人気ブログランキング |

カテゴリ:お花( 273 )

お花の鎌倉〜鎌倉の大巧寺

鎌倉の円覚寺の松嶺院をみたあとに、北鎌倉駅から鎌倉駅へ移ります。

駅からすぐの若宮大路沿いにあるお寺で、こちらもお花でいっぱいです。


紫陽花。

e0152493_15172346.jpg



「墨田の花火」という紫陽花です。

e0152493_15165256.jpg



一度調べて名前がわかったのですが、また忘れてしまったお花です。

e0152493_15180780.jpg


こちらも忘れてしまいました。

e0152493_15175903.jpg


ルリギク(瑠璃菊)。ストケシアです。

e0152493_15260637.jpg


ホトトギス(杜鵑草)。

e0152493_15202845.jpg


小海老草(コエビソウ)。

e0152493_15202690.jpg


金糸梅(キンシバイ)。

e0152493_12330665.jpg


こちらも金糸梅だと思います。

e0152493_16324883.jpg


大巧寺を訪れたあとは、よく長谷の光則寺にまわることが多いのですが、今回はこちらの大巧寺でお花巡りはおわりにしました。


鎌倉には6月に行くことが多くて、1年のうちで一番訪れている月かもしれません。


by momokororos | 2019-07-01 22:36 | お花 | Trackback | Comments(0)

お花の鎌倉〜北鎌倉の円覚寺

先日鎌倉を訪れたときに、北鎌倉の円覚寺を訪れていました。

円覚寺にはいつも境内にある塔頭の松嶺院のお花を見に訪れます。

紫陽花は今が季節です。

e0152493_15092304.jpg


匂蠟梅(ニオイロウバイ)。甘い香りがします。

e0152493_15034161.jpg


鳴子百合(ナルコユリ)だと思いますが、甘野老(アマドコロ)との違いがあまりわかりません。宝鐸草(ホウチャクソウ)のお花も似ていますね。

e0152493_15034302.jpg


丁子草(チョウジソウ)にも似ていますが、わかりません。

e0152493_15064532.jpg


風露草(フウロソウ)。

e0152493_15072258.jpg


捩花(ネジバナ)も咲いていました。

e0152493_15065155.jpg


小坊主弟切(コボウズオトギリ)の実。ヒペリカムです。

e0152493_15105178.jpg


岩煙草のお花も見れるかなと思いましたが、少し時期が遅かったようです。


円覚寺の山門の足元の木の段はかなり高くて、跨ぐときはヨイショって感じです。

e0152493_11573396.jpg

ヨイショとまたぐ身体的行為によって、俗世と聖域の結界をいやがおうにも意識させられるかのようです。

この山門は、夏目漱石の『門』に出てきます。


山門を入ると、左右には大きな杉があって、高く空を遮っているために、路が急に暗くなった。その陰気な空気に触れた時、宗助は世の中と寺の中との区別を急に覚った。
[夏目漱石、『門』より]


円覚寺は、一番奥に黄梅院というお花の塔頭がありますが、今回は寄りませんでした。




by momokororos | 2019-06-30 14:10 | お花 | Trackback | Comments(0)

お花の鎌倉〜御成通りの雑貨屋さん

鎌倉。
久しぶりに鎌倉を訪れました。


御成通りの雑貨の葉っぱ小屋さん。

e0152493_11442427.jpg



久しぶりです。
「ブローチと…小さな物語」の展示が開催されていました。

e0152493_12412069.jpg

charan 山田亜衣さん、KiNNOiさん、hiish(イッシュ)さん、ninonさん、rain dance rain voiceさんの作品がされていました。

お店は2階にあるのですが、お店の入口前のエントランススペースにはお花がいっぱいです。

e0152493_11443322.jpg

e0152493_11443837.jpg


お店は入口から縦方向に机が置かれていて、奥に広く感じます。
店長さんと久しぶりにお話し。
雑貨の話しや飼いはじめたという2匹の猫ちゃんの話し、とほほな話しなど楽しくおしゃべり。店長さんとは似たところがあるので、話しが合います。

展示は23日の日曜までです。



by momokororos | 2019-06-16 12:44 | お花 | Trackback | Comments(0)

天赦園のお庭〜宇和島素敵なところ sanpo

愛媛宇和島。

鯛めしだけ食べて帰ることも考えていたのですが、駅の観光案内所に寄ってみました。宇和島の庭園と宇和島城のことを聞いてみたら、親切にバスの乗り場や系統などや、宇和島城のことを細かに教えていただけたので、庭園の天赦園と宇和島城に行ってみることにしました。旅するときにこんなことが行動を変えさせますね。


天赦園行きのまでバスに乗り、バス停からほど近い天赦園だったのですが、降りてからどちらに向かえばいいのかわからない。それらしき施設を目指して歩くと、入口に天赦園は煙草屋の裏です、という貼り紙があり間違いに気づきます。間違える人がたくさんなんですね。


天赦園の門を入ってすぐに花菖蒲が咲いていました。

e0152493_17424425.jpg


池のある庭園は素敵です。

e0152493_17424642.jpg

e0152493_17424885.jpg


池をまわりこむと、緑に覆われた橋がありました。

e0152493_17425066.jpg


なんとも魅力ある橋です。
お花の咲く時期にはこんな風になるそうです。

e0152493_17430374.jpg


こんなお花が少しだけ咲いていました。

e0152493_17432465.jpg


これから咲くのかなと思っていたのですが、帰りに再び駅の観光案内所で聞いてみたら、もう終わりなったということでした。

e0152493_17433830.jpg


天赦園のそばに、同じ名前の食事処があり、寄ってみたのですが、予約でいっぱいでした。残念。

e0152493_17433100.jpg


天赦園は素敵で、全国の庭園の中でもお気に入りの上位に入るかなと思いました。

天赦園をでて、ほど近いと思われる宇和島城へ向かいました。



by momokororos | 2019-06-09 10:27 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜紫陽花

お庭の紫陽花。

e0152493_13022253.jpg


こちらは鉢ものなので少し早く咲いています。

お庭の裏手に紫陽花を植えているのですが、もう少し先かなと思います。



by momokororos | 2019-05-09 22:22 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜苧環

苧環(オダマキ)のお花。
一輪だけだけど咲いていました。

e0152493_23393060.jpg

こちらは西洋苧環かしら。
蕾がいくつかあるので、次々に咲いてきそうです。





by momokororos | 2019-05-07 22:48 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜芍薬

芍薬(しゃくやく)のお花が咲きました。

e0152493_11352416.jpg


おととい木曜と火曜には蕾だったので、まだまだかなと思っていましたが、今日見ると咲いていました。

e0152493_11370168.jpg
e0152493_11383521.jpg


今年は肥料をやるなどの世話をしなかったせいか一輪しか咲きませんでした。

「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」の芍薬も牡丹も百合もみんな好きです。






by momokororos | 2019-05-04 11:55 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜ラベンダー

今日も、午前中雷鳴をとどろかせながら一時的に激しい雨でしたが、午後からは晴れました。

お庭のラベンダーも咲いてきました。


e0152493_11104566.jpg


むかしはあまり興味なかった、ラベンダーやサルビアも好きになっています。



by momokororos | 2019-05-02 22:20 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜マーガレット

昨日の雨もあがり今日はいったん晴れましたが、夕方からはまた雨でした。

お庭に咲くマーガレット。

e0152493_11120799.jpg

マーガレットとノースポールの違いがわからず、ノースポールかもしれませんが、明るいお花で大好きです。



by momokororos | 2019-05-01 22:19 | お花 | Trackback | Comments(0)

初夏のお庭のお花〜都忘れ

お花のお花。

今日は1日じゅう雨でしたが、初夏の風にそよぐ都忘れは爽やかな印象です。


e0152493_17531608.jpg


群生して咲いてくれます。

今日は雨なので、少し控えめに咲いている感じもします。気のせいかもしれません。




by momokororos | 2019-04-30 22:35 | お花 | Trackback | Comments(0)