『ぼくのたび』〜みやこしあきこさんの素敵な絵本

先日、神保町のブックハウスさんで、おすすめの絵本を聞いてみたら、みやこしあきこさんの『ぼくのたび』を紹介してくれました。

e0152493_18082754.jpg


ホテルを営むぼくは、毎日宿泊客から知らない国の話しを聞き、代わりにこの小さな街のことを話す。夜ベッドで遠くへ行きたい気持ちを抱き、いろんなところに行く夢をみます。


e0152493_18085540.jpg

e0152493_18085864.jpg

e0152493_18085397.jpg

ささやかな気持ちを描く素敵な絵本です。

モノクロの日常の世界のイラストと、控えめな色づけされた憧れの世界のイラスト。誰もが感じているかのような、日常でのできごとと想いが絶妙に表現されています。
何度か読んでみて、ほんとうに素敵な絵本だと思いました。


前におすすめしてもらっている、みやこしあきこさんの『よるのかえりみち』も素敵です。

e0152493_18092274.jpg



by momokororos | 2018-12-05 22:26 | 絵本 | Comments(0)
<< 鶏料理〜新橋・虎ノ門美味しいもの 姫路かわいいもの〜絵本屋さんと... >>