「ふわふわくんとアルフレッド」~ドロシー・マリノさんの絵本

東京三鷹台の絵本屋さん「B/RABBITS」さんで見つけたアニタ・ローベルさんの絵本を先日紹介しましたが、もう1つ素敵な本を見つけました。

「ふわふわくんとアルフレッド」文・絵 ドロシー・マリノ、訳 石井桃子、岩波書店

e0152493_2030469.jpg


これまで見たことのなかった絵本で、かわいくて一目惚れしちゃいました。
お店によく来る絵本好きのお客さんが手放した絵本だそうで、ご自身でハトロン紙(かな?)のカバーをかけていて大切に扱っていたことが感じられる絵本なんです。どんな気持ちで好きな絵本を手放したのかがかなり気になります。

e0152493_2031421.jpg


e0152493_20321948.jpg


2色で描かれた絵本で、「アルフレッド」とクマの「ふわふわくん」がとってもかわいいです。
「アルフレッド」が赤ちゃんのときからの友達「ふわふわ」くん、そしてアルフレッドがふわふわんくんより大きくなり、そして新しいおもちゃが来てふわふわくんには見向きもしなくなる物語です。
でも最後はハッピーエンドなんです...
絵だけではなくて、内容も素敵な絵本なんです~

絵本雑誌の「MOE」の2009年3月号は、石井桃子さんの特集で、
「ふわふわくんとアルフレッド」の絵本の表紙も載っています。
先に載せた絵本の表紙はハトロン紙がかかっている状態で写した写真ですが、
MOEの写真のような鮮やかな色をしています。

e0152493_20572113.jpg


e0152493_2058431.jpg


B/RABBITSさんには結局2時間半くらい居てしまい、店長さんといろいろ話していたのですが、
ドロシー・マリノさんの描く絵とよく似た絵本を教えてもらいました。
日本の絵本作家の「中谷千代子」さんです。
「かばくん」「かばくんのふね」「ジオジオのかんむり」などの絵本を描いた人です。
中谷千代子さんの描く子供の絵が、ドロシー・マリノさんが描く子供の絵と似ています。
ドロシー・マリノさんから影響を受けたのでは?って店長さんは言ってました。
絵本を読んでいると、異なる作家さんで似ているタッチの絵をときどき見かけます。

ドロシー・マリノさんは、「くんちゃんのだいりょこう」というくんちゃんシリーズをかいた人です。
「くんちゃんのだいりょこう」「くんちゃんとにじ」「くんちゃんはじめてのがっこう」と3冊持っていますが、このシリーズの中では「くんちゃんのだいりょこう」が一番好きです。

e0152493_20344128.jpg


子供のくまさんのくんちゃんは小鳥が南に渡るのを見て大旅行をくわだてるのですが、
その行動の愛らしいこと愛らしいこと。そんなくんちゃんをおかあさんおとうさんがとってもあたたかく見守っている姿がとってもやさしくて、大好きな絵本の1つです。
この絵本も石井桃子さんの訳です。
機会あれば、この絵本も是非読んでみてください~
by momokororos | 2009-05-14 22:53 | 絵本 | Comments(4)
Commented by midorizaka at 2009-05-15 19:52
こんにちは。
たしかに~、この「くんちゃん」クマ風のイラストは、何かとどこかで目にしているような気がします。影響受けた人が多いのかした。カレルチャペックの山田詩子さんの絵なんかも連想しました。
リンクさせていただいていいですか?
毎回、私のツボにはまる記事をありがとうございます。
Commented by momokororos at 2009-05-15 22:58
midorizakaさん、こんばんは~
山田詩子さんイラストのかわいい紅茶缶は結構買っているのですが、
絵本は持っていないので、確認できませんが、
山田詩子さんのくまさんのイラストもそうな感じなんですね。
リンクしていただいて大丈夫です。
素敵なモノがあっての日記なんで、私も素敵なモノやコトに感謝です。
Commented by kaiju-3bikigawoo at 2009-05-16 06:39
小学校で、読み聞かせボランティアをしていますが、
私もこの、くんちゃんシリーズが大好きです。
新学期が始まる、4月ごろには、『くんちゃんのはじめてのがっこう』をよく読みますよ。(^^

『かばくん』も大好きな絵本の1つです。
ゲタを履いた子供が出てくるところは、結構時代を感じますね。
でも、カメ君との会話のところなんて、子供は喜んで聞きますよ。(^^

『ふわふわくん・・・』、是非、探してみます。(^^
Commented by momokororos at 2009-05-16 09:14
kaiju-3bikigawooさん、こんにちは。
くんちゃんシリーズ、ほんとにいいですよね☆
絵本ごとに異なるシンプルな2色刷りの絵本。
読み聞かせしてもらうと、また新しい発見がたくさんなんでしょうね~
絵本屋さんでは、ときどき声をだして絵本を読んでいます(笑)
紙芝居も語り部も朗読も人の声にのせると素敵になるものたくさんですね。

『かばくん』は初版が1962年なんですね~
大きなかばくんと小さなカメ君、絵本の中ではみんな仲良しって感じでほほえましいですね。
『ふわふわくん・・・』は図書館なら見つかると思います。

<< 「マァヘイくんとげらこちゃん」... 「空中ブランコ」~人の弱さとい... >>