長新太さんの絵本

長新太さん。
図書館でナンセンス絵本と言われる長新太さんの絵本を初めてみたのですが、そんなは好きになれませんでした。いまだにナンセンス絵本という意味もわかっていないのですが。

でも、ときを経て気づいてみると、持っている長新太さんの絵本が30冊を超えていました。好きな絵本を買っていたらいつのまにかに長新太さんの絵本も手にいれていました。

e0152493_23075016.jpg


最近手にいれたのが、『かみなりのちびた』。

e0152493_23075105.jpg


松野正子 作、長新太 画、理論社。

高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで見つけて、表紙がかわいくてぞっこんでした。

『星の牧場』。

e0152493_23075133.jpg


庄野英二 作、長新太 絵、理論社。

こちらは中目黒のdessinさんで手にいれた絵本です。

e0152493_23075214.jpg


e0152493_23075209.jpg

e0152493_23075359.jpg


細かいイラストの中にかわいいものが隠れています。すごいです、長新太さん。

周りには長新太さんの大ファンがたくさんで、わたしもその方々の見方を通じて、少しずつ好きになる絵本がでてくるかもしれないです。

by momokororos | 2016-08-18 22:15 | 絵本 | Comments(0)
<< 『庭のマロニエ』〜アンネ・フラ... 『わたしのろば ベンジャミン』... >>