人気ブログランキング |

一味違うかわいさ~クヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本

チェコのクヴィエタ・パツォウスカーさんのコーナーを本棚の隙間に作りました。
e0152493_22114430.jpg

その下は、ロシアと東欧の絵本のコーナーです。

これまでいくつかのクヴィエタ・パツォウスカーさんの絵本を紹介してきましたが、今日は2冊紹介します。
e0152493_22114630.jpg

顔の部分がはめこみとして作られており、何枚かのページに顔の部分の穴があいています。
パツォウスカーさんの絵本には、かなり凝った作りのものが多いです。

e0152493_22114859.jpg

e0152493_22115084.jpg

e0152493_22115279.jpg

e0152493_22115414.jpg

e0152493_22115676.jpg

この最後の裏表紙のイラスト、安曇野ちひろ美術館での展示で、ポストカードやグッズで見かけていたのですが、この絵本の中のイラストだったんですね。

そして、もう1冊。
e0152493_22115935.jpg

e0152493_2212144.jpg

e0152493_2212367.jpg

e0152493_2212583.jpg

e0152493_2212789.jpg

なんだなユーモラスな展開みたいな内容に見えます。

チェコ語は一言もわからないのですが、パツォウスカーさんの、面白くもありこわいようでもある味のあるイラストに魅せられています。私の中では「かわいい」んですけどね。

ちひろ美術館で、きのうから始まったパツォウスカーさんの展示会に行くのが楽しみです。
by momokororos | 2014-03-02 22:10 | 絵本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/21742130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 花日記(春~其の一) 梅のお花~お花をめでるココロと... >>