タグ:高瀬川 ( 3 ) タグの人気記事

京都小路散歩の楽しみ〜祇園新橋・木屋町

京都。
建仁寺を訪れていた日記は先日書いているのですが、烏丸御池にいてどうやって建仁寺へ入ろうかしばし思案しました。

市営地下鉄で四条駅にでて、阪急に乗り換えて河原町駅から歩く行き方。
市営地下鉄で京阪三条駅まででて、京阪に乗り換えて祇園四条駅からあるく行きかた。
もしくは、市営地下鉄で京阪三条駅まででて、三条駅からあるくいきかた。

久しぶりに祇園新橋の白川を見ようと思い、京阪三条駅から歩くルートをとりました。

京阪三条の、三条通りの東寄りの出口からでて、花見小路通の西寄りの道を南下して、新門前通を横切り、入っていいか戸惑うような細い小路に入ります。

結構長い通りなのですが、新門前通から入ったところの左側の家屋が工事中なので、途中の写真を紹介します。

e0152493_17231802.jpg

通り抜けできるので辻子(図子)というのでしょうか。

小路を抜けると、ちょうど新橋通の辰巳神社の横にでます。

e0152493_17233509.jpg

祇園新橋からみる白川は、河畔の昔ながらの建物と、空と紅葉と空の色を映しこんだ流れの色が素敵です。

e0152493_17251838.jpg

e0152493_17254245.jpg

祇園新橋を渡った先の図子も京都らしい雰囲気です。

e0152493_17273904.jpg

そのまままっすぐ四条通まで出て、1筋西の花見小路通へ。四条通から南の花見小路通は京都らしい街並みの通りなのですが、ずっと昔ですが場外馬券売場ができてから、車の渋滞や、馬券を買う人がたくさんで静けさが失われて惜しいかぎりです。

花見小路通の突きあたりが建仁寺です。

e0152493_17353385.jpg

しばし建仁寺の本坊でお庭を見てから、建仁寺の西の門からでました。
少し歩くと、川端通と木屋町通をつなぐ団栗橋にでます。

団栗橋からみる鴨川です。

e0152493_17283034.jpg

e0152493_17284953.jpg

鴨川を渡ると、高瀬川沿いの木屋町。よく歩くところで、ここから建仁寺まで近いということにいまさらながら気づきました。

高瀬川を渡る小さな橋を渡り、木屋町通と河原町通をつなぐ辻子を抜けました。

e0152493_17300830.jpg

河原町通四条下ルにある寿ビルデイングに久しぶりに寄りました。

e0152493_17304803.jpg

1階のミナ・ペルホネンさん。

e0152493_17323915.jpg

そして3階のミナ・ペルホネンさんの galleria。
ゆったりとした空間に上質なお洋服が飾られています。素敵だなって思うお洋服は11万円。いなと思うストールは7万円でした。

久しぶりに3階に寄ってみたのですが、
新しいお店もできていました。

e0152493_17331790.jpg

TOBICHI京都さん。雑貨屋さんです。

長年通っているせいか、京都はどこを巡るかは関係なく、いるだけで落ちつきます。

建仁寺には、6年前に訪れていました。

京都街なかの散歩〜祇園・河原町
2011年11月6日の日記

by momokororos | 2017-12-10 20:52 | 京都 | Comments(0)

高瀬川の満開の桜〜京都木屋町通四条上ル

雨かなと思いながらも、夜になって京都入りしました。

京都の木屋町通四条上ルの高瀬川沿いの桜です。

e0152493_22531917.jpg


満開の桜でした。
雨のあいまで傘をささずに、団栗橋から三条小橋までの高瀬川沿いの桜を楽しめました。
その足で鴨川を渡り、祇園新橋の桜も見にいっています。

by momokororos | 2017-04-07 23:00 | お花 | Comments(0)

街中を流れる川の風景~京都高瀬川、鴨川

金沢をあとにして京都にでていました。
特急で2時間15分。金沢から京都への切符は夢のようです。

木屋町通四条下ルの高瀬川へ。

e0152493_2262471.jpg


金沢の街中を流れる用水も川面が近くてとってもいいのですが、
この高瀬川も川面が近くて魅力的です。いつも京都にくると眺めたくなります。
高瀬川の西側は木屋町沿いのお店が川沿いに並び、
東側は木屋町通りで、京都らしいお店が並んでいて、とってもいい雰囲気です。

高瀬川の東側は鴨川です。
もう暗くなってきていたので見えませんが、
団栗橋から見える鴨川のはるか先は鞍馬の山々です。

e0152493_2273155.jpg


木屋町沿いや街中を散策して、蛸薬師通り沿いの雑貨のhugさんへ。

e0152493_2291531.jpg


いつも閉店時間に訪れてしまって申しわけないと思いながらも、この日もそんな時間でした。

お店では、逗子のMAJOさんの展示がつい先頃まで開催されていたのですが、
少し前に終わってしまいっていました。残念。
鎌倉のはっぱどうさんの作品も、いつもいつも見ているのですがやっぱり素敵です。

店長さんとは、神戸や京都の話し、阪急電車の話しなどで盛りあがります。
阪急電車の色は、チョコレート色でもなくて、あずき色でもなくて、
マルーン色だそうです。

すっかり長居したあとに、夜の京都の街を歩きます。
家に帰ったようなほっとひと息つける安心感が京都にはあります。

e0152493_22114290.jpg


金沢で毎日食べあるいていたのと、かぶら寿しを買っていたので、
街中をしばらくそぞろ歩いて、外では食べずにその日の京都をおしまいにしました。
by momokororos | 2015-11-09 22:35 | 古都 | Comments(0)