盛岡のさんさ踊りを見た翌朝、青森のねぶた祭り、もしくは五所川原の立佞武多を見るために、新青森に向かいました。宿をとっていないため、青森もしくは弘前のどちらの宿に空きがでるかで行き先が変わります。

ことしの6月に盛岡を訪れたときは、青森まで切符を買っていながら、盛岡だけで帰ってしまいましたが、今回は盛岡から足をのばしました。

お祭りは夜からなので、その前に新青森に降りてお昼を食べて、シャトルバスのねぶたん号で青森県立美術館へ。

e0152493_13111155.jpg

日差しは強いけど、ひんやりした爽やかな風が吹いていて気持ちよかったです。

e0152493_13111117.jpg

青森県立美術館に所属されているシャガールさんのアレコの作品を見にきました。前にも見にきているのですが、フィラデルフィア美術館にある1作品を加えて、シャガールさんのアレコの4作品全部が展示されているということを知り見にきたいと思っていました。

前に青山の本屋さんで見かけた青森県立美術館のシャガールさんの図録があったので手にいれました。

e0152493_10410170.jpg

アレコの4作品です。

e0152493_10410246.jpg

e0152493_10410271.jpg

e0152493_10410345.jpg

e0152493_10410300.jpg

この4つの作品はアレコホールという大きな空間に、見たこともないほど大きな絵が飾られていて圧巻です。1942年制作のバレエ「アレコ」の背景画で、縦横が21m×19mもあります。フィラデルフィア美術館の作品は、4つ目の絵です。

青森県立美術館は、今回はコレクション展だけの入場で、シャガールさんと奈良美智さん、棟方志功さんの展示しか見ませんでしたが、よかったです。

奈良美智さんの作品です。

e0152493_14241532.jpg

地下2階に降りてアレコホールに続く部屋が奈良美智さんの展示会場で、そのあとエレベーターで地下1階にあがると棟方志功さんの展示会場なのですが、地下1階へのエレベーターは気づきにくく地下2階だけ見て帰る人もいそうだなって思いました。

夕方、美術館前からシャトルバスで青森駅に出たのですが、乗り切れない人もいました。平日だったのですが、早めにバス停に行くのがいいですね。


2年前に青森県立美術館を訪れたときのことも載せておきます。

2015年8月5日
青森県立美術館。
e0152493_14241655.jpg


2015年8月5日
青森県立美術館。神戸栄町のlottaさんから、フィンランドのデザインユニットCOMPANYさんの素敵な展示があることを紹介してもらい寄ってみました。マトリョーシカ好き、こけし好きにたまらないコレクション。パンフの一部載っていました。
e0152493_14241633.jpg


2015年8月22日
中目黒。dessinさん。シャガールの図録を見ていたら、再び持っているシャガールの図録を見かえしたくなりました。青森県立美術館にも大きな大きななシャガールの絵が3枚飾られていてすごかったです。

「シャガールさんの絵〜図集と青森県立美術館」〜2016年 12月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25022723/


先日訪れた、盛岡のさんさ踊りと青森のねぶた祭りの日記です。

「夜空に響く太鼓と笛と鉦の音〜盛岡さんさ踊り」〜2017年 8月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25959316/

「勇壮で熱い音色〜青森ねぶた祭」〜2017年 8月 5日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25960642/

by momokororos | 2017-08-14 21:58 | 展示会 | Comments(0)
このあいだ青森の五所川原と弘前でお祭りを見ていましたが、明るいうちに弘前の街の素敵なところをいくつか訪れていました。
弘前は、これまで4、5回訪れているのですが、弘前城やねぷた祭を見にいくくらいでした。

弘前駅から市庁前にでて、旧弘前市立図書館を訪れました。

e0152493_08532348.jpg

素敵な洋館です。
移築されたとのことです。

e0152493_08532378.jpg

図書館にしては小さくて可愛いです。

e0152493_08532452.jpg

e0152493_08532460.jpg

もともと、どんな立地、風景に建っていたのか気になります。
こんな図書館があれば通いたいです。

旧弘前市立図書館は、この前に姫路市立美術館で、杉浦さやかさんの「杉浦さやか 井上みのる展」を見にいったときに、杉浦さやかさんの「弘前・洋館ツアー」のイラストが展示されていて、行きたいなって思いました。写真を撮ってもよい展示でした。

e0152493_05295842.jpg

「杉浦さやかさんのイラスト展〜姫路市立美術館と姫路の本屋さん」〜2017年 7月 16日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25919221/

弘前にこんな素敵な洋館があるの知りませんでした。弘前洋館散歩は続きます。


「圧倒される山車の大きさ〜五所川原の立佞武多祭」〜2017年 8月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25962710/

「勇壮で妖艶な祭り〜弘前ねぷた祭」〜2017年 8月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25963976/


by momokororos | 2017-08-11 11:28 | | Comments(0)
昨晩、五所川原で立佞武多(たちねぷた)を見てから、弘前に戻ったのですが、弘前駅に着いたのは21時間半でした。

駅を降りると祭の太鼓の音がします。
8/1から始まっている弘前のねぷたのコースは、昨晩から駅前を通るコースで、まだ山車が駅前を通っていました。

e0152493_11290655.jpg

山車の扇の表の絵は鏡絵といわれ勇壮な武者の絵です。ねぷたの山車は扇の部分だけ回転して、見せ場を作ります。

e0152493_11290669.jpg

武者の絵はいかついですが、重厚な青森のねぶたと比べて軽快感があります。太鼓と笛の奏でる調べも、もの悲しい感じがします。

e0152493_11290700.jpg

いつもは土手町のルートで見ているので、駅前で見るのは初めてです。

駅前の通りすぎる山車はほどなく終わりましたが、音のする方向について行ってしまってます。

巡行が終わったあとの山車です。

e0152493_11290830.jpg

扇形の山車が弘前ねぷたでは特徴的ですが、青森のねぶた祭の山車みたいなのもあります。

e0152493_11290806.jpg

e0152493_11290998.jpg

22時過ぎまで太鼓の音がしていました。最後の山車がスタート地点に戻るまでに太鼓と笛の音が響きます。

昨日の昼間は、弘前市内を巡っていたのですが、山車を車で運ぶ姿が見れました。
この写真は扇の裏面の絵で、見送り絵といわれるものですが、妖艶な美女が描かれています。

e0152493_11290996.jpg

e0152493_11291078.jpg

e0152493_11291071.jpg

扇の上部が折れていますが、これは信号のアームにぶつからないように、信号のところで折りたたみます。

大太鼓も置かれていました。津軽情っ張り大太鼓です。この大太鼓にまたがって大きなバチで太鼓をたたきます。

e0152493_11291167.jpg

2007年にねぷた祭に行ったときに撮った少し小さな太鼓の写真がありました。

e0152493_22140597.jpg


出番を待つねぷたの山車が並んでいる光景です。五所川原に行く前の17時半くらいの写真です。

e0152493_11312149.jpg

駅前ルートを運行するねぷたの山車が勢揃いすることをタクシーの運転手から聞いたのは10年前。やっと見れました。

e0152493_11312271.jpg


開始まで1時間以上あるのに、山車が通る駅前は人でいっぱいでした。

e0152493_22140616.jpg


今年は、弘前のねぷた祭は見れないかなと思っていましたが、見れてよかったです。

by momokororos | 2017-08-06 22:15 | 祭り | Comments(0)
青森から弘前へ。
弘前では、夜にねぷた祭が開催されるのですが、昨夕は弘前から五所川原へ。久しぶりのディーゼル車です。途中の川部駅で進行方向変わり、津軽富士と夕陽を左手に眺めながらの風景もまた風情があります。

五所川原で開催されている立佞武多(たちねぷた)を見にきました。

駅から少し歩いたところの辻から山車が引かれはじめます。

e0152493_21172147.jpg

e0152493_21281575.jpg

何度見ても立佞武多はすごいと思います。

e0152493_21021997.jpg

e0152493_21022046.jpg

e0152493_21022178.jpg

強そうなカエルがいるねぷたもありました。

e0152493_21022166.jpg

カエルの後ろ姿はこんなです。

e0152493_21022110.jpg

暗くなると立佞武多の高さがわからないですが、明るいうちだとわかりやすいです。
19時少し前の出発前のねぷたが待機している写真です。

e0152493_11125121.jpg


e0152493_21022209.jpg

この辻が一番の見所ですが、とても混みます。
待機していた大型ねぷたが横切ります。

e0152493_11125159.jpg


暮れてくると、ねぷたがきれいです。

立佞武多は4回くらい見にきていますが、その存在感に圧倒されます。近くにくると真上を見上げる感じです。

e0152493_21281511.jpg

思わず、巨大な山車についていきながら写真を撮ってしまうので、なかなかベストショットがとれる場所が定まりません。

2時間弱みたところで、電車の時間があるので五所川原から弘前に戻りました。


by momokororos | 2017-08-06 11:12 | 祭り | Comments(0)
昨日は、盛岡から青森へ。
五所川原の立佞武多(たちねぷた)を見るか、青森のねぶたを見るか、宿をどこにとれる次第だったのですが、夕方になって青森駅近くの宿がとれたので、青森のねぶた祭を見ることにしました。

ねぶたは19時10分開始でしたが、18時30くらいに会場へ。熱い祭りの始まりです。
外は寒いくらいでしたが、祭りを見ていたら寒さは忘れていました。
e0152493_19595067.jpg

e0152493_20535884.jpg

e0152493_19595171.jpg


e0152493_20130617.jpg

e0152493_20535969.jpg

e0152493_11072818.jpg


ねぶたの前面も迫力ですが、後ろも魅力です。

e0152493_20540064.jpg

e0152493_20540091.jpg

辻にくると1周もしく45度廻してくれるねぶたもあります。廻してくれるかは、観客の声援によるところもあります。

e0152493_20540115.jpg

e0152493_20540247.jpg

e0152493_20540246.jpg

e0152493_20540321.jpg

勇壮なねぶただけではありません。
ラッセラッセラッセラのかけ声に踊ります。

e0152493_11072828.jpg

こんな小さな子もステップ踏んでいます。

e0152493_19595290.jpg

かわいいねぶたも来ます。

e0152493_20130608.jpg

e0152493_11072949.jpg


e0152493_22310352.jpg

e0152493_19595315.jpg

ねぶたの調べは、リズムをとりたくなるような音色です。青森のねぶたは出陣の祭りなので勇ましいです。弘前のねぷたは凱旋の祭りです。

21時でねぶた運行はおしまいですが、港のそばの格納倉庫に帰るねぶたも見ものです。

信号に触れないように、橋に触れないように慎重にうごかします。

e0152493_22310365.jpg

e0152493_22310441.jpg

e0152493_11072915.jpg


ズラッと並んでいます。

e0152493_11073072.jpg


ねぶた開始前の沿道です。
こちらは18時50分くらいの会場。
まだねぶたは来てません。

e0152493_18572739.jpg

太鼓がやってきます。

e0152493_19082744.jpg

19時くらいに大太鼓の演奏が始まります。点灯されたねぶたも来て、祭り開始直前に盛りあがります。

e0152493_19082816.jpg

ねぶた祭は8/7月曜まで開催されています。

今日は青森から弘前に向かいます。




by momokororos | 2017-08-05 11:26 | 祭り | Comments(0)

函館への想い

青森曇り。

弘前から青森へでました。
新青森で、函館行きの列車の表示を見ると、函館への想いにかられます。

函館は路面電車の走る港町。
港町と路面電車はとっても似合います。

その昔は函館にはよく行っていましたが、ここ10年くらいはご無沙汰です。

青森はホタテ、函館はイカが美味しいです。
そして塩ラーメンもとっても美味です。

北海道新幹線が来年の3月に開通するのでまた行ってみたいです。
函館への想いを後にして、南に向かいます。
by momokororos | 2015-08-07 12:36 | | Comments(0)

弘前ねぷた祭り

弘前ねぷた祭りは、東北夏祭りの先頭をきって7月31日から始まるので、
むかし東北夏祭りを巡るときに、一等最初に見にきていました。
きのうは五所川原にでて立佞武多祭りを見ていたのですが夕方まで弘前にいました。
弘前城のある弘前公園のそばで見かけたねぷたの山車です。
e0152493_1215962.jpg


e0152493_12114979.jpg


こちらの山車は、倉庫から出していたのだけど、
タクシーの運転手さんに聞いたら仮設とのこと。
いろんな地区で作られ、車で曳かれてくるそうです。

e0152493_12221347.jpg


山車は、祭りが終わったあとは川で焼いてしまい毎年作られるとのこと。
もったいないような気がします。

昨夜は、五所川原から弘前には22時前に戻ってきたのですが、
祭りが終わり土手通りを上って帰っていくねぷたを見ることができました。
土手通りは2車線あるのですが、ねぷたの山車は1車線半ぐらいの横幅
あとに続く車が大渋滞してました。

駅前では、お出迎えをしていました。

e0152493_12213094.png


弘前ねぷたは今日8/7が最終日。
青森ねぶたも五所川原の立佞武多も最終日かな。
by momokororos | 2015-08-07 12:25 | | Comments(0)

立佞武多祭り~五所川原

今日は青森で棟方志功さんの展示を見てから弘前へ出ました。

弘前はねぷた祭の真っ最中でしたが、
五所川原の立佞武多祭り(たちねぷたまつり)に行くことにしました。
17年前に約80年ぶりに復活したお祭りで、2回ほど訪れています。

弘前からディーゼルの2両編成で五所川原へ。
五所川原駅から少し歩いたところの広い広場のような交差点で祭りの開始を待ちます。

待機している山車です。

e0152493_23105178.jpg


ビルより高い山車で圧巻です。

待機している山車の前を大きな山車が通ります。

e0152493_23191584.jpg


e0152493_23212065.jpg


e0152493_23222188.jpg


山車を追いかけて、違う場所でも見ていました。

e0152493_23285377.jpg



9時近くまで見ていましたが、街中を1周した山車がまた戻ってきます。
去りがたかったのですが、電車の時間があるのでそこまでにしました。
また来年も見にきたい祭りです。
by momokororos | 2015-08-06 23:51 | | Comments(0)
青森晴れ。今日は昨日より少し涼しいです。

昨日、新青森駅に降りたら、棟方志功さんの展示会のパンフレットを見つけました。
e0152493_16244373.jpg


棟方志功さん展示は、去年に倉敷の大原美術館の棟方志功版画室を見ているほか、鎌倉の鎌倉山にある鎌倉市棟方板画館、横浜のそごう美術館での「棟方志功と柳宗悦」展、青森の棟方志功記念館、福井の棟方志功記念館「愛染苑」などで見ていて、大好きな版画家です。

棟方志功記念館には寄ろうと思っていたのですが、
青森市民美術館でも棟方志功さんの展示をやっていることを知り寄ってみました。

青森市民美術展示館の「棟方志功展」。
e0152493_16294938.jpg


ちょっとだけ見るつもりだったけど、作品がすごくてとりこになってしまいました。

吉井勇さんの歌を板画にした「流離抄」もありました。
この中の「かにかくにの柵」の板画は大好きです。
e0152493_16305254.jpg


[棟方志功記念館の図録より]


初めて見た板画の中では、
谷崎潤一郎さんが選んだ歌に板画をつけた「谷崎歌々板画柵」が素敵です。
e0152493_163255100.jpg


[棟方志功記念館の図録より]

岡本かの子さんの『女人ぼさつ』の詩を板画にした「女人観世音板画巻」も素敵でした。
e0152493_16334885.jpg


[棟方志功記念館の図録より]

青森市民美術展示館からシャトルバスで棟方志功記念館に移動。
e0152493_1635731.jpg


「棟方志功 半世紀の芸業」の展示会。棟方志功記念館は12、3年ぶりくらいにきました。
こちらは版画とともに版木も展示されています。

題名もない小さなやさしいお顔の女性の版画に惚れました。

館内の映像も見ていたのですが、
棟方志功さんの、デッサンや文字を描くスピードには驚かされました。

記念館から出ている図録を手にいれました。
e0152493_17105441.jpg


先日訪れた青森県立美術館にも、
今日青森市民美術展示館で見た「花矢の柵」に似た?作品もあったような気がします。
今回はたくさんの棟方志功さんの作品を見れてよかったです。
by momokororos | 2015-08-06 17:16 | | Comments(0)
青森。晴れ。
旅をすると、各地の天気予報の楽しみです。

青森の天気予報は、3つのエリアでわかれていて、
津軽、下北、三八・上北(さんぱちかみきた)、です。

「三八」というのは、三戸と八戸かな。
by momokororos | 2015-08-06 09:08 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ