小学生のとき持っていた本は、いとこにおさがりとしてあげているので1冊も残っていないのですが、中学生から手にいれた本はほぼ残っています。

中学生になってお小遣いを握りしめて本屋さんに行って、自分で初めて買った文庫本をいまだに覚えています。

北杜夫さんの『船乗りクプクプの冒険』。

e0152493_19170498.jpg


買った本屋さんや本棚の位置まで覚えています。

この前、本を整理していたら出てきたのですが、また読んでみようかなって思います。

同じ時期に買った本に眉村卓さんの『ねらわれた学園』と井上ひさしさんの『ブンとフン』があります。

『ブンとフン』は出てきました。

e0152493_19170524.jpg


このあいだ、姫路のおひさまゆうびん舎さんを訪れたときに、店長さんも読んだと言っていました。私は本の中身はすっかり忘れていたのですが、店長さんは覚えていて少し内容が蘇りました。
こちらも読んでみようかな。
by momokororos | 2017-05-21 11:12 | | Comments(4)
神戸から姫路へ。

姫路のおひさまゆうびん舎さんへ。

e0152493_15372963.jpg


よく行く本屋さんの中で、一番西にある本屋さんです。

おひさまさんの店長さんは調子が少しよくなってきたみたいでよかったです。
お店には、前にお会いした、古本の一箱市にも参加されている本好きのハレクモさんもいらしていて、本や仏像の話しに熱くなりました。
ハレクモさんが書いた『おみぞ筋』の冊子も読ませていただきました。「おみぞ筋」は姫路にある1つのアーケードの名前です。

お店では、山高登さんの『東京の編集者』を手にいれました。

e0152493_00041071.jpg


「木版画家・山高登の世界「東京の昭和を歩く」という展示が、新宿のハイジア1Fで5月21日まで開催されています。


姫路では、むかし神戸栄町にあった雑貨のMacaroni (マカロニ)さんのお店が、同じ名前で姫路でやっているということを聞いていたのですが寄れずじまい。また今度寄ってみたいと思います。


おひさまさんのお店が閉店してから、姫路の夜を堪能。少し前に初めて食べて好きになったヒネポンや、タコが美味しかったです。

by momokororos | 2017-05-04 12:24 | | Comments(0)

夕暮れどきの青山散歩

先日の週末、久しぶりに青山へ。

青山の表参道の交差点。

e0152493_12390205.jpg


青山は通りも歩道も広く、空が広くて気持ちがいいです。

e0152493_12390291.jpg


素敵なお店もお洒落さんも多くて、夕暮れどきに風を受けて歩くのはとても満ち足りた気分になります。

雑貨のdoux dimancheさんに寄って、しばらく青山をお散歩。
お花がいっぱい咲いているところもあります。

e0152493_12390322.jpg


ときに帰りたくない気持ちになる青山は19歳のときから好きな街です。東京で好きな街はいろいろありましたが、青山はずっと変わらず好きな街です。

青山から中目黒へ出ました。
もう目黒川の桜の人出は落ちついただろうと思っていましたが、夜桜を見にきた人でいっぱいでした。

目黒川沿いのCOWBOOKSさんへ。

e0152493_12390375.jpg


青山から中目黒に行くことが多いのですが、東京メトロと東横線もしくは田園都市線を乗り継いでいかねばならず、思ったより時間かかります。
ときに渋谷から中目黒の東山にバスで入ることがありますが、一番好きな入りかたです。

by momokororos | 2017-04-18 22:15 | 雑貨 | Comments(0)
姫路から神戸へ。
神戸は雨上がりの爽やかな風が吹いていました。これからさわやかな神戸散歩が楽しい季節です。

元町の南京町の西安門に近いところにある本屋の1003さん。

e0152493_10523995.jpg


お酒や料理の本が充実していて、JINに新刊もたくさんになってきています。最近はイベントもたくさんで大変そうです。
前に紹介した二階堂奥歯さんの本を気にいってくれたみたいでうれしいです。

2冊の本をすすめてもらいました。

e0152493_16030247.jpg

e0152493_16030262.jpg


最近はSFはほとんど読んでいないので楽しみです。


同じく元町の元町通4丁目の元町映画館の近くにある本屋のハニカムブックスさん。

e0152493_10523976.jpg


お店では、miineさんの作品展「ハル・うらら」の展示が開催されていて作家さんも在廊していました。
淡い色遣いで、ハニカムさんのお店の雰囲気にぴったりでした。

ハニカムさんからすすめてもらった2冊です。

e0152493_16030340.jpg

e0152493_16030351.jpg


いくえみ綾さんは、前にもハニカムブックスさんですすめていただいたコミックです。

自分では選ばない本なので、おすすめしてもらうと、自分の世界が広がります。


元町の鯉川筋のファビュラスオールドブックさん。

e0152493_10524061.jpg


久しぶりに寄りました。
店長さんと絵本のお話しをしながら、店内の絵本をみていたのですが、アングランドさんの絵本やフィギュアがあるのを初めてみつけました。
さらにロベール・ドアノーさんの写真集の話しをしていたのですが、写真集の品揃えもありました。
もう10年くらいお店に通っているのですが、気づいていないことたくさんです。
アングランドさんの絵本を2冊手にいれました。

その足で、ほど近い中山手通のカフェのtoiroさん。

e0152493_18270230.jpg


閉店まであまり時間がありませんでしたが、お茶しながらお店の方としばしお話し。人気のお店になって、狭い店内は大変みたいです。
お店が終わったあとパクチー祭りに行くと言っていました。いいですね。

by momokororos | 2017-04-11 22:11 | | Comments(0)

姫路の本屋さん

尼崎から姫路へ。
姫路城近くのおひさまゆうびん舎さんへ。
椅子から落ちたという話しを聞いていたのですが大丈夫みたいでした。

おひさまさんに行ったら買おうと思っていた、高橋和枝さんのくまくまちゃんの絵本は、先日まで開催されていた高橋和枝さんねかフェアで完売したそうで、100冊くらいあった3冊の絵本がすべて売り切れとは驚きました。

店長さんが読んで面白かったという阿川弘之さんの『カレーライスの唄』を読んでみることにしました。

e0152493_11044351.jpg


この本を手にいれたからというわけではないのですが、夜は姫路城近くのカレー屋さんでカレーを食べにいきました。

e0152493_11044340.jpg


豆カレー、キーマカレー、チキンカレーの3種が盛りつけられており、ひねポンという播州名物の鶏もついています。かなりボリュームがあってお腹いっぱいになりました。


姫路駅そばのファッションビルのpiole。

e0152493_11044474.jpg


お洒落なビルで、姫路周辺の女の子はとてもうれしいんだろうなって思います。

姫路駅から姫路城を望みます。

e0152493_11044438.jpg


姫路は、おひさまゆうびん舎さんに寄ったり、たまに昼ごはん夜ごはんを食べたりするだけなのですが、姫路城にはたくさんの観光客がきています。お城の集客力では全国一みたいです。

by momokororos | 2017-04-10 18:43 | | Comments(0)
昨晩は、目黒川沿いの満開の桜の日記を書きましたが、目的は中目黒にある本屋さんのdessinさんでした。
中目黒の東山一丁目に近いところにあったdessinさんは先週にお店を閉めて、中目黒駅にほど近いところに移転しています。
昨日が移転初日でした。

e0152493_23592050.jpg


中目黒で一番雰囲気があると思っている通りにあります。

e0152493_23592176.jpg


お店はこぢんまりしていていい感じです。
昨晩はお店にしばらくいましたが、駅近くの路面店なので、お客さんが次々と入ってきます。東山の静かなdessinさんを知っている私は少し落ちつかないかな。
お客さんがひいたところで、店内の写真を撮り、お店の方とお話し。
とてもお洒落な素敵な本を紹介していただきました。

今宵は清澄白河。いいものに出会えるかな。

by momokororos | 2017-04-06 19:17 | | Comments(0)
今宵は久しぶりに中目黒にでていました。
中目黒のdessinさん。
今日で今の店舗は閉まります。

e0152493_20292212.jpg


お店がオープンした頃から通っていました。

新しい店舗は駅に近いところで、オープンは4/5水曜です。

e0152493_20292334.jpg


中目黒でも雰囲気のある特に好きなエリアなのですが、気持ちは複雑です。
駅に近い分お店は混んでしまうかもしれません。
by momokororos | 2017-03-30 20:38 | | Comments(0)
よく行く本屋さんの学芸大学の流浪堂さんで、前に手にいれたのとは違うビアズリーの画集を見つけました。

e0152493_22435781.jpg


少し前の私のビアズリーの日記をみてくれたお友達から、18歳のときにデッサンの参考のために、ビアズリーの画集を買いに茨城から青山に出てきたことがあると聞いていて、すごいなって思っていたのですが、お店の人にその話しをしたらすごいって言ってくれてうれしくなりました。

私は18歳のとき何していたかを思いだそうとしたのですが覚えていないので、たぶん何もしていなかったと思います。

その青山の本屋さんのことをお友達に聞いてみたら、
「お店は、青山の昔のハナエ森ビルの向かいのマック、今のアップルストアの横の道を入って左に曲がって少し行った所」で地下のお店とのこと。
ロイヤルホストの先、北欧のうつわのELEPHANTさんのあたりだと思いますが、知らない本屋さんです。どんな本屋さんがあったのか気になります。知っている人いるかしら。


久しぶりにELEPHANTさんを思いだしました。北欧の素敵なうつわのお店なのですが、ここしばらくタイミング悪いのかお店が閉まっているときにあたります。

初めてELEPHANTさん訪れたのは、「ベルント・フリーベリ展 『洗練された形と釉薬』」の展示会のときでした。うつわは買ってはいないのですが、素敵すぎるうつわでした。
フリーベリさんのうつわをもう一度見たくなってきたので、今度青山を訪れたときに寄ってみようかなと思っています。


「東京休日雑貨・アート散歩~乃木坂・青山あたり」〜2010年 4月 4日の日記
http://momokoros.exblog.jp/12421748/

「恋する気持ち〜『サロメ』」〜2017年 2月 6日の日記
http://momokoros.exblog.jp/25301305/

by momokororos | 2017-02-14 22:50 | | Comments(0)
神保町のキントト文庫さん。

e0152493_22410226.jpg


駿河台下からすずらん通りに入った左手にある本屋さんです。喫茶店の看板がそのままなのもまたいいです。

わたしが行く日がたまたまそうなのかもしれませんが、なかなか開いているときがなく、先日開いていたので、すかさず入りました。

本棚のあいだが狭くてすれ違えないほどで、怪しげな本もたくさんあるのですが、ガラスの向こう側には稀少本が並んでいたりと、いろいろ魅力を感じる本屋さんです。

並んでいる本はほとんど知らないのですが、かつて発禁本であった本も並んでいるのを見かけました。持っている本なのですが、私が手にいれた価格の4倍くらい。さすが神保町価格。神保町は安いと思いがちですがかなり高いです。

それでも見たことがない稀少本を見ることができる神保町はすごいです。
キントトさんでは、まだ本を買ったことがないのですが、いつかいい本が見つかるって予感がします。

by momokororos | 2017-01-23 22:18 | | Comments(0)
週末になると、関西に行きたいなっていつも考えているのですが、行くとずっといたくなってしまいます。
昨日から今日にかけて、関西は雪模様で、京都ではかなり雪が降っていたみたいです。
年明け2日とか3日から開けている関西の本屋さんが多くて、うらやましく思っていました。

今週末は、東京で本屋巡りしていました。

疲れはてたときや調子が悪いときなど、もうどこにも行きたくないって思うときも、本屋さんにいくと体調がよくなったり、本屋さんにいるときは体調悪いのを忘れていたりすることが多いです。

新刊本屋さんでは、紙とインクの匂いに安らぎを感じているみたいです。古本屋さんでは、本の話しをしながら私の好きそうな本をすすめてくれる人がいるからだと思っています。

おとといやきのうもそんな1日でした。

おととい金曜は、風邪ひいて早引けしようと思うくらい調子悪かったのですが、仕事をひけてから中目黒から学芸大学の本屋さんへ。調子悪さを忘れていました。
きのう土曜はかなり寒くて、都内でも少し雪がちらつきました。
渋谷から森下に出たあとに神保町に戻り、そして地元の新刊本屋さんへ。
たくさんの素敵な本を手にいれました。

e0152493_15405935.jpg


東京でいつも素敵な本をすすめてくれる人に今年はまだ会えていないので、また会って本の話しができればいいなって思っています。

by momokororos | 2017-01-15 19:58 | | Comments(0)

かわいいもの、ちいさなものが大好きです


by ももころろ