人気ブログランキング |

世界はどんな風にみえる〜齋藤陽道さんの『それでも それでも それでも』

お部屋の中でふと目についた、齋藤陽道さんの『それでも それでも それでも』の写真の写真の本を読みかえしてみました。
こちらは大阪の水無瀬の長谷川書店さんで手にいれた1冊です。

e0152493_19584761.jpg


齋藤陽道さんは、写真に添えられた文章がとっても素敵で、写真の魅力が倍増します。

e0152493_20225441.jpg

e0152493_20225766.jpg


齋藤陽道さんのぼけた何枚かの写真が、テリー・ワイフェンバックさんの写真を思いださせます。

テリー・ワイフェンバックさんの写真。ボケた写真、ある部分にピントが合っている写真が特徴的です。写真集は、5、6冊持っているのですが、一番好きな『LANA』に載っている写真です。

e0152493_20151368.jpg

e0152493_20155273.jpg

e0152493_20155530.jpg

e0152493_20155720.jpg


テリー・ワイフェンバックさんの写真をみるようになったのは、二階堂奥歯さんの本に、テリー・ワイフェンバックさんの写真のことが書いてあったからです。
前にも引用しましたが、再度引用します。

Terri Weifenbachの写真集”Lana”を買った。
ものごころのつきはじめた頃。
いろとりどりの光の揺らめきでしかなかった世界を分節しはじめた頃。
その頃見ていた景色はこんな感じではなかったか。
ちくちくする芝生の上をブランコに向かって歩く(まだ上手く歩けなかった)。
手をさしのべる母を見上げれば、その後ろには真っ青な空間が広がっていた。
はじめて空を見た頃。
はじめて水面に映る秋桜の影を見た頃。
その頃の景色はこんな感じではなかったか。
私は小さく、世界は広く広く、そしてそれはひたすら輝かしかった。
[二階堂奥歯、『八本脚の蝶』より]



世界はどんな風にみえるのだろう。
あまりに明るくて明瞭ではっきりしていて、すみずみまで見えるようなった現代。4Kの映像を見たときに違和感を感じたのは、隅々までピントのあった映像が、われわれの目で見える風景とは違うと直感的に感じたからかもしれません。見えているような見えていないような、わからないところはそのままに、記憶のようにはかなく、夢のようにあやうさがある世界が、普段感じている世界かもしれません。そこに何がみえるか、立ちどまるかは、それぞれみる人の想いや意識、そして記憶かもしれないなと思いました。


『LANA』〜テリー・ワイフェンバックさんの写真集
2016年9月27日の日記



by momokororos | 2019-02-27 22:12 | 写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/28041331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 子どもの気持ち〜うちむらたかし... 可愛いらしい陶芸作品〜中村まふねさん >>