人気ブログランキング |

2016年 05月 07日 ( 2 )

京都いつもの本屋さん~京都西陣・紫野

京都。
前の日に電源オンにならなくなったスマホ。
スマホのない生活も一瞬あたまをよぎりましたが、緊急の連絡用としては持っていたい。
修理の可能性やら新規購入やらで夕方まで時間とられました。

夕方になって遊びにでかけます。
京都駅からバスに乗り、西陣のマヤルカ古書店さんへ。

e0152493_1530571.jpg


いつも訪れるのは午前中で、夕方に訪れるのは初めてです。
今回手にいれたのは4冊。珍しくすべて新刊です。

安福望さんの『食器と食パンとペン』。

e0152493_15343396.jpg


いろいろな人の詩に素敵なイラストが添えられています。すごく素敵な本です。このあと自宅に送りかえすまで、旅行先でいろんな人と一緒に見てました。

この本が好きならと、マヤルカさんがおすすめしてくれた本。
笹井宏之さんの『えーえんとくちから』。

e0152493_1683713.jpg


こちらの本はゆっくり読んでいきたいと思います。

雨宮ゆかさんの『花ごよみ365日』。

e0152493_1627770.jpg


今日5月7日のお花。

e0152493_1629185.jpg


山吹草と鳴子百合。

山吹は秋に咲いてそうなお花ですが、初夏のお花です。
もう山吹の季節なんですね。この季節になると鎌倉にお花を見にいきたくなります。
鳴子百合はアマドコロと似ているお花でよくお寺の境内で咲いています。お寺に最近あんまり行かなくなっていて見ることが少なくなっているのですが、また静かに咲いているのを見れたらと思ってます。ここしばらく時節のお花を見逃していることが多いので、お花の時期に気づくのにはこの本はいいのではと思っています。

マヤルカさんをあとにして、西陣から北大路パスターミナル方面のバスに乗り建勲神社で降ります。

紫野の世界文庫さん。

e0152493_16335044.jpg


この前の4月は調べずに訪れて、開いてなくて残念な思いをしました。
この日は夜の19時半まで開いていました。

お店では、小杉小二郎さんの画集が目にとまりました。

e0152493_16353267.jpg


いままで見たことのない作家さんでしたが、透明感のある深い色の絵で素敵でした。

e0152493_16371092.jpg


e0152493_20343331.jpg


好きな絵描きさんの有元利夫さんの色づかいに似ているところもあるかなって思いました。

e0152493_16363620.jpg


お店には珍しく、5、6名のゼミの生徒を連れた先生が来ていました。

お店をあとにして、バスで河原町三条で降り、蛸薬師通御幸町西入ルの雑貨のhugさんへ。

e0152493_16434859.jpg


すでに閉まっている時間だったのですが寄ってみると、ちょうど看板をしまいにきたhugさんとばったり。20時半くらいだったので、少しだけ立ち話しました。hugさんには後日寄れませんでしたが、また今度ゆっくり寄りたいと思ってます。
by momokororos | 2016-05-07 20:50 | | Trackback | Comments(2)

阪急沿線の本屋さんと雑貨屋さん~大阪・兵庫

久しぶりの日記です。
ゴールデンウィークは、まず京都にでていました。

京都から阪急電車で水無瀬まで出て、駅前にある長谷川書店さんへ。
お店では地元の人との親しげな会話が聞こえてきて町に愛される本屋さんなのですが、本の品揃えが素晴らしくて、何度も足を運んでしまっていますが、訪れると素敵な本が何冊も見つかります。

佐藤初女さんの『いのちをむすぶ』。

e0152493_12555476.jpg


素敵な生きかたと素敵な言葉に、何度も読みかえしたくなります。

長谷川書店さんとこの本の話しをしているとき、著者の佐藤さんが亡くなられたという話しを聞きました。本のあとがきを見ると、佐藤さんがこの本を書かれたのが94歳で、この本の発行が2016年3月。調べてみると2月に亡くなれらたとのことです。

宮沢賢治さんの『あたまの底のさびしい歌』。

e0152493_137125.jpg


先日、岩手の盛岡の中津川のほとりの「啄木・賢治青春館」に行って宮沢賢治さんの世界に触れてきたばかりなので、いい本が見つかってよかったです。

長谷川書店さんのお店の奥には、コミックもたくさんあります。
なかなかコミックは自分では選べないので、長谷川さんのおすすめを聞いてみました。
出してきてくれた本が、ウィスト・ポンニミッドさんの『ブランコ』。

e0152493_13103893.jpg



さみしい人やさみしい池とお話ししたり、人の痛みを肩代わりできる能力をもっていたり、感受性が豊かな女の子のお話しで、寡黙ながら、いろいろな思いを感じ余韻が残ります。

鶴田静さんの『サクラと小さな丘の生きものがたり』。

e0152493_13241089.jpg


小さな丘の上に住む夫妻と森の仲間たちや人々との交流のやさしい物語です。

長谷川書店さんでお話しをしていてすっかり長居していてしまいました。

阪急電車を乗り西へ。塚口まで出てバスに乗り、雑貨のdent-de-lionさんへ。

スマートフォンが立ち上がらなくなってしまったので写真はないのですが、「チェコの糸ボタン展示会とチャルカフェア」が開催されていました。糸ボタンがかわいいです。
お店では、お庭のお花を見たり、素敵なバックを見たり、チャルカさんの雑貨を見たり。
このときはいつもお庭にくる猫の、ポポちゃんとリオンちゃんを姿を現さず、残念でした。

dent-de-lionさんでも長居してしまい、この日は2軒のお店を巡っただけでおわりでした。
by momokororos | 2016-05-07 14:58 | | Trackback | Comments(0)