人気ブログランキング |

変わった人とは?〜今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』

今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』。

e0152493_13161318.jpg


商店街にときどき現れるむらさきのスカートの女。
みんなが知っているその女を観察する私や、その女と接触を試みる子どもたち。
その子どもたちの接触は見事に子どもの気持ちをとらえていると思います。そんな子どもの心理を描いた小説を昔読んだことがあるなって思いだしました。湯本香樹美さんの『夏の庭』だったと思います。


主人公の私は、むらさきのスカートの女が気になり、友達になりたいとも思いながらも、友達になれずにむらさきのスカートの女を観察し続けます。

むらさきのスカートの女への私や周りからの観察。接触がないながらもこうゆう人だと周りから見られているむらさきのスカートの女。
日常でも、あの人変わっていると思うことはよくあることで、話題にすることもあるのではないでしょうか。

変わっているのは、危険なのは、むらさきのスカートの女ではなく、主人公の私やそう見る側かもしれないと考えさせる物語でした。
主人公の私も、むらさきのスカートの女と重なるくだりもあって、ハッとさせられます。



by momokororos | 2019-07-03 22:19 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/28441546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 『あとは切手を、一枚貼るだけ』... お花の鎌倉〜鎌倉の大巧寺 >>