いろいろなレシピ〜たけうちちひろさんの『ぼくのつくりかた』

たけうちちひろさんの『ぼくのつくりかた』。

e0152493_12335653.jpg

いま姫路のおひさまゆうびん舎さんで、たけうちちひろさんの「ぼくのさがしもの」の原画展が開催されていて、絵本も販売されています。

先日お店に寄ったときに、『ぼくのさがしもの』の日本語版と、英語版、フランス語版、イタリア語版を手にいれています。

女の子のページが日本語版にはなかったり、フラミンゴやワニのページが日本語版だけにあったり、おさかなのページが英語版だけにしかないことなど、買ってから気づきました。

楽しくて素敵な絵本なので、毎日のように見ていると、女の子の素材、女の子のレシピが、国によって違うことに気づきました。

英語版の女の子のレシピ。

e0152493_12342935.jpg

フランス語版の女の子のレシピ。

e0152493_12410075.jpg


レシピの素材が2種類違います。
今度は、この違いがお国柄を反映したものなのか気になります

そして、それぞれできた女の子のページ。

e0152493_12350434.jpg

e0152493_12411409.jpg

できた女の子のページもよくみると、切り絵の部品や位置が違うのです。

「女の子の素材」という表現をしましたが、むしろ「女の子の気持ち」と言ったほうがいいかもしれませんね。

女の子ってなんでできているかは、江國香織さんの『ぼくの小鳥ちゃん』や、室生犀星さんの『蜜のあはれ』、森茉莉さんの『贅沢貧乏』あたりにでてきたかなと思ってみてみましたが、見つかりませんでした。二階堂奥歯さんの『八本脚の蝶』には書いてあるかもしれないと最初から見ていくと、やっぱり女の子、少女のことを書いたくだりがありました。

マザーグースの『What Are Little Boys Made of?』には、男の子と女の子が何でできているかの詩が載っています。

女の子って何でできてるの?
女の子って何でできてるの?
砂糖とスパイス
そして素敵なものすべて
そういうものでできてるよ
[『マザーグース』より]

ちなみに原文は、

What are little girls made of?
What are little girls made of?
Sugar and spice,
And all that's nice,
That's what little girls are made of.

です。

鈴木康司さんの絵の『まざあ・ぐうす』の北原白秋さんの訳は、こうなっています。

e0152493_13215301.jpg


かわいい女の子はなんでつくる、なんでつくる。かわいい女の子はなんでつくる。
おさとうに薬味に、あまいものずくめ。
それそれ、かわいい女の子がつくられた。
[北原白秋訳、鈴木康司絵、『まざあ・ぐうす』より]


たけうちちひろさんの絵本の違いを、絵本を手にいれた姫路のおひさまゆうびん舎さんに、「たけうちちひろさんの絵本で、国が違うと作られかたが違うものがあるんです!さあそれは?」と聞いてみたら、おひさまさんからしばらくすると「ぼくですか?」という回答。
えっ?と思い、見てみると、男の子のレシピも違っていました。

日本語版と英語語版の「ぼく」のレシピ。

e0152493_12415423.jpg

e0152493_12415582.jpg


そしてできた「ぼく」のページ。

e0152493_12422161.jpg

e0152493_12422317.jpg

絵本にでてくるキリンも違っていたし、おさるは素材は同じだけど、できたページが微妙にちがっていて、見つけるのが楽しいです。

たけうちさんは、単に1つの国の絵本をそのまま翻訳版として出しているのではなく、国によっていれるページを変え、レシピを変えて、切り方を変えていました。
まだまだいろんな発見があるかもしれないたけうちさんの絵本、すごくてとっても楽しいです。

おひさまゆうびん舎さんには、日本語版はもちろん、各国語版もまだ少しあるみたいです。


可愛くて素敵な絵本〜たけうちちひろさんの絵本
2018年4月7日の日記

by momokororos | 2018-04-14 20:27 | 絵本 | Comments(0)
<< 「しろくろきいろ」〜きくちちき... 素敵な映画〜「やかまし村の子ど... >>