では、紙片さんやアルトさんと尾道のことについてお話し。
尾道は、大林監督の「ふたり」の映画を見て行きたいと思ったところで、大好きな林芙美子さんの記念館も尾道にあって、20年以上も憧れているところなのですが行けていないです。

尾道以外にも、郡上八幡、宇和島、登米、天橋立、那智の滝、利尻礼文などずっと憧れつづけている場所はありますが、岡山や倉敷、広島など近くまでよく行っていながら、寄れていないのは尾道くらいでしょうか。


昨晩は、るすばんばんするかいしゃさんの絵本を手にいれて、紙片さんの本を2冊手にいれました。今日は紙片さんの本を紹介したいと思います。


yuru+さんの『夜のさき』。

e0152493_11071312.jpg

e0152493_11072021.jpg

e0152493_11072725.jpg


お花の写真と添えられた言葉が素敵です。
作者のyuru+さんは、いま吉祥寺のにじ画廊さんで展示を開催しているそうです。8/28火曜までで、今日8/18土曜と明日8/19日曜は在廊してお花屋さんも開くそうです。



濱田久美子さんの『guide of plants』。

e0152493_11073452.jpg


はじめは押し花かなと思ったのですが、切り絵でした。
大阪枚方の星ヶ丘の庭や母の庭のお花や思い出から切りだされた切り絵と書いてあります。

e0152493_11074178.jpg


テリー・ワイフェンバックさんの押し花を彷彿させます。

e0152493_11122406.jpg

e0152493_11122691.jpg



by momokororos | 2018-08-18 11:44 | | Trackback | Comments(0)

素敵な眺め〜秋田県立美術館のカフェ

秋田県立美術館。
何度もこの美術館について書いているのですが、2階のカフェから見る風景が素敵です。

カフェのテーブルに座り眺めた風景です。

e0152493_17105878.jpg


美しい水の風景が広がっています。

風が吹くと水面が波うちます。

e0152493_17110183.jpg


水の表情がどんどん変わり、ずっと見ていて飽きないです。

e0152493_17110342.jpg


ちょうど竿燈まつりの昼竿燈が、秋田県立美術館前の広場で開催されていたときなので、竿燈の上半分くらいが見えています。

e0152493_17110403.jpg


写真ではわかりずらいですが、水面が前の千秋公園の堀の水と重なってみえるように設計されています。

安藤忠雄さんの設計です。

ここの水の風景を見るだけでも秋田に来たいと思ってしまいます。



by momokororos | 2018-08-08 22:38 | カフェ | Trackback | Comments(0)

神戸本屋と雑貨巡り(其の二)〜元町・中山手通

姫路を訪れていた翌日に再び神戸へ。

元町4丁目商店街のハニカムブックスさんへ。

e0152493_20271963.jpg


前回訪れたときは、ちょうど神戸古書即売会に参加していてお店は開いていませんでした。今回も前の日までハニカムさんは神戸古書即売会に参加されていましたが、次の日はお店が開いていました。

かなり本が増えて、新しい本棚もいれて印象が少し変わりました。

まだ日記には書いていませんでしたが、この前、島田ゆかさんの絵本を手にいれて、内容と描くモノが面白かったのですが、ハニカムさんで島田ゆかさんの絵本を見つけました。

e0152493_14473368.jpg

e0152493_14473812.jpg


この前、お友達にあげたブライトさんの『あかいかさ』もまた見つけました。

e0152493_14493939.jpg


暑いなかを15分くらい歩いて、鯉川筋のファビュラスオールドブックさんへ。

e0152493_20273577.jpg

この前、4月に寄ったときには閉店間際で15分くらいしか寄れなかったのですが、2時間半くらい長居しました。

アングランドさんとゴフスタインさんの絵本を手にいれました。

e0152493_14470487.jpg

e0152493_14470823.jpg


中山手通の カフェの toiroさんへ。

e0152493_20280849.jpg


久しぶりに訪れたのですが、1ヶ月くらい改装をしていて、この日ががリニューアルオープンの日だと聞きました。
ケーキもあたらしくなったそうです。

e0152493_20283001.jpg


ka-ji- さんと尾柳佳枝 さんの「風よみ」の展示をしていました。
素敵な展示で、作家さん2人もいらしてしばしお話し。展示は8/11土曜までです。


ちなみにこの日のお昼は、前の日に、1003さんとlottaさんの両方から教えてもらった南京町の餃子の大学さんでいただきました。

e0152493_19563497.jpg

定食の大を頼んだら餃子が3列もでてきておなかいっぱいになりました。味噌ダレで食べる神戸の餃子は初めてで美味しかったです。



by momokororos | 2018-07-22 22:11 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

さわやかな初夏の神戸歩き〜カフェと本屋

京都から神戸へ。

いつまでも憧れてやまない神戸。
神戸に住んで、大阪で働いて、たまに京都に遊びにいくのが憧れです。
さわやかな初夏の頃の神戸歩きはとっても気持ちがよくて、この時期は神戸に来てしまうことが多いです。

中山手通のカフェのtoiroさんを訪れました。桜の時期にもお邪魔しています。

e0152493_21124760.jpg


お食事のメニューはないので、お昼前の午前中だったら混まないだろうと思って行ってみると、すでに2組もお客さんがいました。
神戸の新旧のお店のことを、お店の方とお話ししていました。


海側の栄町のlottaさん。

e0152493_21124812.jpg


お店は大人気でかなり混んでいてしばらく外で待っていました。この前もそうでしたが、ことごとく企画展の時期を逃していて、今回も展示のあいまでした。


ハニカムブックスさん。

e0152493_21124981.jpg


伊藤まさこさんの本をすすめてもらいました。

e0152493_11554582.jpg


京都のたま茶さんで教えてもらった西淑さんの作品が置いてありました。

e0152493_21362303.jpg


たま茶さんでもらったイベントの絵が西淑さんでした。

e0152493_21362395.jpg



南京町の西門に近いところにある1003さん。

e0152493_21124914.jpg


與謝野晶子さんの『春泥集』を見つけました。

e0152493_21125022.jpg


湘南に住んでいるAyumu Aizawaさんの写真冊子『Melancolia Storytelling』を紹介してもらいました。

e0152493_21125086.jpg


この写真冊子が素敵なんです。
また今度紹介したいと思います。

久しぶりに神戸の夜景もパチリ。

e0152493_21125132.jpg

e0152493_21125137.jpg



神戸をあとにして、姫路へ向かいます。


by momokororos | 2017-05-03 21:36 | | Trackback | Comments(0)

京都西陣散歩〜本屋とカフェ

秋田から京都へ。7時間強。
電車は嫌いではないのですが、さすがに飽きました。

京都では、西陣のマヤルカ古書店さんへ。

e0152493_11130354.jpg


しばらく訪れていないあいだに看板が変わっていました。

e0152493_11130377.jpg


お店の窓から見える緑は素敵です。

e0152493_11130497.jpg


お店ではライナー・チムニクさんの絵本を見つけました。

e0152493_16121362.jpg



マヤルカさんのある上長者町通りを東にしばらく歩くと、ハーブティーのたま茶さんです。

e0152493_11130589.jpg


桜の時期にお店が開いていなかったので、
たま茶さんも久しぶりです。

e0152493_11130528.jpg


季節限定の「花めく季節」をいただきました。

e0152493_11130630.jpg


花めく季節は、カモミールの入ったレモン風味の爽やかな味、ステビアの甘さがやさしいです。 お肌に効果があるそうです。


「散歩の途中」のハーブティー。

e0152493_11130647.jpg


バニラビーンズが入っていて甘い香りがします。不思議と甘い味はしなくて紅茶の味です。

「羊の時」は前に飲んだことがあるのですが、カモミールとラベンダーが入ってリラックス効果があります。


お店に前に手にいれたストームグラス(天気管)がありました。奥さんがガラス作家さんで色々な色をいれたグラスを作られています。航海でお天気を予測するために19世紀に使われていたものだそうです。


お店の入口にはハーブと時計草が植えられています。

e0152493_14104390.jpg


横にはっているのが小さい葉っぱが時計草。大きな葉っぱは教えてもらいましたが忘れてしまいました。

e0152493_16121451.jpg


カモミールのお花もありました。

e0152493_14104411.jpg


ハーブのお花はほとんど知らないのですが、カモミールは可愛いですね。

by momokororos | 2017-05-03 11:12 | カフェ | Trackback | Comments(0)

素敵なカフェ〜秋田県立美術館

秋田。
秋田県立美術館へ。

向かいの千秋公園を望む窓辺からの眺めが素敵です。

窓の外には窓辺まで水が張られており、千秋公園のお堀の水に重なるようになっています。

e0152493_07274548.jpg



風が吹くと、水面がさざめきます。

e0152493_07274656.jpg


ずっと見ていても飽きない風景です。

e0152493_07274720.jpg

e0152493_07274864.jpg


カフェの席は、全席窓に面しています。

e0152493_07274867.jpg


訪れたときにいつもいただく、米粉のロールケーキ。

e0152493_07274975.jpg


秋田県立美術館は安藤忠雄さんの建築です。

e0152493_07274964.jpg


常設の展示に藤田嗣治さんの大きな絵もあり素敵ですが、カフェに行くだけでも価値があるかなと思います。


by momokororos | 2017-05-02 17:36 | カフェ | Trackback | Comments(0)

春の神戸散歩(其の一)〜本屋とカフェ

姫路から神戸へ。
神戸は雨上がりの爽やかな風が吹いていました。これからさわやかな神戸散歩が楽しい季節です。

元町の南京町の西安門に近いところにある本屋の1003さん。

e0152493_10523995.jpg


お酒や料理の本が充実していて、JINに新刊もたくさんになってきています。最近はイベントもたくさんで大変そうです。
前に紹介した二階堂奥歯さんの本を気にいってくれたみたいでうれしいです。

2冊の本をすすめてもらいました。

e0152493_16030247.jpg

e0152493_16030262.jpg


最近はSFはほとんど読んでいないので楽しみです。


同じく元町の元町通4丁目の元町映画館の近くにある本屋のハニカムブックスさん。

e0152493_10523976.jpg


お店では、miineさんの作品展「ハル・うらら」の展示が開催されていて作家さんも在廊していました。
淡い色遣いで、ハニカムさんのお店の雰囲気にぴったりでした。

ハニカムさんからすすめてもらった2冊です。

e0152493_16030340.jpg

e0152493_16030351.jpg


いくえみ綾さんは、前にもハニカムブックスさんですすめていただいたコミックです。

自分では選ばない本なので、おすすめしてもらうと、自分の世界が広がります。


元町の鯉川筋のファビュラスオールドブックさん。

e0152493_10524061.jpg


久しぶりに寄りました。
店長さんと絵本のお話しをしながら、店内の絵本をみていたのですが、アングランドさんの絵本やフィギュアがあるのを初めてみつけました。
さらにロベール・ドアノーさんの写真集の話しをしていたのですが、写真集の品揃えもありました。
もう10年くらいお店に通っているのですが、気づいていないことたくさんです。
アングランドさんの絵本を2冊手にいれました。

その足で、ほど近い中山手通のカフェのtoiroさん。

e0152493_18270230.jpg


閉店まであまり時間がありませんでしたが、お茶しながらお店の方としばしお話し。人気のお店になって、狭い店内は大変みたいです。
お店が終わったあとパクチー祭りに行くと言っていました。いいですね。

by momokororos | 2017-04-11 22:11 | | Trackback | Comments(0)