人気ブログランキング |

2019年 06月 15日 ( 1 )

『漱石全集を買った日』、そして漱石さんの再読

この前に訪れた姫路では、美味しいものの日記しか書いていませんが、おひさまゆうびん舎さんに寄っていました。

お店では、京都の善行堂さんの山本善行さんと、清水裕也さんの『漱石全集を買った日』を手にいれました。

e0152493_11293179.jpg

関西のたくさんの古本屋が出てきます。その古本屋や買った古本、そして出会った本への思いを、京都の古本の善行堂の店主さんとの対談という形で載っています。

私は古本屋には行きますが、古本屋巡りをするわけでもなく、掘り出し物を探しにいくこともなく、古本市もいかなくて、清水さんとは違うタイプですが、古本屋巡りが好きな人にはたまらない内容かもしれません。

この本に出ている、姫路のおひさまゆうびん舎さん、神戸のトンカ書店さん、ハニカムブックスさん、1003さん、エメラルドブックスさん、大阪の天牛書店さん、長谷川書店さん、京都の恵文舎さん、ガケ書房さん、三月書房さんなど訪れていますが、他にもたくさんの古本屋がでてきます。


タイトルにもあるように、夏目漱石さんの全集を買ったときの話しがでてきますが、むかし好きだった夏目漱石さんにまた触れるきっかけをもらいました。
夏目漱石さんは、高校のときにかなり読んでいましたが、それ以来ほとんど読んでいません。

この前、松山を訪れたときに、道後温泉に行く路面電車で蒸気機関車の坊ちゃん列車を見かけましたが、夏目漱石さんの『坊ちゃん』にもこの坊ちゃん列車が出てくるとのことで読んでみたくなっていたところです。


夏目漱石さんの文庫を奥から出してきました。

e0152493_14313461.jpg


1冊を除き高校生のときに手にいれたものです。そのときに一番好きだった『虞美人草』が見当たらず、読もうかなと思った『坊ちゃん』も持っていませんでした。

『夢十夜』と『文鳥』は、文庫ではないものも買っています。

e0152493_11295196.jpg
e0152493_14321422.jpg

e0152493_14322252.jpg

e0152493_14322935.jpg



『漱石全集を買った日』の中に、清水さんは漱石さんの『三四郎』がいいと書いてあり、善行さんは『門』がよいと書いてあります。『坊ちゃん』も読もうと思うけど、持っていてもう内容を忘れている『三四郎』や『門』あたりから読んでみようかなと思っています。



by momokororos | 2019-06-15 22:25 | | Trackback | Comments(0)