カテゴリ:絵本( 352 )

わたしのお気にいり絵本50選(2018年)〜ベスト1位 - ベスト5位

わたしのお気にいりの絵本を久しぶりに紹介したいと思います。

2009年に「わたしのお気にいり絵本100選」を紹介して、好きな絵本を毎年紹介したいと思っていたのですが、なかなか紹介できずにいました。
去年、見てみたいというリクエストもあったので、年末からの部屋の本の片づけをしながら、好きな絵本を選んでいました。

気持ちにあう95冊の絵本から、50冊を絞りこんで、机に並べています。

e0152493_19385667.jpg

1位は、William Wondriska(ウィリアム・ワンドリスカ)さんの、『ALL MY BY SELF』です。この7、8年くらいずっと一番好きな絵本です。

e0152493_16312679.jpg

この絵本のことをブログで紹介しているかと思いましたが、紹介していませんでした。

ワンドリスカさんの子どもが主人公になっています。

「I can」で始まる1ページ目。

e0152493_19085987.jpg

自慢げにみえる彼女もまたいいです。

なにができるのかというと、

e0152493_19094713.jpg

バスに乗れちゃうんです。
ボールをはずませられます。
木のまわりをぐるぐるまわれちゃいます。

e0152493_19094948.jpg

そぉっと話せちゃいます。

e0152493_19095126.jpg

アルファベットを言えちゃいます。

e0152493_19095366.jpg

夢みることもできます。

e0152493_19095528.jpg

すごいなあ。
なんでもできちゃう、ちいさなことでもできちゃうと言えることに、きることってこんなにいっぱいあるのかと勇気をもらいます。

1963年に出版されているのですが、まったく古さを感じられない素敵な本です。昔の版の本はかなり高額でしたが、2009年に再販されて、ほとんど昔の版と形も印刷の色も変わらない形だったのがうれしかったです。


2位は、
A. and M.Provensen(アリス&マーティン・プロベンセン)さんの『Karen's CURIOSITY』です。

e0152493_16314806.jpg

この絵本は2009年に書いた、絵本100選のときにも3位にあげているのですが、何度見ても可愛いです。

e0152493_19463247.jpg

ページをめくると、ネコちゃんでした。

e0152493_19463792.jpg

e0152493_19463915.jpg

めくると、ワンちゃんでした。

e0152493_19464185.jpg

前にこちらで紹介しています。

かわいすぎです〜海外の絵本
009年2月14日の日記


3位は、
レオ・レオニさんの『じぶんだけのいろ』。

e0152493_16321373.jpg

レオ・レオニさんの絵本は、お気にい
の絵本50冊の中にもう1冊はいっているのですが、前よりもレオ・レオニさんの絵本を素敵に感じています。今回の絵本のセレクトは、前に選んだよりも絵本の話しの内容に踏みこんだ選びかたをしているかなと思います。色遣いもきれいなこの絵本に魅力を感じます。

e0152493_20225133.jpg
e0152493_20225490.jpg
e0152493_20225754.jpg
e0152493_20230164.jpg

説明的でないし、説得的でもない。文字がなくてもわかるところが魅力的です。


4位は、
RosaLind Welcher(ロザリンド・ウェルチャー)さんの『Do You Believe in Magic? 』。

e0152493_16340983.jpg

こちらも、2009年に書いた、絵本100選のときには4位でした。いまも魅力です。

魅力はこの表紙の絵ではなく、中身のシンプルな線と色遣いの絵がとってもかわいらしいです。

e0152493_18504596.jpg
e0152493_18504715.jpg
e0152493_18505031.jpg

これだけで想いや気持ちが伝わります。

前に紹介した日記です。

かわいい絵本〜Do You Believe in Magic?
2009年2月28日の日記

かわいらしい天使さん〜ロザリンド・ウェルチャーさんの絵本
2009年12月12日の日記

この絵本も可愛いですが、ウェルチャーさんの他の絵本も可愛いです。


5位は、
ジャクリーヌ・デュエムさんの『GRAIN-D'AILE』。

e0152493_16342965.jpg

日本語邦訳版タイトルは『わたげちゃん』。フランス語の GRAIN-D'AILE は、「とってもかるい」という意味で、「わたげちゃん」とはまた素敵なタイトルつけました。

e0152493_20292305.jpg

日本語版は貸していて、いま手元にないので、フランス語版から紹介します。

e0152493_18555605.jpg
e0152493_18555949.jpg
e0152493_18560194.jpg
e0152493_18560362.jpg

ジャクリーヌ・デュエムさんの色遣いは素晴らしいんです。

『わたげちゃん』は、前にこちらの日記で紹介しています。

『わたげちゃん』〜ジャクリーヌ・デュエムさんの絵本
2015年3月22日の日記


前に書いた、2009年の絵本100選の日記はこちらです。

わたしのお気にいり絵本100選(其の一)~best 5
http://momokoros.exblog.jp/10971342/
わたしのお気にいり絵本100選(其の二)~best 6-30
http://momokoros.exblog.jp/10999411/
わたしのお気にいり絵本100選(其の三)~best 31-60
http://momokoros.exblog.jp/11059142/
わたしのお気にいり絵本100選(其の四)~best 61-80
http://momokoros.exblog.jp/11117193/
わたしのお気にいり絵本100選(其の五)~best 81-100


by momokororos | 2018-01-03 20:38 | 絵本 | Comments(0)

魅力のハンガリー絵本〜レイク・カーロイさん

高円寺のるすばんばんするかいしゃさんでは、ペンギンの写真絵本以外にも素敵な海外の絵本を手にいれています。

ハンガリーのレイク・カーロイさんの図集です。

e0152493_10542455.jpg

いろんなテイストの絵が描かれています。

ピカソさんの絵を彷彿させます。

e0152493_10555241.jpg

こちらは、ビアズリーさんの作風を感じます。

e0152493_10562432.jpg

ジャン・コクトーさんを思いおこします。

e0152493_10572275.jpg

ヴュルツ・アダムさんの絵に似ています。

e0152493_10580205.jpg

ヴェルナー・クレムケさんの絵みたいです。

e0152493_10590200.jpg

もちろんカーロイさんらしい絵もあります。

e0152493_10592807.jpg


最初、福岡のピクニカさんで手にいれて持っているかなと思っていたのですが、レイク・カーロイさんの違う図集でした。ピクニカさんで手にいれたカーロイさんの図集です。

e0152493_21284786.jpg
e0152493_21290905.jpg

福岡の雑貨屋さん〜六本松・大名
2014年12月29日の日記

レイク・カーロイさんの絵本はいろんなところで見かけているのですが、あと持っている絵本は2冊だけでした。色遣いが大好きな作家さんなのですが、あまり手にいれていないのが不思議です。

e0152493_11464983.jpg
e0152493_11465390.jpg


こちらの絵本は、レイク・カーロイさんの絵本だと思いこんでいてレイク・カーロイさんの絵本で並べていたのですが、改めてみると、ヴィルツ・アダムさんの絵本でした。

e0152493_11485041.jpg







by momokororos | 2017-12-31 11:52 | 絵本 | Comments(0)

かわいいペンギンの絵本や写真集〜神保町・高円寺

昨日は神保町に出ていたのですが、神保町をあとにして高円寺へ。

高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさんへ。

店長さんに、ペンギンの絵本ない?と聞いたら、ペンギンの写真絵本をだしてきてくれました。これがまたかわいいんです。

e0152493_08314427.jpg

ペンギンの赤ちゃんが産まれる話しです。

e0152493_11042895.jpg

るすばんばんするかいしゃさんは、いつもは絵本の売り場は2階で、1階はギャラリースペースになっているのですが、しばらく1階が絵本の売り場になっています。

e0152493_20510897.jpg
e0152493_20531972.jpg
2階より絵本が少なくすぐに見終わったような気がするのですが、実はみていない絵本がたくさんです。ペンギンの写真絵本も見ていなかった本の1冊です。


実は、高円寺に行く前の神保町の三省堂書店さんで、ペンギンの絵本や写真集を見つけて手にいれていました。

始め、『どのこかな?』の絵本を三省堂書店さんの6階の絵本フロアで見つけて、お友達の子どもにペンギン大好きな男の子にがいるので、あげたら喜ぶだろうなと思って手にいれました。

e0152493_08321120.jpg

4階の写真フロアではペンギンコーナーがあり、『365まいにちペンギン』を見つけました。

e0152493_08324082.jpg

すごいペンギンだらけです。

e0152493_11044544.jpg


5階の理工学フロアの動物コーナーでは『動物たちの物語』の写真見つけています。

e0152493_08324307.jpg

いろんな動物が載っていて、凄惨な、またグロテスクな写真もありますが、すごい写真の数々です。

e0152493_11080400.jpg

[ロザムント・キッドマン・コックス著、片山美佳子 訳、『写真家だけが知っている 動物たちの物語』より、リンク・ガスキング撮影写真]

精一杯、小さな羽を広げて、カモメから雛を守ろうとする大人のペンギンは感動的です。

この写真集には、ペンギンの写真が5枚も収められています。それだけペンギンには魅力があふれているからなのでしょうか。

ペンギン大好きな男の子は、ペンギンの絵本や写真喜んでくれるかな。
これらの絵本や写真をみて、池袋のサンシャイン水族館の「天空のペンギン」「草原のペンギン」を見にいきたくなりました。


昨日の神保町の日記↓
焼きそば専門店〜神保町






by momokororos | 2017-12-30 11:36 | 絵本 | Comments(0)

クリスマスの絵本〜お部屋の絵本より

お部屋にある絵本の中から、クリスマスの絵本を集めてみました。

e0152493_22405308.jpg

意外に少なかったです。
また紹介したいですが、一番好きなのは、ロジャー・デュボアザンさんの絵本。上から2番目の薄い冊子です。絵本というか、百貨店で配られたおもちゃの冊子です。
ちなみに一番上は、メアリー・チャルマーズさんのかわいいクリスマス絵本です。邦訳版も出ています。翻訳版は大きな絵本になっています。


by momokororos | 2017-10-24 22:42 | 絵本 | Comments(0)

絵本やお店の魅力、そして絵本への想い

今日は雨降りで寒い寒い1日でした。

高円寺のるすばんばんするかいしゃさんへ行って、店内をあったかくしてもらい、ゆっくり絵本談義してました。

お店の絵本を見るかたわら、絵本作家の出口かずみさんや、なかむらまふねさんに、きくちちきさんの話しや、絵本やお店の魅力、絵本への想いなどの話しをしていました。

今日は持ちあわせはほとんどなかったのですが、プレゼントしたいなって思う絵本が見つけられました。うれしかったです。
絵本をプレゼントしてから、絵本の写真をアップしたいと思います。

るすばんばんするかいしゃさんでは、明日10/20金曜から11/12日曜まで、花松あゆみさんの個展「voyage」を開催されます。花松あゆみさんの展示は、以前もるすばんばんするかいしゃさんや、西荻窪のFALLさんで開催されていて見にいっています。

すこしだけですが、花松さんのことを書いています。

牧野記念庭園記念館〜牧野富太郎さん
2017年5月30日の日記



by momokororos | 2017-10-19 22:18 | 絵本 | Comments(0)

絵本屋さんから絵本屋さんへ

神保町にでていた日。お昼を食べたあとは、Book Houseさんへ。


いったん閉店したのですが、カフェを併設して再びお店をオープンしました。
大好きな新刊の絵本屋さんだったのでよかったです。

神保町をあとにして表参道へ。
青山のクレヨンハウスさん。


こちらも大好きな新刊絵本屋さんです。

きくちちきさんの原画展が開催されていました。

子どものいる絵本好きな人にあげる絵本を選ぶのは楽しいです。



by momokororos | 2017-10-03 22:23 | 絵本 | Comments(0)

オルガ・チェホヴァーさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と紙」の展示

高円寺のるすばんばんするかいしゃさんでの「チェコを綴じる印刷と紙」の展示を見にいっていた先日。

e0152493_05271102.jpg

お店には3時間くらいもいて、お店のおふたりとチェコの絵本を見ていました。よくぞ飽きないものだなってわれながら思います。

かなり昔ですが、チェコの絵本にはまりました。始めはヨゼフ・パレチェクさんでした。その当時、大阪茶屋町にあった雑貨のprickleさんで、ヨゼフ・パレチェクさんの『イグナツとちょうちょ』を見つけました。
そのあと、ヨゼフ・パレチェクさんの他の絵本を探しに、その当時神戸栄町にあったチェドックさんに行くようになりました。
いったんチェコに飽きた時期もありましたが、最近再びチェコの絵本好いています。

昨日は、オタ・ヤネチェクさんの絵本を紹介しましたが、今日はもう1冊の手にいれた絵本のオルガ・チェホヴァーさんの絵本を紹介します。

オルガ・チェホヴァーさんは、この前、浅草にあるチェドックさんでも見ていた作家さん。
店長さんから、るすばんさんにも何冊か持っていったと聞いて、るすばんさんで見てみようと思っていました。

3冊見ていたのですが、そのうちの1冊を手にいれました。


こちらもチェホヴァーさんとは気がつかない表紙です。



こんなかわいい挿絵が全ページに入っています。


やっぱり、チェホヴァーさんの絵は魅力的です。



「素敵な色のチェコの絵本〜オルガ・チェホヴァーさん(其の一)」
2016年8月25日の日記

「素敵な色のチェコの絵本〜オルガ・チェホヴァーさん(其の二)」
2016年10月9日の日記


by momokororos | 2017-09-22 22:10 | 絵本 | Comments(0)

オタ・ヤネチェクさんの絵本〜「チェコを綴じる印刷と紙」の展示

先日、浅草のチェドックさんを訪れましたが、チェドックさんのチェコの絵本が、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに並べられています。

「チェコを綴じる印刷と紙」の展示です。

e0152493_05422272.jpg

好きな、オタ・ヤネチェクさんと、オルガ・チェホヴァーさんの絵本を手に入れました。

今日はオタ・ヤネチェクさんの絵本を紹介します。

e0152493_05381269.jpg

オタ・ヤネチェクさんの絵は特徴的で見るとわかるようなイラストが多いのですが、この絵本の表紙はオタ・ヤネチェクさんの絵には見えないです。

中身を見ると、オタ・ヤネチェクさんの世界が広がります。

e0152493_05385753.jpg

e0152493_05385960.jpg
e0152493_05390181.jpg

e0152493_05390360.jpg

かわいいです。

オタ・ヤネチェクさんは、可愛い鳥の絵が多いです。

展示は、10/15日曜までです。


「東京下町回遊〜東京グルグル(其の二)」
2017年9月16日の日記

「かわいい小鳥の絵本〜オタ・ヤネチェクさんの絵本(其の二)
>2014年1月9日の日記

「かわいい小鳥の絵本〜オタ・ヤネチェクさんの絵本(其の一)
2013年12月26日の日記


by momokororos | 2017-09-21 22:02 | 絵本 | Comments(0)

お気にいりの絵本の本棚の入れ替え


週末は天気がよかったのですが、どこにも出かけず、家のお片づけをしていました。


日曜になって部屋の本の整理に手をつけることができました。
絵本を作家別に整理しなおしながら、机のそばのお気にいりの絵本の本棚の中身の絵本を大幅に入れ替えました。

e0152493_19550813.jpg

入れ替える前の本棚の絵本はこんなでした。
e0152493_20042531.jpg
本棚にあった、バーバラ・クーニーさん、カーラ・カスキンさん、メアリー・チャルマーズさん、エスター・アベリルさんなどの絵本を別の本棚に移し、前よりも多彩な作家の絵本が並びました。

この本棚に新しく入った絵本作家さんは、ビュルツ・アダムさん、オルガ・チェホヴァーさん、イジー・トゥルンカさん、ダーロイ・イプカーさん、ジェラルド・ローズさん、カウフマンさん、ジョルジュ・レホツキーさん、エマニュエル・ルザッティさん、フランソワーズさん、高橋和枝さん、写真のイーラさん、こうのあおいさん、五味太郎さんなどです。

ずっと見慣れていた風景が変わり、かなり違和感ありますが、慣れてくるのでしょうか。


「お部屋の本棚整理中(其の二)」〜

「絵本の本棚」〜2009年8月1日の日記
http://momokoros.exblog.jp/10755668/


by momokororos | 2017-09-11 22:05 | 絵本 | Comments(0)

とっても可愛いジャクリーヌ・デュエムさんの絵本〜『L'enfant qui ne voulait pas grandir』

学芸大学の流浪堂さん。
私のジャクリーヌ・デュエムさん好きなことを知っていて、自らもデュエムさん好き。
ジャクリーヌ・デュエムさんの絵本が手に入っていることを教えてもいました。

『L'enfant qui ne voulait pas grandir』の絵本です。

e0152493_11500214.jpg

見開きから可愛いです。

e0152493_11510142.jpg

前に紹介した『GRAN-D'AILE』、邦題『わたげちゃん』の絵本が1977年、こちらの絵本が1980年の絵本です。

『わたげちゃん』〜ジャクリーヌ・デュエムさんの絵本
〜2015年3月22日の日記

『わたげちゃん』の絵本の雰囲気と似ています。

e0152493_11514852.jpg

バーナーデット・ワッツさんの絵にも少し似ているかなとも思いました。

e0152493_11520153.jpg

色が魅力のジャクリーヌ・デュエムさんの絵本。

e0152493_11521380.jpg
e0152493_11522874.jpg
e0152493_11524709.jpg
e0152493_11535217.jpg
e0152493_11542589.jpg
e0152493_11562549.jpg
e0152493_18481557.jpg

絵はどのページもとっても可愛いです。


by momokororos | 2017-09-09 20:23 | 絵本 | Comments(0)