人気ブログランキング |

2019年 08月 08日 ( 1 )

日本海の海の幸と地酒〜秋田美味しいもの

秋田。
竿燈まつりを見ていたのですが、途中の20時半くらいにきりあげました。

お昼に秋田の美味しいものに日本酒も飲んで、さらにスイーツも食べたので、夜はコンビニで食べるものを買って祭りの余韻にひたりながらホテルでゆったりするのもいいかなと思っていたのですが、秋田のおいしいものを食べにいく気持ちがまさり、夜の街にでかけました。

去年も秋田に竿燈まつりの時期に秋田に来ていて、秋田駅の左手の大通りを越えた飲み屋が点在するエリアのお店に入っているのですが、今回は駅近くの雑居ビルの中の居酒屋さんの「とっぴんぱらりのぷ」さんへ。

変わった名前ですが、昔話や民話の最後に「とっぴんぱらりのぷぅ(とっぴんぱらりのぷ)」と使われることがあり、「おしまい」とか「めでたしめでたし」という意味です。秋田の方言みたいですね。
少し前に、姫路のおひさまゆうびん舎さんで、とっぴんぱらりのぷぅが載っている絵本の話しをしたことを思いだしました。


閑話休題。
お店の扉を開けると、予約は?と聞かれたので予約はしていないですと言ったら、店員さんが一旦奥に戻ったので、駄目かと思いましたが大丈夫でした。

靴を脱いで通された部屋は、囲炉裏を囲んだ掘りごたつがあるこじゃれた空間でした。
かなり大きな部屋で、ふたり席が7つほどあり、奥の席に男女の1組がいるだけで、その日は月曜ということもあったかと思いますが、閑散としていました。小心者なので、1人で入るお店ではなかったかな?と思いながら席に座ります。


つきだしです。

e0152493_09275737.jpg


シイタケ味噌、アスパラ豆腐、ガーリック海苔巻きと、お肉は比内地鶏だったと思います。ガーリック海苔巻きは小さなおにぎりで、お酒にあう感じの美味しさでした。

ビールは頼まずに、秋田の日本酒の雪の茅舎の純米吟醸からいただきました。お昼のときは、雪の茅舎の奥伝山廃をいただいています。

e0152493_09280972.jpg

純米吟醸の方が甘い感じでしょうか。
最初から、和らぎ水(チェイサー)として日本酒の仕込み水を持ってきてくれ、なくなると少し大きめのおちょこについでくれるのいいならと思いました。

お昼にも食べましたが、ハタハタ寿司を頼みます。

e0152493_09281960.jpg


大好きな一品で、何度食べても美味しいです。


お刺身の3点盛り。
カンパチ、黒ソイ、ヒラメ。

e0152493_09271783.jpg


お刺身にあわせた地酒は、秋田の山本のサンシャインイエローの純米吟醸。
酸味がさわやかで、お刺身の甘みが引き立ちます。

e0152493_09284347.jpg

焼き魚は、ノドグロとかキンメをいただきたかったのですが、あまりの値段の高さに手がでませんでした。茶テリ(メバル)をいただくことにしました。

お魚が焼けるまで、秋田の新政 No6 S-type.1390をちびちびといただきます。六号酵母をもちいて作るので、No6 とのこと。人気の地酒ということですが知りませんでした。

e0152493_09371798.jpg

甘みは少なく酸味たち単体で飲むのは酸味がありすぎかなと思いました。


茶テリです。

e0152493_09384516.jpg

焼けるまで30分くらいかかっています。
淡白なお魚なので、酸味がたつ地酒よりも、新たに頼んだ秋田の両関の花邑の純米が合いました。

e0152493_09385463.jpg

お会計をしたあとに、アオサとネギのおすましが出てきました。すでに半分飲んでしまっていますが、こんなおすましです。

e0152493_09374927.jpg


このおすましがおいしい。お酒を飲んだあとの体に絶妙な塩味でした。
お会計をしたあとにゆったりと味わうのも、至福の時間かもしれないなと思いました。


お店の空間の魅力、お料理の味、そして日本酒の品揃えは秀逸でしたが、接客がマニュアル的で知識もおぼつかず不慣れな感じでした。詳しい人から話しが聞けないのが残念でした。チェーン店ならそこまでは求めないのですが、お店のコンセプトからするともったいない感じです。

あとから入ってきたお客さんは5組。そのうち4組が予約の2人連れのお客さんでした。値段が高めということもあって年齢層は少し高めかもしれません。
2人もしくはグループで訪れる分についてはいいお店だと思います。1人飲みのときは、やはり素材や料理の知識な豊富な大将や女将さんと話しができる居酒屋、小料理屋かなと思いました。

美味しいけど、雰囲気はいいけど、やっぱり人で決まるかなと思います。
お店を出るときに、エレベーターまで見送ってくれた別のスタッフさんと少し話しをしましたが、また今度入ったときに期待したいところです。


人を一番に考えること
2018年3月9日の日記
https://momokoros.exblog.jp/27128211/

日本海おいしい海の幸〜秋田
2018年8月6日の日記

by momokororos | 2019-08-08 22:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)