絵本が好きで、いろいろ素敵な絵本を見つけると嬉しい気持ちになります。
この前、また素敵な本に出逢うことができました。

「おじいちゃんの絵手紙 孫に宛てた1200通のおくりもの」
絵 ヘンリー・ソーンヒル卿、講談社

e0152493_22534930.jpg



おじいさんから4人の孫に宛てた絵手紙だそうです。
かわいらしさとユーモラスな絵で、愛情溢れる優しい絵にココロを奪われます。

e0152493_22552437.jpg


e0152493_2256223.jpg


e0152493_22571817.jpg



1910年くらいから1930年くらいのお手紙で、大切に保存されていたそうです。
日記の写真では伝えきれないものがあるので、本屋さんで手にとって見てみてくださいね!
by momokororos | 2009-07-31 23:31 | 絵本 | Comments(0)
少し前から読んでいた本なのですが、素敵な本を紹介します。
奥田英朗さん著者なのですが、初めて読む作家さんなんです。

「空中ブランコ」奥田英朗、文春文庫

e0152493_22554576.jpg


初め電車の中で読んでいたのですが、どうしても笑いが抑えられず読むのを諦めて本をとじました。
続きを図書館で読んでいたのですが、声をあげて笑いそうになったので読むのを諦めました。

伊良部総合病院の神経科ということころの精神科医の伊良部医師が主人公の小説です。
子供じみた奇想天外な言動を振る舞いで訪れる患者はとまどうばかり。
問診も治療もかなりおかしな方法を提案してきます。
看護婦もかなり特徴あって普通の病院とは思えない雰囲気です。
1度訪れて2度と来たくないって思いながらも、再び2度3度と訪れてしまう患者たち。
ドタバタで下ネタな表現もあるのですが、
その伊良部医師から発せられる言葉と行動には、瞬間的には世間一般から見るとおかしいって感じを受けるものの物語を読み進めていくうちに、強く共感を覚えてしまう素敵な作品です。
人にとって幸せとはなんであるかを考えさせる小説だと思います。

「空中ブランコ」に続けて、「イン・ザ・プール」という伊良部シリーズ1作目の本を読みました。

「イン・ザ・プール」奥田英朗、文春文庫

e0152493_2314819.jpg


いろいろな患者ごとの話しが、章だてされているのですが、
女性にとっては「うーん」って感じの話しも載っているにもかかわらず楽しく読めました。

昨日本屋さんで伊良部シリーズの3作目の文庫が出ているのを見つけて、早速読み始めました。

「町長選挙」奥田英朗、文春文庫

e0152493_2361822.jpg


やはり、笑いを抑えることができません。
自分が抱いている気持ちの心底に触れたって感じで、苦笑っていうのが本当かもしれません。

さまざまな人が持ちこむ症例に、
人間ってこんなも繊細で弱くて滑稽だけど、いとおしいって気持ちを感じる素敵な読後感の本です。

発売順では、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」の順ですが、
私は「空中ブランコ」が一番のおすすめかなって思います。
by momokororos | 2009-05-13 23:24 | 読書 | Comments(2)
京都とのつきあいは、中学のときの修学旅行。
そのときはまったく興味を抱かず、というのはよくある話しですね。
いつしか京都の魅力にはまり、十年以上ものあいだ魅力を感じて訪れています。
全国訪れている回数は京都が圧倒的で、いまだに魅力がおとろえることはありません。

今回の京都お散歩は、今出川通りをはさんだエリアを訪れていました。

京都御苑から西陣に移り、上品蓮台寺、千本ゑんま堂、北野天満宮、平野神社と見てたのですが、
千本今出川で、京都のお友達のご夫妻と久しぶりの再会です~
いつもお世話になっていて、これまでもいろんなところに案内してもらったり教えてもらっています。
やっぱり地元の情報の深さはすごいなって思います。
突然の上洛にも時間をさいていただいて、ありがとうの感謝の思いでいっぱいです。

西陣エリアは、昔の町屋をそのまま活かした素敵なお店が多いですのですが、
駅からちょっと遠くて、なかなか行けていないエリアです。

西陣にあるカフェ「澤」さん

e0152493_2212522.jpg


暖簾をくぐってから奥に入ります。
京都の住居は奥に長いうなぎの寝床で、まさにそんなカフェでした。
外はあたたかでしたが、はいった途端ひんやりします。
靴をぬいでお店にあがると、ストーブがたかれていて、こたつもあります。
奥には中庭、そして器に苔玉なども置かれていて素敵なお店でした。
ギャラリーも併設されています。
お茶を飲みながら、店内を見てゆっくりとした時間を過ごしました。

お店を出て、新しい本屋さんができたとのことで案内してもらいました。
とっても本屋さん大好きなので、期待してしまいます~♪

「KARAIMO BOOKS」さん

e0152493_2223577.jpg


http://www.karaimobooks.com/

古本と九州の物産とお酒のお店で、九州にこだわりのある本屋さんです!
京都二条に「雨林舎」さんというカフェがあるのですが、そこのスタッフさんが新しく構えたお店です。
雨林舎さんは京都カフェの中でも素敵だと思うカフェです。最近はとんとご無沙汰ですが...
次の日に行った大阪堀江のカフェ「ロカリテ」さんも、KARAIMO BOOKSさんをご存知でした。
いろんなところでご縁がつながります。

カライモブックスさんでは初め本を堪能してたのですが、日本酒があるとのことで飲むモードに移行~
お酒は九州の地酒です。お店に置かれているお酒をいろいろ堪能しました~♪
本の品揃えも、小説に詩に芸術、九州の本に興味深い品揃えです。
時間があったら長居してしまうに違いないお店です。
ちょっと前までは、お酒と本というのは両立しない、って思っていたのですが...えっ?
お酒と本のお店は、他にもあるので今度行ってみようかなって思っています。

お店を出てから、お友達に家にお邪魔して、
おいしいパスタを作ってもらい、ワインもご馳走になりながら、
メディアやお寺、仏像、料理、そして価値観などの話しも含めて、議論豊かな夜を過ごしました。
とっても有意義なひととき、ありがとうございます。

帰りは京都駅までタクシー。
運転手の方にいろいろ教えてもらい地元の情報満喫です。
京都からのJRは終電で、梅田からタクシー。
梅田駅周辺の週末の過激な?車事情も目の当たりに見ることができて貴重な体験でした。
by momokororos | 2009-04-08 23:18 | カフェ | Comments(0)
ちょっとだけお部屋の模様替えをしました。

机周りはこんな感じ、お気にいりのお人形さんたちを机の上に持ってきました。
机の上にも大好きな雑貨を置いています。

e0152493_205983.jpg


部屋の本棚は前回とあまり変わらずこんな感じです。

e0152493_20494038.jpg


エルベ・モルバンさんのカレンダーを手にいれたので飾ってみました。
かわいい絵柄と素敵な色遣いを満喫です。

e0152493_20502463.jpg


マトリョーシカにモルバンさんのお弟子さんのビュバーです。
やっぱりモルバンさんの感じに似てますよね~

e0152493_20511447.jpg


理想に向けた大掛りなお部屋の模様替えはいつになることやら・・・
by momokororos | 2009-03-09 21:35 | お部屋 | Comments(0)
先日、大阪中津の絵本カフェ「ペンネンネネム」さんの日記を書きましたが、
今回は大阪玉造にあるブックカフェの話題です。

大阪のお人形作家の「Bruno」さんの個展が、
去年の暮れに大阪堀江の雑貨屋さん「prickle」さんであって、見にいっていたのですが、
その個展に来たお客さんの1人が、玉造に素敵な本屋さんができたことを話していました。
ずっと行ってみたかったお店なのですが、この前に大阪に行ったときに寄ってみました。

玉造にはかつて何回か訪れたことがあって、
玉造商店街を歩いてみたり、空堀交差点に近いフレンチのお店で食べたり、
細川ガラシャの像があるカトリック玉造教会、真田山公園あたりを探検したりしてきました。

今回、ひさしぶりの玉造商店街です。

e0152493_17311395.jpg


玉造商店街をずっと行って自転車屋さんの角を曲がるって聞いていたので、
そのとおり行ってみると珍しく迷うことなく発見です。

ブック&カフェ「beyer」さん

e0152493_1840414.jpg


ロフトの作りで入口からお店の半分は吹き抜けになっていて、雰囲気のいい感じの店構えです。
中にはいると、インテリアや衣食住、デザイン関連の本が置かれています。
海外の小さな書店や市からも買いつけてくるとのことでした。

1階のカウンターはカフェの雰囲気で、2階からは声が聞こえます。
2階はカフェで置いてある本が自由に見ることができるとのことだったので、
お茶をさせていただくことに。
注文を先にすませて、靴を脱いで2階にあがります。
2階の雰囲気はとってもいい空間で、こんな感じです。

e0152493_18424275.jpg


e0152493_1845134.jpg


e0152493_18455512.jpg


2階から1階を見るとこんな感じです。

e0152493_18491766.jpg


「アドルフ・ザーブランスキー」の絵本があったので見ていたら、
お店の人があがってきたので、いろいろお店のお話しを聞きました。
去年の5月とか6月オープンのお店で、はじめは倉庫として使われてきたところを
次にはいったお店が改装して2階部分を作ったそうです。
お店の方も気さくで優しい方です~☆

ロールケーキとチャイを頼みました。

e0152493_18502645.jpg


お茶を飲みながら、「まぼろしの大阪」坪内祐三、ぴあ
を読んでいましたが、面白い本でした。

イギリスの切り絵の素敵な本も買いたいなって思っていたのですが、手持ちがなくて諦めました。
20時までお店を開けられているので、かなりゆっくりできました。
とっても居心地のいい空間でまた訪れてみたいと思いました。
ただ駅からかなり歩きます。お店の人に聞いてみると玉造と鶴橋のちょど真ん中あたりだそうです。

beyer(バイエル)は、こちらです。
http://www.beyerbooks-pl.us

居酒屋の名店「ながほり」さんが玉造に移りましたよって、
以前、堀江のカフェ「ロカリテ」さんから教えてもらいました。
まだ行けていませんが、ちょっと注目のエリアになりそうです。
by momokororos | 2009-02-23 22:13 | カフェ | Comments(0)
2008年に読んだ本(1月~6月)と(7月~8月)に続いて、
9月~10月です。

図書館で読んだ絵本もリストアップしています。
時間あれば図書館に寄って絵本や本を読んでいるのですが、
読んでも読んでも常に新しい発見がある図書館はすごいなあって思います。
いつもは地元の図書館に通っているのですが、
東京上野の「国際こども図書館」にときどき訪れます。

e0152493_20185236.jpg


国立国会図書館の分館で、建物は重厚な造りで魅力的です。
資料室やこどものへやには、児童書や絵本などがたくさんで、開架の絵本を見るだけでも素敵なのですが、書庫に眠っている絵本は数知れずで、見たい絵本があるときには頼りになります♪さらに、絵本の企画展示もあって、見逃がせません。

そして、東京広尾に有栖川記念公園内にある「都立中央図書館」も好きな図書館の1つです。
緑に囲まれていて絶好なロケーションに建っています。最近はなかなか訪れる機会ないのですが、1日いて勉強してみたい図書館です!


2008年読んだ本(9月~10月)
青字はお気にいりの本です。

「ダダダダだちょう~」等門じん 文と絵、新風舎
「オレンジいろのめうし」ナタリ・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「あおいうま」ナタリ・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「ゆかいなさんぽ」土方久功、福音館書店
「バイオリンのおとは山のおと」いまにしすけゆき さく、なかたにちよこ え、偕成社
「どうぶつだいすき」絵=ヨゼフ・ラダ、文=イジー・ジャーチェク、訳=飯島周、平凡社
「ひみつのひきだしあけた?」あまんきみこ「オレンジいろのめうし」ナタン・アール さく、リュシル・ビュッテル え、ふしみみさを やく、パロル舎
「長ぐつをはいたねこ」ハンス・フィッシャー ぶん・え、やがわすみこ やく、福音館書店
「つばさをちょうだい」ハインツ・ヤーニッシュ さく、ゼルダ・マルリン・ソーガンツィ、中村智子 やく、フレーベル館
「ねこたちの夜」作:ブルース・イングマン、訳:江國香織、小学館
「わたしのかわいいめんどり」アリス・プロベンセン マーチン・プロベンセン さく、きしだえりこ やく、ほるぷ出版
「たんじょうび」ハンス・フィッシャー ぶん・え、おおつかゆうぞう やく、福音館書店
「パパの大旅行」アリスとマーティン・プロヴェンセン 作、脇明子 訳、福音館書店
「りんごのき」エドアルド・ペチシカ ぶん、ヘレナ・ズマトリィ・、うちだりさこ やく、福音館書店
「夜、空をとぶ」ランダル・ジャレモ、長田弘 訳、絵 モーリス・センダック、みすず書房
「そんなとき なんていう?」S・ジュスリン 文、M.センダック 絵、たにかわしゅんたろう 訳、岩波書店
「市場へ!いきましょ!」イラスト:ピーター・スピア、訳:わしづなつえ、瑞雲舎
「くつがあったらなにをする?」ビアトリス・ドゥ・レニエ ぶん、モーリス・センダック え、いしづちひろ やく、福音館書店
「Neighbors おとなりさん」M.B.ゴフスタイン 作、谷川俊太郎 訳、G.C.PRESS
「むぎばたけ」アリスン・アトリー、矢川澄子 訳、片山健 絵、福音館書店
「なんにもないない」ワンダ・ガァグ 作/絵、むらなかりえ 訳、ブックグローフ社
「THE STORM BOOK あらしのひ」シャーロット・ゾロトウ さく、マーガレット・ブロイ・グレアム え、まついるりこ やく、ほるぷ出版
「アンの愛情 赤毛のアン・シリーズ3」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「赤毛のアンの贈り物」L・M・モンゴメリー、掛川恭子訳・編、山本容子 画、講談社
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子、偕成社
「ちいさなかがくのとも くさはら 2008年9月号」酒井駒子、福音館書店
「こねずみディディ・ボンボン」オルガ・ルカイユ 文/絵、こだましおり 訳、岩波書店
「ガブリシ」スズキコージ、ブッキング
「アンの友達 赤毛のアン・シリーズ4」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「ヌードル」M・リーフ 文、L・ベーメルマンス 絵、福本友美子 訳、岩波書店
「パコと魔法の絵本」関口尚、幻冬舎文庫
「チョコちゃんの魔法のともだち」尾崎左永子、幻戯書房
「アンの幸福 赤毛のアン・シリーズ5」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「イッツ・オンリー・トーク」絲山秋子、文春文庫
「アンの夢の家 赤毛のアン・シリーズ6」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「きまぐれロボット」星進一、角川文庫
「プリズムの夏」関口尚、集英社文庫
「パーク・ライフ」吉田修一、文春文庫
「永遠の出口」森絵都、集英社文庫
「食堂かたつむり」小川糸、ポプラ社
「千の花になって」斉木香津、小学館
「アンの夢の家 赤毛のアン・シリーズ6」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「別冊 図書館戦争Ⅰ」有川浩、アスキー・メディアワークス
「王さまとかじや」ジェイコブ・ブランク 文、ルイス・スロボドスキン 絵、八木田宣子 訳、徳間書店
「うんがにおちたうし」フィリス・クラシロフスキー 作、ピーター・スパイアー 絵、みなみもとちか 訳、ポプラ社
「ウィルキィのちきゅう」エディス・サッチャ^・ハード さく、クレメント・ハード え、みやこおきこ やく、トモ企画
「あなただけのちいさないえ:ぶん ベアトリス・シェンク・ド。レーニエ、え アイリーン・ハース、やく ほしかわなつよ、童話館出版
「ALDO」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく
「フリーフォール」デイヴィッド・ウィーズナー、訳/江國香織、ブックローン出版
「かようびのよる」デヴィッド・ウィーズナー 作・絵、当麻ゆか 訳、徳間書店
「ママ」ジャネット・ウィンダー 作、
「見えなくてもだいじょうぶ?」フランツ=ヨーゼフ・ファイニク 作、フェレーナ・バルハウス 絵、ささきたづこ 訳、あかね書房
「おおいびきのツチブタ」ムワリム 文、アドリエンヌ・ケナウェイ 絵、草山万兎 訳、西村書店
「ニーナはおちびさん」さく ジャック・ケント、やく なかがわけんぞう、好学社
「1999年6月29日」作/デイヴィッド・ウィーズナー、訳/江國香織、ブックローン出版
「ぼくはおこった」ハーウィン・オラム、きたむらさとし
「ひよことむぎばたけ」フルビーン さく、ミレル え、ちのえいいち やく、偕成社
「まあちゃんのまほう」たかどのほうこ さく、福音館書店
「へいきはいき」内田麟太郎 文、竹内通雅 絵
「まあちゃんのながいかみ」たかどのほうこ さく、福音館書店
「ケチルさんのぼうけん」たかどのほうこ さく・え、フレーベル館
「ぽんこちゃんのどろろんぱ」たかどのほうこ 作、あかね書房
「まほうのえのぐ」林明子 さく、福音館書店
「パンちゃんのおさんぽ」どいかや、ブックローン出版
「ハリネズミのくるりん」どりごえまり、文渓堂
「ふわふわふとん」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「しのだけむらのやぶがっこう」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「きんいろのあらし」カズコ・G・ストーン さく、福音館書店
「ベーコン」井上荒野、集英社
「エミリ・ディスキンスン家のネズミ」エリザベス・スパイアーズ、絵 クレア・A・ノヴォラ、訳 長田弘、みすず書房
「川はながれる」アン・ランド 文、ロジャンコフスキー 絵、掛川恭子 訳、岩波書店
「いたずらロラン」ネリー・ステファヌ さく、アンドレ・フランソワ え、かわぐちけいこ やく
、福音館書店
「エルンスト」エリサ・クレヴェン 作・絵、香山美子 訳、学習研究社
「あかいことりとライオン」エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店
「マァヘイくんとちいさいおじいさん」さく・え 出口かずみ
「プラハ旅日記」山本容子、文化出版局
「フィアボ」マイケル・グレイニエツ さく、ほそのあやこ やく、ポプラ社
「お月さまってどんなあじ?」マイケル・グレイニエツ 絵と文、いずみちほこ 訳、セーラー出版
「にじいろのはな」マイケル・グレイニエツ さく、ほそのあやこ やく、ポプラ社
「どこ? つきよのばんのさがしもの」山形明美、講談社
「A DAY OF WINTER」written by BETTY MILES、illustrated by REMY CHARLIP
「てざわり」吉野公章 さく、福音館書店かがくのとも80号
「まあちゃんのまほう」たかどのほうこ さく、福音館書店
「アンディとらいおん」、ジェームズ・ドーハテイ ぶん/え、むらおかはなこ やく、福音館書店
「ロバのシルベスターとまほうの小石」、ウィリアム・スタイグ さく、せたていじ やく、評論社
「うずらちゃんのかくれんぼ」きもとももこ さく、福音館書店
「ぺこぺこライオン」きむらよしお さく、福音館書店
「くぎになったソロモン」ウィリアム・スタイグ 作、おがわせつこ 訳、セーラー出版
「空とぶゴーキー」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「ザバジャバ ジャングル」ウィリアム・スタイグ 作、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「みんなぼうしをかぶってた」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「みにくいシュレック」ウィリアム・スタイグ 文と絵、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「ケーレブとケート」ウィリアム・スタイグ、あそうくみ やく、評論社
「ばしゃでおつかいに」ウィリアム・スタイグ、せたていじ やく、評論社
「ジークの魔法のハーモニカ」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「ゆうかんなアイリーン」ウィリアム・スタイグ 作、おがわえつこ 訳、セーラー出版
「ちいさくなったおにいちゃん」ウィリアム・スタイグ 作、木坂涼 訳、セーラー出版
「まっすぐまっすぐ」松竹いね子 さく、堀川真 え、福音館書店
「雑多なアルファベット」エドワード・ゴーリー、河出書房新社
「なにをたべたかわかる?」長新太、絵本館
「ボロ」いそみゆき・作、長新太・絵
「おとうさんの木」最上一平・さく、長新太・え、教育画劇
「ねむる」長新太、文渓堂
「いたずらラッコとおなべのほし」神沢利子/文、長新太/絵、あかね書房
「こぶたがずんずん」渡辺一枝 ぶん、長新太 え、あすなろ書房
「はんぶんちょうだい」山下明生 ぶん、長新太 え、小学館
「あるけあるけ」長新太・さく、こぐま社
「はるですよ ふくろうおばさん」長新太、講談社
「なんででんねん 天満はん 天神祭」今江祥智・ぶん、長新太・え、童心社
「うみのしっぽ」内田麟太郎 ぶん、長新太 え、童心社
「へんなおにぎり」長新太 さく、福音館書店
「なんじゃもんじゃはかせのおべんとう」長新太・さく、福音館書店
「ぼくはイスです」長新太 さく、童心社
「たぬきのじどうしゃ」ちょうしんた さく、偕成社
「かえるのひこうせん」長新太 作・絵、佼成出版社
「やまが あるいたよ」長新太 さく、童心社
「わりとけっこう」中川ひろたか ぶん、長新太 え、絵本館
「にゅーっ するするする」長新太、福音館書店
「アブアアとアブブブ」長新太、ビリケン出版
「えをかく」谷川俊太郎・作、長新太・絵、講談社
「ちへいせんのみえるところ」長新太、
「トーマスのもくば」小風さち 作、長新太 絵、福音館書店
「めの まど あけろ」谷川俊太郎ぶん、長新太 え、福音館書店
「かえるとカレーライス」長新太 さく、福音館書店
「そらとぶアヒル」内田麟太郎・ぶん、長新太・え、童心社
「キャベツくんのにちようび」長新太・さく、文研出版
「やったね!へんてこライオン」長新太、小学館
「しんくんと へんてこライオン」長新太、小学館
「ブタヤマさんたらブタヤマさん」長新太・さく、文研出版
「キャベツくんとブタヤマさん」長新太・さく、文研出版
「ゴリラのビックリばこ」長新太、絵本館
「ようちえんのえほん」いまえよしとも、え ちょうしんた、理論社
「そよそよと かぜがふいている」長新太・さく、教育画劇
「よる わたしのおともだち」いまえよしもと・ぶん、ちょうしんた・え、BL出版
「あら どこだ」神沢利子・詩/長新太・絵、国土社
「へんてこ へんてこ」長新太・さく、佼成出版社
「あしたてんきになあれ」荒川薫 さく、長新太 え、福音館書店
「校長先生のあたま」長新太 さく、くもん出版
「へんてこライオン」長新太、小学館
「うたのてんらんかい」くどうなおこ・うた、長新太・え、理論社
「ぺろ ぺろ ぺろ」長新太・さく、BL出版
「こねこのおんぶ」長新太・さく、BL出版
「おんぶおんぶ ねえ おんぶ」長新太・さく、ポプラ社
「ごろ ごろ ごろ」長新太・さく、BL出版
「はなちゃん すべりだい」中川ひろたか 文、長新太 絵、主婦の友社
「びっくり、しゃっくり くしゃみに おなら」長新太 さく、福音館書店
「おばけのいちにち」長新太・さく、偕成社
「サラダでげんき」角野栄子 さく、長新太 え、福音館書店
「どろにんげん」長新太 さく、福音館書店
「がんばれ さるの さらんくん」中川正文 作、長新太 画、福音館書店
「はんぶんタヌキ」長新太・さく、こぐま社
「まねっこねこちゃん」長新太、文渓社
「せいくんとねこ」矢崎節夫 作、長新太 絵、フレーベル館
「せんせい」大場牧夫・ぶん、長新太・え、福音館書店
「みみずのオッサン」長新太・さく、童心社
「くもの日記ちょう」長新太、ビリケン出版
「もじゃもじゃしたもの なーに?」長新太・作、
「キウイじいさん」渡辺茂男・ぶん、長新太・え、クレヨンハウス
「だくちるだくちる」V・ベレストフ、阪田寛夫 文、長新太 絵、福音館書店
「ろくべいまってろよ」灰谷健次郎・作、長新太・絵、文研出版
「おじさんあそびましょ」長新太、絵本館
「あわてんぼ らいおん」八木田宜子 文、長新太 絵、徳間書店
「こいしがどしーん」内田麟太郎 ぶん、長新太 え、童心社
「くまさんの おなか」長新太・さく、学習研究社
「てぶくろくろすけ」川崎洋 さく、長新太 え、福音館書店
「ブタとタコのダンス」長新太、学習研究社
「つきよのかいじゅう」長新太・さく、佼成出版社
「バラライカねずみのトラブロフ」さく ジョン・バーニンガム、やく せたていじ、童話館出版
「はじめまして すみれひめよ」ハーウィン・オラム ぶん、スーザン・バーレイ え、小川仁央 やく、
「ハーキン 谷へおりたきつね」さく ジョン・バーニンガム、やく あきのしょういちろう、童話館出版
「きれいずきティッチ]さく、パット・ハッチンス、やく つばきはらゆき、童話館
「ずどんといっぱつ」さく ジョン・バーニンガム、やく わたなべしげお、童話館出版
「ガンピーさんのふなあそび」ジョン・バーニンガム さく、みつよしなつや やく
「ぶかぶかティッチ]パット・ハッチンス さく・え、いしいももこ やく、福音館書店
「ねんころりん」ジョン・バーニンガム さく、谷川俊太郎 やく、ほるぷ出版
「いつもちこくのおとこのこ - ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「なにしてあそぶ?」パット・ハッチンス さく、いぬいゆみこ やく、祥伝社
「せかい一わるいかいじゅう」パット・ハッチンス さく、乾侑美子 やく、偕成社
「十月はハロウィーンの月」ジョン・アップダイク、長田弘 訳、絵 ナンシー・エクホーム・バーカート
「なんにかわるかな?」パット・ハッチンス、ほるぷ出版
「ジュリアスはどこ?」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「ALDO」ジョン・バーニンガム さく、たにかわしゅんたろう やく、あかね書房
「ものぐさトミー」ペーン・デュボア 文・絵、松岡享子 訳、岩波書店
「はっぱのおうち」征矢清 さく、林明子 え
「おいていかないで」筒井頼子 さく、林明子 え、福音館書店
「とんことり」筒井頼子 さく、林明子 え、福音館書店
「りすのクラッカー」ルース・エインズ・ワース 作、こうもとさちこ 訳・絵、福音館書店
「きっとみんなよろこぶよ!」ピーター・スピアー、松川真弓 やく、評論社
「十月はハロウィーンの月」ジョン・アップダイク 長田弘 訳、絵 ナンシー・エクホーム・バーカート、平分社
「おじいちゃんのところ」文 ヘレン・V・グリフィス、絵 ジェームズ・ステイーブンソン、訳 あきのしょういちろう、童話館出版
「窓の魚」西加奈子、新潮社
「赤めだか」立原談春、扶桑社
「いどにおちたぞうさん」マリー・ホール・エッツ 作、たなべいすず 訳、冨山房
「強気な小心者ちゃん リターンズ」鈴木ともこ、メディアファクトリー
「地図男」真藤順丈、メディアファクトリー
「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」米原万理、角川文庫
「ノコギリザメのなみだ」長新太、フレーベル館
「わににバンボ」文・大石真、絵・長新太、ポプラ社
「ぴかくん めをまわす」松居直 さく、長新太 え、福音館書店
「ごめんなさい」中川ひろたか・文、長新太・絵、偕成社
「よわむし たいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「たかいたかい らいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「あわてんぼ らいおん」八木田宣子 文、長新太 絵、徳間書店
「こんなことってあるかしら?」長新太・さく、クレヨンハウス
「さかさまライオン」内田麟太郎 文、長新太 絵、童心社
「にんげんごっこ」木村祐一・作、長新太・絵、講談社
「ぞうのたまごのたまごやき」寺村輝夫 作、長新太 画、福音館書店
「オレ・ダレ」文/越野民雄、絵/高畠純、
「はなまんま」朱川湊人、文春文庫
「君に舞い降りる白」関口尚、集英社文庫
「よってたかって古今亭志ん朝」志ん朝一門、文春文庫
「版画 のはらうたⅠ」工藤直子、童話屋
「ぼくのくれよん」おはなし・え=長新太、講談社
「キャベツくん」長新太 文・絵、文研出版
 さく、やまわきゆりこ え、PHP研究所
「いまはむかしかえりのものがたり」まつおかきょうこ=さく、馬場のぼる=え、こぐま社
「きつね森の山男」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきのねことへんなねこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねこ どろんこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきのねこ」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねことあほうどり」馬場のぼる、こぐま社
「11ぴきねことぶた」馬場のぼる、こぐま社
「らしょうもんのおに」馬場のぼる。こぐま社
「ごんちゃんとぞうさん」馬場のぼる、PHP研究所
「こぶたたんぽぽ」馬場のぼる、こぐま社
「ゆきのかえりみち」藤原一枝・作、はたこうしろう・絵、岩崎書店
「エリザベスは本の虫」文=サラ・スチュワート、絵=デイビッド・スモール、訳=福本友美子、アスラン書房
「きこえるきこえる」マリー・ホール・エッソ ぶん/え、ふなざきやすこ やく、らくだ出版
「ショッピング・バスケット」ジョン・バーニンガム 作、青山南 訳、ほるぷ出版
「はたらくうまの ハンバート」さく ジョン・バーニンガム、やく じんぐうてるお、童話館出版
「恋するベット」ジョン・バーニンガム 作、長田弘 訳、ほるぷ出版
「Edwardo]ジョン・バーニンガム 作、千葉茂樹 訳、ほるぷ出版
「ねえ、どれがいい?」ジョン・バーニンガム さく、まつかわゆみ やく、評論社
「ずっとママといっしょがいいの!」ヒド・ファン・ヘネヒテン:さく、のざかえつこ:やく、主婦の友社
「おともだちがほしいな」さく・え アスン・バルソーラ、やく さとうひでみ、新世界研究所
「もぐらのおとしあな」ぶん いわきたかし、え しまだみつお、童話屋
「ともだち」ヘルメ・ハイネ さく、いけだかよこ やく、ほるぷ出版
「ヘンリー やまにんのぼる」D.B.ジョンソン 文・絵、今泉吉晴、福音館書店
「ヘンリー いえをたてる」D.B.ジョンソン 文・絵、今泉吉晴、福音館書店
「こぶたのさんぽ こどものとも年少版」白川三雄 さく、福音館書店
「あかいことりとライオン」エリサ・クレヴェン 絵と文、たがきょうこ 訳、徳間書店
「からすのカーさん へびたいじ」オールダス・ハクスリー 文、バーバラ・クーニー 画、じんぐうてるお 訳、冨山房
「7ひきのこうさぎ」ジョン・ベッカー ぶん、バーバラ・クーニー え、岸田衿子 やく、 文化出版局
「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」田中啓文、集英社文庫
「ハナシにならん! 笑酔亭梅寿謎解噺2」田中啓文、集英社文庫
「邂逅の森」熊谷達也、文春文庫
「炉辺荘のアン 赤毛のアン・シリーズ7」モンゴメリ、村岡花子訳、新潮文庫
「the Secret」ロンダ・バーン、角川書店
「茂田井武美術館 記憶ノカケラ」講談社
「グリムどうわさしえ選集1」茂田井武、トムズボックス


2008年に読んだ本(11月~12月)に続きます。
by momokororos | 2009-01-29 22:33 | 読書 | Comments(2)
お部屋公開の第3弾です。

この前は、机まわりだったのですが、
今回は少しひいた写真で、机まわりから本棚はこんな感じです。

e0152493_19481053.jpg


机の上には大好きなルフォール・オプノさんの絵をかけています。

e0152493_19505791.jpg


雑貨の中では一番高いものなんですが、
それでもビデオやエアコンなどの電化製品よりも安いのには、
ちょっとお金のかけかたが間違っているかもって思ったりもします。

ちょっとカメラを右に振るとこんな感じです。

e0152493_19525632.jpg


先程の写真の本棚の上にもあったのですが、
ヨゼフ・パレチェクさんの昔のカレンダーを本棚の上に何枚か貼っています。
色あいと、細部まで精緻に描かれた世界はまさに夢の世界です。
絵本もたくさん出ています♪

テレビとオーディオに隠れたところの本棚はもっともアクセスしずらいところで、先日のミヒャエル・エンデさんの「モモ」はこの本棚の、しかも二重列に置かれた奥から見つかりました。
地震対策に今年になってから、本棚と天井をつっぱる棒をいれたのですが、
ちょっと味気ないですね。
大きな地震が来たら、少しでも倒れる時間がかせげて逃げられればいいって感じです。

机から左の方は、もう1つの本棚と収納なんですが、
ここも本でいっぱいになってしまっています。

e0152493_19552059.jpg


雑誌はともかく、本は手放すつもりがないです。
前に学校の教科書や参考書を手放したことがあって、あとからかなり後悔しました。
習っているときになんらかのきっかけをもらっているのだと思います。
そのとき興味なくても、あとで再び出逢ったときに、ああ、そうかぁ~って思うことたくさんです。
人の出逢いも同じことが言えるかもしれません。

お部屋は本が多くて、なかなか模様替えがむずかしい状況なのですが、
小さな変化を楽しんでいきたいなって思っています。
by momokororos | 2008-12-07 22:18 | お部屋 | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ