一番好きな京都のお庭〜對龍山荘庭園

京都南禅寺界隈のかつての別荘の1つの七代目小川治兵衛さんの作庭の對龍山荘庭園。

昨日、NHKの「ブラタモリ」をチラッと見たら、對龍山荘庭園かなと思う映像が映っていました。

2001年11月の特別公開のときに見にいっているのですが、美しい庭園でした。
以前の日記で、對龍山荘庭園のことは日記では話題にしていないことを書いたのですが、一眼レフを持ち歩いていたデジタル写真の前の銀塩写真が残っていました。

e0152493_19360533.jpg

e0152493_19361277.jpg

e0152493_19362732.jpg

e0152493_19363651.jpg

写真は、サービス版の写真をデジカメで撮ったものです。

對龍山荘の茶室でお庭に対座してみると、疏水からひいた池の水面から光が軒に映しされ、その光がゆらめいていてとっても素敵でした。室内からの写真が残っていないのは室内での写真撮影は禁止だからだったと思います。

庭園は散策が可能だったのですが、小道沿いを歩いてみると、小道沿いの苔が無残にも踏み跡で荒れていました。行き交う人が小道が狭いので脇に寄ったためかなと思いました。

素敵なお庭でしたが、今後公開はむずかしいかもと思った覚えがあります。
その後、次の年かその次の年か忘れましたが、公開されていたときがあったと思いますが、最近は一般に公開されたことがあるのかしら。

七代目小川治兵衛さんのお庭はみんな素敵です。

小川治兵衛さんのお庭で公開されているのは、見にいったことのあるお庭だと、京都では、無鄰菴、平安神宮の神苑、円山公園、並河靖之七宝記念館、東京では、旧古河庭園などがあります。


對龍山荘庭園は、また公開されることがあれば見にいきたいです。


京都のお庭への想い〜小川治兵衛さん
<2016年11月13日の日記


国宝探訪とお庭散策〜京都粟田口から南禅寺あたり
2009年11月12日の日記

by momokororos | 2018-04-29 22:35 | 京都 | Comments(0)
<< 『くまの子ウーフ』の魅力 わたしの好きな本〜ベスト31位... >>