人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

情緒ある日本の言葉〜高橋健司さんの『空の名前』

このあいだ金沢に行ったときに、お友達と好きな本の話しをしていました。
『空の名前』という本が好きとのことで、高橋さんの本かなと思いましたが、著者はわからないとのことでした。空の写真が表紙で表紙が厚い感じの本かなと聞いてみて、同じ本(写真集)だとわかりました。

高橋健司さんの『空の名前』。

e0152493_20091831.jpg


金沢から帰ってきてからこの本を見ようと思ったのですが、ちょっと前のお部屋の本棚模様替えのときに、この本は別の場所に移したばかりだったのですぐ出てきました。わたしの持っている版とは別に新装版が出ているので、表紙が違うかもしれません。

高校か中学かはわからないのですが、教室で毎日のようにこの『空の名前』を眺めていたそうです。あんなに重たい本を学校に、と驚きました。
ちなみにわたしは高校生のときに、放課後教室で読んでいたのはテニスの雑誌でした。

『空の名前』は、わたしは社会人になってから手にいれた本なのですが、久しぶりに目を通してみました。

雲の名前、雨に雪に風に、季節の名前。思いだしました。雲の切れ間から射し込む幾筋もの光を表わす「天使の梯子」を初めて知ったのはこの本でした。大好きな二十四節季も載っています。

いまもときどき空を見ますが、むかしは、草原に寝ころんで流れる雲をみることに憧れていた頃もあったり、星や夜景をみるために仕事が終わったあとに車で丹沢の峠に行きそこで別の車でくるお友達に会ったりしてしました。
むかしより自然を見にいくいうことがなくなりました。見にいくのはお花くらいかもしれません。


空への憧れを思いおこすような文章で思いだすのが、哲学者でもあり山や自然の随筆を書く串田孫一さん。

串田孫一さんの『雲と大地の歌』。

e0152493_20124684.jpg


冒頭から素敵な文章が始まります。

「雲は大地を撫でて行く。雲は海を渡り、山に戯れて遊ぶ。谷間にかくれて憩い、草原に寝そべる。新しく生まれ、素朴な表情で空を行く雲に、大地は見とれ、時々手をさしのべようとする。
[串田孫一、『雲と大地の歌』より]


私も夕暮れ時が好きでした。
日が西に傾き、あたりを黄金色に変えてから太陽が沈むと、雲が立体的に彩られる風景になり、さらに空が宇宙の色になっていく透明感ある時刻が私は大好きです。

そんな時間を串田さんはこんな風に書いています。


一日の終りを飾るために、五つ六つの塊となってやって来た雲は、赤と青との、幾重にもぼかされた空で、金にもえて消えて行きます。華やかな夕暮は、遠い天上の調べをきかせる星の夜を予感しています。
[串田孫一、『雲と大地の歌』より]


ロマンチストだなと思います。


『空の名前』には、お天気に関する情緒ある日本の言葉がたくさん載っているのですが、別の著者ですが、『宙ノ名前』や『色の名前』の本もあって持っていますが、『空の名前』が一番好きです。




by momokororos | 2019-01-30 23:00 | | Trackback | Comments(0)

結ばれなかった恋物語〜伊藤左千夫さんの『野菊の墓』

伊藤左千夫さんの『野菊の墓』。

e0152493_15521752.jpg


金沢のお友達からすすめてもらいました。
名前は聞いたことがありましたが、読んだことがない本でした。金沢の新刊本屋さんを巡り3軒目で見つけました。
文体が文語調ですが、ゆっくりとしたペースで読むことができました。


主人公の民子と政夫は、民子が2歳年上の仲良しで、本人達は深くは意識はしていなかったのですが、その仲良しぶりを周りから揶揄され注意されます。他人から言われて意識的になってしまう2人。


本人達は何の気なしであるのに、人が彼是云うので却って無邪気ではいられない様にして終う。
[伊藤左千夫、『野菊の墓』より]

おのずから人前を憚り、人前では殊更に二人がうとうとしく取りなす様になっている。
[伊藤左千夫、『野菊の墓』より]


この言われれば言われるほど、意識してしまう心理よくわかります。


お互いの心持ちはわかっていながら、それ以上の話しにはならない2人。お互いにその素直な気持ちを言いだせずに、黙ってしまい、無理に話しを紡ぎます。

何と言っても幼い両人は、今罪の神に翻弄せられつつあるのであれど、野菊の様な人だと云った詞についで、其野菊を僕はだい好きだと云った時すら、僕は既に胸に動悸を起した位で、直ぐにそれ以上を言い出すほどに、まだまだずうずうしくはなっていない。民子も同じこと、物に突きあたった様な心持で強くお互いを感じた時に声はつまってしまったのだ。
[伊藤左千夫、『野菊の墓』より]

純粋な恋の想い。
わたしにも、こんな気持ちになったことがあったなと思いだします。懐かしくもあり、いまだ憧れでもあります。
2人は自分の素直な気持ちを押しとおせずに、離ればなれにされてしまい、結ばれなかった恋。後は涙を禁じえませんでした。

可憐で切なく悲しい小説ですが、淡い恋を描いたいい作品でした。



この『野菊の墓』を読んで思いおこされるのは、『みだれ髪』の中の与謝野晶子さんの一句です。

道は云はず後を思はず名を問はず
ここに恋ひ恋ふ君と我と見る

こちらは、強い決意に満ちた歌ですが、恋する想いは同じです。

「恋ひ恋ふ君と我」〜与謝野晶子さんの『みだれ髪』より
2017年6月29日の日記



by momokororos | 2019-01-29 20:22 | | Trackback | Comments(0)

色あざやかなお弁当〜金沢美味しいもの

金沢。
今日は朝から雪でした。
雪は激しく降ったりやんだりで、今回金沢に革靴で来てしまった私はどこに行こうか悩みます。

金沢の近江町市場がある武蔵ヶ辻交差点から、東山へ渡る浅野川の手前にある橋場交差点に行く途中の武蔵ヶ辻に近いところに茶寮不室屋さんというお麩のお店があります。今日は雪の中を歩きたくなくて、バス停から雪に降られずに入れる香林坊の百貨店の大和さんの中にある茶寮不室屋さんの姉妹店の FUMUROYA CAFEさんでお昼をいただこうと思いました。

FUMUROYA CAFEさんは、大和さんの紳士売り場のがある5階の一番端にあります。
初めて訪れましたが、眼下に石川四高記念文化交流館や、しいのき迎賓館のお庭が望める明るくてきれいなカフェでした。

ふやき御汁弁当をいただきます。

e0152493_18034237.jpg


金沢らしいお弁当かなと思います。

写真の左上は、金沢の伝統料理の治部煮で、久しぶりにいただきました。とろみがある汁であたたまります。

左下は、お弁当箱につめられたお麩をはじめとする和の食。美味しいです。

右下は、生麩のしぐれ煮です。ごはんにかけて食べてくださいと、スタッフさんから説明がありました。

右上は、お麩のお味噌汁です。
このお味噌汁にはたくさんの具材が入っていて、穴のあいている大きめのお麩も入っていて、お餅の巾着のような味がします。お味噌汁の味付けも上品な感じでとっても美味しかったです。

帰りのお会計の時に、お味噌汁の中に入っていたお麩のことを聞いてみたら、小花麩というお麩でお餅は入ってなくてお麩だけだそうです。
本店の茶寮不室屋に行けば買えるのですか?と聞いてみたら、レジ隣りにお麩が販売されていました。しかもお麩だけではなくお味噌汁込みで売られていて、また食べてみたいので購入しました。
お店で食べたものをその場で買うことはこれまで一度もなかったですが、このお味噌汁がよほど美味しかったからだと思います。

ふやき御汁弁当を説明するこんな紙もつけてくれます。

e0152493_18035467.jpg


このお弁当が1500円強でいただけるのはうれしいです。
食べたあとにパフェをいただこうかなと思っていましたが、おなかいっぱいでもう十分でした。また今度お茶をいただきに来たいと思います。

FUMUROYA CAFEさんの窓からみえる風景は銀世界です。

e0152493_18263828.jpg


早い時間なら、窓際の席が空いていてお庭の眺めが望めるかもしれません。
秋は美しい紅葉がみられるところです。

金沢素敵なところ〜しいのき迎賓館、21世紀美術館
2015年11月7日の日記


大和さんを出ると雪はやんでいました。
雪が降っているともう帰ろうかなと気持ちになり、降っていないと行けるかもと思うのですが、コロコロ変わる金沢の天気に翻弄されて行ったりきたりでした。

結局、大和さんのある香林坊の隣りの南町・尾山神社のバス停まで移動して、金沢巡りを続けることにしました。



by momokororos | 2019-01-26 22:58 | グルメ | Trackback | Comments(0)

冬の味覚を楽しむ〜金沢美味しいもの

金沢。
お寿司をいただいた日記を書いてアップをしたのは、きのうの夜でしたが、そのあと美味しいものを食べに行こうと思い外に出てみたら、出かけるのを躊躇するほどの激しい雨でした。
きのうは朝からお昼過ぎまで晴れていたのですが、金沢の天気は1日のうちに激変することがあります。

雨のなか、片町伝馬の山下さんへ。

お昼にお寿司を食べていたので、お刺身はいいかなと、お店の大将には言っていたのですが、やっぱり食べたくなり、少し造ってもらいました。
寒ブリ、白えび、ヒラメの昆布じめ、ガスえび。

e0152493_23134125.jpg

やっぱりお刺身はいつ食べても飽きないです。


白子の石焼き。

e0152493_23140397.jpg

寒い冬、石焼きはホッとした感じになります。食べるとホクホクでもあります。


バイ貝の肝の石焼き。

e0152493_23141396.jpg

お昼にもバイ貝のお寿司をいただいていましたが、お店の大将とバイ貝の肝の話しをしていて食べたくなりました。
焦げた外観からは苦味を感じますが、その外観からは想像でなきない肝の甘さ。驚きの美味しさです。


白エビの唐揚げ。

e0152493_23142375.jpg


白エビは北陸にくると毎回食べたくなります。
時期ではないですが、冷凍技術が発達して年中食べられるようになったとの話しを前に大将から聞いているのですが、冷凍だとしても白えびは美味しいです。


せん菜。

e0152493_23144514.jpg

わさびの茎で、辛くてあっさりしているので箸休めにもなりますが、これだけでも美味しくてお酒がすすみます。

地酒は、大将からこんなのあるよ、ということで天狗舞の発砲酒。甘めで食前酒な感じですが美味しかったです。甘さの中にほんのりと苦味を感じるようは味で、こちらは日本酒を敬遠する女性にもおすすめできる地酒かもしれません。
続く地酒は、中村酒造の日本酒をブレンドして作ってもらったお店のオリジナルの吽という地酒をいただきました。少し辛口で和食にあいます。
最後は、いつもの宗玄の純米をいただきました。比べてみたら先の吽に比べて甘めでした。



お店に入ってからしばらくすると、雷の音がしてきました。年末に鳴るのが鰤起こしの雷で1月に入ってから鰤起こしというのかはわかりませんが、この雷はものすごいかみなりで、この雷がすると霰や雪がなり、空が赤くなるとも言っていました。お店で聞こえていたときおりの遠雷とはまったく異なるそうです。

この鰤おこしが唯川恵さんの『夜明け前に会いたい』の小説の冒頭に書かれています。

おととい話していた北陸の人からも、鰤起こしの雷のものすごさについて聞いていて、家が揺れて、雷の光がカーテンから突き刺さるように入ってくるそうです。

わたしはいままで金沢では雷を聞いたことがなかったので、雨から雪に変わった金沢の夜に、昨晩は聞けるかなと期待をしていたのですが、飲んだあとぐっすり眠ってしまい気づきませんでした。



by momokororos | 2019-01-26 17:03 | グルメ | Trackback | Comments(0)

北陸海の幸のお寿司〜金沢美味しいもの

今日は金沢の近江町市場でお昼です。
市場の中のお店はいつもこんでいるのですが、近江町市場の尾山神社側の出口の近くにあるお寿司屋さんの歴々さんがあるのを見つけたので入ってみました。

おまかせをいただきました。

クエ。

e0152493_18153082.jpg


九州で言われるクエとは違うそうです。プリプリした食感でした。

写真では大きく撮っていますが、小ぶりのにぎりで、口が小さいわたしでも無理なく一口でいただけます。赤酢を使ったシャリでそのままいただけます。


イワシ、鬼エビ。

e0152493_18153235.jpg
e0152493_18153334.jpg


中トロ。

e0152493_18165531.jpg


バイ貝。

e0152493_18183379.jpg


コリコリした食感がいいです。
バイ貝の肝を炙ったものとても美味しいんです。


サワラの炙り。

e0152493_18183527.jpg


サワラの炙りは初めていただきますが、香ばしいかおりが鼻に抜けて美味しいです。


コハダ、アカニシ貝。

e0152493_18190664.jpg
e0152493_18190718.jpg


カワハギ。

e0152493_18201986.jpg


カワハギ(ウマヅラハギ)は、肝が載っていました。カワハギの肝も美味しいです。肝醤油で食べるカワハギのお刺身は最高です。店内の水槽にウマヅラハギが泳いでいました。


赤イカ。

e0152493_18204825.jpg


赤イカはウニが載り能登の塩がふられています。いいです。赤いイカは食べたのは、もはや十年前以上。初めて金沢を訪れたときに金沢に移りすんだ知りあいからすすめられました。旬は夏とのこと。


アナゴ。

e0152493_18213672.jpg


ノドグロ炙り。
こちらは手巻きで出されました。

e0152493_19071280.jpg


追加で、ガスエビをいただきました。

e0152493_18222705.jpg


全部で14貫、とても美味しかったです。
食べたことのないネタもあって、い
ろいろ教えてもらいながら食べました。

白エビはありませんでしたが、5月くらいから、とのこと。
香箱蟹は、昔は10円とか20円とかで食べられたということを聞きました。富山では、香箱蟹のことを「まんじゅう」ということを教えてもいました。

美味しいし、大将はきさくな感じで、お店の雰囲気はいいし、また来たいと思いました。

e0152493_19024166.jpg


e0152493_18243135.jpg





by momokororos | 2019-01-25 19:56 | グルメ | Trackback | Comments(0)

今年初めての金沢

今年初めての金沢。

e0152493_23321332.jpg


夕方まで仕事でしたが、夜に金沢入りしました。
前に金沢で出会った人と、絵本や本、美味しいものや街、技術などの話しをしていました。楽しかったです。
遅くなったので食べにいけなかったのですが、明日食べにいくのが楽しみです。


by momokororos | 2019-01-24 23:39 | | Trackback | Comments(0)

青森十和田市のバラ焼き定食〜新橋美味しいもの

今日は新橋でお昼。

汐留から新橋に渡り、さんざん歩きまわったあとに、ふたたび新橋駅近くに戻ってきて、ニュー新橋ビルの近くの新しい感じのビルに青森の料理を食べさせるお店を見つけました。同じビルには広島のお好み焼きのみっちゃんさんが入っていて迷いました。みっちゃんさんは広島で2回ほど食べたこてがあるので、青森料理の青森ねぶたワールドさんに入ってみることにしました。

お魚にしようかな思っていたのですが、メニューを見たら、十和田市名物のバラ焼き定食とバラ唐定食があって、B1グランプリをとったと書いてあったので頼んでみました。

e0152493_22123192.jpg


バラ焼きは、牛肉のバラ肉と玉ねぎを甘辛だれで炒めたもので、焼肉定食な感じですが、たれが甘い感じです。どこかで食べたことのあるような懐かしい味で美味しかったです。
バラ唐揚は唐揚げですが、こちらはいたって普通な感じの唐揚げでした。

付け合わせは、10種類くらいの小鉢から2つ選べるというので、氷頭なます、味よしを選びました。味よしというのはねぶた漬けの商品名みたいです。

十和田市の十和田現代美術館に一度行ったことがあるのですが、十和田市では何も食べませんでしたが、こんな名物があったのですね。

店内にミニねぶたが飾られていました。

e0152493_22124825.jpg


帰り際、今日はマグロの解体ショーという声が聞こえてきました。

バラ焼きは美味しかったし、店員さんの応対もよかったので、今度またお魚を食べにいきたいと思います。

by momokororos | 2019-01-22 22:34 | グルメ | Trackback | Comments(0)

天ぷら〜横浜美味しいもの

今日は久しぶりに横浜に出ていました。
横浜は住んでいる街なのですが、横浜駅は乗り換えることがあってもなかなか降りません。

今日のお昼は、横浜駅の相鉄ジョイナスの地下の飲食店街を歩いていました。
博多の天ぷらの、たかおさんというお店を見かけました。前にはなかったお店で、並んでいる人が5人いましたが、わたしも並んでみました。

季節の天ぷら定食をいただきます。

3回に分けてでてきます。

豚肉。

e0152493_21535254.jpg


わかさぎ、長芋、紫芋

e0152493_21541366.jpg

サクサクと揚がっていて美味しいです。

ブロッコリー、金目鯛、牡蠣。

e0152493_21545781.jpg


天ぷらは美味しく揚がっているのですが、ちょっと物足りない感じがしました。
季節の天ぷら定食だからとも思ったのですが、両側とも女性の1人客で、ヘルシー定食と、たかお定食を食べていましたが、そちらもちょっと物足りない感じがしました。
金目鯛の天ぷらがいまいちだったからかもと、海老や穴子やキスなどの定番もなかったかもしれません。たかお定食も海老しかなかったかもです。

お店はとってもきれいで油くささも感じることなく、カウンターの席も余裕ある作りで、接客もいいし、女性1人客も多い感じで雰囲気は抜群です。
単品でもいろいろ食べれるので、また違うメニューを試してみたいと思います。

神戸に>同じようにリーゾナルブルな天ぷらのまきのさんがあります。まきのさんのほうが庶民的なお店の作りですが、圧倒的に満足感があります。

神戸のまきのさんでは何度か食べていますが、最近食べた日記です。

天ぷら〜神戸美味しいもの
2018年10月28日の日記




by momokororos | 2019-01-21 22:51 | グルメ | Trackback | Comments(0)

ジョン・バーミンガムさんの絵本

ジョン・バーミンガムさん。
金曜にブックハウスカフェさんのスタッフさんから、 バーミンガムさんが最近亡くなったということを聞きました。お店には追悼のコーナーが作られていました。

バーミンガムさんはたくさん絵本を描いており、わたしは主に図書館で読んでいたのですが、持っているバーミンガムさんの絵本を探してみたら5冊ありました。
ブックハウスカフェさんのスタッフさんには、『ずどんといっぱつ』が好きと話していたのですが、久しぶりに読みかえしてみました。

e0152493_20171359.jpg


読んでみて、あれ好きだっけ?と思いましたが、読んだときと今の気持ちが違っていて、昔読んでよかったと思う本も印象変わることはよくあります。

他の4冊も読んでみました。

『はたらくうまのハンバート』。

e0152493_20172336.jpg


『おーい、おりてよ』。

e0152493_20173456.jpg


『いつもちこくのおとこのこ ー ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー』。

e0152493_20174138.jpg


『The Extraoradinary Tug-of-War』。

e0152493_20174978.jpg


こちらの絵本は、何年か前に『つなひき』というタイトルで翻訳されています。


むかし好きでもあまり読まなくなる絵本はたくさんあるのですが、持っているバーミンガムさんの絵本は今読んでみてココロを強く動かされる絵本はありませんでした。
ブックハウスカフェさんのスタッフさんは『アドカド・ベイビー』と言っていましたが、この絵本も含めて、図書館でバーミンガムさんの絵本も読みかえしてみようと思います。




by momokororos | 2019-01-20 23:07 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

『 ぼく、おたまじゃくし?』〜田島征三さんの素敵な絵本

昨晩は、今年に入って初めて遊びにでかけました。

出かけたのは、神保町のブックハウスカフェさん。お店を訪れたのは20時を過ぎていましたが、23時まで開いているので遅くなっても楽しめます。

お店のスタッフさんからおすすめしていただいたのが、田島征三さんの『ぼく、おたまじゃくし?』の絵本です。

e0152493_20250946.jpg


ぼくは おたまじゃくし。
これから かえるに なるんだ。

e0152493_20260129.jpg


でも ぼくだけ あしが はえてきません。

e0152493_20261463.jpg


ても でてきません。

e0152493_20305591.jpg


他のみんなはかえるになって、出ていってしまい一人とりのされます。この足も手も出てこない、みんなと違うおたまじゃくしがどうなっていくのでしょうか。

田島征三さんの絵本は、くすっと笑えるところがあったり、考えさせられるところもあったりですが、本質的なことを描いていると思います。でも教訓的ではなく素直に表現しているところが素敵だと思います。

おすすめしてくれたブックハウスカフェさんのスタッフさんは、去年発売された絵本の中で一番好きと言っていましたが、わたしもこの絵本が大好きです。


お部屋にある田島征三さんの絵本を探してみたら、『わっはっは』と『やまからにげてきた(ゴミをぽいぽい)』が部屋の本棚からでてきました。
『とべバッタ』も『やぎのしずか』のシリーズの絵本も好きなのですが、お部屋を出てこないので、図書館で読んだだけかもしれません。
田島征三さん、昔も今も、絵のテイストもその絵にこめた想いも変わらない作家さんかなと思います。

ブックハウスカフェさんでは今、お店を入って正面の本棚で、スタッフさんが選んだ好きな絵本のベストが展示されています。好きな絵本を自分で選ぶのもいいですが、複数のスタッフさんが選んだ理由について聞くのも楽しいかもしれません。



by momokororos | 2019-01-19 22:14 | 絵本 | Trackback | Comments(0)