人気ブログランキング |

巴里への憧れ~石井好子さんのこと

何十年も憧れ続けている巴里と、去年惚れこんだ石井好子さん。

この前の年末に京都を訪れていたときに、船岡山の世界文庫さんで、石井好子さんの『私は私』を手にいれました。
e0152493_22564679.jpg

音楽の世界は詳しくないけれど、サンフランシスコやパリで歌う石井さんの苦難と情熱が伝わってきます。石井さんの歌声や交友があった歌手の歌をいつか聴いてみたいと思いました。

この本に載っている石井好子さんの素敵な言葉があります。
「そうだ、お金が残っているうちにパリに行こう。」
そのまま私も巴里に行けそうな気がします。

昨年の夏に、東京中目黒のCOWBOOKSさんで、石井好子さんの『想い出のサンフランシスコ 想い出のパリ』を手にいれてから、巴里への想いが再燃しました。
e0152493_2256484.jpg

想い出のサンフランシスコ 想い出のパリと、私も言ってみたい、そして行ってみたいと思いました。

続けて、代々木上原の lospapelotesさんで『パリの裏街』を手にいれました。
e0152493_2256539.jpg

この本は石井さんのパリへの想いがあますことなく綴られていて、読むものを魅力します。セーヌ河、くいしんぼうや娼婦などの情景を綴っている巴里の風景は憧れそのものです。

石井さんのことを気になりながら本屋さんを巡ると、いろんなところで石井さんの本が見つかります。

大阪天神橋筋の矢野書房さんでは、『思い出はうたと共に』を見つけました。
e0152493_22565064.jpg

素敵な本です。出てくるシャンソンを聞きながら読んでみたいと思いました。

東京学芸大学の流浪堂さんでは、好きな石井さんのことを話していたのですが、『女ひとりの巴里ぐらし』をとっておいてもらえました。
e0152493_22565762.jpg

この本も素敵でした。
石井さんがサンフランシスコからパリへ渡仏したときからお世話になった朝吹登水子さんのことを知りました。

朝吹さんの本にも興味がでてきて、東京中目黒のdessinさんでは『私の巴里・アンティーク』、神戸元町のエメラルドブックスさんでは『パリの男たち』を見つけています。

苦難にもめげずにパリの街でたくましく生きていた石井さん。
ジャコメッティさんや矢内原伊作さん、藤田嗣治さんとも交遊があった石井好子さん。石井さんが過ごした巴里の街を歩いてみたいなって思っています。
by momokororos | 2015-01-03 22:55 | フランス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/22700475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 可愛いミーシャの絵本~イジー・... ジョルジュ・レホツキーさんの美... >>