人気ブログランキング |

カテゴリ:絵本( 403 )

変わらない魅力の筆致〜田島征三さんの原画と絵本

このあいだ、東京神保町のブックハウスカフェさんの2階で、田島征三さんの展示が開催されていると教えてもらい見てみました。
2階のギャラリーは初めてでした。

すでに展示は終了しているのですが、田島征三さん『かぜがふくふく』発刊記念原画展。

『かぜがふくふく』の絵本の発売を記念しての展示でしたが、『かぜがふくふく』と『あめがふるふる』の絵本の原画が両方展示されていて、あめの絵本の方が気に入りました。

e0152493_18554780.jpg
e0152493_18562282.jpg


田島征三さんは、『やぎのしずか』の頃からダイナミックな描きかたは変わっていないです。

e0152493_18591385.jpg

e0152493_18571498.jpg


おたまじゃくしが押し寄せています。すごいです。圧倒的です。


前に手にいれた『ぼくおたまじゃくし』を思い出します。

『ぼく、おたまじゃくし?』〜田島征三さんの素敵な絵本
2019年1月19日の日記

e0152493_19130431.jpg


田島征三さんはスケールが大きいです。


田島征三さんの展示の帰りがけ、受付の人から新潟の十日町に、田島征三さんの美術館があることを教えてもらいました。
十日町は、北陸新幹線ができる前に金沢に行くときに、越後湯沢からほくほく線を走る特急はくたかで通った見覚えがある地名です。
廃校になった小学校を美術館にしたもので、いつか行ってみたいなと思いました。




by momokororos | 2019-12-10 22:36 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

何にでもなれるわたし〜バーバラ・クーニーさんの『わたしは生きてるさくらんぼ』

バーバラ・クーニーさん。
むかしは大好きでいろんな絵本を買ったり図書館で読んだりしていました。
いつしか興味は薄れて、クーニーさんのお部屋の本棚の隅の方にひっそりとたたずんでいる状態になっていました。

しばらく前からクーニーさんが好きという人と話しをしていて、『ちいちゃな女の子のうた ”わたしは生きてるさくらんぼ”』の絵本いいよね、と話しをしていて、いま一度その絵本を見ようと思ってお部屋を探してみましたが見つかりませんでした。図書館で読んでいただけだったようです。

そのことを話したら、絶版だったけど先頃復刊したということで、その絵本をプレゼントしてもらいました。

デルモア・シュワルツさんの文、バーバラ・クーニーさんの絵の『ちいちゃな女の子のうた ”わたしは生きてるさくらんぼ”』。

e0152493_11074604.jpg



色合いも文章も素敵な絵本です。


わたしは なりたいとおもったら
いつでも あたらしい なにかに なれるのよ。

e0152493_11315692.jpg




わたしは あかよ。

e0152493_11320470.jpg



わたしは 青なの。

e0152493_14374901.jpg



わたしは いつも わたしでしょう。

e0152493_11352968.jpg



わたしはわたしだけど、まいあさあたらしいものになるのよ、と謳います。


メアリー・ブレアさんの『わたしはとべる』を思いおこしました。



持っているバーバラ・クーニーさんの絵本です。

e0152493_14571563.jpg



少し前の本棚の整理のときにすぐに手にとれるところに並べました。
一番有名な『ルピナスさん』も持っていませんが、持っている絵本をまた読みかえしたいと思います。



バーバラ・クーニーさんの絵本〜クリスマスの絵本(其の五)
2013年12月15日の日記



by momokororos | 2019-12-07 22:30 | 絵本 | Trackback(53) | Comments(0)

エリック・カールさんのじゃばら絵本〜数の絵本

神戸では、鯉川筋のファビュラスオールドブックさんにも寄っていて素敵な絵本を見ていました。

9月にファビュラスさんを訪れたときに見せてもらっていた絵本なのですが、今回も見せてもらい手にいれました。

エリック・カールさんの『the very long train 』。

e0152493_23170186.jpg


機関車から、次に1両目が続きます。

e0152493_23154421.jpg

e0152493_23155006.jpg

ページを繰ると、貨車に載っている動物がだんだん増えていきます。

実は、この絵本はジャバラ絵本になっています。

ファビュラスさんに寄った日の翌日に、神戸栄町の北欧雑貨のlottaさんでこの絵本を見ていて、ジャバラをのばして写真を撮らせていただきました。


e0152493_23191273.jpg
e0152493_11143719.jpg

e0152493_11135899.jpg

e0152493_11152670.jpg

貨車の絵のページの裏側に、動物の種類と数が書かれています。

e0152493_11244876.jpg
e0152493_11253588.jpg


いま手にはいる新刊絵本で、この絵本と似た絵本が出ています。

エリック・カールさん『1,2,3 どうぶつえん』。

e0152493_23352815.jpg

e0152493_23321550.jpg

e0152493_23322017.jpg

e0152493_23322152.jpg


この『1,2,3 どうぶつえん』は、めくるタイプのボードブックで、『the very long train 』をベースにしていると思うのですが、絵はすべて書き換えられています。

エリック・カールさんは、『はらぺこあおむし』の絵本も書き換えていて、比べてみるとわかる楽しみがあります。

エリック・カールさんの絵本〜『はらぺこあおむし』の新旧絵本
2016年9月10日の日記



しばらく前に、ファビュラスオールドブックさんが持っていた、エリック・カールさんのヘビのじゃばら絵本を手にいれています。

e0152493_23414413.jpg

こちらの写真は、ファビュラスさんのこの絵本を委託販売されていた、東京高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで撮らせてもらいました。
この絵本がベースになったと思われる絵本として、めくるタイプの絵本の『ね、ぼくのともだちになって!』が新刊で出版されています。
じゃばら絵本はとても楽しく、じゃばら絵本の形で販売されていないのは残念です。



エリック・カールさんのじゃばら絵本〜長いしっぽの絵本
2016年9月10日の日記




by momokororos | 2019-12-02 21:50 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

『みえるとかみえないとか』〜伊藤亜紗さんとヨシタケシンスケさんの絵本

ここしばらく絵本のことを話題にしていませんが、よく絵本は買っています。東京神保町のブックハウスカフェさんで手にいれたそんな1冊です。

伊藤亜紗さんとヨシタケシンスケさんの『みえるとかみえないとか』。

e0152493_12550197.jpg

宇宙飛行士の「ぼく」がいろんな星を調査して、地球とは違う機能や能力をもつ生き物に出会い、お互いの長所・短所をわかりあう絵本です。

e0152493_12563352.jpg
e0152493_12572382.jpg

多様な人びとを知るのにいい絵本かなと思います。

最近は、小学校でも、ユニバーサルデザインや点字のことを習うみたいで、少し前に、Yahoo!キッズで、点字を考案したルイ・ブライユさんが検索ランキングのトップになっていました。ちなみに、Yahoo!キッズ検索ランキング2018では、点字、ルイ・ブライユ、ユニバーサルデザインがトップ10に入っています。

https://kids.yahoo.co.jp/event/mag/ranking2018/


この星の調査を終えた「ぼく」は、こんなことをつぶやいています。

おなじところを さがしながら
ちがうところを おたがいに おもしろがれば
いいんだね。
それって すごく
むずかしいような きも するけど
じつは かんたんなことなのかも しれないねえ。
うーん。
でも、まあ、ちょっとずつ れんしゅうだな。
[伊藤亜紗、ヨシタケシンスケ、『みえるとかみえないとか』より]


わたしはその昔、コミュニケーションは普段の生活を暮らすなかで自然に身につくもので、そのコミュニケーションのスキルをあらためて学ぶ必要はないと、思っていましたが、これだけ多様な価値観が叫ばれ、人間関係が複雑な世の中では、コミュニケーションはあらためて学ぶ必要があると思うようになりました。
自分では当たり前だと思っていたことを疑わなくてはならないところもあるので、むずかしいと感じますが、この本では「むずかしい気もするけど、かんたんかも」と言っています。むずかしいけど、「れんしゅう」しながら話しをしながら体得していくのがいいのだと思います。


ブックハウスカフェさんでは、ヨシタケシンスケさんの絵本をもう1冊すすめてもらい手にいれています。こちらの絵本も人のいろんな側面や多様性について言及されている絵本で、また紹介したいと思います。



by momokororos | 2019-11-17 18:40 | 絵本 | Trackback(144) | Comments(0)

見つけたアングランドさんの絵本

神戸。

神戸の中山手通りのカフェのtoiroさんでゆっくりとお茶をしたことは日記に書いていますが、そのあとに鯉川筋のファビュラスオールドブックさんへ。

久しぶりだったのですが、話してみると今年になってはじめてだったことがわかりました。

いい絵本を紹介してもらったのですが、少し値段が高くて手にいれるのを保留にしました。新しい版が出版されている絵本なので、ぜひ比べてみたいものです。


お店では、アングランドさんの本を手にいれました。




e0152493_22060421.jpg
e0152493_22063377.jpg


ファビュラスさんは、奥まったところに絵本作家さんで分けられた本棚があるのですが、アングランドさんやロザリンド・ウェルチャーさんは、レジ近くの別場所にあります。店長さんが特に好きな作家さんだからかなと思います。


持っているアングランドさんの絵本
2019年8月24日の日記



by momokororos | 2019-10-03 22:41 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

『あつい あつい』〜垂石眞子さんの絵本

垂石眞子さんの『あつい あつい』。

e0152493_10591808.jpg


かわいい絵本です。

姫路のおひさまゆうびん舎さんで見つけました。


あついあつい、ペンギン。

e0152493_11010134.jpg


日かげを見つけてホッと一息。

e0152493_10592478.jpg


ところが。。

e0152493_10592713.jpg


また日かげを探します。

e0152493_10593093.jpg


さあ、どうなることでしょう。

シンプルな絵本でとても素敵です。

垂石眞子さんの何冊か持っていますが、かわいいらしくて好きです。



by momokororos | 2019-09-03 22:35 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

色鮮やかな杉田豊さんの絵本

この前、高円寺のるすばんばんするかいしゃさんに行ったときに、奥から杉田豊さんの絵本を2冊だしてきてくれました。

1冊目は、『よりみちしたてんし』。

e0152493_18432291.jpg

e0152493_18432429.jpg


杉田豊さんの色遣いが大好きです。

e0152493_18432507.jpg


『よりみちしたてんし』は、別版の絵本を持っています。

e0152493_18503379.jpg



2冊目は、『きょうもうれしいひ』。

e0152493_18432712.jpg


こちらは杉田豊さんにしては、淡いやさしい色遣いです。

e0152493_18450501.jpg



持っている杉田豊さんの絵本です。

『ぼくもいってみよう』。

e0152493_18471053.jpg


この色遣い、なかなか見かけません。

e0152493_18453674.jpg

e0152493_18453749.jpg

e0152493_18453979.jpg



『みんなうたってる』。

e0152493_18454124.jpg



『おかあさんはどこ』。

e0152493_18473341.jpg

e0152493_18491165.jpg



『みんなのおねがい』。

e0152493_18473663.jpg



『しあわせのいす』。

e0152493_18473728.jpg



『Runaway James and the Night Owl』。

e0152493_18473978.jpg



『おやすみなさい1,2,3』。

e0152493_18510434.jpg



『ほしはみたの』。

e0152493_18510584.jpg



『赤ずきんちゃん』。

e0152493_18493096.jpg



『アパートのまど』。

e0152493_18512438.jpg



『いねむりろばくん』。

e0152493_18493270.jpg


この『いねむりろばくん』が、杉田豊さんの絵本で一番に買った絵本で、一番好きです。こちらもるすばんばんするかいしゃさんで手にいれています。

e0152493_18585334.jpg

e0152493_18571886.jpg

e0152493_18585798.jpg

e0152493_18572285.jpg

e0152493_18572430.jpg



by momokororos | 2019-08-29 22:30 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

楽しくて、そしてやさしい〜山田美津子さんの『カーたろうとこけしっぺ』の絵本

さきおととい、神保町のブックハウスカフェさんでおすすめてもらった絵本を紹介しましたが、もう1冊楽しい絵本をおすすめしてもらっています。
先日の絵本はしみじみと味わえる絵本でしたが、こちらはお腹をかかえて笑える絵本でした。


山田美津子さんの『カーたろうとこけしっぺ』。

e0152493_12144182.jpg

すすめられて店内で読んでいたのですが、奇想天外なカーたろうに笑いぱなしでした。久しぶりにめいっぱい笑ったよう気がします。

e0152493_12183364.jpg


カーたろうは、ありさんに自分のごはんあげたので、雲が食べものに見えてます。

e0152493_12165978.jpg

e0152493_12170195.jpg

おむすび見つけた、と思ったら、こけしの柄でした。


そして、この気持ち。。

e0152493_12170261.jpg


カーたろうはやさしいんです。
かわいいこけしを巣に持ってかえります。

抱腹絶倒な物語はここからですが、手にとってみることをおすすめします。


出口かずみさんの『マァヘイくんとちいさいおじいさん』の絵本以来の笑える絵本です。



マァヘイくんシリーズの絵本の魅力〜出口かずみさんの傑作絵本
2019年3月16日の日記



by momokororos | 2019-08-28 22:35 | 絵本 | Trackback(578) | Comments(0)

めぐる季節への想い〜『はるとあき』

最近はどこへ行くのも久びさになっているのですが、久しぶりに神保町のブックハウスカフェさんへ。


買いたい絵本におすすめの絵本にたくさんの絵本を手にいれました。
そのなかでも、スタッフさんからおすすめしてもらった絵本は特に素敵でした。


斉藤倫さんと、うきまるさんの作、吉田尚令さんの絵の『はるとあき』。

e0152493_23161729.jpg


やさしいやさしい感じの絵です。


「はる」がお目覚めです。

わたしは はる
わたしが めを さますと
さむさは だんだん やわらいできます


e0152493_13511640.jpg

「そろそろ こうたいね」と、「はる」は「ふゆ」に伝えます。

e0152493_13511914.jpg

そして、「はる」が「なつ」と交代のときに、「なつ」が「あき」が来るまで頑張る、という言葉を聞きました。「はる」は「あき」に会ったことがありません。「はる」は、想いを寄せる「あき」への気持ちとみんながまちまちに言う「あき」のことを考えます。

e0152493_13512728.jpg

「はる」は「あき」にお手紙を書くことを思いつきます。

「はる」から「あき」へのお手紙から始まるやりとりの想いがとても素敵で、「はる」から「なつ」、「なつ」から「あき」、「あき」から「ふゆ」、そして「ふゆ」から再びめぐってくる「はる」へのお手紙は、会うことのできない季節への想いのせつなさと、その想いを託し伝えることの素晴らしさを感じます。

読めば読むほどに深くせつなく、とてもいい絵本でした。




by momokororos | 2019-08-25 23:21 | 絵本 | Trackback | Comments(0)

持っているアングランドさんの絵本

東京中目黒の dessinさんでアングランドさんの絵本を見かけました。

アングランドさんの絵本は何を持っているかがわからなくなっているので、いったんお取り置きをしてもらい、持っている絵本を確かめてから、持っていない2冊を手にいれました。


e0152493_11530546.jpg


持っているアングランドさんの絵本を、自分の記録の意味もかねて紹介します。

e0152493_11530929.jpg

e0152493_11531458.jpg
e0152493_11531950.jpg
e0152493_11532485.jpg
e0152493_11540486.jpg
e0152493_11540976.jpg



先日紹介した3冊セットの箱入り絵本と、4冊セットの箱入り絵本です。

e0152493_11554473.jpg


左の絵本は先日紹介しましたが、右の絵本の箱には5冊のソフトカバーの絵本が入っています。
e0152493_22434357.jpg


こちらの絵本は、アングランドさんにしては大きな絵本です。

e0152493_18150545.jpg

最初はそんなに興味ありませんでしたが、ここ2、3年間かわいいなと感じているアングランドさんの絵本です。


アングランドさんの可愛い絵本
2019年8月19日の日記


by momokororos | 2019-08-24 22:50 | 絵本 | Trackback | Comments(0)