人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お庭のお花(其の八)〜馬酔木

お庭の馬酔木(あせび)のお花が咲いてきています。

e0152493_13313629.jpg


馬酔木の木には、メジロやシジュウカラの小鳥がやってきます。かわいいお花に可愛い小鳥たち。家の中からそっと見ています。

by momokororos | 2017-03-11 22:29 | お花 | Trackback | Comments(0)

春のお花〜山茱萸

朝晩はまだ寒いけど、日中は暖かな日も増えてきました。今日もそんな日でした。

見かけた山茱萸(さんしゅゆ)のお花。

e0152493_23324852.jpg


花蘇芳(はなずおう)のお花、木瓜(ぼけ)のお花、雪柳のお花も見かけました。
春はすぐそこです。

by momokororos | 2017-03-10 23:32 | お花 | Trackback | Comments(0)

お庭のお花(其の七)〜三千院椿

お庭のお花の日記が続きます。
椿のお花もいま咲いています。

e0152493_17511582.jpg


三千院椿。
植えたときは小さかったけど、かなり大きくなりました。
椿はいろいろな種類がありますね。
中でも白の侘助が好きです。

むかしは、京都紫野の大徳寺や、鹿ケ谷の法然院に霊鑑寺、北野白梅町の地蔵院など椿の花が咲く京都のお寺を巡っていましたが、最近はとんとご無沙汰です。
法然院や地蔵院の五色散椿や、大徳寺の侘助はまた見てみたいです。

by momokororos | 2017-03-09 23:07 | お花 | Trackback | Comments(0)

お庭のお花(其の六)〜水仙

お庭の水仙のお花。

e0152493_20061736.jpg


いつも早春に見かけることが多いのですが、今年は3月になってから咲いています。

お花がいっぱい咲いてきてくる季節でこれから楽しみです。

by momokororos | 2017-03-08 22:41 | お花 | Trackback | Comments(0)

ことりの絵本〜ヨゼフ・ウィルコンさんといわさきちひろさん

お部屋で森の絵本を探していたら、ヨゼフ・ウィルコンさんの絵本が目に留まりました。

『ミンケパットさんと小鳥たち』。

久しぶりに読んでみました。
美しい絵に素敵な物語の絵本です。

e0152493_20224850.jpg


わたしの日記で何度か取りあげている絵本ですが、いつ見てもいいなって思います。
作者は、ウルスラ・ジェナジーノさん。いつも絵の作家さんだけしか紹介しないことが多いわたしには、作者を紹介するのは珍しいことかもしれません。

絵を描いたヨゼフ・ウィルコンさんはポーランドの人。大好きでいろいろな絵本を持っていますが、翻訳された中ではこの絵本がとっても好きです。

e0152493_20224816.jpg


主人公のミンケパットさんの静かなやさしさ。見習いたいです。

e0152493_20224979.jpg

e0152493_20225066.jpg



ふと、この本の「そで」を見ると、いわさきちひろさんの息子の松本猛さんが言葉を寄せていました。わたしも松本猛さんと同じようにミンケパットさんがピアノを弾いているページが好きです。

私が高校生だったころ、母(いわさきちひろ)の本棚にこの絵本があった。ドイツ語はわからなかったが、ウィルコンの絵を見ていると、ミンケパットさんの心情はもとより、小鳥のさえずりや戸外の寒さまでが伝わっできた。
丸い黒縁めがねのミンケパットさんが、背中を丸めてアップライトのピアノを弾いている場面はとくに好きだった。窓辺で耳を済ます小鳥と同じように、私もこの部屋を何回眺めたことだろう。
「ことりのくるひ」という母の絵本は、この絵本がヒントになったのだと思う。母もまたウィルコンの絵にひそむ詩情と、優しさとそこはかとないユーモアを愛していた。


いわさきちひろさんの『ことりのくるひ』は、とってもかわいくて大好きな絵本です。持っているので探してみましたが見つかりません。

Twitterで買ったときのことを書いましたので引用します。

2015年3月29日
東京上井草のちひろ美術館。ちひろさんの絵もやさしくて、やさしすぎて、涙ぐみそうになります。久しぶりに手にいれたちひろさんの絵本。
e0152493_22030769.jpg


『ことりのくるひ』は、どこかにしまってあるはずなので、さがして、ゆっくりみたいです。

by momokororos | 2017-03-07 22:22 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

宮沢賢治さんの『シグナルとシグナレス』〜腕木信号機の恋物語

宮沢賢治さんの『シグナルとシグナレス』。

e0152493_20365283.jpg


荒井良二さんの絵の『シグナルとシグナレス』は、ずっと前になにかの絵本の雑誌に載っていたのを見て、ほしいなって思っていた1冊でしたが、目白の絵本の貝の小鳥さんで見かけました。

e0152493_20365285.jpg



シグナルは、本線(東北本線)の信号機、シグナレスは、軽便鉄道(岩手軽便鉄道)の小さな信号機。

e0152493_20365371.jpg


シグナルはシグナレスに恋をしたのです。


「カタン」
 うしろの方のしずかな空で、いきなり音がしましたのでシグナレスは急いでそっちをふり向むきました。ずうっと積れた黒い枕木の向こうに、あの立派な本線のシグナル柱が、今はるかの南から、かがやく白けむりをあげてやって来る列車を迎えるために、その上の硬い腕を下げたところでした。
「お早う今朝は暖かですね」本線のシグナル柱は、キチンと兵隊のように立ちながら、いやにまじめくさってあいさつしました。
「お早うございます」シグナレスはふし目になって、声を落して答えました。
「若さま、いけません。これからはあんなものにやたらに声を、おかけなさらないようにねがいます」本線のシグナルに夜電気を送る太い電信柱がさももったいぶって申しました。
 本線のシグナルはきまり悪わるそうに、もじもじしてだまってしまいました。気の弱いシグナレスはまるでもう消てしまうか飛んでしまうかしたいと思いました。けれどもどうにもしかたがありませんでしたから、やっぱりじっと立っていたのです。
[宮沢賢治、『シグナルとシグナレス』より]

e0152493_21301659.jpg


「硬い腕」は、昔の鉄道の線路のそばにある腕木式信号機のことで、腕木が水平だと、列車へ赤信号(停止)、斜め下だと青信号(進行)です。

恋するシグナルはこう言います。

「シグナレスさん、どうかまじめで聞いて下さい。僕あなたの為なら、次の十時の汽車が来る時腕を下げないで、じっと頑張り通してでも見せますよ」

e0152493_21301737.jpg


電信柱や倉庫が恋の邪魔をするなか、シグナルとシグナレスの恋は、どうなるでしょうか。

e0152493_21301807.jpg


まるで『スースーとネルネル』の絵本を彷彿させるようなイラストです。


このシグナルとシグナレスの、腕木式信号機。現存するのは、津軽鉄道の津軽五所川原駅と津軽金木駅にあるだけだそうです。
五所川原の立佞武多(たちねぷた)は大好きなお祭りの1つで、たまに訪れているですが、腕木式信号機がここにしかないとは知りませんでした。今度行くときにはぜひ見てみたいものです。

すでに廃止されている南部縦貫鉄道の七戸駅にも腕木式信号機が残されているみたいです。
南部縦貫鉄道は、かなり前に青森を訪れたときに見にいったら、倉庫に案内してもらいエンジンまでかけてくれた思い出があります。新幹線が青森まで延長されるときに復活を期待していたのですが復活ならずでした。

Twitterに書いた南部縦貫鉄道のことです。

2014年8月4日
青森七戸。もう13、4年くらい前だけど、七戸にある南部縦貫鉄道の営業所を訪ねて車庫の中のレールバスを見せてもらったことがありました。かわいい電車です。すでに廃止された路線なのですが、大事に整備されていてエンジンもかけてくれました。
e0152493_21301823.jpg


2014年8月4日
青森。十和田湖畔の高村光太郎さんの彫刻も、七戸の南部縦貫鉄道の車庫に展示されているレールバスを見にいくのも次の機会にして、八戸経由で再び青森方面へ。


このときは東北新幹線の七戸十和田駅かは十和田市現代美術館に行っていて、七戸の町中をバスで通っていたのにもかかわらず寄らずじまいでした。
南部縦貫鉄道は、レールバスと言われるワンマンのバスの車体を利用したディーゼル車です。
今は土日に公開されています。今度行くときには、南部縦貫鉄道の車両も腕木信号機も見に寄りたいものです。

by momokororos | 2017-03-06 22:15 | 絵本 | Trackback(183) | Comments(0)

お花の写真〜青山と中目黒で手にいれたお花の本

昨日は、御徒町の2k540に寄ってから表参道へでました。

雑貨のdoux dimancheさん。
お店の窓の外やお店の中にいろいろな花があって、雑貨をみる前にお花の名前を聞いて教えてもらうことが多いです。
昨晩も店内の白いお花を教えてもらいました。ブルーレースフラワーという名前だそうです。ウコギ科のお花ので、和名は、ソライロレースソウ。
お店のスタッフさんはスカビオサかもと言っていて、わたしはマツムシソウににているかなと言っていたのですが、スカビオサとマツムシソウは同じお花でした。

お店では、パリのお花の本を手にいれました。

e0152493_12494237.jpg


doux dimancheさんをあとにしたのは19時15分くらい。20時までのお店が多いのでどこへ行くにも微妙な時間で行き先に迷います。

結局、渋谷にでて、小さなバスで中目黒の青葉台へ出て東山のdessinさんへ。
20時を過ぎていましたが、お客さんがまだいたのでお店に入りました。

美しいお花や葉っぱの押し花の写真集を見つけました。

e0152493_12494320.jpg


美しい写真です。

e0152493_12494301.jpg

e0152493_12494455.jpg

e0152493_12494464.jpg

e0152493_12494581.jpg

e0152493_12494630.jpg



フランスの雑誌の中の美しい葉っぱの写真集や、透明感ある押し花の写真集を手にいれて紹介していますが、そちらの写真集もdessinさんで手にいれています。

「アートなお花の雑誌〜フランスの『BLOOM』」〜2017年 1月 29日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25255265/

「素敵な押し花〜『テロメア』の写真集」〜2016年 9月 29日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24689172/

by momokororos | 2017-03-05 19:15 | | Trackback | Comments(0)

御徒町の2k540〜ものづくりがテーマの商業施設

今日は夕方からお出かけして、御徒町の2k540を訪れました。
2k540は、JRの高架下にあるものづくりをテーマとした商業施設で、去年の秋に行って以来です。御徒町と秋葉原の中間にある2k540は、銀座線の末広町からも近いです。

e0152493_18351196.jpg


2k540の中に手ぬぐいのにじゆらさんができていました。

e0152493_18351259.jpg


にじゆらさんは始め店舗をもっていなくて、大阪の雑貨屋さんに手ぬぐいを置いて素敵だなって思っていました。その後、大阪の中崎町に店舗を構え、京都の三条通りにもお店をだしたところまでは知っていましたが、東京にもお店ができていたのですね。
お店には、かわいい子ども向けの甚平がありました。


高取焼の鬼丸雪山窯さん。

e0152493_18351251.jpg


久しぶりに高取焼のお店をのぞいてみたのですが、残念ながらほしいうつわはありませんでした。
高取焼は、昨年の秋に神戸栄町のlottaさんで素晴らしいうつわに出会っていて、その次の日に姫路の陶器市でも素敵なうつわに出会っています。また素敵なうつわに出逢えるとうれしいです。


日本百貨店さん。

e0152493_18351357.jpg


日本百貨店さんでは、素敵なものを見つけました。贈り物にしたので紹介はしませんが伝統があるものはいいです。

2k540をあとにして蔵前に歩こうか迷ったのですが、末広町から銀座線で表参道へ向かいました。

by momokororos | 2017-03-04 23:01 | 雑貨 | Trackback | Comments(0)

『はくぶつかんヘいく トップとタップ』〜ヴォイチェフ・クバシュタさんのポップアップ絵本

今日は仕事が早く終われば金沢か京都に行こうと思っていましたが、結局早く終わらず行くことは諦め、学芸大学の流浪堂さんへ。

お店では、久しぶりにヴォイチェフ・クバシュタさんのポップアップ絵本を見つけました。

『はくぶつかんヘいく トップとタップ』。

e0152493_23431940.jpg



e0152493_23432049.jpg


ポップアップ絵本はやっぱり素敵だなって思います。

男の子がくわえられています。

e0152493_23432120.jpg


たくさんの恐竜がいて楽しそうです。

e0152493_23432172.jpg

e0152493_23432217.jpg


この絵本はお店で面陳されていたのですが気づかず、こんなのあるよと教えてもらいました。
珍しい形のポップアップ絵本で、初めてみました。何冊かシリーズになっているみたいです。まだまだ知らないクバシュタさんの絵本があります。

金沢や京都に行けませんでしたが、いつも素敵な本と出会える流浪堂さんはすごいなって思います。

by momokororos | 2017-03-03 23:45 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

雨の絵本を楽しむ〜ユリー・シュルヴィッツさん

今日は昼過ぎから雨。

家に帰ってから、雨の絵本を楽しもうかなと思い、持っている絵本に思いをめぐらせてみました。

太田大八さん、カーラ・カスキンさん、ピーター・スピアさん、佐野洋子さんといろいろな雨の絵本が思い浮かんできますが、今の気持ちにしっくりきません。
思い当たったのが、ユリー・シュルヴィッツさんの『あめのひ』の絵本。

e0152493_22203734.jpg


前にも、「雨の絵本」の日記の中に紹介していますが、いま一度ページをめくってみると、やはり素晴らしい絵本です。
重複しますが紹介します。

e0152493_22203858.jpg


あめが ふりだした
ほら きこえる

なんて素敵な出だしでしょう。


e0152493_22203813.jpg


まどに ぴしゃぴしゃ


e0152493_22203932.jpg


やねに ばらばら

訳者は誰?と思いました。
矢川澄子さんでした。
原文が気になります。


e0152493_22203917.jpg


まちじゅう すっぽり あめ あめ

やはりこの雨の街の風景は素敵です。


e0152493_22204014.jpg


言葉少ない絵本ですが、美しい絵が饒舌に語りかけてきます。

外は雨はあがりましたが、絵本のなかの雨の風景に想いをもっていかれています。


「雨の絵本」〜2015年 1月 30日の日記
http://momokoros.exblog.jp/22769192/

by momokororos | 2017-03-02 22:37 | 絵本 | Trackback | Comments(0)