人気ブログランキング |

素敵な雨の絵本~東京三鷹台

雨降りの日が多いこの頃。日曜日にやっと晴れたのもつかのま、
昨日は雨がぱらつき、今日は少し日が照りましたが今にも泣きだしそうな空模様です。
梅雨にはいるのは、もうすぐかもしれませんね。

実は、雨が好きなんです。目に見える光景だけでなく、雨の音の風景に魅せられています。
雨が降りはじめると、お部屋のテレビやCDの音を消して雨の音に耳を傾けます。
屋根を打つ音、葉っぱをたたく音、道路にはねかえる音、雨樋を流れる音、車がわだちをわける音、
風景が立体的に感じられて、見えなくてもいろんなものの存在を感じます。
雨の風景や音が感じるカフェも大好きなところの1つで、いくつかお気にいりのお店もあります。
自分のお部屋も、雨の風景を眺めながら素敵に本を読めるようにしたいと思っているのですが、
そんなお部屋になったら外に出なくなるかもしれませんね。

先日、東京三鷹台の絵本屋さん「B/RABBITS」さんを訪れていました。

e0152493_22353677.jpg


ここも長居してしまうお店の1つで、先日も2時間くらい居てしまいました。
昔からほしいと思っていた雨の絵本を見つけました。

「あめのひ」ユリー・シュルヴィッツ 作・画、矢川澄子 訳、福音館書店

e0152493_22385659.jpg


この絵本、図書館で見かけてから何度も眺めている絵本なんです。
機会あるごとにいろんな絵本屋さんを見ていていたのですが、やっと巡りあえました。

出だしの文章が素敵です。

 あめが ふりだした
 ほら きこえる
 まどに ぴしゃぴしゃ
 やねに ばらばら


雨降る風景もさることながら、大地に降った雨もとってもよく表現されていて素敵です。

e0152493_2240553.jpg


雨の中での光がかもしだす風景もとっても美しいです。

e0152493_2242783.jpg


山や丘に降った雨が、草木や動物、子供たちに喜びをもたらし、
生命のみなもとである水をはぐくむ雨を静かに賛歌しているかのようです。

雨が降ると、持っている雨の絵本を眺めていたり、図書館で雨の絵本で楽しんでいたりします。
素敵な雨の絵本がたくさんあるので、少しずつ雨の日の絵本を紹介しようかなって思っています。
by momokororos | 2009-06-09 23:21 | 絵本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://momokoros.exblog.jp/tb/10401941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by midorizaka at 2009-06-09 23:59
こんばんは。
三鷹台にいらしたのですね!
それにしても、momokororosさんの絵本関連蔵書って
すごいボリュームなのではないだろうかと想像してしまいます^^
Commented by momokororos at 2009-06-10 00:36
midorizakaさん、こんばんは。
三鷹台に行ってました♪
いままでは絵本屋さんだけに寄っていたのですが、井の頭公園までさほど遠くないって聞いたので、周辺巡ってみたいなって思ってます。点が線になり面となっていくといいなあって思っています。

絵本が本当に好きな人や,それが高じて絵本関連のお仕事についている人たくさんいて、その方たちの蔵書って、はかりしれないものがあるかと思います。知らない絵本ばかりに出逢います。お花も同じですね。
絵本の蔵書のボリュームは、やっぱり図書館かなって思ってしまいます。
<< 梅雨どきに咲くお花たち~鎌倉円覚寺 おなじみの雑貨と絵本屋さん~東... >>