泉鏡花さんの『春昼・春昼後刻』。

部屋の本を整理しているときに目についたので、ふたたび読んでみました。

e0152493_20125923.jpg


前に読んだときは、金沢の泉鏡花記念館に、『春昼・春昼後刻』に引用されている小野小町の歌が展示されているのに興味を惹かれました。

うたた寝に恋しき人を見てしより
夢てふものは頼みそめてき

うたた寝した時の夢に、恋しい人を見てしまってからはあなたが私を想ってくれていると夢を頼りにし始めるようになってしまった。


「春昼」はこんな始まりでした。

近頃買求めた安直な杖を、真直に路に立てて、鎌倉の方へ倒れたら爺を呼ぼう、逗子の方に寝たら黙って置こう
[泉鏡花、『春昼・春昼後刻』より]

泉鏡花さんが逗子に移り住んだときに書かれた作品とのことです。

あらためて読んでみた『春昼・春昼後刻』の色の描写に驚きました。


この路を後へ取って返して、今蛇に逢ったという、その二階屋の門を曲ると、左の方に背の高い麦畑が、なぞえに低くなって、一面に颯と拡がる。浅緑に美い白波が薄りと靡く渚のあたり、雲もない空に歴々と眺めらるる、西洋館さえ、青異人、赤異人と呼んで色を鬼のように称うるくらい、こんな風の男は髯がなくても(帽子被り)と言うと聞く。
[泉鏡花、『春昼・春昼後刻』より]

客人は、堂へ行かれて、柱板敷へひらひらと大きくさす月の影、海の果てには入日の雲が焼残って、ちらちら真紅に、黄昏過ぎの混沌とした、水も山も唯一面の大池の中に、その軒端洩る夕日の影と、消え残る夕焼の雲の片と、紅蓮白蓮の咲き乱れたような眺望をなさったそうな。
[泉鏡花、『春昼・春昼後刻』より]

目の前に色あふれる情景が浮かんでくるかのようです。

読みづらさはあるのですが、わからないところはそのままに飛ぶかのように読んでいると、泉鏡花さんの世界の魅力をわずかばかり感じたかのような気がします。

また金沢の泉鏡花記念館に行ってみようかという気になります。


「金沢慕情(其の四)~泉鏡花さん」〜2015年 5月 20日の日記
http://momokoros.exblog.jp/23141169/

by momokororos | 2017-03-28 22:05 | | Comments(0)
井上雪さんの『廓の女』。

e0152493_19200741.jpg


前に手にいれて読みかけだったのを読み終えました。

金沢で明治時代から昭和に生きた山口きぬさんが主人公で、金沢の東の廓を舞台とした情緒溢れる物語です。

小説を、ことに泉鏡花のものをきぬはわかいころ好んだが、深夜こっそりとかくれて読むより方法がなかった。お座敷のつとめで疲れた身に、休息する時間をちぢめ、石油ランプの灯をほそめ、おっかさんの目をぬすんで客から借りた本を読んだ。鏡花が好きだったのは「ほりゃ人間やもの、一人さんを好きやら恋しいやら、ひとかどに思う年頃やったさけ。ほやけど、それが許されんさけ、なお、あの小説の夢のような語りに魅かれたがや」。
[井上雪、『廓の女』より]

小説の主人公のきぬさんが、泉鏡花さんのどの小説を読んでいたかは明記されていませんが、泉鏡花さんは明治6年に生まれで、『夜行巡査』や『外科室』を発表したのが明治28年、『高野聖』を発表したのが明治33年だから、ちょうどきぬさんが読んだ頃にあたります。
泉鏡花さんの物語はとりつきづらいのですが、じっくり腰をすえて読んでみようかなと思います。


浅野川の流れの情緒深いくだりです。

「三味線の稽古がすんで、女紅場から外へ出たさいな、浅野川が、きいらきいらと輝いとりみした。稽古場でなんとはなし肚の立っとったがも忘れっくらい、うっし川やった。川底の小石のうえに、すいすいと鮴が走っとりみした。川いちめんの、細かいちりめん皺の流れが眩して、ほんで、唄でもうたおうかァの気ィになりみすがや。」
[井上雪、『廓の女』より]

浅野川のせせかぎが目に映るかのようです。
文中で出てくる「鮴」は「ごり」。和食のお店ではこの鮴を食べさせるお店があります。ちょうど去年金沢で食べています。


金沢のうつのみや書店のこともでてきます。

小ぶとりの体にへこ帯で背中に子供をくくりつけられた姿のまま本屋にいく。片町の「うつのみや」の店に行って新聞を立ち読みするためだった。
[井上雪、『廓の女』より]

金沢生まれの人から「うつのみや書店」さんのことを聞いていたのですが、明治39年くらいの時期にうつのみや書店さんはあったのかな?と調べてみると、明治12年に創業していました。すごい老舗だったのですね。そういえば香林坊の109後の東急スクエアの地下に移ったうつのみや書店さんには、昔の写真が飾られていたことを思いだしました。


旗源平という金沢の昔の遊びも紹介されていて、そのくだりには福梅がでてきます。

勝った組には、福徳や福梅が貰えた。
(中略)
前田家の家紋と梅を形どった紅と白の福梅も、やっぱり最中の皮で包まれるお菓子である。
[井上雪、『廓の女』より]

福梅は、前に金沢に訪れていたときに見かけましたが、まだ食べていません。

ここしばらく行けず、想いだけが高まる金沢。行ったきりになりたいものです。


「金沢、そして京都への慕情」〜2017年 2月 15日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25369448/


by momokororos | 2017-03-23 22:49 | | Comments(0)
チェコのウラジーミール・フカさんのニューヨークのことを描いた絵本。

e0152493_19065892.jpg


イラストがかっこいいです。

見開きからこんなデザインです。

e0152493_21455437.jpg


e0152493_19065886.jpg


点と短い線で表現された絵も素敵です。

e0152493_19065984.jpg


俯瞰された街も素敵。

e0152493_19065978.jpg

e0152493_19070031.jpg


e0152493_19070159.jpg

e0152493_19070182.jpg


アメリカらしさを表現するイラストがたくさんです。

e0152493_19070301.jpg

e0152493_21455450.jpg


ところどころコラージュされた写真があり魅力です。

e0152493_21455538.jpg


ニューヨークの夜景も点描です。

e0152493_21455514.jpg


e0152493_21455689.jpg


2008年初版、こちらは2011年のポーランド版ですが、古い時代を感じさせる紙で、とってもよいです。

ウラジーミール・フカさんの絵本は、どこかでみているものの手にいれたのは初めてです。学芸大学の流浪堂さんで紹介してもらった1冊です。
by momokororos | 2017-03-22 22:28 | | Comments(0)
三上延さんの『ビブリア古書堂の事件手帖7』がでているのを本屋さんで見かけました。

e0152493_12001317.jpg


北鎌倉にお店を構えるビブリア古書堂。
女性の店長と本を読むのが苦手なアルバイトの男の子。古本と謎解きと恋の物語。
似たような小説では、有川浩さんの『図書館戦争』を読んでいます。
いい本が紹介されています。


by momokororos | 2017-03-18 23:55 | | Comments(0)
ふと本屋さんで、ロバート・F・ヤングさんの『時をとめた少女』の本を見つけました。

e0152493_19094823.jpg


ヤングさんの本は、『たんぽぽ娘』、『ジョナサンと宇宙クジラ』に続いて3冊目です。

ヤングさんの小説は、先へと読みたくなる不思議な魅力があります。
『時をとめた少女』の本の最初の短編の「わが愛はひとつ」もとてもよくて、最後は涙でした。前に『たんぽぽ娘』を読んだときも、最後に涙でした。こんな愛のカタチがあるとは、と感じる短編に出会っています。

すれ違う、離れてしまう男女が、時を超えて最後には寄りそうヤングさんの物語。憧れている気持ちからなのか惹かれます。


「また読みたくなる本〜『たんぽぽ娘』」〜2016年 8月 8日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24581996/

2016年5月25日 Twitterより
中目黒から池尻大橋にまたがる東山の丘の風を感じてきて、ロバート・F・ヤングさんの「たんぽぽ娘」を読みたくなりました。
e0152493_19094927.jpg


2015年1月10日 Twitterより
ロバート・F・ヤングさんの『ジョナサンと宇宙クジラ』。短編集。少し読みましたが素敵な物語です。
e0152493_20352736.jpg


2015年1月8日 Twitterより
ロバート・F・ヤングさんの『たんぽぽ娘』。前に読んだのは、復刊ドットコム版。今回は河出文庫版、同じ伊藤典夫さんの訳だけど微妙に違います。

2015年1月7日 Twitterより
「おとといは兎を見たわ、きのうは鹿、今日はあなた」。ロバート・F・ヤングさんの『たんぽぽ娘』。何回読んでも素敵な本です。出だしから引き込まれます。河出文庫から出版された『たんぽぽ娘』を手にいれて読んでいます。
e0152493_19094908.jpg



by momokororos | 2017-03-14 22:52 | | Comments(0)
吉田篤弘さんの『ブランケット・ブルームの星型乗車券』を本屋さんで見かけました。

e0152493_13375358.jpg


タイトルが素敵で、吉田さんのイラストも素敵で手にいれました。

e0152493_13375368.jpg



廃業した老舗ホテル、街頭芝居、発券所など街にあるいろいろな場所や人に思いを寄せています。

「発券所にて」のくだりです。

e0152493_21400211.jpg


「チケットさえ手に入れたら、そこからもう旅が始まります」
(中略)
これもひとつの答えかもしれない。何かを目ざしたり望んだりしたとき、すでにもう旅は始まっている。物理的な移動だけを旅とみなすのは、いかにも夢がない。
[吉田篤弘、『ブランケット・ブルームの星型乗車券』より]

確かに、1枚の切符はその切符だけでも魅力です。行っても行かなくてもそこには想いと期待があふれています。

『ブランケット・ブルームの星型乗車券』は、主人公のブランケット・ブルームの短いコラムの連載を紹介する物語。すべてのコラムに主人公の価値観、吉田篤弘さんのモノの要不要を超えた価値観が流れています。ロマンチストの世界に見えながら、本質的ところが見え隠れしていて共鳴します。

夜がふけてから、想いをめぐせながら読みたい本です。

by momokororos | 2017-03-13 22:22 | | Comments(2)
少しずつあたたかくなってきて、お花に春の気配を感じるようになってきました。

お部屋の別の場所においてあったお花の本を机に持ってきてみました。

e0152493_20133259.jpg


バラバラにしまいこまれているお花の本がまだいろいろあるのですが、お花の本の棚を作るのもいいかなと思っています。

野山やお寺、植物園に咲いているお花を見て、図鑑と照らしあわせていたこともあるのですが、またお花を見に歩いてみようかしら。

by momokororos | 2017-03-12 21:57 | | Comments(0)
昨日は、御徒町の2k540に寄ってから表参道へでました。

雑貨のdoux dimancheさん。
お店の窓の外やお店の中にいろいろな花があって、雑貨をみる前にお花の名前を聞いて教えてもらうことが多いです。
昨晩も店内の白いお花を教えてもらいました。ブルーレースフラワーという名前だそうです。ウコギ科のお花ので、和名は、ソライロレースソウ。
お店のスタッフさんはスカビオサかもと言っていて、わたしはマツムシソウににているかなと言っていたのですが、スカビオサとマツムシソウは同じお花でした。

お店では、パリのお花の本を手にいれました。

e0152493_12494237.jpg


doux dimancheさんをあとにしたのは19時15分くらい。20時までのお店が多いのでどこへ行くにも微妙な時間で行き先に迷います。

結局、渋谷にでて、小さなバスで中目黒の青葉台へ出て東山のdessinさんへ。
20時を過ぎていましたが、お客さんがまだいたのでお店に入りました。

美しいお花や葉っぱの押し花の写真集を見つけました。

e0152493_12494320.jpg


美しい写真です。

e0152493_12494301.jpg

e0152493_12494455.jpg

e0152493_12494464.jpg

e0152493_12494581.jpg

e0152493_12494630.jpg



フランスの雑誌の中の美しい葉っぱの写真集や、透明感ある押し花の写真集を手にいれて紹介していますが、そちらの写真集もdessinさんで手にいれています。

「アートなお花の雑誌〜フランスの『BLOOM』」〜2017年 1月 29日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25255265/

「素敵な押し花〜『テロメア』の写真集」〜2016年 9月 29日の日記
http://momokoros.exblog.jp/24689172/

by momokororos | 2017-03-05 19:15 | | Comments(0)
原田マハさんの『リーチ先生』。

e0152493_20193536.jpg


バーナード・リーチさんのことを書いた小説です。

先頃、原田マハさんの『サロメ』の新刊が出たばかりだったので、また原田マハさんの新刊かと思い手にとりパラパラとめくると「小鹿田焼(おんたやき)」と「小石原焼」の文字が目に入ってきたので手にいれました。新刊ではなく、去年発売された本でしたが、気づきませんでした。

もともと大分の小鹿田焼(おんたやき)が好きだったのですが、小石原焼のうつわを見かけて、似ている2つとも好きになりました。

柳宗悦さんが訪れ、バーナードリーチさんが滞在し作陶したことで知られるようになった小鹿田焼、そしてその源流である小石原焼は、「飛び鉋(とびかんな)」「刷毛目」「櫛描き」が特徴のうつわです。

小鹿田焼に初めて知ったのは、5年前。
吉祥寺の中道通りのうつわのお店でした。

「再発見!吉祥寺の魅力~素敵な雑貨と絵本」〜2012年 1月 11日の日記
http://momokoros.exblog.jp/17204297/

小鹿田焼は大分県、小石原焼は福岡県と違いますが、山をへだてたところがあります。

『リーチ先生』は、まだプロローグの章の60ページくらいを読んだだけでしたが、かなり夢中になります。窯焚きの火と漆黒の闇、そして人々の想いが思い浮かぶかのようです。

闇の中に、窯の焚き口の炎が赤々と燃え上がっている。炎は生き物のように揺らめき、薪のはぜる音が、しんとした夜の静寂に響いている。
[原田マハ、『リーチ先生』より]

河井寛次郎さんの『火の誓ひ』を思いおこします。

e0152493_20193604.jpg


火の誓ひの河井寛次郎さんの言葉がすごいです。

焼けてかたまれ 火の願ひ

あの火の玉 火の手なでる

灯が一つ 大きな闇に穴あけてゐる

何といふ静かさだ
一つ又一つ
小さな音が穴あけてゆく

[河井寛次郎、『火の願ひ』より]

この河井寛次郎さんの火の願ひにつけられた棟方志功さんの版画があるのですが、それもすごいです。展示会を見にいったときの図録に載っているのですが見当たらず、また今度紹介したいと思います。

バーナード・リーチさんの作品はあまり見たことがないのですが、倉敷の大原美術館でみたことがあります。
今度はリーチさんの作品をじっくり見にいきたいと思います。

「素敵な街並み~倉敷美観地区」〜2014年 5月 3日の日記
http://momokoros.exblog.jp/21957809/


by momokororos | 2017-02-27 22:37 | | Comments(0)
今日のお部屋の机です。

e0152493_19562095.jpg


10冊くらいの複数の本を同時に読んでいることが多いのですが、読んでいる本に関連する本をみたくなって部屋の奥から本を探しだしてくるのとあわせて、そのときに目についた本も引っ張りだしてくるので、いたるところに本の山ができます。

図書館でも、周りが一心不乱に1冊の本を読んでいる中で、孫引きするわたしのそばにはだんだんと本が積み重なっでいきます。

せめて机の上だけはきれいに片づけようと思っているのですが、ほっておくとスペースがなくなってしまいます。
こんな状態が常にキープできるといいなと思っています。

by momokororos | 2017-02-22 22:45 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ