素敵なモノみつけた~☆

momokoros.exblog.jp
ブログトップ

タグ:岩手 ( 14 ) タグの人気記事


2015年 06月 14日

素敵な散歩道~盛岡中津川と深沢紅子野の花美術館

今日は盛岡でチャグチャグ馬コを3ヶ所で見ていて、終わったあとになんか気が抜けてどこかに行きたいって気持ちはありませんでした。それでも、今日の盛岡はとても気持ちのよい風が吹いていて、盛岡を去りがたく思っていました。

さわやかな風吹く中津川の風景が思い浮かび、ちょっと遠かったのですが、盛岡駅あたりから中津川まで歩くことにしました。

中津川にかかる中の橋の欄干にお花のポッドがいくつかかけられていました。
e0152493_0244051.jpg

河川敷の小径は、中の橋の上から見ているだけでもおりてみたくなる魅力をかもしだしています。
e0152493_0244277.jpg

川縁の土手から階段で河川敷まで降ります。

果てしなく続くようにみえるゆるやかにカーブを描く小径。
e0152493_024456.jpg

こんな風景に憧れていたんだって思わせます。

河川敷の小径を歩くと、鳥の鳴き声が聞こえ、さまざまなお花が咲いています。
忘れな草に、アカツメクサ、雪の下に、マーガレットみたいなお花などなど。
こちらは、雪の下のお花。
e0152493_0245130.jpg

土手を眺めると、誰が撒いたのかさまざまなお花が咲いています。
e0152493_0244841.jpg

途中には、深沢紅子野の花美術館もあります。
e0152493_0245335.jpg

去年も寄っているのですが、深沢紅子さんの優しいお花と女性の絵を見たくなりはいりました。
深沢紅子さんの文章や語る言葉は素敵で、深く共感できるものがあります。
館内にパネル展示されている紅子さんのひとつひとつの言葉が素敵です。
パネルに引用している本のことを美術館のスタッフさんに聞いてみたら絶版とのこと。読んでみたいです。

代わりに、深沢紅子さんのイラストと文章がはいっているこんな本を手にいれましたが、こちらも素敵です。
e0152493_0245885.jpg

美術館の2階の入口のパネルを見ていたら三岸節子さんのことが、3階の展示室のビデオを見ていたら堀多恵子さんのことがでてきました。どちらも好きな絵描きさんと作家さんなんです。

展示を見たあとに美術館の人と少しお話し。
紅子さんが中津川にすぐ近いところに住んでいたことや、軽井沢にある深沢紅子野の花美術館のこと、もう少し中津川の上流に忘れな草が群生していることを教えてもらいました。

美術館をでたあとに、再び中津川の河川敷に戻り、忘れな草の群生を見にいきました。
e0152493_0245659.jpg

河川敷の雑草の刈り取りが行われているのだけど野草のお花は刈り取らずに残してくれているとのことを美術館のスタッフの方から聞きました。素敵です。

中津川沿いの小径をかなり長い時間歩いていたのですが、小さな兄弟が遊び、お父さんと子どもが水辺にたたずみ、年老いた夫婦がゆっくりと散歩しています。
梅雨の晴れ間の強い日差しが川面に反射でときにシルエットになり、ときに夕陽に照らしだされ、吹く風を受けとめながら歩いていると、哀愁とも希望とも感じられるゆるやかな気持ちになりました。

去りがたい気持ちでいっぱいでしたが、また来たいと思います、盛岡中津川。

by momokororos | 2015-06-14 00:24 | | Comments(0)
2015年 06月 13日

チャグチャグ馬コ~盛岡大通り商店街

盛岡のチャグチャグ馬コ。
駅前で見たあとに、北上川にかかる開運橋を渡り、盛岡一にぎやかな大通り商店街へ。
この商店街をチャグチャグ馬コが通ります。
商店街の日陰になる方の片側でよさげな位置で待ちます。

こんな小さな女の子が大きなお馬さんに乗っています。
e0152493_19383790.jpg

チャグチャグ馬コは、お馬さんにつけた鈴が歩くとともに鈴の音がするのが魅力です。
こちらは写真だけでは伝わらない魅力ですね。

by momokororos | 2015-06-13 19:38 | | Comments(0)
2015年 06月 13日

チャグチャグ馬コ~盛岡駅前広場

盛岡のチャグチャグ馬コ。
あまりに魅力なので一度では飽きたらず、行進の行き先に先回りしてみています。

盛岡の青山駅から盛岡駅に戻ると、駅前広場にチャグチャグ馬コのお馬さんが2頭いました。こちらでもお馬さんと触れあうことができます。

e0152493_18473870.jpg

こちらの子は泣きだしそうになってしまってます。
e0152493_1847412.jpg

写真ではわからないのですが、お馬さんの目はとってもきれいでココロをあらわすかのようでした。

この駅前広場にいるお馬さんは行進に参加していないみたいです。何時からいるのかわかりませんでしたが、12時にはいて私が離れる12時半にはまだいました。

去年までは駅前広場でさんさ踊りを輪になって踊られていて、今年もあるのかと思い少し待っていたのですが、聞いてみると今年はないとのこと。さんさ踊りをまぢかで見れる場所だったのですが残念です。

その頃、チャグチャグ馬コの行進は材木町の方にいて、1時くらいには開運橋を渡った先の大通り商店街に行進が行くので、私もそちらの方に移動です。

by momokororos | 2015-06-13 18:47 | | Comments(0)
2015年 06月 13日

チャグチャグ馬コ~盛岡青山町中央通商店会

盛岡。
今年もまたチャグチャグ馬コを見にきました。
盛岡のさんさ踊りもそうなのですが、全国の祭りの中でもかなり好きな祭りの1つです。
e0152493_12574624.jpg

昨年と同じく青山中央通商店会のお馬さんの休憩所でまず見ていました。

お馬さんはかなり大きいので、近寄るにはちょっとこわいですが、子どもたちもお馬さんと触れあうことができます。
e0152493_12574994.jpg

お馬さんが休憩所をでるのを見送り、青山駅から1駅電車で盛岡駅まで出ます。

by momokororos | 2015-06-13 12:57 | | Comments(0)
2015年 06月 13日

ちゃんがちゃうまこ~盛岡

久しぶりに盛岡へ。

東京駅。
こまちとはやての連結部分。
e0152493_09894.jpg

新幹線の中では、「こまち」のデザインが一番好きかな。

そして盛岡。4月の後半の桜の時期以来なので、2ヶ月ぶりです。
新幹線のホームからエスカレーターで降りたところでは、さんさ踊りで出迎えてもらえました。さんさ踊りは大好きなのでうれしかったです。

駅から歩いてすぐの開運橋からの北上川の眺め。
e0152493_091139.jpg

晴れていれば岩手山を望むことができます。

盛岡の一番の繁華街で美味しいものをいただきました。
e0152493_0913100.jpg

e0152493_091555.jpg

e0152493_092072.jpg

e0152493_091799.jpg

イカそうめんに、サバの刺身、姫竹焼きに、ぶどうエビ。

ぶどうエビは初めて食べました。
値段は張るけど甘くて美味しい。
あわせる日本酒は浜千鳥純米吟醸。

明日は、盛岡のチャグチャグ馬コ。
去年見にきてから、もう1年経ったなんて信じられません。

宮沢賢治さんのチャグチャグ馬コの詩です。

夜明げには まだ間があるのに 下のはし ちゃんがちゃうまこ見さ出はたひと。

「下のはし」は、盛岡市内を流れる中津川にかかる橋です。今は昼間に行われている祭りは、大正時代には、旧暦5月5日午前1時ごろから始まったそうです。「ちゃんがちゃ」って言った方が実際の音に近いです。

チャグチャグ馬コは、4回くらい見にきたことあるのですが、今年はどこでみようかな。

by momokororos | 2015-06-13 00:08 | | Comments(0)
2014年 12月 31日

盛岡凍てつく寒さと美味しいもの

岩手水沢から盛岡へ。
夕方になり寒さの増してきた水沢でかなりからだが冷えていました。
盛岡行きの東北本線は2両編成の電車。空いた席に座れた私は座席のヒーターのあたたかに助けられました。

盛岡駅から少し離れた盛岡一番の繁華街。いつもは歩くのですが、バスで繁華街に入ります。泊まりは映画館通りの近く。
連日の食べ歩きにその日は食べに出ないつもりでしたが、映画館通りの雰囲気を目のあたりにすると街への気持ちが高まります。
e0152493_21514220.jpg

いったん泊まるところにチェックインしましたが、やっぱり街にでてしまいました。
その日は寒さが尋常ではなく、痛いくらいの寒さでした。10分くらい歩いただけで手が冷たくなり痛みすら覚えます。
街は意外に人がいっぱいで、ここはっと思ったお店も満席で2軒ことわられます。諦めようかなって思っていたときに空いているお店に出会いました。

まずは刺身の盛りあわせ。
e0152493_21512656.jpg

お店の主人に今日は寒いですかって聞いてみるとふつうとのこと。
岩手の藪川はマイナス20度になったそう。藪川べは本州一寒いところで、マイナス40度も記録したこともあるそうな。

お刺身に続いて、沖あぶらめの鍋をいただきます。沖あぶらめは深海魚だそうです。
e0152493_21513097.jpg

お魚からダシがでていていてとっても美味しい。あますことなくつゆも全部いただきました。このつゆだけでお酒を飲めます。
あわせていたお酒は、岩手の地酒の堀の井の大吟醸。
鍋でお腹いっぱいになり、ビールと地酒だけでよい気分になったので早くひけました。

あくる日は、中津川沿いのエリアに行ってみます。今年の6月に中津川沿いに来ていてたいます。

中津川のほとりに建つ岩手銀行中ノ橋支店はまだ改装工事中でした。
e0152493_21513595.jpg

前に中津川にきたときは6月。川べりの花咲く素敵な小径を歩いていたのですが、橋からみる川べりは一面の雪。
e0152493_21513245.jpg

雪がなくなる春にはまた川べりを歩いてみたいものです。

前の日に訪れていた、岩手水沢のふぉりくろーる。さんに置いてあった本に、中津川沿いの素敵な喫茶店が載っていて訪れてみたいなって思っていました。寄りたかったのですが、お店に続く小道がつるんつるん。
e0152493_21513712.jpg

2、3歩踏みだしましたが無理と判断。またあたたかくなったら寄ってみたいです。

この前きたときに寄っていた「もりおか啄木・賢治青春館」は閉まってました。年末ですね。

寒さで指や顔がかじかみすっかり冷えきったからだに、大好きな「ひっつみ」をいただきあったまりました。
e0152493_21514066.jpg

ひっつみは岩手の郷土料理。前に岩手遠野で食べてからはまりました。

花巻の宮沢賢治記念館も春まで休館中。
花咲く春にまた岩手を訪れたいなって思っています。

by momokororos | 2014-12-31 21:49 | 岩手 | Comments(0)
2014年 12月 30日

岩手水沢のロシア絵本の「ふぉりくろーる。」さん

宮城の仙台で美味しいものを食べたあとは、東北本線を北上して岩手へ。
しばらくすると、車窓から見る風景は一面の雪景色でした。

岩手の水沢にあるロシア絵本の「ふぉりくろーる。」さんへ向かいました。
水沢の駅を降りるてわずかに雪がちらついていますが、傘は必要ありませんでした。駅から歩いて5、6分でお店です。
e0152493_2249292.jpg

この前訪れたのが8月なのですが、お店の中のレイアウトが少し変わってて、岩手の本や詩の本などもお店に並んでいました。

ロシア絵本の棚はいつ見ても圧巻です。
e0152493_2249431.jpg

お店では、星冬祭のイベントが開催されていて作家さんの雑貨とともに宮沢賢治さんの絵本をたくさん揃えてありました。

かわいい積み木もありました。
e0152493_2249699.jpg

いろいろ絵本を見せてもらって4冊のロシア絵本を手にいれました。
その中の1冊。ウクライナのセルゲイ・カナンチュークさんの『真っ赤なめんどり』
e0152493_2249926.jpg

かわいいです。鳥好きとしてはたまらないです。

ふぉりくろーる。さんとはかなり長いあいだ話しをしていました。ロシアの絵本の話しに岩手の話し。

岩手水沢には国立天文台があることを前に聞いていたのですが、その天文台は、地軸のぶれを観測するための世界に6つの特別な天文台の1つとのこと。
天文台があり、北上川が流れ、かつては海だったという水沢。これまで知らなったのですが、いろいろと面白そうです。

ふぉりくろーる。さんの絵本のイベントは、年明けに東京中目黒の絵本のdessinさんであります。

by momokororos | 2014-12-30 22:47 | 岩手 | Comments(0)
2014年 06月 24日

魅惑の岩手探訪(其の七)~盛岡・材木町・中津川散歩

岩手盛岡の旅も最後になりました。

盛岡駅前でさんさ踊りを見ていた日、
駅から歩いて材木町へ散歩にでていました。
北上川を渡ります。晴れた日の北上川は気持ちがいいです。
e0152493_5561567.jpg

遥か向こうに見えるのは北上川でしょうか。

北上川を渡ると材木町。
こちらに宮沢賢治さんの「注文の多い料理店」をはじめて出版した光原社さんがあります。
e0152493_5567100.jpg

福岡の小石原焼や、大分の小鹿田焼のうつわがたくさん。素敵なうつわがありました。

お店やカフェ、宮沢賢治さんの資料館が集まっていてとても雰囲気がいいです。今回は入りませんでしたが喫茶店の可否館もあります。
e0152493_5561018.jpg

お向かいにある「モーリエ」も素敵です。
e0152493_5561389.jpg

次の日は、盛岡城跡へ。
e0152493_5561874.jpg

前の日にかなり飲んでいたのですが、本丸に階段をあがっていると再び酔いがまわってきました。ゆっくりいきます。

盛岡城跡から中津川を渡ります。
岩手銀行(旧盛岡銀行)は改装中でした。エントランスのところだけパチリしてきました。
e0152493_5562153.jpg

旧第九十銀行本店も素敵な建物です。2002年から「もりおか啄木・賢治青春館」となったそうです。
e0152493_556239.jpg

宮沢賢治さんはチャグチャグ馬コのことも詠んでいたんですね。

「夜明げには まだ間があるのに 下のはし ちゃんがちゃうまこ見さ出はたひと」

チャグチャグ馬コは、大正時代は旧暦5月5日午前1時ごろから始まったそうです。「ちゃんがちゃ」はうまく音をいいあてているような感じがします。

石川啄木さんの本は一冊も読んだことがないのですがこんな歌を目にしました。

「不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」

不来方(こずかた)は盛岡のこと。今回盛岡にきて教えてもらいました。

中津川沿いの雑貨のひめくりさん。
e0152493_5562677.jpg

素敵なお店です。

ひめくりさんの前の土手を降りると、中津川の川面が目の前に広がります。
e0152493_5562891.jpg

とっても気持ちがよくてどんどん上流に歩いてしまいました。
お花もたくさん咲いています。

雪の下。
e0152493_5563062.jpg

へびいちご。
e0152493_5563827.jpg

アカツメクサ。
e0152493_5564040.jpg

シロツメクサ。
e0152493_5564461.jpg

再び土手をあがり「深沢紅子 野の花美術館」へ。
e0152493_5563223.jpg

深沢紅子さんの小さな素敵な美術館です。
美術館の受け付けの人に中津川たくさんのお花咲いてましたよっと話すと、忘れな草みましたか?と聞かれました。小さな星みたいなお花が忘れな草なんですね。名前にはよく聞いていましたが初めて見ました。
e0152493_5563534.jpg

可愛らしいお花です。
深沢紅子さんも忘れな草を描いていました。
深沢紅子さんの展示されている作品の中では、「小さなスケッチ」や 「白い帽子と白い花」の作品がお気に入りです。

少し早かったのですが、岩手の旅はおわりにして東京に戻りました。

来ればくるほど好きになる岩手。今度は夏祭りの時期かな。

by momokororos | 2014-06-24 05:55 | 芸術 | Comments(0)
2014年 06月 23日

魅惑の岩手探訪(其の六)~盛岡・グルメ

岩手盛岡2日目。
1日目は、盛岡駅前に泊まり、繁華街まで歩いて、アーケードから一本はいったところにあるお魚のお店で飲んでいたのですが、2日目は繁華街の中のホテルに泊まりました。

少し歩くとお洒落な感じの映画館通りがありました。
e0152493_2245877.jpg

この通りを上っていき、通りのそばにあるお店に入ります。

つきだしからして美味でした。
e0152493_2245128.jpg

サバのお刺身に姫竹。
すでに岩手の地酒を頼んで飲んでいます。浜千鳥の原酒からはじめて月の輪、男山。
そして、昨日品切れで食べれなかったホヤにチャレンジです。
e0152493_22451040.jpg

その昔、仙台でホヤを食べたのですが、あまり美味しくなかった思いでがあります。海の塩気だけでいただくアジはお酒のいいつまみになります。

和食のお店だけど牛タンもおいしかった。写真ではわからないですけど。
e0152493_22451510.jpg

お店では盛岡で先生をしている方がお隣り。
井上ひさしさんの話しになりました。お母様が釜石でお店を開かれていたんですね「新釈遠野物語」をすすめられました。持っていたような気もするけど、内容はまったく覚えていないので読んでみよう。

11時、人が途切れたのでお店を後にしましたが、店長さんもおくさまもとっても気さくでやさしい人で、時間が許せばまだいたいお店でした。
また盛岡に訪れたときには寄りたいなって思います。

by momokororos | 2014-06-23 22:44 | グルメ | Comments(0)
2014年 06月 22日

魅惑の岩手探訪(其の五)~盛岡・さんさ踊り

岩手盛岡。

盛岡駅前のチャグチャグ馬コを見てから遅いお昼をすませると、鐘と太鼓の音が聞こえてきます。

さんさ踊りやっていると思い急いで行ってみると駅前広場で踊っていました。

e0152493_5291355.jpg

このグループは真ん中で踊る人がイタチみたいな動物(の人形)を持って踊っています。

男性の踊りは力強い。
e0152493_5291698.jpg

女性の踊りは色っぽいです。
e0152493_5291817.jpg

東北の、五所川原の立佞武多祭、青森のねぶた祭、弘前のねぷたまつり、八戸の三社大祭、秋田の竿灯まつり、山形の花笠まつり、仙台の七夕まつりをむかし巡るように何回か見にいっていたのですが、いつしか盛岡のさんさ踊りが一番好きになっています。

また8月の夏祭りのときも見にいきたいと思っています。

by momokororos | 2014-06-22 14:55 | 祭り | Comments(0)