人気ブログランキング |

<   2017年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

大好きな散歩道〜盛岡中津川

盛岡。
昨日は、チャグチャグ馬コのお祭り。
朝は曇り空から雨、午後からは晴れ間がのぞいたり怪しい曇がでたりの天気でした。

中津川の、中の橋の下流の河川敷でチャグチャグ馬コを見てから、中津川沿いの小道を歩きます。

中の橋から1つ上流にかかる与の字橋をくぐったあたりの中津川の風景です。

e0152493_00290812.jpg


雨で増水して濁っていますが、それでも気持ちよい風景です。日差しは暑いけど風はひんやりと心地よいです。

e0152493_00290818.jpg

さっと光がさしこんだりかげたり、一面の風景がさまざまに変わります。
毎回、ここの同じような写真を撮っていますが、この風景のもとでずっとたたずんでいたいです。

e0152493_00290968.jpg

河川敷の小道も素敵でずっとたどっていきたくなります。

いまの時期、忘れな草のお花が咲いています。

e0152493_00401988.jpg

清楚で小さなお花です。
お友だちに、菫や一人静のお花みたいな人がいるのですが、この忘れな草もその人のイメージにぴったりです。

この河川敷をあがったところに、よく訪れる美術館と雑貨のお店があります。

e0152493_00402011.jpg


深沢紅子 野の花美術館。

e0152493_00402085.jpg


こちらの小さな美術館は大好きで、盛岡を訪れたときにいつも寄っています。
美術館の前の中津川の土手にお花がきれいです。

e0152493_22471008.jpg


美術館の2階の展示室で、深沢紅子さんのやさしい言葉に出逢いました。

『婦人之友1993年5月号』の本の展示で、表紙絵を深沢紅子さんが描かれているのですが、表紙絵にそえた深沢紅子さんの言葉が素敵です。

わすれな草(野の花十二カ月)
一番なつかしく思う所は、故郷盛岡の街の中央をさらさらと流れる中津川である。昔からこの川原には、忘れな草の花が咲いている。ポーッと水色に霞むようにほどよく咲いて、絶えることがない。
忘れな草、一番なつかしく思う花もこの花である。


深沢紅子さんの絵もやさしい絵で大好きです。


野の花美術館のお隣りは、雑貨のひめくりさん。

e0152493_00402190.jpg


お店には、うつわやストールなど素敵なモノがたくさんです。お店にいると心地よい音を耳にしました。風鈴の音でした。
水沢駅にホームにたくさんの風鈴がつけられていることは知っていたのですが、お店の方から盛岡の駅(在来線?)も風鈴があるとのこと。気づきませんでした。今度見てみたいと思います。

中津川はほんとに素敵です。
川沿いには、岩手銀行旧本店本館もあり素敵です。

e0152493_22471102.jpg


この建物の裏手の中津川沿いの敷地には、小さなバラの一画があって、ちょうどいま薔薇のお花も咲いています。


by momokororos | 2017-06-11 22:47 | 自然 | Trackback | Comments(0)

チャグチャグ馬コ(其の三)〜盛岡 中津川河川敷

盛岡のチャグチャグ馬コの祭り。
毎年見にきたくなる素敵なお祭りです。

「馬コ」というのは、馬を呼ぶ時の親しみをこめた言い方だそうです。家族同様に大切に育てられる馬コは、孫を馬コに乗せるのが夢という話しも聞きました。

チャグチャグ馬コは、朝の9時半から歩きはじめて、最終地点の中津川の中の橋へは13時くらいに到着します。雨の中や炎天下の中での行進は、馬も乗っている子どもたちも大変です。

中津川河川敷には、たくさんの馬コが係留されています。約40頭くらいです。

e0152493_18273402.jpg

向こうに見えるのが中の橋です。

こんなに小さい子も馬コに乗っています。

e0152493_18273560.jpg


小さ子と比べると馬コは大きいです。

e0152493_18273515.jpg


馬コに乗せてもらったりしている子もいました。

e0152493_18424830.jpg


子馬もおかあさんと一緒にいます。
行進も子馬も一緒にしていました。

e0152493_18273640.jpg


チャグチャグ馬コの祭りは、京都の祇園祭、富山の越中八尾のおわら風の盆、盛岡のさんさ踊りと並ぶくらい好きになりました。
また来年も見にいきたいと思っています。

馬コの追っかけのあとは、大好きな中津川沿いを散歩しています。

by momokororos | 2017-06-11 11:30 | 祭り | Trackback | Comments(0)

チャグチャグ馬コ(其の二)〜盛岡 材木町商店街

盛岡のチャグチャグ馬コはとっても好きな祭りです。

盛岡駅前広場で馬コを見てから、盛岡駅から1駅先の青山駅まで行ったものの、雨が激しくて青山でチャグチャグ馬コを見るのを諦め、再び盛岡まで戻りました。
チャグチャグ馬コが盛岡駅まで来るまで時間があったので、お昼を食べてから、駅から北上川を越えたところにある材木町商店街まで歩き馬コがくるのを待ちます。

青山町中央商店会もそうですが、馬の休憩場所の材木町商店街では、まじかに馬コを見ることができます。

e0152493_18133892.jpg

e0152493_18133936.jpg

e0152493_18134054.jpg


にんじんを馬コにあげるけど、こわいよね。

e0152493_18134087.jpg


e0152493_18231202.jpg


馬コが休憩しているあいだに明るくなってきて、馬コが出発するときには晴れ間が出てきました。

e0152493_18134156.jpg


馬コが中津川の中の橋へ向けて出発してから、すぐ近くの光源社さんでうつわをみて、ほど近い北上川にかかる橋から岩手山を望みます。チャグチャグ馬コのときは晴れると言われていますが、馬コが晴れを連れてきたかのようです。

e0152493_18134112.jpg


馬コを追いかけて、中津川に向かいます。


by momokororos | 2017-06-10 22:27 | 祭り | Trackback | Comments(0)

チャグチャグ馬コ(其の一)〜盛岡駅前

盛岡のチャグチャグ馬コ。

大好きなお祭りで5、6回見にきています。東北の夏祭りも素敵だけど、チャグチャグ馬コはまた違った魅力があります。

今年は雨の予報でしたが、馬コの日は奇跡的晴れるとの話しも聞いていたので、盛岡入りしました。

今日の午前中の盛岡は小雨で結構寒かったです。

盛岡駅前広場の馬コ。

e0152493_10493874.jpg


いつ見ても、すごいなあ、かわいいなあ、大きくてちょっとこわいなあ、って思います。

e0152493_10493842.jpg


盛岡駅前をあとにして、盛岡駅からいわて銀河鉄道で1駅先の青山駅へ。歩いて10分ほどの青山町中央通商店会へ行くつもりでしたが、電車を降りると土砂降りの雨だったので、青山駅の待合室で、雨があがるのを待ちましたが一向にあがらず。
今年は青山で見るのは諦めて、電車で、馬コより早く盛岡に戻り、午後から盛岡駅から10分ほど歩いた材木町商店街で見ることにしました。

チャグチャグ馬コのポスターです。

e0152493_10574203.jpg


チャグチャグ馬コのルートマップです。

e0152493_10493930.jpg


「チャグチャグ馬コ〜岩手盛岡」〜2016年 6月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24452194/

by momokororos | 2017-06-10 19:55 | 祭り | Trackback | Comments(0)

「入江泰吉 古色奈良路」〜入江泰吉記念奈良市写真美術館

奈良の新薬師寺のすぐそばには、入江泰吉記念奈良市写真美術館があります。

e0152493_12045270.jpg


「入江泰吉 古色奈良路」という展示が開催されていたので見ていくことにしました。

e0152493_12045350.jpg


e0152493_12045390.jpg


「入江泰吉 古色奈良路」の展示の写真てわは、奈良の2つの仏像の者に魅了されました。

「千手観音像 部分(唐招提寺金堂)」は、
前に見て魅了された土門拳さんの唐招提寺の千手観音像の手だけの写真のようは写真。美しくもあり荘厳な感じがしました。

図録は手にいれませんでしたが、こちらで写真を見ることができます。

https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/1276


「百済観音像部分」の写真も深い色合いで美しい。百済観音さまのツボを持つ手とからだの布だけが写った部分の写真がこんなに美しいなんて驚きます。

入江泰吉さんの本は持っていないと思っていたのですが、部屋の本を整理していたら、たまたま龜井勝一郎さん著、入江泰吉さん写真の『写真版 大和古寺風物誌』が出てきました。昨日の日記でも紹介しました。

入江さんの写真がかなり載っていました。
手にいれたのはどこか忘れてしまっていましたが、中目黒のdessinさんでした。買った本をどこで手にいれたのかは大体覚えているのですが、珍しく見つけたときや買った時の記憶なくしています。


写真館美術館では「本橋成一 在り処」の展示も開催されていました。
素敵なテーマの写真があったので、また今度書いてみたいと思います。

by momokororos | 2017-06-10 10:26 | 写真 | Trackback | Comments(0)

格好よすぎる十二神将〜奈良 新薬師寺

奈良高畑にある新薬師寺。

このあいだ奈良の室生寺に行ったときに、聖林寺か新薬師寺か迷いましたが、今回もどちらに行こうかと悩みました。
聖林寺への電車とバスの時間がかみあわず、奈良駅が最寄りの新薬師寺に行くことにしました。
奈良駅が最寄りといっても新薬師寺まで歩くと1時間はかかります。
近鉄奈良駅からタクシーを使おうかと思いましたか、市内循環バスを見かけたので、バスに乗り新薬師寺の近くまで行くことにしました。
高畑町というバス停で降りるつもりでしたが、前に来たときと雰囲気が違うと思い、その先の破石町のバス停まで乗ってみたら、正解でした。

バス停から新薬師寺までは坂道を登り15分くらい。日陰となるところがほとんどなく、暑い時期はちょっと遠いです。着いたら汗だくでした。

e0152493_20052539.jpg


e0152493_20052581.jpg

大好きなお寺の1つで、格好いい十二神将の仏像があります。
本堂に入ると真っ暗な中に塑像の十二神将が白く浮かびます。お堂にはいったときは塑像以外は真っ暗なのですが、しばらくたつと目が慣れてきます。

ロウソクの光を背景に薬師如来さまを囲み十二神将が浮かびあがるといった雰囲気です。

新薬師寺のホームページ
http://www.shinyakushiji.or.jp/junisinsho/

十二神将の中で好きなのは、迷企羅大将と伐折羅大将。

迷企羅大将(新薬師寺での名前、文化庁では波夷羅)は、片足を台座に乗せて少し曲げて、腰に手をあてもう一方の手は高くかかげて、まさに決めのポーズをとっているような雰囲気で格好よすぎます。

前に新薬師寺に行ったときに迷企羅大将について書いていた文章と写真です。

午前10:59 · 2013年9月9日
十二神将は薬師如来を守るガードマン。その中の真達羅大将(しんだらたいしょう)だけ、唯一武器を持っていません。新薬師寺にも十二神将がいらっしゃいますが、迷企羅大将が武器を持ってませんでした。写真は毎日新聞社の『十二神将』より。

e0152493_05180534.jpg


伐折羅大将(新薬師寺での名前、文化庁では迷企羅)は、髪の毛を逆立て口を開けて忿怒の形相。剣をもち、手を下向きに何か押さえつけるような感じで立っていて迫力です。

十二神将の真ん中には、お目目ぱっちりの薬師如来さま。

龜井勝一郎さん著、入江泰吉さん写真の『写真版 大和古寺風物誌』。

e0152493_20251170.jpg


この本の中に、新薬師寺の薬師如来さまのことをこう書かかれています。

金堂の薬師如来は、前述のごとく弘仁時代の仏像であるが、眼病平癒を記念するため、とくにその眼は大きく創られている。まるで異人のようだ。
[龜井勝一郎著、入江泰吉写真、『写真版 大和古寺風物誌』より]

いままで、「お目目ぱっちり」だなと思っていただけでしたが、やっと意味がわかりました。

この本に、入江泰吉さんの新薬師寺の伐折羅大将の写真が載っていました。

e0152493_22502627.jpg


新薬師寺の十二神将は、あらがえない魅力を感じます。

新薬師寺は3年ぶりでした。
お堂の中は椅子も用意されていて、椅子に座り、汗がひいてきてココロおだやかになっていくのをゆっくり感じてゆくことができます。


「十年来の想いと千二百年の想い~奈良唐招提寺・新薬師寺」〜2014年 5月 5日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21961698/

「かっこいい仏像~奈良そぞろ歩き(其の一)」〜2010年 12月 5日の日記
http://momokoros.exblog.jp/13762485/


by momokororos | 2017-06-09 20:25 | お寺 | Trackback | Comments(0)

鎌倉お花のお寺〜北鎌倉円覚寺の松嶺院

花の都の鎌倉。
行けば行くほど魅了させられます。

北鎌倉駅の横須賀方面のホームの改札を抜けるとすぐのところの円覚寺。円覚寺の境内の松嶺院は花がたくさんで大好きなお寺です。

松嶺院には、イワタバコやクレマチスのお花が咲く季節に訪れることが多いです。お花が多くすべては載せられないので一部を紹介します。

ツボサンゴのお花は初めて見ます。

e0152493_13594207.jpg


リョウブ。

e0152493_13594324.jpg


フウロウソウ。

e0152493_13594317.jpg


シャクヤク。

e0152493_19521320.jpg


シャクヤクにもいろんな種類がありますね。

e0152493_13594586.jpg


ヤマボウシのお花。
こちらは鉢植えですが、木のお花で一斉に咲いているのが素敵です。

e0152493_13594520.jpg


この白いお花の名前はわかりません。
丁子草(ちょうじそう)に似ていますが。

e0152493_13594663.jpg


クレマチス。
一度だけ育てたことあります。
この何年もクレマチスは育てたいなって思っています。

e0152493_14243563.jpg


クロロウバイ。

e0152493_13594645.jpg



松嶺院の入口はこんな感じです。

e0152493_14243611.jpg


円覚寺境内は少ししかいませんでしたが、
こんなお花を見かけました。

e0152493_13594781.jpg

e0152493_13594773.jpg


円覚寺境内の一番奥にある黄梅院も好きなのですが、この日は寄りませんでしたが、また今度ゆっくり寄りたいと思います。

by momokororos | 2017-06-08 22:30 | お花 | Trackback | Comments(0)

うれしい気持ち

今日はほんの短い時間でしたが、
逢いたいなって思っていた人に会えました。
それだけでうれしいし、他のなによりもまさります。


by momokororos | 2017-06-07 22:07 | 気持ち | Trackback | Comments(0)

素敵な洋館と薔薇の庭園〜鎌倉文学館

鎌倉由比ヶ浜にある鎌倉文学館。

文学館の建物と薔薇園が素敵です。

e0152493_12433806.jpg

e0152493_12433967.jpg

e0152493_12433980.jpg

e0152493_12434051.jpg


文学館は薔薇園の庭園の上にあります。

e0152493_12434153.jpg


文学館では、「漱石からの手紙 漱石への手紙」の展示が開催されていました。

e0152493_12434232.jpg


鎌倉文学館、前にいつ行ったか調べてみると、2006年7月8日に与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示会を見に行っていました。もう11年前でした。
そのときも薔薇が咲いていました。

e0152493_12562819.jpg

与謝野晶子さんの詩集を最近手にいれたので、あわせて鎌倉での与謝野晶子さんの「恋ひ恋ふ君と」の展示も振りかえりたいなって思っています。


新緑の時期、鎌倉文学館に至る道は、緑に囲まれて素敵です。

e0152493_12434291.jpg


e0152493_12434318.jpg


この鎌倉文学館のトンネル、神戸元町の1003さんから、京都山崎にある大山崎山荘美術館みたいと言われて、記憶がよみがえりました。わたしも大山崎山荘美術館に行ったときにそんな感想を書いていました。


前に大山崎山荘美術館を訪れたときに書いた文章を引用します。

午前10:12 · 2015年2月15日
京都。今日は大山崎の「大山崎山荘美術館」で開催している「志村ふくみ ー 源泉をたどる」の展示会を見にいきます。少し前に姫路のおひさまゆうびん舎さんに教えてもらいました。大好きな志村ふくみさんの展示会知らずにやりすごすところでした。

e0152493_12434457.jpg


午前10:45 · 2015年2月15日
京都。大山崎の「大山崎山荘美術館」への登り道、わたしもう息があがってしまいました。体力不足と飲み過ぎに夜更かしのせいかも。駅を一緒に出た人はもう先に行ってしまいました。この隧道は鎌倉文学館を思いおこします。
e0152493_12454131.jpg



by momokororos | 2017-06-06 22:43 | お花 | Trackback | Comments(0)

夕陽に映える雲

横浜の夕暮れ時の夕陽に映える雲。

e0152493_22285489.jpg

夕陽に照らしだされる風景が好きなのですが、今日のこの雲はいいなって思いました。

今日は1日を通じておおむね晴れましたが、夕方は晴れの際だったみたいで、雲の左方向の都内はゲリラ豪雨だったそうです。

夕陽の光に照らしだされる光景は、夕刻には帰れていた中学生の頃の昔の記憶を呼びおこします。

尾形亀之助さんも夕陽の風景を詩にしています。

「天国は高い」
高い建物の上は夕陽をあびて
そこばかりが天国のつながりのように
金色に光っている
街は夕暮だ
妻よ—
私は満員電車に居る


尾形亀之助さんのことを書いた日記を引用します。

「『美しい街』〜尾形亀之助さんの詩集」〜2017年 2月 20日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25399301/


by momokororos | 2017-06-05 23:20 | 自然 | Trackback | Comments(0)