人気ブログランキング |

夜空にゆらめく提灯の光〜秋田竿燈まつり

秋田。
10年以上も前に訪れていたきりになっていた秋田の竿燈まつり。久しぶりに去年みてとてもよかったので今年も訪れました。
すでに今年の竿燈まつりは終わっていますが、毎年8/3から8/6の4日間開催されています。

昼竿燈をみて、夜本番を見にいきました。会場は、駅から歩いて20分くらいの大町、川反あたりで開催されています。川反は秋田一の繁華街です。

19時半少し前くらいから祭りが開始になります。
たくさんの竿燈がたち、提灯の光が夜空に映えます。

e0152493_12222360.jpg


長い竹竿を、手にのせたり、おでこにのせたり、腰にのせたりして、重たい竿燈を支えます。

e0152493_12222538.jpg


竿を継ぎたして、だんだん長く高くなってきます。

一番短い状態はこんなです。

e0152493_12332604.jpg


上の写真で、右の人が短い竹を持ってらいますが、これを継ぎたしていきます。

e0152493_12321582.jpg

少しずつ高くしていきます。

e0152493_12321607.jpg

e0152493_12333084.jpg

e0152493_12322035.jpg


長くなればなるほど、竹はしなります。

e0152493_12222756.jpg

e0152493_12222988.jpg


祭りは約1時間くらいで、2回の場所の移動があります。こんな風に倒してから持って移動させます。

e0152493_12311670.jpg


1回目は、どの場所もかなり混んでいて何重もの人垣ができていますが、2回目、3回目になると人垣が少なくなりゆっくり見れます。駅から遠い会場の方が人が少ないです。

最後は、観客とのふれあいの場になるのですが、私は2回目が終わった時点で、秋田の食を堪能しようかなと思い、祭りをあとにしました。




by momokororos | 2019-08-07 20:05 | 祭り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/28504705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 日本海の海の幸と地酒〜秋田美味... さざ波立つ水の素敵な風景〜秋田... >>