鶏料理〜新橋・虎ノ門美味しいもの

新橋、虎ノ門界隈の美味しいもの。
この3日間は鶏料理をいただいていました。

今日は新橋でお昼。

新橋のニュー新橋ビルの前の道をはさんだところにある割烹の末げんさん。
美味しい親子丼がいただけるお店ですが、10年ぶりくらいに訪れました。
新橋に仕事場が移ってから、新しいお店を探したいと思っていて、新橋に移る前に入って美味しいと思っていたお店は、なるべく入らないで新しいお店を食べ歩いていました。

末げんさんの親子丼は挽き肉の親子丼で、かま定食という名前でだされています。

e0152493_22182644.jpg

このジューシーな感じと甘めの味付けが美味しいです。
鳥スープも深い味わいでおいしいです。

e0152493_22202661.jpg


お店は座敷が中心で、椅子席が6、7席。お昼刻の混んでいる時間は、空いているテーブルがあっても相席のテーブルに案内されます。
今日は13時を過ぎた時間だったせいか、珍しく椅子席に案内されました。
やっぱり、こちらの親子丼は美味し買ったです。


昨日は、虎ノ門ランチ。

これまで新橋虎ノ門界隈でランチをいただいてきましたが、虎ノ門に近いエリアの方が美味しいお店が多い感じです。新橋と虎ノ門の境界がどこかはわかりませんが。

虎ノ門駅の外堀通りの1本愛宕よりの細い道沿いの、鶏のやまとさんに入りました。細い路地なのでいままで見逃していました。

鶏のひつまぶしをいただきました。

e0152493_23081404.jpg


これがすごく美味しかったです。
もも肉も美味しいし、カラッと揚げられた鳥皮も入っています。

e0152493_23084166.jpg


出汁がついてきてお茶漬けにして食べることができるのですが、うなぎのひつまぶしは、出汁が薄めでお茶漬けにして食べるとうなぎの味が薄まってしまうのでちょっとだけお茶漬けにして食べることが多いのですが、その日に食べた鶏のひつまぶしは出汁をかけたらさらに美味しかったです。出汁が濃いめにつくられていました。そのぶん出汁の量も少なめでした。

e0152493_23101237.jpg


夜のメニューをみたらちょっとお高めでした。焼き鳥4本で1000円は高いですね。しかし「ちょうちん」とかもあり心惹かれます。ワインも充実で、高いながらも夜も食べてみたいと思いました。


おとといは、虎ノ門の外堀通りの2本愛宕寄りの通りにある、昔ながら焼き鳥さんの、とり安さんできじ焼重をいただいていました。


e0152493_20504500.jpg

玉子と鶏肉が半々に盛られたきじ焼重でした。きじ焼は大好きなのですが、ちょっと期待はずれの味。鶏肉は可もなく不可もなく。タレも少なめで満足いかずでした。上のきじ焼重もありましたが、こちらは美味しいでしょうか。
壁には地酒のメニューが貼ってあったのですが、見てみると好きな地酒が並んでいました。石川能登の宗玄、岩手の浜千鳥、新潟の〆張鶴。昔ながらの焼き鳥屋さんで一杯やるにはいいかもしれません。

虎ノ門界隈は、鶏料理のお店がまだまだたくさんあるので、いろいろ入ってみたいです。








by momokororos | 2018-12-06 22:29 | グルメ | Comments(0)
<< 海鮮ちらし〜有楽町美味しいもの 『ぼくのたび』〜みやこしあきこ... >>