人気ブログランキング |

「上杉本洛中洛外図屏風」~米沢市上杉博物館

米沢。早めのお昼をたべて、15分くらい歩いたところにある米沢市上杉博物館へ。

たまたま展示されていると知った国宝の「上杉本洛中洛外図屏風」を見にきました。
e0152493_1455739.jpg

前に東京六本木のサントリー美術館で展示されていたこともあったのですが、見逃していてずっと見にいきたいと思っていました。

今日は見学の人もほとんどいなくて、国宝の作品をゆっくり見ることができました。
京都のお寺や街中、そして祇園祭が描かれていて、長刀鉾に月鉾、舟鉾などが描かれているのを見つけました。
「上杉本洛中洛外図屏風」の大きな図録を手にいれたので、あとでゆっくり見てみたいです。

博物館のある建物の向こうに見えるのは吾妻連峰かな。
e0152493_14551069.jpg

博物館手前の丘や芝生はゆったりと過ごす家族連れでたくさんでした。

同じ敷地内にある上杉神社のお堀周辺の桜はきれいでした。
e0152493_14551960.jpg

e0152493_14553458.jpg

by momokororos | 2015-04-26 14:54 | 展示会 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/23012545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-26 16:36
タイトル : 重要文化財・三重塔のある東京の名園の桜
椿山荘の桜 Cherry in full bloom in the Chinzan-so Garden  椿山荘のある場所は、武蔵野台地の東縁部、神田川に面ししており、南北朝時代から椿が自生する景勝地として知られていました。江戸時代は久留里藩黒田氏の下屋敷でしたが、明治の元勲・山縣有朋が買い取り、自分の屋敷として「椿山荘」と名付けました。後に藤田財閥が買い取り、現在は藤田観光の「ホテル椿山荘東京」として、東京でも有数の結婚式場としても有名です。 This location, the ...... more


<< 「ロシア、子どもの世界」の展示... 美味しい米沢牛 >>