人気ブログランキング |

2011年 04月 10日 ( 1 )

雨に佇む桜~京都桜紀行(其の二)

京都の桜やお寺、そして街を歩いていました。
ゆっくり歩くことで見えてくるものがあるような気がします。

雨の予想だったおととい、雨が降る前に少し早めにお出かけしました。
西大路通りの北野白梅町から少し北にあがったところにある平野神社へ。
境内の桜園では、空を覆いつくすほどの桜がとってもきれいでした。

e0152493_2275680.jpg


e0152493_22101113.jpg


神門前の魁(さきがけ)桜もきれいです。

e0152493_9132778.jpg


舞殿横にある紅しだれ桜です。

e0152493_2253676.jpg


大きな大きなクスノキもあります。

e0152493_2263939.jpg



平野神社の東から出てすぐそばにある北野天満宮へ。

e0152493_2211335.jpg


境内は人が少なくて、雨に濡れそぼる静かな境内の雰囲気を味わいます。
天神さまは牛さんがいたるところに鎮座しています。

e0152493_2212432.jpg


佇む本堂も堂々として安心感に似たような気持ちを覚えます。

天神さんの東から出て、上七軒の通りを横目で見なながら、
千本釈迦堂(大報恩寺)へ歩きます。

e0152493_2215166.jpg


枝垂れ桜の阿亀(おかめ)桜がきれいでした。

e0152493_2216751.jpg


雨に濡れた桜は少し色が落ちついた色になっていましたが、
地面まで垂れ下がっていて見事です。

少し北にある千本閻魔堂に寄ってから、銀閣寺道へ移りました。

e0152493_9192639.jpg


e0152493_22172673.jpg


哲学の道を歩いて、永観堂のふりむいているお姿のみかえり阿弥陀さまや
南禅寺の水道橋を久しぶりに見てから、京都の街に戻りました。
by momokororos | 2011-04-10 10:14 | 古都 | Trackback | Comments(0)