<   2018年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「チリとチリリ うみのおはなし原画展」〜姫路のおひさまゆうびん舎さん

すこし前に、どいかやさんのチリとチリリの絵本のことを書いた日記の中で、姫路のおひさまゆうびん舎さんで開催されているチリとチリリの展示を紹介していました。


どいかやさんの絵本
~2018年8月14日の日記

今日は自由が丘ランチでゆっくりしてしたのですが、そのあとに東京から姫路へ移動して、姫路のおひさまゆうびん舎さんでの「チリとチリリ うみのおはなし原画展」を見にいきました。

おひさまゆうびん舎さんの店内に飾られていたチリとチリリの原画です。

e0152493_21414429.jpg

色鉛筆で書かれた原画はほんとに細かなところまで描かれていて見いってしまいます。

店内はおひさまさんが作った、チリとチリリの切り絵が飾られています。

e0152493_21423550.jpg

e0152493_21423935.jpg


こんな切り絵を切るのは大変だと思いますが、そんな努力をみる人はわかっているし、作る努力はむくわれるのだなと思います。

e0152493_22284308.jpg


おひさまゆうびん舎さんのチリとチリリの展示は今日8/31までで、明日からの新しい展示のために展示入れ替えの作業を閉店後にするそうです。

おひさまゆうびん舎さんの帰りに、姫路駅前のジュンク堂さんのどいかやさんの原画展を見にいきました。

お店の方にことわって写真を撮らせていただきました。

e0152493_21481926.jpg


可愛いです、チリとチリリ。

こちらの展示も今日8/31までの展示です。

チリとチリリの秘密を神保町のブックハウスカフェさんのスタッフさんから聞いてから、ますます好きになったチリとチリリの絵本。
おひさまゆうびん舎さんでは取り寄せたチリとチリリの絵本は完売、ジュンク堂さんでも、うみのおはなしの絵本は見当たりませんでした。また今度手にいれたいと思います。




by momokororos | 2018-08-31 22:40 | 絵本 | Comments(2)

熊野神社横の素敵なカフェ〜自由が丘カフェ

東京自由が丘。
憧れつづけている街の1つです。
東京の街で、長いあいだ憧れ続けているところは、自由が丘、青山、麻布十番、神楽坂とそう多くはありません。

今日は、自由が丘から田園調布に抜ける坂道の途中にあるお店に入ろうと、扉を開けてみたら明日開店とのことで、開店準備中でした。また今度訪れてみたいです。

駅正面口にまわり、自由が丘デパートの道沿いを歩きます。

熊野神社のすぐそば、熊野神社の緑が見えるカフェでお昼をいただきました。

e0152493_13331258.jpg


すぐお隣りは熊野神社で神社の緑が見えます。

鶏肉とサツマイモと茄子のイエローカレーとクスクスのランチをいただきました。

e0152493_13023824.jpg


とっても美味しかったです。
サツマイモのほくほくした感じと、イエローカレーのココナッツミルクのまろやかさ、そしてパクチーが味に変化を与えます。

ここしばらく自由が丘のイタリアンやフレンチをいただいていますが、こちらのカフェの方が美味しいなって感じました。

デザートのチーズケーキ。

e0152493_13034932.jpg


濃いめのチーズの味で、土台のナッツが甘く香ばしいです。こちらもおいしいです。

お上品な静寂な店内で、お洋服のお店併設のカフェです。
かすかに音楽が流れていていて耳を澄ましても、時折音楽の音量大きくなるときにしか聞こえるくらいの小さな音で鳴っています。このくらいの音量いいかなと思いました。

むかしの思い出をおもいだすかのようや、時を忘れてしまうかのような雰囲気に少し長居しました。

帰りは、お店のお洋服を少しだけみてお店をあとにしました。
また来たいと思うお店でした。




by momokororos | 2018-08-31 14:52 | グルメ | Comments(0)

アートなお花の雑誌ふたたび〜『bloom』

東京森下にあった本屋のドリスさん。
森下から神保町は都営線で数駅なので、神保町の本屋さんとあわせて訪れていました。

少し前に入谷に移り、かなり遠くなりなかなか行けないでいましたが、先日、日比谷線の入谷駅から歩いて寄ってみました。

お店では、少し前に中目黒のdessinさんで手にいれたフランスの植物の雑誌『BLOOM』を手にいれました。

e0152493_22471001.jpg


植物の雑誌というよりアートな雑誌といったほうが適切かもしれません。

e0152493_22473791.jpg

e0152493_22474443.jpg


この雑誌、美しい写真なのですが、なまめかしいところがあって、普通の植物の雑誌とは一線を画していて、惹かれます。

e0152493_22481549.jpg

e0152493_22482192.jpg

e0152493_22482701.jpg

e0152493_22483333.jpg


お店の店長さんとお話し。
アラーキーの『食事』の写真集の話しをしたら、今道子さんの写真集を紹介してくれました。今道子さんの写真集はdessinさんでも見ていて、ちょっとグロい感じが強かったので手にいれなかった本です。

ドリスさんはちょっと遠いけど、浅草あたりに行くときに寄れれば思います。


アートなお花の雑誌〜フランスの『BLOOM』
〜2017年1月29日の日記

by momokororos | 2018-08-28 22:37 | | Comments(0)

美味しいアルザスのワイン〜自由が丘フレンチ

自由が丘。ここ1年イタリアンやフレンチなどからは遠ざかっていましたが、美味しいイタリアンやフレンチのお店でいただきたいと思っています。

先日の自由が丘のイタリアンは、前に食べたときの想いが深すぎて期待度が高すぎましたが、先入観なしに食べたいと思います。

自由が丘デパートに沿う道をしばらく行くと右手に踏切があるのですが、その手前にフレンチのお店があります。
少し前に寄ろうと思ったのですがお休み。再訪しました。

注文をしてからふと見ると、机の上にワインが書かれた黒板が目に入りました。

e0152493_23310618.jpg


飲むつもりはなかったのですが、数年来惹かれているアルザスのワインがリストに書かれてあったので、つい頼んでしまいました。

アルザスのツィルンヘルト、ケヴェルツトラミネール。
ケヴェルツトラミネールというのがぶどうの品種です。

頼んで飲んでみると、口あたりはまろやかで、甘みと苦味が混じる絶妙な味。ぶどうの味がして舌のうえで味わいたくなるようでとても美味しい。
料理とあわせるにはちょっと甘いけど、ワイン単体で楽しみたい味です。


前菜はアナゴの入ったサラダです。

e0152493_23453402.jpg


揚げてあるアナゴが小さくて味わうほどではなかったのが残念。

ポテトとビーツのスープ。

e0152493_23370679.jpg


かじきのグリル。

e0152493_23372736.jpg

添えられているソースは美味しかったです。

料理はまずまずでしたが、今回は料理というよりもワインに惹かれてしまいました。

1階がカウンター席、2階にはテーブル席があります。


独り居の楽しみ ~美味しいワインと素敵な本
~2016年12月9日の日記


こぢんまりしたフレンチ ~渋谷松濤
~2015年10月26日の日記

by momokororos | 2018-08-27 22:12 | グルメ | Comments(0)

美味しい?美味しくない?〜自由が丘イタリアン

お昼を自由が丘で食べようと、自由が丘の町を歩いていたら、かつて自由が丘の違う場所にあったイタリアンと同じ名前のお店をみつけました。

前に食べたときはとっても美味しかったお店なので入ってみました。聞いてみると去年の10月に移転したそうです。

前のお店はこぢんまりしていましたが、広さを感じさせるお店になっていました。お店の人からは席数はさほど増えていないとのことを聞きました。

前菜2種とパスタの料理を頼みました。

チーズとアンチョビを油揚げみたいので包んだ郷土料理と生ハムは美味しかったです。

e0152493_21002272.jpg


パンは焼きたて。
緑のは海藻入りのゼッポレ。モチモチしてとても美味しい。

e0152493_21025583.jpg


アスパラは甘みが感じられずでした。

e0152493_21005282.jpg


イタリアの青唐辛子のトマトパスタ。

e0152493_21010731.jpg


見た目には惹かれたのですが、ピーマンもしくはパプリカや茄子の苦味がたち、パスタも甘くない味付けだったので、全体的に大人の味なのか、わたしの体調のせいなのかはわかりませんが、残念な味でした。

お店は自由が丘のお洒落な一角にありロケーションは最高、お店のお洒落さも抜群ですが、ランチは2000円からで普段づかいするには少し高めです。今回は美味しい料理とそうは感じない料理が混在していましたが、むかし食べたときはとても美味しかったお店だったので、期待感をこめて、もう1度食べてみたいと思います。

前に食べたときはこんなことを書いてました。

2012年11月17日
自由が丘イタリアン。トリッパ(ハチノス=胃袋)と白インゲン豆のトマトソース。ワインはすでに残り少ないけど、お昼はこのくらいで。
e0152493_12283691.jpg




by momokororos | 2018-08-25 22:43 | グルメ | Comments(0)

『ベロニカはにんきもの』〜ロジャー・デュボアザンさんのベロニカシリーズの絵本

ロジャー・デュボアザンさんの『ベロニカはにんきもの』。

e0152493_22094694.jpg


見たことがあって手にいれていない絵本ではなく、初めてみる絵本です。
高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで手にいれました。

見返しも素敵です。

e0152493_22102357.jpg

e0152493_22102518.jpg


始まりもいいです。

e0152493_22105981.jpg


デュボアザンさんの絵本には、たくさんの動物たちがでてきますが、かばのベロニカが大好きです。

ベロニカがでてくる絵本は何冊かありますが、持っているベロニカの絵本は買った本を含めて3冊です。

e0152493_09255930.jpg

e0152493_09260407.jpg


持っている絵本以外にあと2冊のベロニカの絵本がありますが、 『かばのベロニカ』の絵本が特に大好きなので、この絵本ばかりみています。

ロジャー・デュボアザンさんは好きになってからずっと飽きないでいる稀有な作家さんです。あげて手元にない絵本もうありますが、一番冊数を持っている絵本作家さんです。


『かばのベロニカ』〜ロジャー・デュボアザンさんの絵本
2015年9月21日の日記




by momokororos | 2018-08-25 09:42 | 絵本 | Comments(0)

夏の辛いもの(其の三)〜スープカレー

自由が丘。
暑い日に訪れていたのですが、行きたいお店がお休みで、スープカレーの看板をふと見かけたので、何年かぶりにスープカレーのお店に入ってみました。

15種の野菜のスープカレーを頼みました。

e0152493_19384211.jpg


頼んのが5段階のうちの2番目の辛さ。始めはそんなに辛くなく美味しくいただいていたのですが、食べすすめているうちにジワジワと汗がでてきてとまらなくなりました。最近、辛さで汗がとまらなくなる食べものにあたります。

なす、かぼちゃ、にんじん、水菜、パプリカ、タマネギ、キャベツ、オクラ、ヤングコーン、ブロッコリー、ジャガイモ、インゲン、シシトウ、アスパラ。

野菜は、14種類しかわかりませんでしたが、かなりのボリュームです。食べて食べてもなくならなくて、さらに汗をかきました。



by momokororos | 2018-08-22 22:51 | グルメ | Comments(0)

宇宙への発着駅!?〜東急池上線五反田駅

吉田篤弘さんの『つむじ風食堂』、そして少し前に読んだ『ブランケット・ブルームの星型乗車券』は、夜の雰囲気を彷彿させる大好きな本です。

吉田さんの本を読んで想いおこすのは、東急池上線の五反田駅。

先日、高円寺のるすばんばんするかいしゃで、おるすばんしていた尾道の紙片さんに吉田篤弘さんの話しをしたら、尾道のお店には吉田篤弘さんの本をいろいろ置いてあるとのことでした。

前に日記に書きましたが、五反田駅のJRから東急池上線への乗り換えのエスカレーターは宇宙に登るかのよう。わざわざ遠回りして、五反田乗り換え経由で帰るくらい好きです。

紙片さんには、五反田駅のことも話したのですが、わたしもまた五反田駅に行きたくなりました。

るすばんばんするかいしゃさんをあとにしたのが、19時半過ぎ。本来は渋谷で乗り換えするところを五反田まで行き、遠回りして帰りました。

先日書いた五反田駅の日記は文字だけだったので、写真付きで紹介します。

JR山手線の五反田駅のホームの端に東急池上線の乗り換え口があります。

e0152493_00443788.jpg

JR山手線は2階、東急池上線はその上の4階になります。

e0152493_00444210.jpg


初めてこのエスカレーターを登ったときは、宇宙へ登るかのような気がしてワクワクしました。

そしてエスカレーターを登ったところにある池上線の改札。

e0152493_00444629.jpg


案内標識や自動改札がピンク色なんです。SFの宇宙船の発着駅みたいな感じがします。

そして改札を入って池上線のホーム。

e0152493_00445044.jpg


むかし走っていたレトロな電車はなくなってしまいしたが、かわいい4両編成です。

眼下には山手線の線路が見えます。

e0152493_00445443.jpg


遠回りしたので、22時過ぎに家に着きましたが、夢のような気持ちで帰りました。


『つむじ風食堂の夜』〜吉田篤弘さん
〜2018年8月16日の日記

池上線の五反田駅〜東京ワクワク
~2018年3月21日の日記

夜更けに読みたい〜吉田篤弘さんの『ブランケット・ブルームの星型乗車券』
~2017年3月13日の日記



by momokororos | 2018-08-20 22:22 | | Comments(0)

『とらこのおくりもの』〜きくちちきさんの絵本

おとといの金曜、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで、きくちちきさんの『とらこのおくりもの』の絵本を受け取りました。

e0152493_15144695.jpg

装丁は、サイトヒデユキさん。
表紙の文字や線は活版印刷です。

虎の子とらこのお話しです。
お母さんのお誕生日の贈りもの何にしようかな。

e0152493_15144941.jpg


文字数といい色数といい余白といい余裕を感じます。むかしのちきさんの絵を彷彿させます。

e0152493_15145229.jpg

e0152493_15145505.jpg

とらこはお母さんにどんなえものをつかまえて贈りものをするのでしょうか。
最後はいい話しです。

本は活版印刷もそうですが、紙へのこだわりや裏の絵が透けないようにしたりなど凝った作りで、るすばんばんするかいしゃさん自身が製本しているのでかなり手間がかかっています。

この『とらこのおくりもの』は、きくちちきさんの「しろくろきいろ」の展示のときにサンプルをみていたかと思います。


「しろくろきいろ」〜きくちちきさんの展示
~2018年4月15日の日記

by momokororos | 2018-08-19 11:10 | 絵本 | Comments(0)

尾道の紙片さんとアルトさんのおるすばん〜高円寺るすばんばんするかいしゃさん

昨晩は高円寺のるすばんばんするかいしゃさんへ。このあいだ新高円寺まで行っていながら、ものすごい雨で行くのを断念していましたが、再訪です。

るすばんばんするかいしゃさんでは、きのうの金曜から、今日8/18土曜と明日8/19日曜に、尾道にある2つのお店の、本と音楽の紙片さんと、ごはんと珈琲のアルトさんがお店番をしています。

1階手前が紙片さんの本とCDを展示するスペース、1階奥の普段は本の倉庫として使っているスペースをアルトさんがカフェとして使っています。1階奥は普段は入れないのでチャンスかもしれません。

るすばんばんするかいしゃさんの絵本は2階にあり、お店のおふたりもお店にいらっしゃいます。

昨日、るすばんばんするかいしゃのお店を訪れてみると、絵本作家の出口かずみさんが来店していました。出口かずみさんファンの私はこのうえもなくうれしいです。

お店では、紙片さんやアルトさんと尾道のことについてお話し。
尾道は、大林監督の「ふたり」の映画を見て行きたいと思ったところで、大好きな林芙美子さんの記念館も尾道にあって、20年以上も憧れているところなのですが行けていないです。

尾道以外にも、郡上八幡、宇和島、登米、天橋立、那智の滝、利尻礼文などずっと憧れつづけている場所はありますが、岡山や倉敷、広島など近くまでよく行っていながら、寄れていないのは尾道くらいでしょうか。


昨晩は、るすばんばんするかいしゃさんの絵本を手にいれて、紙片さんの本を2冊手にいれました。今日は紙片さんの本を紹介したいと思います。


yuru+さんの『夜のさき』。

e0152493_11071312.jpg

e0152493_11072021.jpg

e0152493_11072725.jpg


お花の写真と添えられた言葉が素敵です。
作者のyuru+さんは、いま吉祥寺のにじ画廊さんで展示を開催しているそうです。8/28火曜までで、今日8/18土曜と明日8/19日曜は在廊してお花屋さんも開くそうです。



濱田久美子さんの『guide of plants』。

e0152493_11073452.jpg


はじめは押し花かなと思ったのですが、切り絵でした。
大阪枚方の星ヶ丘の庭や母の庭のお花や思い出から切りだされた切り絵と書いてあります。

e0152493_11074178.jpg


テリー・ワイフェンバックさんの押し花を彷彿させます。

e0152493_11122406.jpg

e0152493_11122691.jpg



by momokororos | 2018-08-18 11:44 | | Comments(0)