「ほっ」と。キャンペーン
よく行く本屋さんの学芸大学の流浪堂さんで、前に手にいれたのとは違うビアズリーの画集を見つけました。

e0152493_22435781.jpg


少し前の私のビアズリーの日記をみてくれたお友達から、18歳のときにデッサンの参考のために、ビアズリーの画集を買いに茨城から青山に出てきたことがあると聞いていて、すごいなって思っていたのですが、お店の人にその話しをしたらすごいって言ってくれてうれしくなりました。

私は18歳のとき何していたかを思いだそうとしたのですが覚えていないので、たぶん何もしていなかったと思います。

その青山の本屋さんのことをお友達に聞いてみたら、
「お店は、青山の昔のハナエ森ビルの向かいのマック、今のアップルストアの横の道を入って左に曲がって少し行った所」で地下のお店とのこと。
ロイヤルホストの先、北欧のうつわのELEPHANTさんのあたりだと思いますが、知らない本屋さんです。どんな本屋さんがあったのか気になります。知っている人いるかしら。


久しぶりにELEPHANTさんを思いだしました。北欧の素敵なうつわのお店なのですが、ここしばらくタイミング悪いのかお店が閉まっているときにあたります。

初めてELEPHANTさん訪れたのは、「ベルント・フリーベリ展 『洗練された形と釉薬』」の展示会のときでした。うつわは買ってはいないのですが、素敵すぎるうつわでした。
フリーベリさんのうつわをもう一度見たくなってきたので、今度青山を訪れたときに寄ってみようかなと思っています。


「東京休日雑貨・アート散歩~乃木坂・青山あたり」〜2010年 4月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/12421748/

「恋する気持ち〜『サロメ』」〜2017年 2月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25301305/

by momokororos | 2017-02-14 22:50 | | Comments(0)
神保町のキントト文庫さん。

e0152493_22410226.jpg


駿河台下からすずらん通りに入った左手にある本屋さんです。喫茶店の看板がそのままなのもまたいいです。

わたしが行く日がたまたまそうなのかもしれませんが、なかなか開いているときがなく、先日開いていたので、すかさず入りました。

本棚のあいだが狭くてすれ違えないほどで、怪しげな本もたくさんあるのですが、ガラスの向こう側には稀少本が並んでいたりと、いろいろ魅力を感じる本屋さんです。

並んでいる本はほとんど知らないのですが、かつて発禁本であった本も並んでいるのを見かけました。持っている本なのですが、私が手にいれた価格の4倍くらい。さすが神保町価格。神保町は安いと思いがちですがかなり高いです。

それでも見たことがない稀少本を見ることができる神保町はすごいです。
キントトさんでは、まだ本を買ったことがないのですが、いつかいい本が見つかるって予感がします。

by momokororos | 2017-01-23 22:18 | | Comments(0)
週末になると、関西に行きたいなっていつも考えているのですが、行くとずっといたくなってしまいます。
昨日から今日にかけて、関西は雪模様で、京都ではかなり雪が降っていたみたいです。
年明け2日とか3日から開けている関西の本屋さんが多くて、うらやましく思っていました。

今週末は、東京で本屋巡りしていました。

疲れはてたときや調子が悪いときなど、もうどこにも行きたくないって思うときも、本屋さんにいくと体調がよくなったり、本屋さんにいるときは体調悪いのを忘れていたりすることが多いです。

新刊本屋さんでは、紙とインクの匂いに安らぎを感じているみたいです。古本屋さんでは、本の話しをしながら私の好きそうな本をすすめてくれる人がいるからだと思っています。

おとといやきのうもそんな1日でした。

おととい金曜は、風邪ひいて早引けしようと思うくらい調子悪かったのですが、仕事をひけてから中目黒から学芸大学の本屋さんへ。調子悪さを忘れていました。
きのう土曜はかなり寒くて、都内でも少し雪がちらつきました。
渋谷から森下に出たあとに神保町に戻り、そして地元の新刊本屋さんへ。
たくさんの素敵な本を手にいれました。

e0152493_15405935.jpg


東京でいつも素敵な本をすすめてくれる人に今年はまだ会えていないので、また会って本の話しができればいいなって思っています。

by momokororos | 2017-01-15 19:58 | | Comments(0)

京都ふらり

金沢から京都へ。
サンダーバードは夢の京都と金沢を結ぶ特急です。

京都の河原町通御池下ルの雑貨の Angersさんへ。

e0152493_00274414.jpg


久しぶりにAngersさんの京都本店を訪れました。本店は3階あり、2階3階と登るほど素敵なモノがあると感じます。

河原町通を下り、河原町四条の丸井の中の新刊本屋の FUTABA + さん。
京都に来るといつも寄る素敵な品揃えの本屋さん。開店当初からこのセレクトはすごいと思っていましたが、今でも訪れるたびに感じています。
この前に、FUTABA + さんに訪れたときに、カウンターの前に Angersさんのショップカードが置いてあったので聞いてみると、FUTABA書房さんの雑貨事業がAngersとのことでした。Angersさんの本の品揃えも大好きなのですが、どおりで素敵なはずです。

京都駅。
ふとみると、あやしくライトアップされている京都タワー。並ぶビルも赤でライトアップするようになっていたのですね。

e0152493_00274477.jpg


久しぶりに伊勢丹百貨店にもはいりました。
美術館「えき」で開催されていたミロコマチコさんの展示会がすでに終わっていて残念です。

昔大好きだったお寺巡りは最近しなくなってしまいましたが、今年も京都には30日以上ふらりと訪れています。

by momokororos | 2016-12-31 10:27 | 雑貨 | Comments(0)
姫路のおひさまゆうびん舎さん。
長居してしまう本屋さんの1つです。

e0152493_11003229.jpg


私のよく行く本屋さんの中では、一番西にある本屋さんです。

姫路駅から延びるアーケードを歩き、姫路城の大手門の手前の路地の2階にあります。

お店の前にかつてあった看板。

e0152493_23354738.jpg


ちょっと歩けば、姫路城の大手門です。

e0152493_18122505.jpg


お店は、絵本と児童書、文学、芸術などの本があります。絵本と児童書が7割くらいを占めているでしょうか。
お店では話しばかりしてさそまい店内の写真を撮っていないのですが、夏葉社さんの本も充実しています。
最近は益田ミリさんの原画展、夏葉社フェアー、今は高橋和枝さんの『りすでんわ』のコーナーの展示が作られています。
11月からは「私の本棚」フェアーだそうです。いろいろな人の本棚の写真が並び、本の出展もあるそうです。

「選書の冒険」という、本を包装紙でくるんで本の表紙の一部だけを見せて一言コメントを綴った本の販売もしています。

e0152493_23354843.jpg


何の本だろうかと想像する楽しみにあふれます。

店長さんは、全国津々浦々、読みきかせにも出かけています。

最近、おひさまゆうびん舎さんで手にいれた本です。

アンドレ・フランソワさんの『わにのなみだ』。

e0152493_20374831.jpg


吉田篤弘さんの『小さな声 静かな声』。

e0152493_20374851.jpg


ロジャー・デュボアザンさんの『ごきげんなライオンのおくさん がんばる』。

e0152493_11003269.jpg



よしもとばななさんの『ジュージュー』、上林暁さんの『星を撒いた街』、高階杞一さんの『早く家へ帰りたい』なども、おひさまゆうびん舎さんから勧められた本です。

お店では、雑貨も扱っていて、クルムモさんのブックカバーは大好きです。

e0152493_20374971.jpg



by momokororos | 2016-10-15 13:50 | | Comments(2)
神戸は12、3年くらい前から通っているのですが、いまだに憧れてやまない街です。
昔から個性的な本屋さんが多くて、通っていた本屋さんが何店か移転や閉店していますが、それでも魅力的な本屋さんが多いです。

その中の一軒が、神戸元町のハニカムブックスさんです。

e0152493_10055844.jpg


本と雑貨の乙女な本屋さんです。
名前は本屋さんですが、かわいい雑貨もたくさんです。
本と雑貨が半分半分くらいでしょうか。
本の種類は、生活、雑貨、旅、エッセイ、絵本、文学、雑誌、コミックなどです。

少し前に訪れたときの写真です。

e0152493_10055906.jpg


お店にいてみて、お客さんは9割くらいが女性の感じです。
ここまで女性のお客さんが多い本屋さんは他に知りません。

店内はとっても明るくてかわいい感じです。窓のカーテンも可愛いです。

e0152493_10055922.jpg


本棚が高くないので、白い壁の店内が見まわすことができて気持ちのよい空間になっています。小さな展示スペースもあります。

この前に訪れたときに手にいれた本です。

柚木麻子さんの『ランチのアッコちゃん』。

e0152493_10060045.jpg


市河紀子さんの選詩の『草にすわる』。

e0152493_10060076.jpg


素敵な詩が載っています。

ハニカムブックスさんは8年目。
これからも楽しみな本屋さんです。

by momokororos | 2016-09-24 23:40 | | Comments(0)
高円寺の絵本のるすばんばんするかいしゃさん。

こちらは長居してしてしまう本屋さんの筆頭かもしれません。
中央線はわたしにとっては、東京でもかなり遠いエリアなのですが、るすばんばんするかいしゃさんのおかげで通うようになりました。

先日、お店を訪れています。

e0152493_22141644.jpg


2階がこちらの写真で絵本のフロア。
1階がギャラリーになっています。

1階のギャラリーでは、にしおゆきさんの個展が開催されていました。
にしおゆきの作品は白をベースとした清楚な感じの立体で素敵です。丸い球に載っている作品が好きです。

2階でも話しながら絵本をいろいろおすすめしてもらいます。お気にいりの絵本、持っている絵本、好みでない絵本、いろいろあるのですが、今回は3冊の絵本を手にいれました。

クヴィエタ・パツォウスカーさんの図録。

e0152493_14051126.jpg


見たことのないパツォウスカーの作品が載っていて嬉しいです。

e0152493_14051291.jpg


e0152493_14051240.jpg


e0152493_14051213.jpg


e0152493_14051372.jpg


パツォウスカーさんの絵本はたくさん持っているのですが、どの絵を見ても素敵です。

ジョセフ・ロウさんの科学絵本。

e0152493_14051300.jpg


科学絵本のシリーズはいろいろありますが、素敵な絵本が多いです。

e0152493_14051390.jpg


e0152493_14051434.jpg



ロザリンド・ウェルチャーさんの絵本。

e0152493_14051404.jpg


e0152493_23452064.jpg


e0152493_14051481.jpg


e0152493_23452020.jpg


とってもかわいい絵本です。
ロザリンド・ウェルチャーさんの絵本は大好きなのですが、この絵本は一番好きな絵本です。
ウェルチャーさんの絵本もたくさん持っていて今度紹介できればと思います。

るすばんばんするかいしゃさんは、訪れるたびにお店の営業時間を越えて話してしまってます。今回も閉店時間をオーバーして話してしまっています。







by momokororos | 2016-06-04 23:46 | | Comments(0)
長居してしまう本屋さんの2つ目は、学芸大学の流浪堂さん。

e0152493_23091638.jpg


先日、中目黒のdessinさんに行ったあとに寄っています。

流浪堂さんに置いてある本と本の並びは面白いです。雑然と置いてあるように見えますが、これが不思議と面白い。
本屋さんそれぞれの感性で本を並べていると思いますが、数ある本屋さんの中でも流浪堂さんは特に素敵です。その中から目にとまる本、奥にある本を見つけだすのが楽しいです。いればいるほど素敵な本が見つかります。

前に見つけた小杉小二郎さんの本のことを流浪堂さんに話していたのですが、小杉さんの本がはいったとのことで見せてもらいました。

その日に小杉小二郎さんの絵が好きという人に小杉さんの図録をゆずったのですが、その図録があってびっくりです。

e0152493_19004118.jpg


たくさんの小杉小二郎さんの図録がはいっていて、手にいれた本は7冊。流浪堂さんのご夫妻と小杉さんの絵を見ながら楽しんでいました。

手にいれた図録の中から抜粋して紹介します。

e0152493_19004261.jpg


e0152493_19004219.jpg


e0152493_19004369.jpg


静謐でけがれていない絵はとっても素敵です。
絵のトーンが有元利夫さんに似ているものもありますが、純粋なはっきりした色を使われている絵も素敵です。

e0152493_21202345.jpg


e0152493_21202477.jpg


こちらは聖書物語という一連の絵です。

e0152493_19004353.jpg


e0152493_19004339.jpg


e0152493_19004453.jpg


少し違ったテイストの絵もあります。

e0152493_19004409.jpg


小杉小二郎さんは、70歳を越して今も巴里に在住だそうです。
お父様が日本画家で、画壇に属さず孤高の画家だそうです。

小杉小二郎さんの書いた『巴里ゆらゆら』の本も楽しみです。

e0152493_19261808.jpg


お店では、mariko fukuraさんの『読んだり 書いたり 眠ったり』の展示が開催されていました。

e0152493_23091754.jpg


すでに展示は終わっているのですが、素敵なイラストでした。レターセットを手にいれてます。

e0152493_23091814.jpg



流浪堂さんには、19時半過ぎにお店にはいったのですが、気がついてみると24時前。4時間お店にいました。






by momokororos | 2016-05-31 23:09 | 芸術 | Comments(0)
長居してしまう本屋さん。

おとといの夕方に中目黒のdessinさんに寄っていたのでこちらから紹介です。

e0152493_23112531.jpg


おととい日中は世田谷の砧公園の近くにいたのですが、夜に中目黒のdessinさんへ。

展示を見たりお店の方と話しながらいろいろ見て長居。ほしい本がたくさん見つかりました。

1939年の絵本。

e0152493_18280537.jpg


イラストがとってもかわいいです。

e0152493_18280534.jpg


おすまししているかと思ったら、アラアラ。

e0152493_18280591.jpg


話しの内容はまだ読んでいないのですが、大変なことになっています。

e0152493_18594348.jpg


追いかけられてます。このページが一番好きです。

e0152493_18280688.jpg

e0152493_18280698.jpg


じっくり探してよかったと思う絵本です。

もう1冊見つけて手にいれたのが、ブックデザインの本です。

e0152493_18280638.jpg


櫛の写真が表紙に載っている本が紹介されていました。

e0152493_18280761.jpg


1960年の世界デザイン会議で配られた小冊子だそうです。
櫛の形がとっても美しいです。

堀内誠一さんの本で一番大好きな絵本の『おおきくなるの』も紹介されていました。

e0152493_18280732.jpg


この絵本は持っているのですが、もう1冊手にいれてプレゼントしたいと思う絵本です。


e0152493_18280771.jpg


こちらの『グラフィックデザイン』は知りませんでしたが、素敵です。

ほしい本はまだまだたくさんあったのですが、1冊はおとりおきにして、他の本は棚に戻してなくならないことを祈りまたの機会にしました。




by momokororos | 2016-05-29 06:50 | | Comments(0)
大阪水無瀬にある長谷川書店さん。
姫路のおひさまゆうびん舎さんから教えてもらった素敵な新刊本屋さんです。

e0152493_2021962.jpg


ときどき寄るのですが、いつもいい本に出会ってたくさんの本を買ってしまっています。

しばらくぶりで訪れると、絵本とエッセイのコーナーが模様替えされていました。
店内をみていたのですが、珍しくココロに響く本がない。。。
っと思ったのもつかのま、いつのまにか4、5冊の本をかかえていました。

手に入れた素敵な本をいつもなかなか紹介できないのですが、
その中の1冊を紹介します。

Coyoteという雑誌。これまで買ったことのない雑誌でしたが素敵でした。

e0152493_2032192.jpg


小川洋子さんと平松洋子さんの対談。

e0152493_194703.jpg


小川洋子さんも平松洋子さんもどちらも好きな作家さんで、
年齢でわけられた章のタイトルとセレクトされた本が素敵です。

リチャード・ブローディガンさんの『西瓜糖の日々』から、インスパイアされる小川さんと平松さんの物語が載っていました。おふたかたとも好きな作品みたいです。

『西瓜糖の日々』の表紙のイラスト。

e0152493_19521173.jpg


リチャード・ブローディガンさんは、自分の中ではとっつきにくい印象があるのですが、
『愛のゆくえ』と『西瓜糖の日々』は大好きな作品です。このイラストの『西瓜糖の日々』の単行本は手放してしまっているのですが、また読んでみたくなりました。

またCoyoteには、西荻窪の特集も載っていて、紙面から目が離せません。
裏表紙が西荻窪の地図になっているのもにくいです。

e0152493_19504473.jpg


これを見ると、また西荻窪に遊びにいきたくなります。


長谷川書店さんで手にいれた本はどれも素敵です。
by momokororos | 2016-01-09 04:42 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ