<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

『くまの子ウーフ』の魅力

絵本のお店のスタッフさんからすすめてもらった児童書や絵本がいろいろあります。

そのうちのいくつかを図書館で読んでいたのですが、『くまの子ウーフ』がとってもよかったです。

e0152493_09261302.jpg

純真無垢なココロをもつウーフ。
何にでも興味をひかれてやってみるところがいいなって思ったり、うまくいかないところもほほえましいです。

図書館で読んだあとに、おすすめしてくれたスタッフさんから『くまの子ウーフ』を買って、小学3年生の子どもを持つお友達にあげました。

そのお友達も、むかし読んだことがあるそうで、喜んでくれました。3年生のお子さんはどうだったのかまだ聞いていないのですが、楽しんでくれているといいなって思います。




by momokororos | 2018-04-30 22:15 | 絵本 | Comments(0)

一番好きな京都のお庭〜對龍山荘庭園

京都南禅寺界隈のかつての別荘の1つの七代目小川治兵衛さんの作庭の對龍山荘庭園。

昨日、NHKの「ブラタモリ」をチラッと見たら、對龍山荘庭園かなと思う映像が映っていました。

2001年11月の特別公開のときに見にいっているのですが、美しい庭園でした。
以前の日記で、對龍山荘庭園のことは日記では話題にしていないことを書いたのですが、一眼レフを持ち歩いていたデジタル写真の前の銀塩写真が残っていました。

e0152493_19360533.jpg

e0152493_19361277.jpg

e0152493_19362732.jpg

e0152493_19363651.jpg

写真は、サービス版の写真をデジカメで撮ったものです。

對龍山荘の茶室でお庭に対座してみると、疏水からひいた池の水面から光が軒に映しされ、その光がゆらめいていてとっても素敵でした。室内からの写真が残っていないのは室内での写真撮影は禁止だからだったと思います。

庭園は散策が可能だったのですが、小道沿いを歩いてみると、小道沿いの苔が無残にも踏み跡で荒れていました。行き交う人が小道が狭いので脇に寄ったためかなと思いました。

素敵なお庭でしたが、今後公開はむずかしいかもと思った覚えがあります。
その後、次の年かその次の年か忘れましたが、公開されていたときがあったと思いますが、最近は一般に公開されたことがあるのかしら。

七代目小川治兵衛さんのお庭はみんな素敵です。

小川治兵衛さんのお庭で公開されているのは、見にいったことのあるお庭だと、京都では、無鄰菴、平安神宮の神苑、円山公園、並河靖之七宝記念館、東京では、旧古河庭園などがあります。


對龍山荘庭園は、また公開されることがあれば見にいきたいです。


京都のお庭への想い〜小川治兵衛さん
<2016年11月13日の日記


国宝探訪とお庭散策〜京都粟田口から南禅寺あたり
2009年11月12日の日記

by momokororos | 2018-04-29 22:35 | 京都 | Comments(0)

わたしの好きな本〜ベスト31位から35位

わたしの好きな本、ベスト31位から35位です。

31位は、茨木のり子さんの『寸志』。

e0152493_20220153.jpg

こちらの中にある「花ゲリラ」の詩が好きです。

『花ゲリラ』 茨木のり子

あの時 あなたは こうおっしゃった
なつかしく友人の昔の言葉を取り出してみる
私を調整してくれた大切な一言でした
そんなこと言ったかしら ひゃ忘れた

あなたが或る日或る時 そう言ったの
知人の一人が好きな指輪でも摘み上げるように
ひらりと取り出すが 今度はこちらが覚えていない
そんな気障(きざ)なこと 言ったかしら

それぞれが捉えた餌を枝にひっかけ
ポカンと忘れた百舌(もず)である
思うに 言葉の保管所は
お互いがお互いに 他人のこころのなか

だからこそ
生きられる
千年前の恋唄も 七百年前の物語も
遠い国の 遠い日の 罪人の呟きさえも

どこかに花ゲリラでもいるのか
ポケットに種子をしのばせて 何喰わぬ顔
あちらでパラリ こちらでリラパ!
へんなところに異種の花 咲かせる


花ゲリラというのは、茨木のり子さんの創作かなと思っていましたが、薄田泣菫さんの『獨樂園』にもでてきます。そのくだりのことは、以下の日記に書いています。

珠玉の随筆〜薄田泣菫さんの『獨樂園』
2015年3月19日の日記



32位は、前田昌良さんの『星を運ぶ舟』。

e0152493_20223526.jpg

夢みるような作品と言葉が魅力の本です。

e0152493_14571529.jpg

e0152493_14571748.jpg

前田昌良さんの文章を見ると、吉田篤弘さんのことを思いおこします。どこか似たような感じがします。


2015年1月3日
前田昌良さんの『星を運ぶ舟』。大阪の長谷川書店さんで見つけた本。素敵な動く彫刻の作品と珠玉の言葉。「あなたはまだ魔法が解けていないのだ。」と言われたことが文中にでてきます。素敵な本です。
e0152493_14335820.jpg



33位は、
中里恒子さんの『時雨の記』。

e0152493_20230886.jpg

中里恒子さん。
むかし大好きで、最近また読みかえしている作家さんです。
この『時雨の記』と、宇野千代さんとの書簡を収めた『往復書簡』が特に好きです。本棚のいろんなところに散らばっていた中里さんの他の本も集めたので、別な本もまた読んでみようと思います。

情感あふれる恋〜中里恒子さん
2017年7月11日の日記


29位は、高橋治さんの『風の盆恋歌』。

e0152493_20235031.jpg

富山の越中八尾で開かれる、おわら風の盆の祭りを舞台とした情感あふれる小説です。
おわら風の盆は、全国のお祭りの中で特に好きなお祭りの1つです。
混みすぎて踊りが見れないかもと思いながらも、情緒あふれる踊りに惹かれて通っています。昔に訪れたときより混んでいて、富山駅から八尾駅に行くために乗車整理券をもらうようになりました。見にきている人が高齢の方がかなり多いのが印象的です。


2015年12月16日
金沢への想いつのります。「驚いたわいね、奥さんの手際には。あっという間に蓮根蒸しを作ってしもうがやさかい」(中略)「そんなことくらい、金沢の女やもの」高橋治さんの『風の盆恋歌』より。

2015年11月23日
部屋の本を探していたら、高橋治さんの『風の盆恋歌』がでてきました。また読んでみようと思います。ここしばらく行けていませんが、富山の越中八尾の「おわら風の盆」のお祭りは、特に惚れた祭りの1つ。来年あたり訪れたいです。


越中八尾おわら風の盆〜未投稿の日記から
2017年9月6日の日記

おわら風の盆〜富山越中八尾
2017年9月1日の日記



30位は、須藤真澄さんの『長い長いさんぽ』。

e0152493_20241518.jpg

コミックは、わたしの好きな本では初登場でしょうか。
こちらは猫好きでなくても、涙あふれる1冊になります。なんど読んでも涙しています。


by momokororos | 2018-04-28 20:43 | | Comments(0)

雑貨とお洋服のお店巡り〜久しぶりの自由が丘

久しぶりに自由が丘を歩きました。

e0152493_11345187.jpg

かつては、好きな東京の街の一番にもなったことがある自由が丘。
ここ何年かは、たまにお昼を食べに寄ることはありましたが、雑貨やお洋服のお店に通ったときと比べるとほとんど訪れていませんでした。

むかしよく通っていた、お洋服の grinさんだけ寄ってみようと思いました。

e0152493_11271494.jpg

grinさんの写真は撮らなかったので、2013年11月に訪れたときの写真です。

久しぶりのお店に入るのはちょっとドキドキします。

お店に入って、お店のスタッフさんの視線を感じながらぐるっとまわると、スタッフさんの方から「お久しぶりですよね」と声をかけてもらいました。
4年ぶりくらいでしたが、覚えてくれました。
可愛いお洋服のことや、むかし絵本のことを話していたこともあって、絵本の話しなど話していました。

grinさんだけ寄って帰るつもりでしたが、スタッフさんに声をかけてもらって勇気をもらったので、こちらもよく行っていたカードのRucette.さんへ。
残念ながら今年のはじめに閉店していました。

お洋服の HUG O WaR(ハグ オー
ワー)さん。

e0152493_11210554.jpg

雅姫さんのお店です。
むかしと変わらず素敵な外観です。

2009年3月と12月に訪れたときのお店の写真です。

e0152493_11331653.jpg
e0152493_11335416.jpg

お店のエントランスの緑がかなり増えています。


生活雑貨のquatre saison(キャトル・セゾン)さん。

e0152493_11213623.jpg

お洋服のNATURAL LAUNDRY(ナチュラルランドリー)さん。

e0152493_11245273.jpg

さきほどのgrinさんとは姉妹店です。

前によく行っていたフランスのポスターのmieuxさんは、残念ながら空いていませんでした。


生活雑貨のIDEEさん。

e0152493_11315968.jpg

grinさんで、竹村良訓>さんのうつわが置かれていたのですが、IDEEさんで竹村良訓さんの展示の「竹村良訓 & TOKIIRO"イロとミドリ"展」が行われているとこを教えてもらいました。
「竹村良訓 & TOKIIRO"イロとミドリ"展」は、本日23日までです。


トレインチまで戻り、紅茶のKarel Capek(カレル・チャペック)さん。

e0152493_11322812.jpg

相変わらず可愛い紅茶のパッケージです。


お隣りにある、雑貨のArrivee et Depart(アリヴェ・デパール)さん。

e0152493_11325350.jpg

久しぶりの自由が丘巡りと雑貨巡りを堪能しました。お隣りの都立大学にも寄りたいなと思いましたが時間切れでした。


自由が丘では、ベトナム料理を食べていました。

e0152493_11384486.jpg

こちらのお店では、パクチーの葉っぱそのものがでてきて、ちぎってフォーに入れます。


自由が丘の日記はたくさんあるのですが、4つ載せておきます。

暮れゆく街の灯り〜自由が丘
2017年7月24日の日記

新しいお店いろいろ〜東京自由が丘
2011年8月7日の日記

フランスの香りのする雑貨屋さん〜東京自由が丘
2011年11月3日の日記

フランス雑貨いっぱい〜東京自由が丘雑貨巡り
2009年7月4日の日記

by momokororos | 2018-04-22 11:55 | 雑貨 | Comments(0)

こくごの教科書〜まだ魅力の小学校3年生

先日、街をわたりながら、本屋さんをいくつかまわっていたのですが、神保町の三省堂書店さんで、小学3年生のこくごの教科書の上巻を手にいれました。

e0152493_10115248.jpg

表紙も可愛いです。

前にも小学2年生のこくごの教科書を手にいれていて、小学2年生のこくごの教科書が一番好きなのですが、3年生の教科書もまだわたしの興味の範囲内です。

谷川俊太郎さんや金子みすゞ さんの詩が載っています。松尾芭蕉に与謝蕪村、小林一茶さんの俳句ももう習うんですね。高橋和枝さんの絵の物語もありました。


「こくご」の教科書の魅力〜小学校2年生
2018年1月6日の日記


by momokororos | 2018-04-21 10:13 | | Comments(0)

わたしの好きな本〜ベスト26位から30位

わたしの好きな本、ベスト26位から30位です。

26位は、高階杞一さんの『早く家に帰りたい』。

e0152493_19225339.jpg

初めて読んだとき、涙があふれて読めなくなりました。そして先日再び読んでみて、また涙があふれて途中で本を閉じました。わたし、この本もしかしたら最後まで読めていないかもしれません。

2014年10月31日
の『早く家に帰りたい』。店長さんが望月通陽さんのイラストだと教えてくれました。望月さんの絵は素敵です。明日ゆっくり読んでみたいと思います。

2014年11月1日
高階杞一さんの『早く家に帰りたい』。途中で涙があふれて読めなくなりました。明日読もう。読めるかな。


27位は、平松洋子さんの『世の中で一番おいしいのはつまみ食いである』。

e0152493_19233943.jpg

なんという魅力的なタイトルでしょうか。平松洋子さんの本は、20冊近く持っているのですが、最初の頃に手にいれたこの本が一番好きです。
この本にかかれている平松さんのやりかたで料理や味を五感で楽しむこと持っあります。

「世の中で一番おいしいのはつまみ食いである」
2009年10月4日の日記


28位は、
鴨居羊子さんの『女は下着でつくられる』。

e0152493_19241874.jpg

鴨居羊子さんの大胆な、そして喜怒哀楽をあらわしているところが好きてす。
こちらは鴨居羊子全集の1冊目です。
いまだに本屋さんで全集3冊セットを見ると、もう1セット買いたくなります。
鴨居羊子さんの描くイラストも好きです。「こどものとも」の鴨居さんの『クレヨンサーカス』が絵本でている唯一の1冊です。

熱き情熱と葛藤
2016年11月9日の日記


29位は、スティーヴン・ミルハウザーさんの『ナイフ投げ師』。

e0152493_19250500.jpg

現実か幻想かを深く考えさせる小説。
いまの世の中や人の気持ちも期待や幻想で成りたっている部分がありますが、さらに時代がすすむと、期待を満たす幻想を充足するサービスがあらわれ、現実なのか幻想なのかわからない時代が来るかめしれないと、この小説を読むと感じます。そんな世界がいまの現実でもありえるように描かれていて引きこまれます。少々読みにくいのですが、すごい小説だと思います。

昔に書いたブログです。

2008年4月25日
「ナイフ投げ師」スティーヴン・ミルハウザー、白水社
ちょっと前に買った本なのですが、読んでみました。
ものすごく面白い短編小説でワクワクしながら読みました。
人間の抑制の気持ちと、それとは相反する開放の気持ちがとてもうまく表現されています。
抑圧された気持ちを持ちながら、どこかでそれを期待している人間の気持ちに改めて気づかされます。
ココロの中に潜むそんなベールを剥いであらわにするような小説です。
それでいて嫌な気分にならなくて、むしろ共感を覚えてしまいます。

デパートでのサービスや、アミューズメントパークのサービスを通じて、
安全という囲いの中で、提供されるスリリングさに期待を抱きながらも、その刺激をつきつめていくことによる、幻想とも現実とも区別がつかない危うい一線の存在があるということ。
われわれの日常の現実と提供される幻想の世界の違いは何なんだろうって思うきっかけを与えてくれます。

読みすすめていくと、一番初めの載っている短編である「ナイフ投げ師」のことをまた思い浮かべます。
われわれが現実と幻想のあやういところを生きているってことを意識します。

読み終わったあとで、図書館から借りた本
「三つの小さな王国」スティーブン・ミルハウザー、白水社

さらに本屋で見つけて買ってしまった本 「マーティン・ドレスラーの夢」スティーヴン・ミルハウザー、白水社
「イン・ザ・ペニー・アーケード」スティーヴン・ミルハウザー、白水社

読むのが楽しみです♪



30位は、白洲正子さんの『花日記』。

e0152493_19254354.jpg

白洲正子さんの随筆が好きなのですが、こちらの『花日記』は、活けたお花の写真に、白洲正子さんの文章を添えたものです。白州さんの文章が好きでときどき見返しています。

『花日記』〜白洲正子さん
2017年2月17日の日記

早春の野草〜白洲正子さんの「花日記」
2014年2月27日の日記

2015年1月25日
お片づけ。大好きな白洲正子さんの本の棚。一番好きなのは『雨滴抄』。



by momokororos | 2018-04-19 22:34 | | Comments(0)

「しろくろきいろ」〜きくちちきさんの展示

きくちちきさんの「しろくろきいろ」の展示が高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで開催されています。

e0152493_15035222.jpg

e0152493_15035545.jpg

e0152493_15035846.jpg

この原画展にあわせた、ちきさんの新しい絵本の『とらこのおくりもの』も完成して、店頭に並んだそうです。この絵本は、昔のちきさんを思い起こさせるようなシンプルな素敵な絵本だと思います。

展示会期は、当初は今日の15日まででしたが、延長されて4/22日曜までになっただうです。

お店では、先頃出版された『とらのことらこ』の絵本を手にいれました。

e0152493_15110190.jpg

e0152493_15110459.jpg
e0152493_15113901.jpg

こちらの絵本も余白があるシンプルなページがたくさんで、「とらこ とらこ」の反復が安心感ある期待感を抱きます。


by momokororos | 2018-04-15 22:45 | 絵本 | Comments(0)

いろいろなレシピ〜たけうちちひろさんの『ぼくのつくりかた』

たけうちちひろさんの『ぼくのつくりかた』。

e0152493_12335653.jpg

いま姫路のおひさまゆうびん舎さんで、たけうちちひろさんの「ぼくのさがしもの」の原画展が開催されていて、絵本も販売されています。

先日お店に寄ったときに、『ぼくのさがしもの』の日本語版と、英語版、フランス語版、イタリア語版を手にいれています。

女の子のページが日本語版にはなかったり、フラミンゴやワニのページが日本語版だけにあったり、おさかなのページが英語版だけにしかないことなど、買ってから気づきました。

楽しくて素敵な絵本なので、毎日のように見ていると、女の子の素材、女の子のレシピが、国によって違うことに気づきました。

英語版の女の子のレシピ。

e0152493_12342935.jpg

フランス語版の女の子のレシピ。

e0152493_12410075.jpg


レシピの素材が2種類違います。
今度は、この違いがお国柄を反映したものなのか気になります

そして、それぞれできた女の子のページ。

e0152493_12350434.jpg

e0152493_12411409.jpg

できた女の子のページもよくみると、切り絵の部品や位置が違うのです。

「女の子の素材」という表現をしましたが、むしろ「女の子の気持ち」と言ったほうがいいかもしれませんね。

女の子ってなんでできているかは、江國香織さんの『ぼくの小鳥ちゃん』や、室生犀星さんの『蜜のあはれ』、森茉莉さんの『贅沢貧乏』あたりにでてきたかなと思ってみてみましたが、見つかりませんでした。二階堂奥歯さんの『八本脚の蝶』には書いてあるかもしれないと最初から見ていくと、やっぱり女の子、少女のことを書いたくだりがありました。

マザーグースの『What Are Little Boys Made of?』には、男の子と女の子が何でできているかの詩が載っています。

女の子って何でできてるの?
女の子って何でできてるの?
砂糖とスパイス
そして素敵なものすべて
そういうものでできてるよ
[『マザーグース』より]

ちなみに原文は、

What are little girls made of?
What are little girls made of?
Sugar and spice,
And all that's nice,
That's what little girls are made of.

です。

鈴木康司さんの絵の『まざあ・ぐうす』の北原白秋さんの訳は、こうなっています。

e0152493_13215301.jpg


かわいい女の子はなんでつくる、なんでつくる。かわいい女の子はなんでつくる。
おさとうに薬味に、あまいものずくめ。
それそれ、かわいい女の子がつくられた。
[北原白秋訳、鈴木康司絵、『まざあ・ぐうす』より]


たけうちちひろさんの絵本の違いを、絵本を手にいれた姫路のおひさまゆうびん舎さんに、「たけうちちひろさんの絵本で、国が違うと作られかたが違うものがあるんです!さあそれは?」と聞いてみたら、おひさまさんからしばらくすると「ぼくですか?」という回答。
えっ?と思い、見てみると、男の子のレシピも違っていました。

日本語版と英語語版の「ぼく」のレシピ。

e0152493_12415423.jpg

e0152493_12415582.jpg


そしてできた「ぼく」のページ。

e0152493_12422161.jpg

e0152493_12422317.jpg

絵本にでてくるキリンも違っていたし、おさるは素材は同じだけど、できたページが微妙にちがっていて、見つけるのが楽しいです。

たけうちさんは、単に1つの国の絵本をそのまま翻訳版として出しているのではなく、国によっていれるページを変え、レシピを変えて、切り方を変えていました。
まだまだいろんな発見があるかもしれないたけうちさんの絵本、すごくてとっても楽しいです。

おひさまゆうびん舎さんには、日本語版はもちろん、各国語版もまだ少しあるみたいです。


可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本
2018年4月7日の日記

by momokororos | 2018-04-14 20:27 | 絵本 | Comments(0)

素敵な映画〜「やかまし村の子どもたち」

リンドグレーンさんの『やかまし村の子どもたち』のDVDがとってもいいと勧められて見てみました。

e0152493_22443601.jpg


美しい自然と素直な子どもたち。
きらきらしてるってのが一番当てはまる感想かなと思います。

全編に流れる美しい風景と音楽の調べ。そして純粋無垢な子どもたちに、見いってしまいました。

いい映画でした。
もう1度見たくなります。




by momokororos | 2018-04-09 22:45 | 映画 | Comments(0)

可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本

先日、京都の桜を見たあとに姫路に出ていました。

姫路のおひさまゆうびん舎さんでは、たけうちひろさんの「ぼくのさがしもの」の素敵な展示が開催されています。

e0152493_11251168.jpg

『ぼくのさがしもの』の絵本は、ロボットの話しで、可愛くてちょっぴりせつないです。

e0152493_11263087.jpg

片腕をなくしたロボットの物語。

e0152493_12553218.jpg

可愛いです。

e0152493_12551867.jpg

わたしはお魚のページが好きなのですが、おひさまさんの店長さんは本棚のページが好きとのこと。本好きには本棚のページはたまらないかなと思います。

e0152493_12552028.jpg

どのページもいいのですけどね。


たけうちひろさんのもう1つの絵本の『ぼくのつくりかた』もおひさまさんに置かれていて、すごく可愛いです。

e0152493_11264871.jpg

珍しく、縦に開きます。

e0152493_15101557.jpg

e0152493_15101757.jpg

たけうちさんの素敵な絵本にぞっこんになりました。この『ぼくのつくりかた』の絵本は、わたしの持っている絵本のベスト10に入るのでは?と思うくらい素敵です。


おひさまゆうびん舎さんには、たけうちさんの海外で出版された絵本3冊もあって、すべて手にいれました。


イタリア語版。

e0152493_13005171.jpg


英語版。
e0152493_13005534.jpg

タイトルが、『The fantastic recipe machine』。ファンタスティック レシピ マシン なんて夢があります。

英語版だけに載っている、お魚のページです。

e0152493_15063135.jpg


フランス語版。

e0152493_14453050.jpg

日本語版には載っていない女の子がでてきます。女の子のページはフランス語版だけでなく、イタリア語版や英語版にも載っています。

e0152493_14445826.jpg

e0152493_13031803.jpg

この女の子の絵も好きなんですが、日本語版にないのは残念です。
逆に、日本語版には、フラミンゴとワニのページが載っていますが、英語版、フランス語版、イタリア語版には載っていません。


おひさまゆうびん舎さんの店内の壁には、原画とおひさまさんの手作りの切り絵が飾られています。

e0152493_11273923.jpg
e0152493_11274242.jpg


展示は結構長くて5/7月曜までですが、展示の初日から2日間で『ぼくのつくりかた』の絵本は完売したそうです。その後、再入荷しているそうです。

たけうちさんのこの2つの絵本のことを神保町の絵本屋さんで聞いてみたら、『ぼくのつくりかた』はお店で扱ったことがあるそうです。わたしは今回初めてたけうちさんの絵本を知りましたが、かなり人気なのではと思います。

e0152493_11295364.jpg

今回、おひさまさんでは買いたい本がたくさんでした。諦めて買わなかった本もあるのですが、いい本に巡りあえたかなと思います。

姫路は姫路城の桜を見にきている人で、かなりの人出でした。


by momokororos | 2018-04-07 20:52 | 絵本 | Comments(2)