人気ブログランキング |

静かなテイストのイラスト~クヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本

チェコのクヴィエタ・パツォウスカーさん。
初期に描かれた絵本から今の絵本にいたるまで、描くテイストが劇的に変化している作家はそうはないと思います。

パツォウスカーさん絵本で、値段が少しはっていたので買うのをあとにしていた絵本を、先日高円寺のるすばんばんするかいしゃさんで手にいれました。

e0152493_19453539.jpg



1962年のクヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本。
初期の可愛いテイストの絵本とは違った、静かなタッチと控え目な色遣いの時期の絵本です。

e0152493_1953887.jpg


e0152493_19535842.jpg


e0152493_19544475.jpg


e0152493_19554028.jpg



1960年のクヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本がこちら。

e0152493_1957119.jpg


こちらは、結婚後の姓のクヴィエタ・グリガロヴァーで書いていたときの絵本なのですが、
先の絵本とはテイストが違ってとっても可愛らしいです。
この絵本は紹介していなったかもなので、また今度紹介したいです。

1962年の絵本と似たテイストの絵本が、去年の12月に紹介した絵本。

e0152493_2030262.jpg


1968年の絵本です。

e0152493_21291782.jpg


e0152493_2130327.jpg


e0152493_2132792.jpg


こちらの絵本は、前のブログでも紹介しています。

「しばらくぶりのクヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本」~2015年12月 20日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23977784/
by momokororos | 2016-02-08 22:39 | 絵本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/24121611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< アルゼンチンのチョリパン~代々木上原 美味しいお魚のお店~麻布十番の魅力 >>