関西本屋巡り(其の一)〜神戸元町

神戸。
神戸は京都をはさみながら2日をかけて楽しんでいました。
神戸は好きな本屋さんがたくさんあります。現在発売されているSAVVY12月号には、京都大阪神戸の本屋の特集がされていて興味深いです。

元町にある1003さん。
1003は、SAVVY12月号に載っています。

店長さんと話しながら手にいれた本は3冊。

若松英輔さんや他の著者さんたちのぶんしが載った『本を贈る』。

e0152493_16134688.jpg


少し読んでみていいなって思ったので手にいれました。
お店では平積みされていて、手にいれた本の表紙は赤のデザインですが、隣りには緑の表紙の同じタイトルの本が平積みされていました。上下巻と思いましたが、1刷、2刷とのこと。
さらに1刷の本の大きさよりも2刷の本の大きさが小さいことを教えてもらいました。本にたずさる人の名前が巻末に載っています。映画だったらエンドロールにかかわった人の名前が流れますが、本にもあっていいかもと思いました。


斎藤倫さん作、植田真さん絵の『えのないえほん』。

e0152493_16143376.jpg


こちらは女の子とけものの会話がいいです。女の子とけものが話していきますが、途中でけものは女の子のことを理解します。
さらっと読んだだけですが、深いものを感じます。わたゆっくり読みたいと思っています。


『点線面』は、尾崎翠さんの特集。

e0152493_16151689.jpg


尾崎翠さんの『第七官界彷徨』は2回読んでいるのですが、わかりそうでわからない、もう少しで共感できそうな感じなのですが、人におすすめできるところまでには至っていっていません。
1003さんの店長さんも途中で諦めた、と言っでいました。

わたしがわからないというのは、たぶん理屈で理解しようとしているのが邪魔しているのかと自分では思っています。
時間的にも空間的にも不連続な夢をみているかのように、いろんな人と途切れ途切れに出会い話すことかのように本に接することができれば、素直に入ってくるような感じがします。

今回手にいれた本で、尾崎翠さんへの接し方に触れられたらと思いました。

理解の助けとなった本を以前読んでいます。

2017年2月11日の日記





by momokororos | 2018-10-28 16:41 | | Comments(0)
<< 関西本屋巡り(其の二)〜大阪水無瀬 天ぷら〜神戸美味しいもの >>