人気ブログランキング |

カテゴリ:グルメ( 260 )

ひねぽんに焼き鳥〜姫路美味しいもの

石川県のかほく市で西田幾多郎記念哲学館をみたあとに、特急サンダーバードで京都方面へ。

京都や大阪で予定が入るかもしれなかったのですが予定ははいらず。
どこで降りようか迷いましたが、紅葉の旬の時期の京都や大阪、神戸の泊まるところはかなり高く手がでません。待っていれば好きなところが空くこともあるのですが今回は諦め、新大阪で新快速に乗り換えて姫路へ。

金沢から姫路まではそんなに遠くないと思うのですが、金沢からの電車の移動時間でだけで4時間。サンダーバードから新快速に乗り換えがあるので気分転換になっているのかもしれません。


姫路では、おひさまゆうびん舎さんを訪れて、絵本や本の話しをして、夏葉社さんの本を手にいれました。

夜は、姫路駅近くの居酒屋へ。
点いていると思った、姫路アーケードのイルミネーションのヒメナリエ点灯されていなかったです。姫路城のプロジェクションマッピングが開催されているみたいでアーケードはその帰りらしき人がたくさんでした。

前に入って美味しかったお店は残念ながらお休み。近くの居酒屋へ。こちらも前に入ったことのあるお店です。

ひねぽん、たこわさからいただきます。

e0152493_18051877.jpg
e0152493_18001882.jpg

ひねぽんは、年老いた雌の鶏を炙ってポン酢で和えたものです。かなり硬いですが、ポン酢と噛みしめる味が美味しくてビールによく合います。わたしは姫路でしかお目にかかったことがないのですが、姫路ではいろんなお店のひねぽんをいただいています。

写真は撮りませんでしたが、サラダはかなりボリューミーで、焼き鳥は美味しかったです。姫路は焼き鳥がおいしいところが多いかなという印象です。地酒は、奥播磨純米吟醸をいただいています。


本屋さんのことや絵本のこと、お店のこと、将来のことなどを話していて、あっという間に時間が過ぎました。



by momokororos | 2019-11-26 22:29 | グルメ | Trackback

金沢冬の味覚堪能〜北陸海の幸

久しぶりに金沢へ。

関西経由で金沢に行くか金沢経由で関西に行くかを最後まで迷い、東京駅でいったん東海道新幹線で関西へ行く切符を買ったものの、金沢に行く北陸新幹線経由で関西に行く東京に舞いもどる切符に買いなおし、金沢に向かいました。

金沢は9月に訪れているのですが、金沢に降りたって、寒くなった金沢に感慨深いものを感じました。
10月の末に金沢に行きたいと思っていたのですが、ズワイガニの解禁がまだなので我慢していました。過去に解禁前直前に訪れていて何度か残念な思いをしています。

金沢の繁華街の片町にでて、美味しいものをいただきました。

香箱ガニ。


e0152493_15562479.jpg


雌のズワイガニですが、カニの身と内子と外子に蟹味噌が甲羅に盛られており、とっても美味しくもあり、美しくもあります。

雄のズワイガニのあるのですが、いっぱいウン万円もするので、一人では到底手がだせません。

タグがついている生きているカニを仕入れています。

e0152493_17441462.png

蟹味噌を少しだけいただきました。濃厚な味です。


お刺身のお造りに、白子の石焼き。


e0152493_15574798.jpg
e0152493_15584598.jpg


その日とれた寒ブリは弾力があって美味しいです。


あわせた地酒は、宗玄の純米吟醸と、名前は忘れてしまいましたが、もうすこしガツンとくる地酒、そしてこちらも銘柄忘れましたが、にごりの地酒をいただきました。

最近、美味しいものをとんと食べていなかったので、美味しいものをゆっくりいただく至福の時間を堪能しました。





by momokororos | 2019-11-24 10:49 | グルメ | Trackback | Comments(0)

神戸中山手通のカフェでひとやすみ

神戸元町。
京都の御室仁和寺の特別公開に訪れていたのですが、晴れて暑くて熱射病気味。
阪急電車で水無瀬の長谷川書店さんに少し寄ってから神戸元町へ。
中山手通りの カフェの toiroさんで一休み。

お店のテーブルは満席で、わたしは2席あるカウンターへ。
少し時間かかります、と店長さんから言われましたが、どこに行くかの計画もない私なので、お店の忙しさが一段落してからで大丈夫ですと、答えました。

お月見パフェをいただきました。

e0152493_12315683.jpg

疲れた体に甘いもの、とってもおいしかったです。


店長さんは1人でお店を切り盛りされているのですが、自分の思いのまま傍若無人に振る舞うお客さんのことを話していました。
声高に騒いだり傍若無人に写メを撮ったりする人に対しては、他のお客さまに迷惑がかかるので店長さんは注意しているそうですが、あとでソーシャルメディアでお店のことを悪く書かれたりすることもあると話していました。

自分が思いこんでいるサービスを受けるのが当たり前と思っていたり、自分が考える価値観がどこにいても通用すると思っている人が多くなってきているように思います。

今回の旅で、別のお店の店長さんとも話していたことなのですが、欧米型のサービスがいいように解釈されている感もあるかなと私は思います。
また機械化やマニュアル化により、より早く効率的に対応できるようになった世界。効率化されていないところにも当たり前のように効率を求め、それが得られないと不機嫌になることが多くなってきている気がします。
こんなことがスタンダードとなり、それ以外が許容されない世の中になってしまうことに危惧します。

お客さんにとってもお店にとってもいい空間になるといいなと思います。


テーブルのお客さんがみんなひけて静かな空間になりました。そのあと常連さんが1人来て3人でしばしお話ししていました。
お店は19時までですが、鯉川筋のファビュラスオールドブックさんに寄ろうと思い、19時前にお店をあとにしました。



by momokororos | 2019-09-19 22:16 | グルメ | Trackback | Comments(0)

煮穴子と焼穴子〜姫路美味しいもの

姫路。
駅から姫路城の方にのびるおみぞ筋のアーケードを歩きます。二階町のアーケードへぶつかりますが、二階町のアーケードの東側のお食事処を探索してみました。この前に姫路を訪れたときには、西側の西二階町のアーケードを探索しています。

ランチのお店をいくつか見つけましたが、姫路城に近いところのお店は1500円くらいの値段のお店が多かったです。観光客を見込んだ価格でしょうか。少し高いなあと思って入らずさらにお店を探していましたが、かなり暑い日で疲れてきました。どこでもいいやと飛びこみで入るか、前に入ったことのあるお店に入るか迷いましたが、疲れたうえにおいしくないお店には入りたくなかったので、姫路で美味しいと思っている、おみぞ筋の一楽さんでお昼をいただくことにしました。

煮穴子と焼穴子が入っているメニューがあったので頼みました。

e0152493_22382673.jpg

煮穴子が美味しいです。
どのお店で食べても、わたしは煮穴子のほうが好きです。

お刺身も天ぷらもついていてゴージャスで、1500円よりも高くなってしまいました。

e0152493_21023232.jpg

この前に姫路に来たときも、高いなあと見送ったお店が何軒もあったのですが、それより高いお昼を食べてしまってます。



by momokororos | 2019-09-17 22:50 | グルメ | Trackback | Comments(0)

北陸美味しい海の幸〜金沢

金沢。
昨日は東京も寒かったのですが、昨晩の金沢も寒かったです。金沢に入ってから、片町の街をブラブラとしました。金沢が好きだからかもしれませんが、街の匂いや吹く風に哀愁を感じます。こんなときに人恋しくなります。

前に入れなかった木倉町のお店をのぞいてみたのですが、食材がなくなって今日はおしまいと言われ残念でした。さらにいつのにまに予約が必要になっていましたが、そんなときにも応対が丁寧で好感がもてるお店です。前に満席だったときにも丁寧な応対をしていただいているので、ぜひ訪れて食したいお店です。

その夜は、片町伝馬のいつものお店でいただきました。

e0152493_14564053.jpg

e0152493_14564587.jpg

今日は、お天気ですがすがしい陽気でした。
お昼は、前に入った近江町市場のお寿司屋さんで食べようと思ったのですが、混んでいたので、向かいのエムザのお店でお昼をいただきました。

e0152493_14584378.jpg

e0152493_14585779.jpg

e0152493_14571553.jpg


北陸海の幸はいつ食べても美味しいです。




by momokororos | 2019-09-14 22:14 | グルメ | Trackback | Comments(0)

釜玉うどん〜旗の台美味しいもの

旗の台。
旗の台には用はないのですが、でら打ちさんのうどんをたまに食べにいきます。
先日、久しぶりに訪れてみると定休日。

その前に、でら打ちさんに行ったときに、近くに釜玉うどんのお店ができていました。
でら打ちさんに通っているので行くことないかもしれない、と思っていましたが、ちょうどでら打ちさんが定休日なので入ってみました。

攻力屋さん。
店内には、日本初の釜玉うどん専門店と書いてあります。

明太子釜玉うどんをいただきました。

e0152493_13543131.jpg

モチモチした感じから芯はかなり歯応えのあるうどんで美味しいです。
でら打ちさんもおいしいけど、こちらも美味しいのでたまにはいってみるのもいいかなと思いました。



by momokororos | 2019-09-04 22:11 | グルメ | Trackback | Comments(0)

漁師のおやつ〜富山の白えびとほたるいか

今日から3日間、富山の越中八尾のおわら風の盆です。

わたしの好きなお祭りで、京都祇園祭に次いで好きなお祭りです。

今年は行こうと思って、明日明後日と夏休みをとっていたのだけど、途中から行けない状況になり、おととい金曜の仕事帰りに日本橋室町(三越前)の日本橋とやま館に寄り、想いを馳せることにしました。

とやま館では、白えび燻製とほたるいかたまり干しを買いました。どちらも富山の名産で大好きです。

e0152493_11391879.jpg

e0152493_11410137.jpg

こちら高級感あるパッケージに作られているのですが、名前が「漁師のおやつ」というネーミングで食欲もそそります。


おわら風の盆は、八尾の駅から30分くらい歩きます。それにもかかわらず高齢の方がたくさん見にきます。わたしが訪れたことのある祭りの中で、見にきている人がお年をめした方が一番多いかなと思います。秘めやかな情熱に切なさも感じる魅力の祭りです。こういうことを書いていると想いがつのります。


おわら風の盆〜富山越中八尾
2017年9月1日の日記



by momokororos | 2019-09-01 22:13 | グルメ | Trackback | Comments(0)

噛むほどに味わい深い牛タン〜仙台美味しいもの

仙台。
七夕まつりを見たあとに、駅ビルで牛タンを食べていました。
駅ビルは、地下1階から3階まで牛タンのお店がたくさんあります。
3階は新幹線の改札があり、牛タン通りなるものがありますが、混んでいて並んでいることが多いので、私は地下のエスパルにある、伊達の牛たん本舗さんに行くことが多いです。

先日は、同じエスパルの地下にある、青葉亭さんで食べてみようかなと思い、お店に行ってみるも牛タンのメニューの多くが売り切れ。今回も伊達の牛たん本舗さんでいただくことにしました。

極厚芯たん定食。

e0152493_14463010.jpg


久しぶりに食べた牛タンは、噛むほどに味わい深くおいしいです。

おととし仙台を訪れたときも牛タンを食べていたと思っていたのですが、長蛇の列で食べるのを諦めていたみたいです。

伊達の牛たんさんは、東京駅のKITTEビルの地下で3年前に食べたのが、一番最近でした。このときも芯たん定食でした。

e0152493_14492200.jpg




by momokororos | 2019-08-12 22:39 | グルメ | Trackback | Comments(0)

日本海の海の幸と地酒〜秋田美味しいもの

秋田。
竿燈まつりを見ていたのですが、途中の20時半くらいにきりあげました。

お昼に秋田の美味しいものに日本酒も飲んで、さらにスイーツも食べたので、夜はコンビニで食べるものを買って祭りの余韻にひたりながらホテルでゆったりするのもいいかなと思っていたのですが、秋田のおいしいものを食べにいく気持ちがまさり、夜の街にでかけました。

去年も秋田に竿燈まつりの時期に秋田に来ていて、秋田駅の左手の大通りを越えた飲み屋が点在するエリアのお店に入っているのですが、今回は駅近くの雑居ビルの中の居酒屋さんの「とっぴんぱらりのぷ」さんへ。

変わった名前ですが、昔話や民話の最後に「とっぴんぱらりのぷぅ(とっぴんぱらりのぷ)」と使われることがあり、「おしまい」とか「めでたしめでたし」という意味です。秋田の方言みたいですね。
少し前に、姫路のおひさまゆうびん舎さんで、とっぴんぱらりのぷぅが載っている絵本の話しをしたことを思いだしました。


閑話休題。
お店の扉を開けると、予約は?と聞かれたので予約はしていないですと言ったら、店員さんが一旦奥に戻ったので、駄目かと思いましたが大丈夫でした。

靴を脱いで通された部屋は、囲炉裏を囲んだ掘りごたつがあるこじゃれた空間でした。
かなり大きな部屋で、ふたり席が7つほどあり、奥の席に男女の1組がいるだけで、その日は月曜ということもあったかと思いますが、閑散としていました。小心者なので、1人で入るお店ではなかったかな?と思いながら席に座ります。


つきだしです。

e0152493_09275737.jpg


シイタケ味噌、アスパラ豆腐、ガーリック海苔巻きと、お肉は比内地鶏だったと思います。ガーリック海苔巻きは小さなおにぎりで、お酒にあう感じの美味しさでした。

ビールは頼まずに、秋田の日本酒の雪の茅舎の純米吟醸からいただきました。お昼のときは、雪の茅舎の奥伝山廃をいただいています。

e0152493_09280972.jpg

純米吟醸の方が甘い感じでしょうか。
最初から、和らぎ水(チェイサー)として日本酒の仕込み水を持ってきてくれ、なくなると少し大きめのおちょこについでくれるのいいならと思いました。

お昼にも食べましたが、ハタハタ寿司を頼みます。

e0152493_09281960.jpg


大好きな一品で、何度食べても美味しいです。


お刺身の3点盛り。
カンパチ、黒ソイ、ヒラメ。

e0152493_09271783.jpg


お刺身にあわせた地酒は、秋田の山本のサンシャインイエローの純米吟醸。
酸味がさわやかで、お刺身の甘みが引き立ちます。

e0152493_09284347.jpg

焼き魚は、ノドグロとかキンメをいただきたかったのですが、あまりの値段の高さに手がでませんでした。茶テリ(メバル)をいただくことにしました。

お魚が焼けるまで、秋田の新政 No6 S-type.1390をちびちびといただきます。六号酵母をもちいて作るので、No6 とのこと。人気の地酒ということですが知りませんでした。

e0152493_09371798.jpg

甘みは少なく酸味たち単体で飲むのは酸味がありすぎかなと思いました。


茶テリです。

e0152493_09384516.jpg

焼けるまで30分くらいかかっています。
淡白なお魚なので、酸味がたつ地酒よりも、新たに頼んだ秋田の両関の花邑の純米が合いました。

e0152493_09385463.jpg

お会計をしたあとに、アオサとネギのおすましが出てきました。すでに半分飲んでしまっていますが、こんなおすましです。

e0152493_09374927.jpg


このおすましがおいしい。お酒を飲んだあとの体に絶妙な塩味でした。
お会計をしたあとにゆったりと味わうのも、至福の時間かもしれないなと思いました。


お店の空間の魅力、お料理の味、そして日本酒の品揃えは秀逸でしたが、接客がマニュアル的で知識もおぼつかず不慣れな感じでした。詳しい人から話しが聞けないのが残念でした。チェーン店ならそこまでは求めないのですが、お店のコンセプトからするともったいない感じです。

あとから入ってきたお客さんは5組。そのうち4組が予約の2人連れのお客さんでした。値段が高めということもあって年齢層は少し高めかもしれません。
2人もしくはグループで訪れる分についてはいいお店だと思います。1人飲みのときは、やはり素材や料理の知識な豊富な大将や女将さんと話しができる居酒屋、小料理屋かなと思いました。

美味しいけど、雰囲気はいいけど、やっぱり人で決まるかなと思います。
お店を出るときに、エレベーターまで見送ってくれた別のスタッフさんと少し話しをしましたが、また今度入ったときに期待したいところです。


人を一番に考えること
2018年3月9日の日記
https://momokoros.exblog.jp/27128211/

日本海おいしい海の幸〜秋田
2018年8月6日の日記

by momokororos | 2019-08-08 22:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)

稲庭うどんと郷土料理〜秋田美味しいもの

盛岡から秋田へ。
今年は角館の桜を見にこなかったので、1年ぶりの秋田です。

途中、秋田に向かう新幹線の中では、秋田の観光レディが来て、竿燈祭り、千秋公園の蓮のお花の説明に来ました。4、5人もついていて秋田のパンフレットをもらいました。初めての光景でした。
盛岡から秋田は秋田新幹線で近いように感じますが、カーブやトンネルの多い在来線の単線ですれ違いのための待ち時間もあり、秋田までは1時間半かかります。


盛岡でお昼を食べてこなかったので、まずはお昼をいただきます。

全国のうどんの中で一番好きな秋田の稲庭うどん。秋田ではいつも同じお店に入ってしまっているのですが、秋田駅近辺で好きな稲庭うどんのお店は2軒あります。
今日は、秋田県立美術館と同じ敷地にある寛文五年堂さんへ。いなにわ手綯(てない)うどんと書いてあります。何回か入っているお店ですが、今日は受け付けの紙に書いて待ちました。。去年も竿燈祭りのときに来ているのですがすんなり入れた記憶があります。もっと遅い時間に食べたかもです。

比内地鶏ざるうどんを、生麺でいただきました。

e0152493_14574592.jpg


生麺は初めていただきましたが、モチモチして美味しいです。比内地鶏は歯応えがあり噛めば噛むほど味わい深いです。

サイドメニューも魅力で、ハタハタ寿司と、かすべの甘露煮をいただきました。

ハタハタ寿司はいつもいただいているのですが、文句なく美味しいです。

e0152493_14532871.jpg


ハタハタ寿司を食べていたら、日本酒が飲みたくなりました。

かすべの甘露煮。かすべはエイのことで初めて食べます。鯨みたいな味がして好きな味でした。

e0152493_14534350.jpg


結局、日本酒をいただいています。
お昼から日本酒を飲むのは初めてのことです。
頼んだのは、雪の茅舎の奥伝山廃。かすかな甘みが漂い、酸味がありキレがいいです。美味しいかもです。ハタハタ寿司と一緒にいただくと、甘みがいっそう美味しく感じました。




by momokororos | 2019-08-05 20:41 | グルメ | Trackback | Comments(0)