タグ:金沢 ( 104 ) タグの人気記事

金沢。
お昼は近江町市場でいただきました。
もりもり寿しさんが、8人しか並んでいなかったので入ることにしました。

白えび。
北陸にきたらはずせません。

e0152493_14424840.jpg


たまに東京でもお目にかかれますが、少量で高いです。

タコ。

e0152493_14424913.jpg


シラウオ。

e0152493_14365203.jpg


カンパチ。

e0152493_14365382.jpg


ガスエビ。

e0152493_14365310.jpg


ガスエビって結構値段高いんですね。
美味しいです。

のどぐろ炙り。

e0152493_14365453.jpg


日本海の魚で好きなのが、ハタハタとノドグロ。ノドグロは炙りが好きです。


同じネタをもう少し食べたいとチラッと思いましたが、腹八分目で満足です。
三千円でおつりがきて、こんなに美味しい北陸の海の幸が食べれて幸せです。

by momokororos | 2017-05-27 16:56 | グルメ | Comments(4)
金沢の香林坊近くの石川四高記念文化交流館の石川近代文学館のお隣りのしいのき迎賓館へ。
ふと道沿いの看板を見ると、「北欧暮らしのスタイル展」が開催されていました。

e0152493_20160769.jpg

しいのき迎賓館は入らないつもりだったのですが、少しだけ見ることにしました。
会場の1つでは北欧の可愛いものがたくさんでした。

e0152493_20160844.jpg

e0152493_20160962.jpg


もう一つの会場は、ビンテージの北欧のうつわがたくさんでした。

e0152493_20160941.jpg


あとで、金沢の南町を下ったところにある北欧雑貨のお店のピップリケラさんに行こうと思っていて、こんなうちわがこんな値段で売られていたことを伝えようと思いながら見ていました。

e0152493_20161052.jpg


すると、「あれ!?こんにちは。びっくりした」という声が。あとで行こうとしていた北欧雑貨のピップリケラさんの店長さんでした。会場のうつわは、すべてピップリケラさんの商品でした。お店は閉められているとのことで、展示会を覗いてみてよかったです。

金沢市?が持っている北欧の美術工芸品も展示されていました。

e0152493_20161002.jpg

e0152493_20161147.jpg


しいのき迎賓館と迎賓館前のしいのきはいつ見ても素晴らしいです。

e0152493_14554647.jpg

e0152493_14554793.jpg



by momokororos | 2017-05-27 14:55 | 芸術 | Comments(0)
金沢香林坊。
21世紀美術館の方に少し歩くと、石川四高記念文化交流館。

こちらには石川近代文学館が入っていて、大好きな廣津里香さんの常設展示があります。金沢に行くとほぼ毎回寄ります。

「乙女の文学展」が開催されています。

e0152493_20265047.jpg


川端康成さんの『乙女の港』の表紙は中原淳一さんの絵でした。
解説に、中里恒子さんが書いたものに川端康成さんが補筆したということが書かれていました。川端康成さんの『花日記』も中里恒子さんの作だそうです。

中里恒子さんは好きな作家さんで、『時雨の記』がお気にいりです。宇野千代さんとの往復書簡の本もいいです。『乙女の港』と『花日記』は読んでみたいと思いました。

室生犀星、『乙女抄』の巻頭
には、こんな歌が載っています。

ここすぎていづくにかゆかむ
名も乙女のそのふ
ここすぎて行かばいづくに

ちょっと手にいれてみたい本です。


「乙女の文学展」の展示では、中原淳一さんの絵が表紙の本がたくさん展示されていました。中原淳一さんはそんなに興味がなかったのですが、本の装幀に使われているのはまた興味があります。姫路の姫路市立美術館で中原淳一さんの展示をすすめられたけど見にいきませんでした。見にいけばよかったかな。


「乙女の文学展」を見たあとは、大好きな廣津里香さんの常設展示を見にいきました。
廣津里香さんは、金沢に住んでいて、詩や絵を描いていた女性。若く夭折してしまっていますが、その感性に惹かれます。

2階の、石川県の文学者の部屋の半分くらいが廣津里香さんの展示です。
見たことのない廣津さんの写真や絵がありました。展示はときどき少し入れ替えているみたいです。
廣津里香さんの写真や絵、詩、日記をみて、生きていた時代の廣津さんに想いを馳せます。
廣津里香さんの詳しいことを聞こうと思ったのですが、学芸員の方がおらず残念。また今度聞いてみたいと思います。


石川四高記念文化交流館は、ほんと素敵で、こんな建物です。

e0152493_12372958.jpg



「廣津里香さんの画帖〜『不在照明』」〜2016年 12月 2日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25002181/

「『白壁の花』〜廣津里香さんの日記」〜
2016年 8月 23日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24613336/

「金沢春のお散歩(其の三)~石川近代文学館」〜2016年 4月 12日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24298350/

「廣津里香さんの絵~ 『黒いミサ』」〜2016年 3月 22日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24239722/

「廣津里香さんの絵と詩~石川近代文学館」〜2016年 3月 7日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24198123/



by momokororos | 2017-05-27 11:48 | | Comments(0)
久しぶりの金沢。
去年の年末に訪れて、またすぐ1月から再び行きたいと想っていたのですが、5ヶ月ぶりでやっと行くことができました。

東京から新幹線で2時間半。
仕事が終わってから行っても夜を楽しめます。
21時半くらいに、金沢の犀川大橋ほとりの片町伝馬へ。夜の金沢で一番情緒ある街ではないでしょうか。

北陸の海の幸を堪能しました。

お刺身の盛り合わせ。

e0152493_19485796.jpg


くじら赤身、白エビ、ガスエビ、ヒラマサ、タコ、マグロ。最近美味いものを食べていなかったので、うれしいです。

外海で期間限定で採れるというもずくは太く粘りもあっておいしい。

e0152493_19485802.jpg


ホタルイカ。

e0152493_19485920.jpg

生きているホタルイカでした。
これを石焼の上で焼きます。香ばしい香りがたまりません。わたしはこれを食べにきたんだと思ってしまうほどの美味しさです。

合わせた地酒は、加賀雪梅純米。
あたりフルーティ、あと水のような素直な味でした。そして好きな宗玄純米もいただいています。

沢蟹が載った自然薯石焼。

e0152493_19485985.jpg

うに、白えびが入って美味しい。

あとは、加賀菜もいただいています。

美味しいので日本酒がすすみます。

三笑楽濁りつぶ酒。
酸味にほどよい甘みがあって美味しい。料理と合わせなくてもこれだけで楽しめそう。いくらでも飲めそうですが、アルコール度数は高いです。

お店のご主人や奥さん、先代のご主人と話しながら、片町伝馬の夜は更けていきました。


by momokororos | 2017-05-27 10:12 | グルメ | Comments(0)
今年になってから金沢に行きたいという想いをかかえながら3、4回行くのを諦めています。

先週は日本海側の大雪で断念。
先々週も悩んだ末に学芸大学へ。
その前の週は、高円寺に出ていたのですが、最近遠出していないのでは?と言われて金沢や京都への慕情がつのりました。

金沢や京都を訪れたのは、この前の年末なのでまだまだ日が浅いのですが、去年の1月2月に訪れた街を調べてみると、金沢9日、京都4日、神戸3日でした。去年に比べれば遠出していないのですが、1月2月に遠出していない年もちらほらあります。

去年の年末に金沢を訪れたときは、金沢の新刊本屋さんで平積みにされていた金沢を舞台にした小説を見かけていました。あとで買おうと思い東京に帰ってから探したのですが、タイトルも著者も忘れてしまい、平積みしている本屋さんも見かけず、ずっと買えずじまいでした。

やっと探していた本を見つけました。井上雪さんの『廓のおんな 金沢 名妓一代記』。

e0152493_22591159.jpg


まだ読み始めですが、この小説を読みながら、金沢に想いを馳せたいと思います。

by momokororos | 2017-02-15 22:59 | | Comments(0)
金沢では、雑貨に古本屋、うつわのお店にも寄りました。金沢に来るとよく寄っているところばかりですが、久しぶりに顔をだしました。

せせらぎ通りを武蔵ケ辻の方向に少し歩いたところにある、フィンランド雑貨のピップリケラさん。

e0152493_22281661.jpg


フィンランドのヌータヤルヴィのうつわに惚れこんでいるのですが、今回もヌータヤルヴィの素敵なうつわに出逢いました。
前からお店に置かれていていたのですが、置かれていたことは知っていましたが、じっくりと見ていなくてその魅力に気づきませんでした。

古本屋のオヨヨ書林さん。

e0152493_22281790.jpg


元109で今は東急スクエアの地下の本屋のうつのみやさんに寄りました。ほど近い柿木畠にあったのですが移転しています。店内の一角にあるカフェの名は「文豪カフェ」。惹かれる名前です。

表通りにでて、九谷焼の諸江屋さんへ。

e0152493_22281812.jpg


人間国宝の徳田八十吉さんの展示が奥で開催されていました。

金沢の美術館にもいろいろ寄りたかったのですが、すべて年末のお休みでした。
この前に読んだ川本三郎さんの本の『林芙美子の昭和』に、徳田秋聲さんのことが書かれていて、金沢のひがし茶屋街の徳田秋聲記念館を再訪したかったのですが、またの機会に行きたいと思います。


by momokororos | 2016-12-30 22:46 | 雑貨 | Comments(0)
金沢3日目。
金沢駅ビルの中の「あんと」に入っている金沢まいもん寿司さんでお昼をいただきます。
まいもん寿司さんは、私の地元にできて開店さた当初から人気のお店でした。

北陸の海の幸7点盛りを頼みました。

e0152493_12305295.jpg


白えび、のどぐろ、香箱蟹も入っています。

香箱蟹、昨日に引き続き食べることができてうれしいです。

e0152493_12305344.jpg


北陸の海の幸は美味しくて毎日食べたいです。
by momokororos | 2016-12-30 20:40 | グルメ | Comments(0)
金沢。
昨日は、朝晴れていましたが、天気は変わり夜は雨になりました。とても寒かったです。

夜は片町伝馬にでて北陸の海の幸を楽しみました。

久しぶりに香箱蟹をいただきます。

e0152493_09493219.jpg


香箱蟹はとっても美味しくて毎日食べたいくらいです。今年の冬の金沢は初めてなので、香箱蟹も初めてです。11月から12月末まで食べることができるのでギリギリでした。


お造り。

e0152493_09493341.jpg


アンコウの肝やアンコウの頬もありました。白えびも北陸にきたらはずせない大好きなお刺身です。


白子の石焼き。

e0152493_09493441.jpg


白子が焼けるこおばしい香りが食欲をそそります。


せん菜。わさびの葉です。

e0152493_09493469.jpg


辛いけど、美味しいです。
お料理のアクセントにもなるし、お酒のつまみにもなります。

合わせる地酒は、加賀雪梅の純米吟醸と、歳盛の大吟醸。

e0152493_09493595.jpg


加賀雪梅の純米吟醸は甘み柔らかく酸味も少なく飲みやすかったです。大吟醸はあまり飲みませんが、フルーティーな味はいつも驚かされます。

by momokororos | 2016-12-30 10:20 | グルメ | Comments(0)
金沢晴れ。

e0152493_11125722.jpg


天気は下り坂みたいですが、出だしよしです。

まずは近江町市場でお昼。
もりもり寿しで食べようと思ったのですが、50人待ち。ほど近い近江町食堂で食べることにしました。

かぶら寿し。

e0152493_11455794.jpg


冬の味覚のかぶら寿しはとっても美味しいです。

白海老唐揚げ。

e0152493_11455767.jpg



東京だとめったに食べれない白えびは北陸にくるとはずせないです。

海鮮丼。

e0152493_11455847.jpg


ブリが美味しいです。

お昼からちょっと欲張りすぎたかな。

久しぶりの金沢の味覚、美味しかったです。

by momokororos | 2016-12-29 11:45 | グルメ | Comments(0)

久しぶりの金沢

昨晩、最終電車で金沢に来ました。

e0152493_08581066.jpg


昨夜は東京で遊んでいて、関西にでるか金沢にでるか迷いましたが、なじみのお店が開いている金沢へ。

e0152493_08581129.jpg


昨晩金沢に着いたのは23時半過ぎだったのでどこにも行けていませんでしたが、久しぶりに楽しみです。

by momokororos | 2016-12-29 09:07 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ