「ほっ」と。キャンペーン
神戸は12、3年くらい前から通っているのですが、いまだに憧れてやまない街です。
昔から個性的な本屋さんが多くて、通っていた本屋さんが何店か移転や閉店していますが、それでも魅力的な本屋さんが多いです。

その中の一軒が、神戸元町のハニカムブックスさんです。

e0152493_10055844.jpg


本と雑貨の乙女な本屋さんです。
名前は本屋さんですが、かわいい雑貨もたくさんです。
本と雑貨が半分半分くらいでしょうか。
本の種類は、生活、雑貨、旅、エッセイ、絵本、文学、雑誌、コミックなどです。

少し前に訪れたときの写真です。

e0152493_10055906.jpg


お店にいてみて、お客さんは9割くらいが女性の感じです。
ここまで女性のお客さんが多い本屋さんは他に知りません。

店内はとっても明るくてかわいい感じです。窓のカーテンも可愛いです。

e0152493_10055922.jpg


本棚が高くないので、白い壁の店内が見まわすことができて気持ちのよい空間になっています。小さな展示スペースもあります。

この前に訪れたときに手にいれた本です。

柚木麻子さんの『ランチのアッコちゃん』。

e0152493_10060045.jpg


市河紀子さんの選詩の『草にすわる』。

e0152493_10060076.jpg


素敵な詩が載っています。

ハニカムブックスさんは8年目。
これからも楽しみな本屋さんです。

by momokororos | 2016-09-24 23:40 | | Comments(0)

神戸本屋巡り

憧れの神戸。

おとといときのう、神戸を訪れています。

姫路から神戸元町へはいったおととい。
久しぶりに鯉川筋のファビュラスオールドブックさんへ。

e0152493_08265787.jpg


お店にかなり長居してお話し。
珍しく東京の原宿、青山の話題で話しが盛りあがりました。
8月に絵本屋さん同士のコラボ企画があるそうです。まだ言っていいのか聞かなかったのでこちらではふせておきます。

お店でまず気になったへんなかおの虎の絵本。

e0152493_08265869.jpg


イプカーさんの絵本かな?と思っていたのですが、ロジャー・デュボアザンさんの絵本でした。

e0152493_10514249.jpg

e0152493_10514383.jpg

e0152493_10514346.jpg


このあたりのイラストは、デュボアザンさんらしいです。

手にいれたもう1冊の絵本は、モーリス・センダックさんの『TEN LITTLE RABBITS』。

e0152493_10514362.jpg


1970年のかわいいミニ絵本です。

e0152493_10514407.jpg

e0152493_10514449.jpg

e0152493_10514428.jpg

e0152493_10514563.jpg

e0152493_10514508.jpg


そして最後は。

e0152493_10514599.jpg


60年代のセンダックさんらしいタッチが残っていて素敵です。
この日は、長く話しすぎてファビュラスさんだけでおしまい。

次の日は、京都から神戸にはいりました。

神戸元町の1003さん。

e0152493_15171384.jpg


夏葉社さんの『移動図書館 ひまわり号』を見つけました。

e0152493_15171389.jpg


昔、子どもの頃、移動図書館が来ていたのを思いだします。

芦屋市立美術博物館で開催されている「チェコ絵本をめぐる旅」の展示も教えてもらいました。

e0152493_15171465.jpg


巡回展はしないとのことで、今度関西ではに来たときに見てみたいです。

少し西に歩いたところにあるハニカムブックスさん。

e0152493_15171421.jpg


お店の中のレイアウトを少し変えていました。

まえに、谷川史子さんのコミックを紹介してもらって読んでいるのですが、谷川さんの違うコミックがあったので手にいれました。

e0152493_15171476.jpg


せつないながらもさわやかな物語です。

ハニカムさんでは、たくさんのパリ関連の本がありました。

神戸ではまだ行きたいところあったのですが、ハニカムさんに居たら、19時を過ぎてしまい、ハニカムさんでおしまいになりました。












by momokororos | 2016-07-17 18:25 | | Comments(0)
京都にでていたのですが、京都をあとにして西へ。
荷物がかなり重くなっていたので、混んでいる新快速は避けて各駅でゆっくりと西へ向かうことにしました。大阪で降りようかと迷いましたが、重い荷物を持って大阪を歩くのはつらいので、こぢんまりした街の神戸なら遊べると思い神戸元町までいきました。

元町のハニカムブックスさんをめざしたのですが、ハニカムさんまでも歩くのが精一杯。
ハニカムさんの近くのとんかつ屋さんでお昼を食べてからハニカムブックスさんへ。

e0152493_1142425.jpg


明るくて乙女なお店に癒されながら、
お店の夢の第4号店??の話しを店長さんと話しながら夢みていました。

前にお店に寄ったときにかわいいなっと思って2冊買ったピクシィ絵本。
またあらたなかわいい1冊を見つけました。『おうちにかえろうよ』の絵本。

e0152493_11482490.jpg


そして、杉浦さやかさんの『おきにいりと暮らす』もかわいいです。

e0152493_11522320.jpg



木島始さんの『絵本のこと歌のこと』の本もよかったです。

e0152493_11544789.jpg



ハニカムさんからすすめてもらった谷川史子さんの『純愛読みきり集S』。

e0152493_11574056.jpg


かなわない想いも書かれていながらも、登場人物の明るさでさわやかな物語になっています。読みおわっても気持ちが重くならず、やさしい読後感です。

少し前の「暮しの手帖」も見つけました。

e0152493_1272421.jpg


この中の「魯山人のお茶漬け」の特集が目をひきました。

e0152493_1275457.jpg


とっても美味しそうなお茶漬けです。

e0152493_1284093.jpg


e0152493_1285656.jpg


こんなお茶漬けを夜更けに静かに食べてみたいものです。


お店では、こまひとみさんの展示会が開催されていて(すでに終了)、こまさんも在廊されていて、しばしお話ししました。ハニカムさんでよく聞くお名前だったのですが初めてお会いできました。

お店をあとにして、同じ元町の古本の1003さんへ。
e0152493_12121245.jpg


e0152493_12123033.jpg


お店では、阿川弘之さんの『食味風々録』を手にいれました。

e0152493_12125738.jpg


壇ふみさんとつながりあるとお聞きしましたが、今日中目黒のCOWBOOKSさんの店長さんとお話ししていたのですが、阿川弘之さんのむすめさんの阿川佐和子さんと壇ふみさんが仲がよかったみたいです。

神戸では、栄町の雑貨のlottaさんにも寄っていて、焼きもののお話しをしています。

e0152493_12145865.jpg


お店には大分の小鹿田焼きのうつわが置いてあるのですが、今度福岡の小石原焼きのうつわの展示をするそうで楽しみです。

神戸は、3つのお店を巡っておしまいになりました。
最近、神戸の山側のお店は行けていないので、今度訪れたときには行きたいと思います。
by momokororos | 2016-05-09 00:16 | | Comments(0)
憧れの神戸回遊。
三宮の駅と交差するフラワーロード。駅からのぼる坂はしばらく魅力がないのですが、加納町のやっかいな歩道橋を渡ったところからちょっと雰囲気が変わります。
表通りから路地に入った道沿いによさげな飲食店が点在して魅力的です。前から憧れているエリアなのですがいまだに一軒も入れていません。今回も金沢で美食三昧したあとで食傷気味なこともあって入りませんでした。また今度は入りたいなって思っています。

久しぶりに神戸に泊り、神戸2日目。
加納町から歩きはじめ、中山手通りを西に歩きます。
荷物が重かったので、ちょっと歩いた生田筋と交差するあたりで疲れてしまい、東急ハンズの方に降りて下山手通りのカフェでスターバックスで休憩です。
元気になってきたので、少し西に歩いたところにあるtoiroさんへ。

e0152493_22424862.jpg


お店では、Maillet + FLYINGFREの展示が開催されています。

e0152493_22451082.jpg


マイレさんの素敵な真鍮のアクセサリーが展示されています。

この展示のパネルがまた素敵です。

e0152493_22464079.jpg


「10」と「16」は2010年から2016年までの作品という意味。そして toiroさんのお店の名前の「トイロ」にかけたネーミングだそうでとっても素敵だなって思いました。

お店では、ケーキをいただきだきながら、お店のおふたかたとお話ししながらゆっくり。

e0152493_22531345.jpg


前にtoiroさんに来たときに雨あがりのあとに日が射してきた神戸の風景を楽しめましたが、今回も雨上りの神戸の雰囲気を楽しむことができました。
by momokororos | 2016-02-17 23:57 | グルメ | Comments(0)
何年通っても、おそらく何十年通っても憧れの神戸。
ここしばらく神戸では、いつも行っているお店で長居してしまうことが多いです。

先日は、姫路に寄ったあとに、神戸元町のハニカムブックスさんに寄っていました。

ハニカムブックスさんの店内で一番好きな乙女の棚です。

e0152493_22293059.jpg



ハニカムブックスさんの店内はとっても明るいんです。

e0152493_22305816.jpg


照明だけでなく、壁や置いているもの、乙女の雰囲気も含めてかなって思っています。

ハニカムさんでは、こんな本を手にいれました。

いしいしんじさんの『ある一日』

e0152493_22334491.jpg


いしいしんじさんは、いつのまにか京都に住まいを移されていたのですね。

伊能勢敦子さんの『今日もごちそう日和』

e0152493_22354084.jpg


伊能さんの本は初めてですが、食のことを楽しく書かれています。

店長さんとお店のことなど楽しくおしゃべりして、神戸の夜はおわりました。
by momokororos | 2016-02-16 23:44 | | Comments(0)
京都、大阪を経て神戸へ。
三宮に泊ることが多いのですが、珍しく神戸駅の近くに泊っていました。
泊ったホテルからは、太陽に輝く海を見れてうれしかったです。

京都、大阪、神戸はよく来ているので観光モードではなくてゆっくりします。
食べるところもほとんど開拓しない日々が続いていましたが、
10月くらいから、いつも食べているお店ではなくいろいろ試してみようと思って、
新しいお店にはいっています。

この前に神戸に訪れたときに、元町商店街の1つ北の通り沿いで、
お洒落な外観のお店が目にはいったので入ってみました。グリルMITSUさん。
ハンバーグステーキを頼みました。

e0152493_18101097.jpg


このハンバーグ、粗挽きのお肉を使っていてとっても美味しかったです。

そして昨日は、みなと元町駅から始め、元六から南京町あたりを歩いて、
おいしそうなお店をさがしていました。

南京町広場の近くの洋食の伊藤グリルさんへ。

e0152493_13431391.jpg


2階の階段をあがって、席を聞いてみると満席とのことで、残念。

ハニカムブックスさんの近くの蕎麦屋は行列ができ、とんかつ屋さんも満席。
元町商店街の蕎麦屋も並んでいました。
お昼の時間は諦めて、ずらしてお昼を食べることにしました。
雑貨と古本のハニカムブックスさんに寄って、教えてもらったお店もあったのですが、
寒かったので、元町商店街の「つるてん」さんで鍋焼きうどんを食べることに。

e0152493_18042.jpg


からだがあたたまりました。

そして今日、前の日に満席だった伊藤グリルさんで食べようと思い、
念のため電話をいれてみると、1時間半待ち。また今度にしました。 
大丸前の菜っぱさんも見てみたのですが、階段に10人くらい並んでいました。

結局、ベトナム料理のタンカフェさんへ。

e0152493_182826.jpg


小さなフォーと生春巻きや揚げ春巻きなどいろいろはいって美味しかったです。

神戸は、たくさん美味しいお店があると思うので、
また来たときにいろいろ試せるといいなって思ってます。
by momokororos | 2015-12-29 18:40 | グルメ | Comments(0)
久しぶりに神戸駅のハーバーランドの近くに泊りました。
海を眺めることができて、海が輝いている風景はとってもいいです。

ハーバーランドにはモザイクができたとき訪れたきりなのですが、アンパンマこどもンミュージアムができていました。結局、ハーバーランドには寄りませんでしたが、子ども連れやカップル、観光客には楽しいかもですね。

地下鉄海岸線に乗り、みなと元町へ。
入ったことのないお店でお昼を食べようと、南京町から元六あたりまでお店を探しましたが、
どこも満席や並んでいます。お昼の時間に食べるのは諦めました。

元町のハニカムブックスさんへ。

e0152493_954389.jpg


お店は本と雑貨の乙女な雰囲気です。

e0152493_957378.jpg


前の日に素敵な本がたくさんはいったとのことで、いろいろ本を手にいれました。
なかでも、ミナ・ペルホネンの本が素敵でした。

元町商店街を大丸の方に戻り、南京町の西門近くの1003さんへ。

e0152493_1001557.jpg


2階のお店の入口の引き戸のガラスは、大正ガラスで素敵です。

e0152493_1021399.jpg


お店では、近代ナリコさんの本を見つけて手にいれました。

そのまま南に下がり栄町にある lottaさんへ。

e0152493_104663.jpg


e0152493_105362.jpg


訪れるたびに、玉木さんの素敵なストールを見てしまいます。
そして金沢の作家さんのうつわが最近のお気にいりです。

神戸にいながら、lottaさんの地元の金沢の話しで盛りあがりました。
関西から金沢に行こうと思っていたのですが、
金沢の雨や雪、そして寒さで、私のいでたちでは歩くのがむずかしいみたい。
地元の人がいうのだから間違いないのと、もう年末で市場や美味しいお店が空いていないかもしれないので、昨日行こうと思っていた金沢行きは諦めました。

ここ最近、1日に2、3のお店を巡っただけで1日が終っているんですが、
この日も3つのお店を巡っただけでおしまいになりました。
by momokororos | 2015-12-29 11:00 | | Comments(0)
神戸県庁前のみみみ堂さんをあとにして生田新道のカフェの toiroさんへ。
みみみ堂さんからは6、7分くらいで近いです。

e0152493_0383136.jpg



プリンをいただきました。アイス付きです。初めてですが美味しかったです。

e0152493_0393455.jpg



お店では、神戸や横浜のことや本などのことをお話ししてました。

小谷淑子さんのオブジェが吊るされていています。
前に小谷淑子さんの展示が行われていたときの写真です。

e0152493_052124.jpg


窓辺から西陽がさしこむと壁に映る影が揺らめいて素晴らしいです。

toiroさんでは、11月23日(月)まで、
「おでまし 女子の古本屋 ~神戸元町ちょこっと大阪」のイベントが開催中です。
1003さん、トンカ書店さん、ハニカムブックスさん、本は人生のおやつです!!さんが
参加で、みんな行ったことのある本屋さんなので行きたいです。

toiroさんを訪れる前に、トアウエストのトンカ書店さんを訪れるもまだ空いておらず。
toiroさんを訪れたあとに、鯉川筋のファビュラス・オールド・ブックさんに寄ってみましたが、
お休みみたいでした。残念。

神戸は魅力的な本屋さんが多いですが、私が神戸を訪れていた10年くらいのあいだに、
3軒の本屋さんが、神戸から移転そして閉店されています。
神戸は大好きな街、そして本屋さんも大好きなので応援したいです。
by momokororos | 2015-11-14 10:00 | グルメ | Comments(0)
神戸を走る電車をはさんで、海側も山側もどちらも魅力あふれる神戸。
ときどき汽笛の音が聞こえてきて、港町なんだなって意識させられます。

元町のハニカムブックスさんで教えてもらった県庁前のカレーのみみみ堂さんへ。
一度、みみみ堂さんがあるあたりの山手幹線を歩くことがあって、
通り沿いに見つかるかなって思っていましたが、見つからず。

先日、ハニカムブックスさんに寄っていたときに、神戸の美味しいお店の話しで
みみみ堂さんの話しがまたでて行ってみることにしました。

三宮から北野坂界隈の散歩しながら山手幹線の通りを西へ歩きます。
みみみ堂さんは、兵庫県の手前の山手幹線と生田新道にはさまれたエリアにありました。

e0152493_0304317.jpg


お店はカフェのような落ちついた感じの外観でした。
シックな感じの音楽もいい感じです。

野菜のココナッツカレーをいただきました。

e0152493_0333113.jpg


ココナッツの甘みのやさしいカレーです。
お店の雰囲気もやさしいし、女性好みのしそうな素敵なお店です。
あとからお店に訪れたお客さん3組はすべて女性でした。

生田新道をはさんだ、県庁前のこの界隈、いろいろ探索してみると
いいお店がありそうです。
by momokororos | 2015-11-14 00:34 | グルメ | Comments(0)
神戸栄町の北欧雑貨の lottaさんから少し元町商店街の方に歩くと、
古本と雑貨のハニカムブックスさん。

e0152493_16554529.jpg


雨にあたることはなかったのですが、この日は珍しく雨がときおり降っていました。
ハニカムブックスさんは、元町4丁目あたり、元町映画館の近くにあり、
古本屋さんをみじんも感じさせない明るい店内と乙女の本と雑貨でいっぱいです。

かわいい外国の絵本が壁の上の方にあるのを見かけました。

e0152493_1957617.jpg


Andrew Kulmanさんの 『Red Light ,Green Light』の絵本。
信号のことを子どもに教える絵本で、独特のイラストです。
これまで、こんなタッチの絵本はあまりお目にかかったことがないのですが、
惹かれるものがありました。

山崎ナオコーラさんの『論理と感性は相反しない』。

e0152493_16573158.jpg


固い感じのタイトルですが文字はピンクです。装画は宇野亜喜良さん。
この本を、店長さんもよかったて言っていて、私の知り合いも面白いと
言っていたので、読んでみることにしました。

私も少し読んでみましたが、ひょうひょうとした感じでよいです。
by momokororos | 2015-11-12 23:27 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ