人気ブログランキング |

『ちひろさん』〜多様な価値観の中での個性

安田弘之さんの『ちひろさん』。

e0152493_20145153.jpg

登場人物は、いろいろな価値観を持っている人たちで、その中の1人がちひろさん。
ちひろさんという名前は、本名ではなくて過去に仕事をしていたときの名前。
昔のちひろさんの仕事を知ると、人によっていだく感情が異なります。これまで作られた固定観念で判断してしまう人がそこにはいます。
そんな周りの人たちが、ちひろさんと接して話していくうちに、ちひろさんの自分に素直な振る舞いや考え方、個性に巻きこまれていきます。
その個性を魅力的と感じるかは人それぞれですが、わたしはちひろさんに共感し憧れを感じました。


e0152493_20145303.jpg

好き嫌いがはっきりしていて、ときに相手に合わせ、ときには相手とは異なる解釈をするちひろさんの話しを聞いて、自分自身や他人に対してのこれまで気づいていない魅力に気づき、ちひろさんの周りに人が集まります。ちひろさん自身は、集まってくる人たちのちひろさんと一緒にいたいという気持ちにいつも迎合するのではなく、一人でいたいときがあるという自らの価値観を大切にしながら生活していきます。

e0152493_20145593.jpg

5巻目まで読んで、1巻と2巻は仲良しさんにあげました。

e0152493_20145856.jpg
e0152493_20150063.jpg

各巻の最後に作者のあとがきがあるのですが、とある巻に作者の過去について書いてあったのですが、なるほどだからこんな作品が書けるのかと合点がいくことがありました。

まだまだ巻は続きます。
ちひろさんがどんなシーンに出会い、どんな風に振る舞うのか楽しみです。


『ちひろさん』を読んで、思いだす日記があります。つい最近の日記からかなり前の日記の2つを紹介します。

LikeAGirl〜女の子らしさとは
2019年4月13日の日記
https://momokoros.exblog.jp/28194106/

「ピンクがすきってきめないで」〜さまざまな個性へのやさしさ
2010年8月4日の日記

by momokororos | 2019-05-17 22:30 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/28314258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ポーランドの絵本(其の二)〜ヤ... こくごの教科書〜多様な表現を学... >>